この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-04-16 03:04:00

「マクシヴァン:MAXIVIN(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

面白いワインのセレクション、そしてお料理は裏切らないフランス料理、温かい家庭的な空間を感じながら、一流レストランの様な気配りのあるサービス。

パン ちょっともちもちしていておいしい フランス産ホワイトアスパラと貝類の冷製フリカッセ 菜の花添え 今年初のホワイトアスパラ美味しいですねー

細いシャンペーングラスに入れて下さいました。半分の量なのに、高さがあり何だか得したような気分です。ちょっとした気配りで幸せに感じるのですね!!!

そもそも、ここって日本一のソムリエのチョイスでワインを楽しむところなんですよね。佐藤氏のサーヴィスなら多少お値段が張っても納得ですが、これじゃぁねぇ。

明るい窓際の席に通される。平日ということもあってか、昼は余裕の店内。自慢のエスプレッソ、と唱われているだけあっておいしいコーヒーだ。

自家製パン粉のパリパリ感、ゼラチン質のプヨプよ感が上手くバランスされていて面白い料理になった。気鋭の料理人にはアイデア料理の方が向くようだ。

オリーブ 大好物です。ワインにはこれがないと ピクルス ワインを邪魔しないよう控えめにした酢の加減も良く、シャキシャキとした歯ざわりも心地よい。

改装後に初めて訪れましたが、佐藤さんの部屋的雑多な雰囲気がなくなり、すっかり洗練された内装に変わっていました。

会話に没頭し、ソムリエに翻弄され、料理をひとつひとつ吟味する余裕などとてもなかったが、個人的には猪の煮込みとボルドーのマリアージュを堪能した。

一皿目の「クグロフ〜チーズとハーブのソース添え〜」(多分)(フランスの伝統菓子のクグロフ。ソースが美味しい〜!いきなりやられました!)

このお店、お料理もワインも接客も素晴らしいので、また来たいです。国立新美術館から徒歩3分なので、美術展帰りに寄りたいなぁ。

今回は料理の味わうというより、佐藤さんとの会話と食事の時間のテンポのよい流れをしっかり堪能しました。ご馳走さまでした。

ここのお店のスタッフは佐藤氏をはじめとして、よく客席の様子をみていて、適度なタイミングでワインを注いでいれたり、声をかけてきてくれる。

バーカウンタがあり、棚には所狭しといろんなお酒が並んでいました。お店の雰囲気もとってもよくて、夜にも行ってみたい感じでした。

4時間近く食べて飲んで約8万円。初めから終わりまでパーフェクトに美味続きで、なんとも贅沢&幸せなヒトトキでありました。

コラーゲンタップリのカエル・モモのソテーをはじめ、どれも美味しくいただいた。別にチーズもいただき、全体の量としては程よい感じ。自家製のパンはなかなか美味!

グルヌイユ(蛙)の骨は、爪楊枝くらいに華奢。 臭みはまったくなくて美味 特にこの、にんにくとミルクのソースが最高に美味しい パンで綺麗にさらいました。

お料理も素晴らしいのですが、佐藤さんの気配りにあるのだと思います。私達の様な常連さんだけでなく、全てのお客様に心から気持ちよく対応をされています。

MAXIVINに着くと佐藤さんが自らサーブしていらっしゃいました.コースの料理を頂きながら、それに合わせてお店で選択されたワインを頂きます.

雰囲気や間接照明、席の配置などが変化していて理想のお店になっていました。マクシヴァンに来て満足しないで帰ったことはありません。

Maxivinの店内は改装されお洒落になっています。佐藤さんの心温まるさりげないおもてなしに、皆心から幸せになりました。素晴らしく楽しいDinnerでした。

内装リニューアルされていて、新鮮でした!さらに居心地の良い 心のこもった 素敵な空間になっていました いらしたことのない方はぜひ行ってみてください!

峰岡豆腐の串揚げも、豆腐の甘みが最高です。めちゃくちゃおいしい絶品。どうやって、こんなに上手に揚げられるのか、そ〜っと食べないと崩れてしまうんじゃないかと…

サヴァニエールとぴったんこな相性だった、ウチワ海老のブイヤベース仕立てです。スープに入ってるジャガイモにも海老のエキスがしみこんでいました。

ソムリエの佐藤さんのサービスが素晴らしい。何がいいかって、出過ぎず、物足らな過ぎず、なところ。会話の端々にユーモアをちりばめ、お客さんが楽しめるように気を…

正直,ワイン自体に大きな驚きはなかったものの.食事とワインと店の雰囲気から会話まで,全てのバランスで最高に幸せな晩餐となった.

お食事も素晴らしかったですが、佐藤ソムリエとのおしゃべりは、更にうれしいものです。フランスでたくさんのシャトーに行ったお話や、ワインの話。。。

ソムリエ日本一のお店ですが、料理がしっかりとしているのが魅力。1皿目は「ウナギのテリーヌ」(左)ウナギを使うなんて、珍しいですよね?ウナギの肝の苦味が食欲を…

サービスが加わることでとても幸せな気分になれた。そのサービスがとても気さくで心温まるものであったことがとてもうれしかった。

お店の中はこんな感じ。それほど広くはないんだけれど、明るくて活気がある。キッチンの中では若手のシェフたちがきびきび働いている。

世界ソムリエコンクールの日本代表となった方のお店ですから、ちょっとワインに対して構えてしまうかな?と思いましたが、全然そんなことはありませんでした。

2回うかがって気づいたのは、ここの料理は胃がもたれないってことです。クリームとか使ってないわけではないのですけど、不思議と重くない。シェフはアルザスで修行した…

かしこまり過ぎずとっても楽しくお食事とワインを頂けました。ワインは今まで頂いた中で一番美味しいって思えたほど。またぜひ行きたいです!

ちなみにマクシヴァンは、どうしても佐藤さんとワインに注目があつまるが、料理も大変おいしい。

ワインの好きなかたは是非!マクシヴァン行ってみてください!佐藤マジックにかかってしまいますくれぐれも倒れないように気をつけてください(笑)

MAXIVINはワインサロンとして名高いだけでなく、しっかりとしたフレンチのコース料理も戴けるためそんな2人のニーズを見事に満たすお店、という訳である。

この間行ってすごく気に入った西麻布のマクシヴァンへまた行きました。ワインも料理も美味しかった。ソムリエ佐藤さんが提案型なのがいいよね。

濃い目のコーヒーもとても美味しかった・・ソーサーにちょこっと載ったナッツの砂糖がけも余さずいただきました。

佐藤さんの気さくなお人柄とワインに注がれる愛情が作り出す世界が知らず知らずのうちに店一杯に広がっているのだ

少し料理が遅れただけでも必ずテーブルに寄って一言があったり、こちらの会話のかけらや、ちょっとした動作、雰囲気がなぜか佐藤さんにキャッチされてしまっています。

雰囲気はカジュアルなんだけど、サービスなどはきちんとされていて、楽しくおしゃべりもでき、ワイン知識もたくさん教えてくださって、楽しいひと時を過ごせました。

ここのお料理大好き♪仏蘭西と関西の幸せなマリアージュ。地鶏のスープ仕立もお箸で食べちゃう。

蝦夷鹿のテリーヌ。メインは、リゾットを詰めたウズラのロースト。丸ごとのウズラにどうやって食べようかと思ったら、中の骨は全部きれいに抜いてありました。

声をかけてくださったので移動。でも最初の席も十分落ち着ける席だったので、急に予約したにも関わらず、さらにいい席をすすめてくださるお心遣いがとても嬉しかったです。

有名なソムリエ佐藤氏のお店です。シャンパンの後は佐藤氏に料理と好みに合わせてグラスワインをいろいろ選んで貰う。

全体的に飲んだら食べない私たちですが主張しすぎない味付けとボリュームだったので、最後のデザートまでしっかりといただいてしまいました。

どちらもなかなか自分で選択して飲むことはないものばかりで楽しかったです。ワインに詳しい人でなくても 選んでもらえますので気楽に来ることが出来る店でした。

お料理はフレンチのコース、ワインはお料理や私たちの様子で佐藤さんが選んでくれました。気持ちよくワインとお料理を楽しめて、ほんとに素敵な時間が過ごせました。

ワインは、ソムリエとして有名な佐藤さんのお勧めを 料理に合うワインをお任せで、いろいろグラスで飲めますので、ボトルで頼まなくても大丈夫。

味は勿論のこと、サービスが素晴らしい。飲兵衛達と行ったのでワインの説明も面白かった。ワイン好きにはたまらないお店だと思います。

比較的リーズナブルな割には、本格的な料理。また、ゆったりとしたスピードででてきます。日本人特有の、食ったら飲む。飲んだら出る。そして、数件回る。みたいな…

メイン(四種類の中から選ぶ)私はお魚を・・真鯛でした。ソースはワインを煮詰めたおソース・・夏野菜が沢山添えられていて、目にも美しかったです。

前菜もそれぞれおいしかったですが、メインのイベリコ豚のタンの赤ワイン煮は本当においしかったです。自家製のパンもデザートも本当においしい。

うん。美味しいし、いろいろ楽しめて本当に楽しかったです!なんといっても佐藤さんのトークが絶妙です。

佐藤さんのフレンドリーな接客もさりげない気配りが満載。一口一口が幸せで、一言一言があったかいお店です。できれば、2ヶ月に1回は行きたい!!!

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:マクシヴァン:MAXIVIN(フレンチ)|更新日時:2017-04-24 10:04:55

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>