この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「デュ・ヴァン・ハッシシ:Du Vin HACHISCH(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

えぞ鹿の温かいカルパッチョ。チーズソースに温かいお肉があいます。柔らかい、美味しい鹿肉!!はい。ジビエです。今日は真鴨を。ワインがすすんじゃいます・・・

酒を除いて¥5500でこの内容なら申し分ないし美味しいです。でも、店の評価は味だけじゃあないのだ。

外側の脂身もイベリコ豚ならではの甘さととろけ具合ですが、ぼくはどんぐりのためか薫り高いこの赤味が大好きです。これは激ウマですね〜!!

「舌平目 仏ノルマンディームール貝のサフランクリーム」このお料理は結構好き。でも何故か深みがない(ストレートな感じ?)という印象を受けた。

蒸したハタ・タラ白子のクリーミーソース イベリコ豚の黒胡椒焼と野菜 ランド産 鳩のパイ包み焼き フォアグラ入り デザートのデコレーションにも感動!

大きなスプーンの上にコンソメのゼリーで包まれたウニなどがのっている。まずこの盛り付けのアイデアに関心。味もコンソメの塩味と中のお魚がマッチして美味しい。

食事中シェフが厨房から出てきてくれましたいとこの姉ちゃんが、実は常連さんだったそうですシェフがすごいかっこいい人で、とても55歳とは思えないダンディさ!

お店は静かで落ち着きのある感じでよい感じ〜^-^*/ デザートのデコレーションにも感動!

お食事しながら、夫も私も、ずっと「美味し〜い!」ばっかり言っていました。シェフの方も、お店の方もすごく気さくで。居心地もよく、ゆっくりできました。再訪確実です!

8月にふさわしく、夏を意識した色合いに食材が満載で、料理が運ばれるたびに思わず歓喜の声が出ちゃいました。

美しい盛り付けに、しばしみとれてしまいました。アットホームな雰囲気と、美味しい料理とワイン。どれをとっても◎の、素敵なお店でした。

お料理は文句なく美味しいです。お口の中でふっわっと広って存在感ある1品、スプーン一杯で本当に幸せをもたらしてくれるこのお料理から始まるんです。

このお店は本当にホスピタリティーが高く、快適。もちろん超!美味しいし。ただし。お料理の値段はほどほどなんだけど、とにかくワインが高めです。

薄暗く落ち着いた雰囲気の店内は雰囲気も満点。店員さんも、とってもフレンドリーで、初めての来店でも心地よく過ごせるのも魅力。

こちらはなによりもそのワインの種類の豊富さに驚きました。ここって料理はどれもおいしかったですね。

料理はすべて大満足の味で、特に印象に残っているのがこちら。イベリコ豚のソテー。豚肉のイメージ変わった、これは絶品だねと友人も大絶賛でした。

前菜からラストまで、とても楽しませていただきました。とにかく接客の距離感、丁寧さが心地よい。料理にも満足です。いわゆるフレンチなだけではない料理が次々と登場…

雪の下から春の香り フキの搭入りベアルネーズ 真鱈で作っていただきました。ソースと魚を好きなように組み合わせられるのです。見ただけでそそられました。

スプーン一杯のしあわせ。うにがたっぷり。生きててよかったです。ほんとうに。テーブルには栗が飾り付けられていて、秋の装い。

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「アッピア:APPIA(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

なんて言っても目の前にあるので食べたいものをチョイスしやすいですね 温かいものは素材や下ごしらえしたものを見て、後から調理して持ってきてくださいます。

冷やしてあるので冷製の前菜。ここまでは、全て冷製の前菜です。 前菜(温製) アッピアの定番の前菜。外はカリっとして、中のチーズがトロっとして美味しいです。

ちょっと写真とコメントははしょってますが、お店の方と、会話しながら、素材、料理方法などなど。おしゃべりな私には、とてもうれしいお店でした。

ずきのスープは珍しかったです。あずきらしさが残って優しいお味です。パスタは手打ちパスタをチョイス、ちゃんと調理前のパスタを見せてくださいます。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、お腹いっぱ〜〜〜〜〜い!そして、大満足でした♪ 混んでいる理由もわかりました。 味よし!サービスよし!パーフォーマンスよし!

スタッフは多く目が行き届いているので、食事がより楽しく、常連さんが多いのもうなずけました。お料理は素材の味を最大限に生かし、あたたかみのあるお料理でした。

アッピアといえばワゴンに前菜や食材を乗せて見せてくれる サービスも抜群 ついつい食べすぎちゃいますねえ

ダチは「これからヘビーユーザーになる」言うてはった。わかるわ〜。やられるわな〜あのおいしさやもん。

味に関しては食材の見た目ほどのパンチ力には欠けますが、逆に言えばハズレが無く、むしろどの料理も洗練されて食べやすく感じました。

ちなみに、入店した19時前からほぼ満席。帰るときもほぼ満席。この強気の価格帯にもかかわらず、たいへん繁盛していました。

↓アマトリチャーナ。私がトマトベースの担当で、野菜たっぷりのアマトリチャーナにしました♪このお店のトマトソースはどの料理に使われているものもとてもマイルド。

前菜は、ワゴンで運ばれてきて、好きなものをセレクトするのですが、15種類ぐらいあって、説明が終わるのに、だーいぶ、時間がかかります(・∀・)

本日のスペシャルがすべてワゴンで運ばれてくるので目の前で見てチョイスできるしお腹のすき具合で 自分が食べたい量だけチョイスできるし。

ビールとシャブリを飲みながら、パスタはトマトベースとカラスミから選び、メインはサーロイン(後で値段知って、こりゃビックリ!!)。

なんでも美味しい!!なんでも感動した〜☆前菜とデザートは15種類くらいある中から好きなものを4種類ほど選べます。

深夜までしっかりとした食事を楽しめる貴重なレストラン。店員さんのサービスの質が高く、ワゴンで食材を見せて頂き、調理法など決めていく時間が実に楽しい。

まずゎ前菜・・・相変わらず写真写りが悪く美味しそうに見えないのが残念ですがとても美味しかったです( ´艸`)右上にある長いもとキノコのクリーム・・・絶品でした

やっぱり美味しいAppia。お料理の出し方もとっても好きですが、サービスもとても良いこのお店。大のお気に入りです。

お食事は美味しかったけど、接客が若干居酒屋風だったのが残念ま、天現寺ではなかったから、新規客って見られたのかもね。

こちらの接客はカンペキです ビシっと決めたオジサマたちが担当してくださいます 温かい雰囲気のお店なので記念日などにオススメです

味に特筆するものはなかったかもしれませんが、ワゴンからあれこれ 前菜やドルチェを選べたり、メインの調理方法を選べる楽しさは魅力です。

種類もたくさんあって選ぶのに迷ってしまいます。いろんなものをちょっとずつ食べたい人には最適 素晴らしく美味しかったし、堅苦しくない雰囲気ですごく楽しめました

週末限定のAppia風ブイヤベース ぐつぐつ言ってるのがわかるかしら?これがもう美味しいのなんのって。

お料理は前菜やデザートなど、沢山の種類をワゴンで運んできて下さって、好きな物を好きなだけ選べます。一品ずつ丁寧に説明して下さって、楽しくてワクワクしちゃいます

超満足!おなかもいっぱいだし店員さんのサービス&ホスピタリティも最高でした。値段も…まぁ思っていたよりも高くなかったし。

もう一つの楽しみはワゴンで運ばれてくるスイーツですわ ちょっとだけたくさんの種類 味見するのがアッピアさんの楽しみです

こちらのお店はお料理に値段設定がない・・・?ワゴンで運ばれてきた前菜、デザートは好きなだけ選んでお皿にとってもらえます☆

これがとても美味しい!!以前にいただいたお魚よりも、断然こちらのほうが美味しくてここのお店の評価が上がりました。

前菜が先ず10種類くらい出てきて、なんだか得した気分♪♪優柔不断じゃない人と、俺みたく貧乏性じゃない人はお薦めだ。

その後 メインのお魚… いろいろな野菜とポワレにしてもらいました☆☆お魚もですが 野菜p(^-^)q美味しい♪♪どれもボリュームがあるのでお腹いっぱいです

パスタは魚介のパスタ全粒粉で出来た美味しい手打ちパスタです。ワインは2005年のサッシカイア 濃厚な赤ワインにパスタが良く合います。

私はもちろんお肉〜♪ガーリックでこってり。がっつり200グラム。レアでワイルドに。わ〜ん☆幸せ〜っ☆大満足な夜でございましたーーーーっ

ワゴンで、15種類くらいの中から、前菜を選びます どれも美味しそうなものばかり・・・ メインの料理は食材が出てきて、調理方法を決めて、調理します

お店の雰囲気は、私の好みであった。騒々しいと書いてる人もいたが、私には、快い活気が、元気を与えてくれるような気がした。

業界人御用達広尾の隠れ家的イタリアンですって うまく説明できないけどとっても美味しかったです 他にも色々教わりちょっぴりセレブ気分

オードヴルとデザートゎワゴンとゅぅかテーブルで席まで全部運んできてくれて好きなものを選べるのです♪

お料理は食材がワゴンで運ばれてきて、好きな物を選ぶ、って感じで、すごく感じがよくワクワクしちゃいます

ここは、多彩な選択肢の中から、好きなものをチョイスできるオーダーメードで、美味しく楽しいレストラン。

こちらはわたしが頼んだ冷たい前菜の、洋梨と生ハムのなんかと、中トロのたたきみたいなのと、牛肉の生ハム!! いや、種類が多すぎて名前覚えられなくて…スミマセン

お腹いっぱいだったのに、ケーキを2種類、プリン、ゼリーと食べちゃいました。ヤバいくらいおいしかったですね!プリンがこの店の一番人気だそうです。

そしてなんと言ってもappiaの一番の売りはワゴンでのお料理のプレゼンがあるところ 前菜、メイン、デザートをたくさんある中から好きなだけ選べるんだ〜

食材を選んで調理してもらえましたо(ж>▽<)y ☆サービス・味・雰囲気全て素晴らしかったお店ですヘ(゚∀゚*)ノ

ここのお店は前菜とデザートをワゴンで持ってきてたくさんの中から選ばせてくれるんです やっぱりなんだかガッツリいただいてしまいました美味しかったから良しとしよう

私の“APPIA”での楽しみはワゴンサービス、料理、そして一番はお店の大人としての社交場の雰囲気を満喫することです。

何もかもステキでした♪雰囲気もサービスも最高!お料理も久々にすごく美味しい!と思えたお店。なのに気取っていなくて。スタッフの方々も親しみやすい!

一番美味しい と思ったのは、軽ーく炒めたクレソンの上に薄くて大きい牛肉が乗っていた料理です。ソースはかかっていなかったのですが、お肉が上質で薄くてもこんなに…

超満足!おなかもいっぱいだし店員さんのサービス&ホスピタリティも最高でした。値段も…まぁ思っていたよりも高くなかったし。

お料理は・・・最高最高最高!!楽しかったで美味しいお料理を100%満喫できました。さらにお店も本当に素敵で居心地もよくて幸せでした

結局良く分かりませんが、結構食べたし、一人一人にカスタマイズされたお料理とサービス。納得な感じです。

美味しいィィィィ〜今まで食したカッペリーニの中ではココが一番美味しい。さっぱりしすぎないで、ソースとパスタがきちんと絡んでいて。特別に美味しかったです。

ホスピタリティもいいし、美味しいし、欲望体質zaquroにとって居心地の良いレストランとなりました。

お料理も、すべて本当においしくいただけました 前菜やメインのお料理もすべてワゴンに運ばれてきて自分で好きなお料理を指差して指定できます。

前菜やデザートのワゴンサービスは種類も多くて楽しい時間を過ごせるオシャレな隠れ家レストランです。綺麗に調理・盛り付けされたお野菜の美味しいレストランです。

料理はみな、美味しくいただきました。ドルチェも欲張って3種類。けっこう満腹。今日の店は一人2〜30.000円くらいらしい。

「トマトだけのスパゲテイね。量少なめ」など、まるで流行りのラーメン屋さんのように好き勝手なことを言ってます。このパスタもオリジナルでした。

Appiaは、ワゴンで運ばれてくるものの中から、好きな料理を好きなだけ選べたり、好きな食材を好きな調理法でリクエストできたり。。。楽しみがいっぱいなのです。

メインも魚か肉を素材を見ながら決められる。肉も魚も数種類あり、「選べる」というバリューを提供しているのは楽しくて良い。

ドルチェは、抹茶のスポンジに黒蜜ゼリーがちょこっとかかっているものの、その黒蜜ゼリーがチョイ苦でグー。僕は固めのゼリーが好きみたい。

味もさることながら、前菜から、パスタ、メイン、デザートとすべてワゴンで運ばれたラインナップから選ぶことができる。

アー幸せ。満足満足。ここはメニューがありません。価格もわかりません。だからこそ自腹じゃやっぱりいけないや・・・・。

チョコのパンナコッタ風、栗のアイスクリームを食べました お料理はワインとスウィーツはアールグレイといただきました やっぱり美味しい物を食べると幸せになります…

好きなのを何種類でも頼めるんです お店が暗くて良く見えない写真だけどこんな感じで… メインはいくつかある食材から好きなのを選んで好きなように調理してくれます

ドカンと♪ 美味しかった〜 ズッパイングレーゼのメロンも今までのメロンは何?と思うくらいでした ショートケーキもかんなりgood 本当に別腹に入りましたよ〜

あまりに美味しいという理由だけではなく、きっと店内の不思議な空気がそうさせるのか、皆のテンションは高く楽しいモード全開に。

飯倉のイタリアン「キャンティ」の分店だそうです!どうりでキャンティのスタイルそのもの!味も、形式も!そして夜2時までってとこまでそっくり同じ笑。

店のスタイル、雰囲気、客層ともに非常に大人の店である。よくある、「テーブルを見られている感」のない気楽感があるのに、とてもきちんとしている。

生肉を目の前で調理して野菜スティックのディップにして食べたり。カスタマーサービスが徹底されていて、大満足。ワインも最高だし、何もかも素敵でした。

で、感想ですが・・・。美味しいが感動するほどではない! です。ラシェリエールのような感動はなかった〜。残念。

オープン当時からほとんどスタッフの方が変わられていないそうでフレンドリーでありながらパーフェクトなサービス。まさにホスピタリティを感じるレストランですね。

メインは最初に魚や肉塊を見せてもらって調理法など好きに選べる、これはなかなか迫力がある。ワインも食事もサービスも値段もレベルは高い。

価格表示がないのでちょっと勘定が気になるけれどいろんな種類を少しずつ食べられるところがとてもいい。料理はイタリアンというより地中海系のものがたくさんある感じ。

で、メインは肉か魚を選べというので、当然肉でしょう。牛肉!!フィレとサーロインだそうだが最近油のきつい肉を食べるとお腹を壊すのでフィレ。

お肉はチキンを選択。焼いたものをバルサミコのソースでいただいた。お肉の焼き加減といい、ソースといい大変美味しかった。

バラの香水やクリームの甘さが強烈にグラスからたちあがります。そしてシルクのシフォンのようなくちあたり、優美で甘いというか、余韻はいつまでも甘く官能的。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:アッピア(イタリアン)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「オーク ドア:THE OAK DOOR(ステーキ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お肉は赤身の脂が少ない部分を使っているのでしょうか、非常にあっさりとしていて、お肉の旨味を味わえます。

メインがチキンの2900円のコースと、ステーキがメインの4500円のコースを選びました。コーヒーor紅茶、デザートまで付いています。ほんとにゆったり寛げました〜。

おしゃれな雰囲気。こちらのハンバーガーもおいしいです。さすが六本木価格!!3000円くらいだったような・・・。

バターがおいしいという前評判を聞いていましたが、いやいやいや、パンも十分においしいでしょ。しっかりと味があるし食感もいい感じ、パンがおいしいとたくさん食べ過ぎ…

岩手産豚のグリル。ちょっと味見させてもらったけどジューシーで美味しかった。私はお魚を選びました♪アンチョビのソースを絡め、トマトのグリルをのせて頂くと美味しい

激うまフォアグラバーガー。あのフォアグラがまた食べたひ。そんな思いをここ数年ずっと持ち続けていた私。今回も絶対にフォアグラ食べるぞー!

全部でお一人さま7000円弱とは良い感じ♪天井の高い素敵な雰囲気のお店でした うしし

アメリカン(笑)でしたが、お天気のいい日は気持ちよく、おいしかったです。個人的にはお肉とBLTサンドがおいしかった!

う〜ん、外国人率高し!!シックな雰囲気で、サンドイッチやらハンバーガーなど、いろいろありますよ〜。

コースよりカルトで肉系または軽食で楽しむのがよいと思いました。雰囲気は相変わらず良く、空間も気持ちよいのでリラックスした時間を過ごすことができます。

ソースをかけて食べるのですよね。トマト、オニオン、ピクルス、パクチーなど。塩分と辛みはほとんどありませんでした。オークドアはやっぱりいいです。好き。

パティのジューシーさとフォアグラの脂がバルサミコ酢でまとめられ下部はウットリ味。

アメリカンなでっかいバーガーを肉汁たらしながらぱくつかせました。おいちかったみたいです。

パンが、すっごくおいしかったんですけれど、パンの取り皿が傷だらけだったのにはちょっと引きました。窓の外にも席があって、暖かい日は外も気持ちよさそうだな〜

厨房の様子が見えてて、接客も良かったナ(さすがホテルだね)外には竹やぶが。店内は、天井が高くて、心地よいランチが楽しめる所だった

なにしろ、ベーコンをみじん切りにして味がマッシュポテト全体に絡み合い、全体的にベーコンのハーモニーが味わえる工夫が凝らされておりました

ドドーン。アメリカ人好みのビッグサイズハンバーガーが登場です。豪快に手を使って大口開けてガブリです。ん〜ワイルド 時間をかけて完食です。

スープ・ハンバーガー・デザート・コーヒーor紅茶で3,400円♪ アボカドが添えられたカリフォルニアバーガーはジューシーでかなり美味しい!!!

メインは牛頬肉のブレゼ リゾット添え。ブレゼはオーブンで時間をかけて蒸し煮にするお料理。煮込みやけどオーブン料理でもあるんやな。

自他共に認めるブラックホール並みの胃袋を持つわたくすでございますがサラダとバーガーを半分づつ食べた時点ですでに満腹 ステーキサンドイッチは中身だけ食べました。

しかーし、サーロイン300g!!!!こちらも、お肉が固いのかしら??なんて思っていたら、意外とやわらかかった。

ステーキハウスならでゎの肉の旨み☆この他にもシーフード系のサンドイッチなどもありますょ!どれもボリュームたっぷりで、レディーゎ食べきれないかもしれないですぅ。

注文してすぐかぼちゃのスープとパンが来たはいいけど、メインのお料理が来るまでにちょっと時間がかかりすぎ。

さてさて、再訪のここでの、番な料理はオレンジジュースって料理じゃないね あはでもフレッシュジュースなのでなのです

平日にビジネスで利用することが多いので開放的な週末の雰囲気と時間をかけて用意されるテーブルクロス同様ピシッと糊のきいたサービスに感心しました。

今度は優奈を連れて、私を呼んでいるワインたちを味わいたいな〜、と再訪してもいいレストランにランキングされました

結構なお値段ですが、サービスはきちっとしてるし、かなりお腹いっぱいになります。

ステーキの大きさといい、最後のカプチーノのカップの大きさといい、このお店はガッツリと食べたいときに行くべきお店かな。

名前は忘れちゃいましたが海老のグリルとソースはマンゴーとライムで美味しかったです。まわりがざっくりして中はふんわりした美味しいパンでした。

友人の頼んだ一品はまず絶妙でした。どうやってオマールの殻をここまで完璧に割れるのか?爪の先のぎざぎざまでしっかり味と食感を楽しめました。

ここのビーフシチューにはベーコンがふんだんに使われており、ビーフシチューを食べている、というよりもなんだかポトフを頂いている錯覚に陥ってしまう味だった。

こちらのお店で働くことの自信と誇りに満ち溢れ、笑顔でサービスを提供してくれるスタッフに安心と信頼があるからこそ、また、ここを訪れたくなるのかもしれません。

メインは夫の一押しの仙台牛のステーキ。 付け合わせに自家製フライドポテトと緑黄色野菜のガーリックソテーを頼む。薫り高いメルローと一緒に楽しみます。うまいです。 

凄く開放的だし、何といっても混んでなくてゆっくり会話を楽しめます。とても気に入っています。ワインも美味しいのが揃ってるし、軽食も充実してます。

疲れたときに過ごす食べ物を初めて発見した不思議な気分のひとときでした。値段は、¥2190と高級なハンバーガーであるがたまにはいいのでは・・・

ステーキが大きすぎて、全部食べられなかったけどなかなか美味しかったです 

アボカドとリッチなソースに柔らかなイングリッシュマフィンがよく合う。カリカリの太目のフレンチフライもおいしかった。

スープ、メイン、デザート、Cafeのランチセット2900円 メインのローストチキンさん ボリュームたっぷりで大満足!魚料理も選べます

お肉の味がこゆ〜くて本格的なのねんっさすがステーキハウスっっこぉんなに大きいのに、完食 胃もたれもなかったし。お肉がよいからかなぁっ

ホットコーヒーが美味しい・・・でも・・・ゆっくりランチにはとても良い雰囲気 何よりスタッフの接客態度がさすが、プロ

オークドアはやっぱりいいです。好き。ブラウンの店内は落ち着くし、ピッカピカに磨かれたグラスとか、テラス席が見える窓際の席とか。

オークドアバーガー。お肉の焼き加減を聞いてくれます。どれもとても美味しいし、値段もそこそこ。Staffの気遣いやサービスもいいし是非また行きたい!

前菜のオマール海老のサラダがマンゴーの甘みと海老が合い、すごく美味しかったです♪

ホテルの雰囲気のいいレストランでのディナーもデートっぽい感じがしていいですね。メインのお肉はなんと300gもあり、かなりボリューミー。

レモンハーブソースとのバランス抜群 添えられたスィートポテトも芋ラーなわたくしにとってラブゥ♪おいし〜たのし〜美しい一皿であり。

パンがパリッパリなんです!! 中身のボリュームは無いけど、ポークは柔らかくてチーズの塩加減良かった。冷めても美味しかったな♪

カリフォルニア・バーガー:もちろんのこと、お肉はジューシー。美味しいっ☆美味しっい☆美味しいっ☆アボカドも新鮮な感じ。一気食いが出来ます。

もうね、お肉さん素敵…柔らかくてマスタードソースと絡んで美味しかった、、、、、ステーキはたまに食べたほうが幸せが増すと思う

確かにお値段は張りますが、美味しいーー。ハンバーグも本当にジューシーだし、これだったらレアでお願いすれば良かったかな。

バースペースがあり昼間からお酒を愉しむことが出来ます。ちと高いですが、食べた後はお腹がいっぱいになるので個人的には満足です。

平日にビジネスで利用することが多いので開放的な週末の雰囲気と時間をかけて用意されるテーブルクロス同様ピシッと糊のきいたサービスに感心しました。

料理はグレッグのワインに合わせての特別コース。飲みすぎ故かチーズもほとんどいただけなかった。悔しい。マーマレードで和えた茸が面白くてぱくぱくいただいちゃい…

オーク(樫)を使って大きな釜で焼き上げられるロブスターとポークは樫の香りも良くて本当に絶品 ロブスターはジューシーで香ばしくてポークは脂身の部分まで甘いんです

いつもオークドアバーガーなどのサンドイッチもの。バーガーのお肉もジューシーだし、私が今日頂いたステーキサンドイッチもとってもリッチ

こちらでいただいたお料理の中で、一番美味しかったのはやっぱりステーキ (°∀°)b もう一度、プライベートで行きたい 

ここのお客さんは8割が外国の方との事で、ボリュームが外国サイズ! ステーキ頑張って食べたけど残しちゃいました(:_;)店内は薄暗く落ち着いた雰囲気。

この間のソフトシェルクラブとアボカドのサンドイッチもまた食べたいし、他にもおいしそうなサンドウィッチやサラダが沢山あったのでまた来たいなあ。

ステーキ。どどーんと11オンス。ここのグリルは、木を燃やしてグリルにしています。だからほんのり木の香りがうつっていて、なんともいえません。

肉食ったぁぁぁーーーっ!!という満足感、達成感たっぷりのレストランです。シンプルかつ豪快かつダイナミックなお味です。お肉そのもののおいしさ、シーフードそのもの…

ベーコン レタス トマトのサンドイッチ。具もさることながらパンがとても美味。サンドイッチによってパンが違うし耳がカットされていたりされていなかったりと、かなりの…

いつもの、こちらになってしまいます マスタードとケチャップをつけて いただきまーす お肉の大きさを選べるようになっていましたょ

頼んだのはこれ。ハンバーガー!「ボリューム満点だけど安物の弁当よりカロリー低いよ?」とタカオカさんが言っていた。きっと本当。

毎回行くと、このハンバーガーを注文。和牛100%ハンバーガー 結構ボリュームもあり、これで約2500円なので、安いのかも。

そして毎度頼んでしまうステーキサンドイッチ(2,500円)。肉が柔らかくグリルのお味でかなりお気に入り。

晴れた日のブランチには、テラスで、と〜〜っても気持ちのよい癒しの時間を過ごすことが出来る大好きな場所の一つです

彼の好きなデザイナーさんがデザインした内装は、とっても素敵でした。広い空間で寛げると気持ちいいです。そんな空間で美味しいステーキをいただきました。

そこで、大切なお味ですが、、、、私的にゎ、次ゎないかな・・・・アメリカのステーキだから、お肉が硬くてね口の中でモゴモゴしちゃいました。。。

外の光もふんだんに入ってきて、優雅な雰囲気の中でゆっくりお食事できて、とってもいいレストランですが、女性の制服が気になる…

ただ、お味は、、うーむ。。。見ての通りのボリュームで、オニオンフライもまんまな感じでしたが、肝心のハンバーグがあんまりジューシーじゃなかった

焼き方までオーダー時に聞いてきたので、さぞ・・・と思いきや、焼きすぎでした。せっかく雰囲気もウエイターも完璧なので、もう少し焼き方を気をつけましょう。

お味は期待していたのがいけなかったのか、かなり大味に感じてしまいました。

今日のメニューは牛ほほ肉の煮込みとポレンタでした。あとトマトスープもついています。ほろっと口のなかでとろけるように柔らかいお肉。マッシュポテトのようなポレンタ。

ほんのり暗いステーキレストラン。ワインの種類も豊富です!ただし、この独特の雰囲気とサービスを好むかどうかで、好き嫌いが分かれるかもしれないですね。

主人がお肉をガッツリ食べたいというので、今夜もオークドアへ ここのパンもバターも◎ フォアグラのカスタード ドライイチジクとナッツが散らしてあって美味しい〜

美味しいハンバーガーが食べたいっ!!ってことで来ちゃいましたぁ あまり混んでいる時間帯ではなかったので、すごく優雅にいただけました

はっきり言ってディナー食べるよりランチの方が納得できる気がしました。料理にはあの金額の価値があるとは思えない。

蟹肉がたくさん詰まったクラブケーキは、口に入れると蟹の風味と甘さでいっぱいになります。ボリューム満点の具沢山サラダ。あと、大好物のマッシュポテト〜〜!

暗くておいしさ伝わりませんが・・・しかし。お肉以外はかなりまあまあなお味でちょいと残念・・・。ここはリーズナブルなランチのほうが満足度が高いかも。

ハンバーガー食べたんですが、すっごいボリュームお腹いっぱいです。お値段も結構していましたが・・・今の時期だとテラス席もあって、すっごくいい感じでした

「オークドア・ハンバーガー」というのをお願いすると作ってくれます。かなりアメリカンサイズのボリュームいっぱいのハンバーガーでした。

味は薪の香りの残るビーフはステーキを思わせる食感でチーズとソースもバランスがよく大変美味しく頂きました。が、いかんせんデカイ、そして食べにくい・・・

ハンバーガー好きには有名?なオークドアハンバーガーです。ボリュームたっぷりのお肉の肉汁で手がべっとりとなります・・・(;^_^A

セレブっぽい外人さんがたくさん来ていたところをみると、きっと、美味しいんだと思います。ただ、私は日本人向けのステーキの方がやっぱり好きだな〜。

周りは外国人ばかり いま自分がどこにいるのかわからなくなりました 名物和牛220gのバーガー さすがにぜんぶは食べきれませんでした

一番安いコースにしたのだけど、確か一人9000円くらいでした。ここ、ランチには何度か来たことがあったのだけど私的にはランチの方がおすすめかもです。

またこのお店には行きます 私のお財布ではどこかで飲んでお腹を満たしてから来るのにベストな感じですが、一度足を運んで見てはいかがでしょうか?

毎年ここで食べています。と言うのも、量がかな〜りアメリカンだから!また、天井が高く開放的で、お客さんも店員さんも半数近く外国の人。なかなか異国情緒があるんです。

確か、アメリカンビールフェアとかいうんだった。食べ物一品とビールで、1500円。もともと、コスト高いお店なので、1500円は、破格。

食べ過ぎると、おなかにたまり苦しいです^^; これが、一番美味しかった。バーベキューチキンウイング ブルーチーズソース?なんだけど、くせがなくて美味しい。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:オーク ドア(ステーキ)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「エディション・コウジ シモムラ(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

とにかく驚かされるお料理達でしたね。カンテサンスをも彷彿とさせるモダンさがあります。特に、牡蠣とチョコレートムースは食べるべし!と思いました。

サービスの面では、改善して欲しいところはありましたが、それを上回るぐらいお料理は美味しく、下村シェフのお人柄も素敵で帰る時は大満足でした

料理は、遊び心が随所に散りばめられた正統派フレンチ。時には緻密に、時には大胆に、常に皿には“余裕”が感じられ、まだ見ぬ可能性を体感しに何度でも訪れたくなる。

どれもおいしくいただけたし、機会があればまた行ってみたいと思いますが、感動したり印象に残るようなお皿はありませんでした(牡蠣が食べられれば感動できたのかも)。

素敵な店内でゆっくりお話&お食事することができました お料理もインテリアも洗練されて、さすが一流雑誌の編集長のセレクトするレストランという感じがしました

パリッとした岩海苔、下には岩海苔のムースが隠れていました。磯の香り、牡蠣の風味が口の中にいっぱいに広がる一皿でした。今まで食べた牡蠣料理の中で、これがNO1

どのお料理も、食材の組み合わせ方や、シェフのアイデアが面白く最後まで楽しめるお料理の数々でした。

十人並みの舌しか持ち合わせていない私にとっては、とても美味しい一皿とそれなりに美味しい一皿とが競演してくれました。残念だったのがサービス。

残念なのが、なんだか店内がバタバタしている...エレガントじゃないんだな。しかし、それをもってしてもあまりある素晴らしいお料理でした。

出された鴨の肉厚な光景に、思わずヨダレを溢してしまいそうになります。運ばれるや否や、フォークとナイフで切り分け、ガブリとかぶりつくようにひと口で頬張ります。

マスカルポーネが敷かれたグラスにはたっぷりのウニ。ビーツのジュレが色鮮やか。チーズと海苔の相性はいいので、間違いなく美味しいです。

どのお皿もおいしかった!ただ、あまり広くない店内、お隣のおしゃべりの声&内容がまる聞こえで、その内容が結構聞いてられなくて・・・。

わぁ〜。みんなが感激するのもわかった!家庭では絶対に再現できないプロのお料理の数々。これぞレストランでいただく醍醐味ですね!

毎回に感動の味に出会える店次は☆が期待されているコウジ・シモムラさん。ちょっと遅ればせながら、そのスペシャルなお料理を頂いてきました〜

確かにどれも重くなく、素材のよさを存分に楽しめた気がします。個人的にはシェフのスペシャリテの中でも、前菜の牡蠣とお魚料理の鯛のフリットは 絶品でした

うん。やっぱりここは美味しいです。ずっと通いたいお店でいて欲しいなあ・・・・・そう思ったのでした。

このカダイフのパリパリ感が癖になりますブロッコリーのソースも、レモンのコンフィも美味。・・・ですが、一番最初に食べたときよりは、やはり感動具合は落ちました。

一皿一皿の料理の完成度の高さやシェフの洗練されたセンスの良さなど〜モダンで美味しい料理の数々。ランチでも十分に満足感が得られる、素晴らしいフレンチ

とても美味しかったけれど、どちらもショコラ系のデセールと小菓子だったので、少し違ったテイストのものだと嬉しかった気もします。。

店内もモノトーンでスタイリッシュに仕上がっており、お料理も雰囲気もゆったりと寛げます。空調を冷たいものの作業場、温かいものの作業場で分ける徹底ぶり

魚料理は、今まで食べた中で一番かも。子羊は「仔牛だった!?」と思ってしまうほど上品で臭みのないお味。肉も魚も感動的な料理が出てきたお店は初めてです。

「ショコラ」クリームを使っていないのです。よってカカオの風味がUPし濃厚に仕上がるのだそう。それにオリーブオイルをかけて食べるのです。

一見大丈夫かな?と思える組み合わせがたまにあったりするのですが、それはしっかりと味に裏打ちされた計算があるお料理なのです。必然性がある組み合わせ。

適度なボリュームといい、控えめの味付けといい、芸術的な盛り付けといい、先端的な印象で、新しい料理を食べる機会の少ない自分にとっては、刺激的で興味深いもの。

ふわっとしていて口に入れると初雪の様にシュワっと溶けるこのパウダーが何とも言えません。 どうしたら、こんな風に冷たいままふんわりできるのでしょう?

ミシュランの星が二つついているだけあって、ランチでもちゃんとしたサービスを受けたのだけれど、女性のサービス担当者のお皿の置き方が少々雑(乱暴)なのが気になった。

本日の料理は全体的に薄くぼやけた印象がありましたが、ワインは別としても13,000円のコースとしては充分楽しめる内容だったかな。

トータル的な満足感が前回のディナーの時と比較して、半減した印象。サービススタッフの人数が明らかに増えてるのに、サービスの充実度が向上してない気がします。。。

実は、ジビエ&ブータンノワールはあまり得意ではありませんでしたが、今日は、と〜ってもおいしくいただきました。久しぶりに感動のフレンチでございました

もっと斬新なお味なのかと思っていたけれど、どれもとっても美味しかったです〜 これでコースのメニューが選べたら最高なのに☆

このお値段を払ってまた頂きたいかと聞かれたら、正直 “ん〜・・・” という感じだったので次回は違うコースにしようと思います。

かなり納得しました。何よりも絶品は、生かきです。これは、オススメですね★またすぐに食べに行きたいお店です。

もちろん料理のお話もコース仕立てのようにたっぷりと。すべての料理にひとりよがりにならないテーマ性を盛り込んでいるとのことでした。

チョと量的にToo muchかな?っていうかメインになり過ぎ??w お料理に意識が行きませんでした。

最後まで丁寧なお仕事をされていらっしゃいます。お帰りの時にも一人ひとりにご挨拶されます。

ディナーコースは9450円と13650円の2種類。それにしても本当に贅沢なディナーでした。食材が違うものね〜。

どのお皿も全体的に美味しくって、シェフの正直で気さくな人柄も伺えて、満足のランチタイムでした。

量的には、少なめかな?全体的にあっさりとしたお料理ですが、食材のよさがしっかりと感じにられます。このフレンチなら、胃にも優しいと思いますねか〜。

意外な食材の使い方など斬新でありながら、全部を口の中に入れた時のハーモニーが素晴らしく、シェフの技やアイデアはやはりすごい!!と、感動でした。

オープンして間もない頃頂いたお料理もとても美味しく、このシェフはすごいことになりそうだという予感がしましたが今回は今までと比較にならないほど、衝撃を受けました。

好みのお味のお料理ばかりで、ココは絶対に再訪したい おデーツ向きの素敵なレストランでしたヨ

夜はもっと高いけど、夜も行ってみたいなぁとは思った。夜のメインを食べてみてからタテルとまた比較しよっかなぁと思う。

全ての料理がしっかりとしていながら、くどさや重さを感じさせない、自分の好みにぴったりの本当に美味しい料理です。

意思の疎通がちょっと悪く、少しトラブルあり だが誠意のある対応をして頂いたので、しこりは無い。

まずは、海水で軽く火を通した宮城産牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 岩海苔風味。柑橘のジュレと牡蠣を、よくからめて食べると、なんとも美味しかったぁ。

フォアグラは外側しっかり焼いてありますが、中はムースのようにふわふわ。

ちなみに、ワインリストのほうは、全てフランス語表記(注文をメモする給仕の伝票も仏語表記)で、地方別、色別に並んでいるのは本場・フランスと同じ。

ここの料理、おいしいのはもちろん運ばれてくるたびに驚きと感動があった。料理はおいしいし居心地もいいし、すごくすごく気に入った!

何て色鮮やかな野菜たち!目にするだけで気持ちが一気に明るくなる。素材そのものの味わいがしっかりしていて、ソースがなくとも十分においしくいただけた。

でてくる料理すべてに非の打ちどころがないってとても珍しいことだなと思ってました・・・。ちょっとお高いですが、こんな幸せがたまにあってもいいのかなぁと思う。

価格は料理のクオリティーに見合ってるけど、特別なオケージョンに足を運んでみてはいかがですか。

私が特に印象に残っているのは、カダイフを纏った的鯛のフリットです。素材と調理法によって、毎回違ったバリエーションで楽しめるので、何回も足を運びたくなるお店です。

Sさんのお誕生日プレートもお願いしていたのですが、それもかなり寂しい色合いのプレートが添えられているだけで演出も全くないし、切ない感じでした。。。

これが今まで食べたことのない不思議な味・・・私はコンフィチュールがない方が好みの味でした。(でもブロガーさんはコンフィチュール絶賛してます!)

内装もシックでスタイリッシュ。大人の空間という感じがしました。味は、もちろん最高級。目で見て楽しめて、味も最高。

本当に幸せな時を過ごしました。こじんまりした決して大きくない落ち着きのあるインテリアのレストランです。

ブラックチェリーのコンポート。お隣に写っているのはチェリーの種いれです。ちょっとした心遣いと演出がとても勉強になりますね。

メイン:的矢鯛のカダフィ包み焼き。レモンピュレソースでいただきましたが、火の通りがちょうどよくてフレンチのお魚料理としては私好みで久々に美味しかった

蝦夷仔鹿のお肉。それも、なんだか、特別の捕まえ方だそう。

店と相談しながら作り上げることができるコースがあるのがここの大きな特徴。これが想像以上に素晴らしかった!このユニークさに加えて、一つ一つの完成度が非常に高い。

コウジシモムラといえばやはりこちら。ミニハンバーガーのような生ハム、バジル、ケッパーを挟んだアミューズ。微妙に一口大ですが一口でパクッツ。

店内はこじんまりしてて、でも大人って感じです☆盛り付けもすごくキレイでした(*^_^*)たまにはこんな贅沢ランチも素敵〜!!

スタッフの皆さんもとてもまじめにお仕事をされているご様子でした。また、下村シェフがお忙しい中お声を掛けて下さり、おしゃべりも楽しかったです

素材の味を引き出すことで有名なベルナール・ロワゾー氏のもと修行されたシェフ。その精神は、お料理にもきちんと表明されていました。

白子のムニエル 白子の表面がパリッと香ばしく焼けていて、中はふわふわクリーミー

訪問前から「来年のミシュランで星を取るのは確実!」…などという評判を聞いておりましたが、期待以上の美味しさで…

お料理がおいしくて、創作的 私は、お魚料理が一番気に入りました お肉 そして、デザート。とってもおもしろいデザートでした。

↓『真鯛のフリット、ブロッコリーのクーリ』 鯛をカダイフで巻いてフリットにし  ブロッコリーのソースと、逆さまに置いたブロッコリーが 印象的な一品

フォアグラと無花果、お魚とフルーツのソース、もち豚、それと、チョコレートとオリーブオイルとカカオ水の組み合わせ♪とぉ〜っても美味しかったです♪

料理はもちろんのこと、付かず離れずの距離感が心地よいサービス、シェフのお話も直接うかがうことが出来て、五感も充分に刺激され・・・大満足のランチでした。

3枚目の北海道産の生うにも〜ほんと美味しかった今回一番気に入りました全体のバランスもかなりナイス

そしてこちらは繊細かつ力強い肉料理 北海道産のミルク羊のロティ 火入れがヤバイくらいに上手。うまぁ〜

特に、前から食べたかった牡蠣がとってもおいしかったです。今までに食べた事の無いお味でした。満足ー。

最後の最後まで憎いですね〜 全てのお料理の塩加減が程よく、色んな味のバランスが絶妙で フレンチで気に入った久々のお店かも。

「うちのメニューはそれほど重くないですよ」というギャルソンの勧めもあって、前菜2種、魚、肉、デザートのフルコースを頼んだのだが、結構、ヘビーになった気がする。

シックな大人なお店ですが、大人の優しさもあるお店です上半期のオススメといってもいいかなと思います

カダイフを纏ったお魚料理は、すぐにまた軽くてふわふわの触感がたまらないのです〜。下村シェフのお料理はデザートも工夫されていて、本当に美味しいので大好きです。

岩田先生おススメなだけあり、味もサービスも☆☆☆特に生牡蠣には感動。厨房を見せて頂き、こういう場所で料理が作られるのか、と感動しました。

どのプレートもとてもとても美味しくって、最高でした。塩がきつすぎず、でもしっかりとした味。食べているそばから、他のメニューが気になっちゃうぐらい。

ここまでスタッフの方とメニューについて語り合うことがあった?と言うほど好みや全体的な量などを話し合って今これが食べたいと思えるものを選ぶ事が出来ました。

料理も新鮮さを感じる素晴らしい料理。帰り出口でシェフ兼オーナーの下村浩司氏にオリジナルスパイスと面白い手拭きを頂きました。

そして私がこの日一番印象に残った一品 ブータン・ノワールのテリーヌ 見た目はまるでデザートのような一品です

こちらデザート。なんと、オリーブオイルとパウダー状のアイスを沿えて頂きます。とっても、変わった触感でおいしかったです。

お食事の後、席にシェフがご挨拶にきてくれました〜〜店内は、もちろん満席ワインも豊富 席数も少ないので・・・・予約は必須です

私は鴨が大好きで、色んなお店で頂くのですがここの鴨は今まででナンバー1でした次回のミシュランでは星がつくともっぱらの噂。

一皿一皿のボリュームといいシンプルな盛りつけといい そして嫌いなフォアグラと鴨を大好物にしてしまうテクニックといい素晴らしかった。

サクサク!ふわっ。レモンの味が爽やかで(下にレモンのコンフィチュールがある)揚げてあってもくどさはなくてさすがの逸品。ブロッコリーの緑色のソースがきれい!

そしてポアソン。食べたかった 的鯛をカダイフで揚げたスペシャリテ ソースもブロッコリーのピュレにレモンのコンフィチュール さすがにこれは美味い

今シーズン初生牡蠣。生牡蠣心配ですがこちらのお店のものなら大丈夫かなっと思い注文。ゼリーに磯にさっぱりと美味しかったです。

ミシュランガイド掲載店です!!本当に!おいしかったです!!これではカンタンすぎるコメントですが、調味料に何を使用しているのか分からないおいしさでした。

お肉料理 シャラン産窒息鴨のグリエ フレンチでチーズはほとんど頼まないのですが、ここのチーズは一工夫も二工夫も!!チーズの概念が覆りました。

下村氏は食材の味を最大限に引き出すシェフだということを改めて実感。ソースなどで味を出すのではなく、調理法、他の食材との融合でメインの素材が持つそのものの味を…

料理は繊細かつクリエイティブ、店名のエディションが、どこかナリサワさんの店的な感じすんね。まぁどれも美味しくて、流石です☆

ブータンノワール。りんごのソースがこれまたおいしい・・。前来たときも思ったのですが、ここのお料理はおいしい&ビジュアルもナイスなのです

「再構築した完熟クリスティーヌ苺のタルト」レストランの紹介でいきなりデセールというのもヘンですが、下村シェフの感性を端的に表現する一皿です。

正直な感想は、新鮮な素材を美味しく調理しているのに、ソースがあと一歩です。お任せのワインも、皆首をかしげていたので、もう少しがんばって〜!!

アンコウにイベリア豚のチョリソのソース。チョリソがソースになっていてアンコウの上から掛けて下さいます。チョリソがソースとなっていただくのは初めてでした。

オフィスビルに星獲得レストランって不思議な感じがしました。店内もモダンでスッキリしています。変わった素材を楽しめるお店でした。

いろんな珍しい野菜達。マイクロトマト・パスムス?など。キノコはジロールと椎茸の小さいもの、その名もチイタケ(笑)。カワイーイ!

某美食家の方にお誘い頂き参加した今回の会食、やはり私が一目置いている方だけに、Edition Koji Shimomura、とても素晴らしいお店でした

個室だったということもあり、後半は下村シェフの料理説明を堪能でき、楽しい一夜となりました。会計は一人30000円弱でした。

なにをたべても美味しい。フレンチなのに胃にもたれずさっぱりとしいるけどどれも印象に残る味っ お店のインテリアもかたすぎずカジュアルすぎずいい感じ

私の現時点でのフレンチレストラン総合得点ではトップかもしれません。11月発売のミシュラン東京で星は絶対に付くでしょう。

野菜いっぱいのお皿や鴨など、全て美味しかったのですが、一番食べてみたかったロックフォールチーズとバナナという組み合わせに、初めてチャレンジしました。

食後、シェフと少しお話を、質問すれば何でも答えてくれる気さくな感じの人でした。そこまで話していいのーと逆にこちらが心配になるくらいで。ご馳走様でした。

お料理が美味しいだけではないんです。お皿も、テーブルクロスも、飾りつけもすべてがモダンなセンスに溢れていて、行く度にサプライズを頂けるところ。

知らなかったら気がつかないような、隠れ家のようなエントランス。どうもこのシェフ、人を驚かせるようなユーモアがお好きなのか…

インテリアのモダン具合が、ロアンヌのトロワグロ本店の雰囲気とよく似ている。エレガントなサービスにも好感が持てる。

宮城産の新鮮なカキを海水のジュレで仕立てた爽快感あふれる一品。岩海苔がまた良く合うんです。磯の香りのコンビ?ネーションが最高です

一皿目のデセール。ライチのソルベとココナッツアイス。中にパイナップルが入っています。冷たくて白いデセール。ライチの酸味が美味しい!ボリュームもたっぷりね。

今年オープンしたばかりという事もあり、とてもキレイでモダンな店内。 もちろんお料理も盛り付けもキレイでお味もGood

・フォワグラがのったカナッペは、贅沢なほどの厚み。カダイフ(トルコのお菓子の材料)を纏ったフリットは 通常よりミニサイズでも美味しさは変わらない!

手長えびとアーティチョークムース入りのガスパチョ、牡蠣と青海苔の海水ジュレ、鳩のローストがとーってもおいしかった!鳩はまるでお菓子だ。

メニューは話し合いで組み立てるコースに。どれもおいしかった。量もちょうどよくて。ゆいたんママもお気に入り。再訪問間違いなしの店。

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「グリリア ウエタケ:GRIGLIA uetake(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お料理は、どれもとても美味♪シャンパン、ワインもとても美味しいのイル・ボッロのオリジナルワインとか・・とても素敵なランチを頂けて大満足!

どのお皿も、素材が生きていて、それぞれがインパクトをもって迫ってくる感じでした。ここ、デートで行きたいお店かもー!!

お料理は流石にどっちのコースも良い素材のものをそれなりに食べさせてくれるのでどれも美味しくいただけました。

オリジナリティーのあるゴージャスな空間… 一言で 『オシャレ!』 と云ってしまえば それは少し簡単過ぎる表現になってしまうだろう。

料理とのマッチングは、最初の3皿が素晴らしいものでした。冷製カッペリーニには蒙を啓かれました。フレッシュな素材料理でもこれだけマッチするとは思いませんでした。

ステキな空間と盛り付けも味も素晴らしいお料理、そしてスタッフの方々の心地よいおもてなしで、パーフェクトなレストランだったわ!!!

サクサクの衣で旨味をギュッと閉じ込めたジューシーなソーセージと、クリーミーで濃厚なスープの組み合わせがウマ♪

凝った料理ではないけれど、それぞれの野菜の味が濃くておいしかった!デザートも野菜で作られていて、私はかぼちゃのプリン。舌触りがなめらかで最高でした!

とにかくお肉が美味しくてボリュームもあるので、お洒落な気分で満足感を得たい人にはオススメです。

ドルチェにバルサミコ酢が使われているのにはびっくりでした。紫いものほっくりした甘さと酸味が見事に調和していました。

どれも本当においしくて、おなかいっぱいでした。どれくらいおなかいっぱいだったかというと、相方は、食べてましたが、私は最後のデザート頼めませんでした。

前菜系だが、これらは味にいろいろな工夫を感じられた。メインのほうは季節を感じさせる食材がアレンジされていて、見た目でも、香りでも、「秋」を感じられた。

数多く経験したモルトディナーの中で、抜きん出て最高のディナーでした。植竹シェフがモルトの味を理解した上で、メニューを決めたのがはっきりわかります。

まずは前菜。6点もり。もちろんすべて野菜!続いて、ニョッキメニュー。にんにくとオリーブオイルが効いててとても美味しい。こんな美味しいニョッキ、作ってみたい。

使っっている材料の違いだけで、味は変わらなかったし、どちらもおいしかった!野菜がふんだんに使われていて、野菜好きとしては大満足。

美味しいスープを吸ったはくさいが、意外にも主役級の活躍 パスタのゆで具合が勉強になりますっ。

なんか、お野菜がちょーおいしい!!!!正直、パスタもメインもいまいち絶品とは思わなかったけど、一皿一皿添えてあるお野菜がぐぅ

そして何よりも、付け合せにいただいた野菜の炭火焼きが、味がつけてあるとはいうものの素材そのもので、とにかく美味しい!

前菜から一通りパスタは2種、ドルチェも植竹シェフならではの素材の味を生かした味わいでした。お野菜の香りや歯応えを生かすテクニックはやはり流石です。

前菜(イベリコ豚)・パスタ(ずわい蟹)・お魚(鰤)・お肉(三重牛)と続きましたが、どれも素材の良さを目でも舌でも感じることができる逸品でした。お見事!

お肉は絶品!!さすが自慢のグリル。ソースも天然塩とバジル風味とイタリアのドルチェワインヴィンサントの3種類。まずは何もつけずに頂きます。お肉が柔らかいこと!!

「50gずつ両方食べてみては?」とお店の方に言われ、2種類食べ比べました。あんなにジューシーなフィレ肉を食べたのは初めて!

お食事は、ちょっと控え前のコースをオーダー。。。食事は、美味しかったのですが満足度が高くなかったのです。というのは、風邪のせいかも。。。。

メインのグリルはまずアワビから。ソースが3種類、塩・トマトソース・バジルにオリーブオリルが添えられます。アワビだけでもおいしかったです☆

前菜は基本的に優しい味だった。肝心なお肉は豚、羊、ハトというそれぞれを注文したのだけれどどれも旨い!

植竹シェフは関東出身のはずだが、京都野菜が多用されていた。雰囲気は地下ながら、窓が多くて、そこから水の流れが見え、開放感がある様に工夫されている。

料理だけなら1万円強程度で済むと思うし、料理のレベルだけなら、中の上のレベルだが、この内装を考えると充分すぎるほど魅力あるレストランである。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:グリリア ウエタケ(イタリアン)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「ラ グラディスカ:LA GRADISCA(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

アミューズはバッカラとじゃがいもの軽い煮込みで優しいお味。ソムリエさんのアドバイスも的確だし、お料理も全て取り分けてもってきてくださるし親切なお店です。

そんなシェフ堀江さんが、日本各地の美味しい素材を使って作り上げる作品達… とても細部にまで決め細やかな心遣いの見えるお店でとっても大満足でした^^

この中にお野菜がゴロゴロ入っているのですが、濃厚なチーズのソースが美味しすぎた。チーズのスティックが添えてありますが、これまたいいアクセント。

堀江シェフ、ピエモンテの風と土と水と人を見事に感じさせるお料理の数々!ごちそうさまでした。

骨太の方針、じゃなくて男らしい骨太の料理。ワインもおいしくて、こっそりまた来たいお店。

ここ「ラ・グラディスカ」は、シェフの底力感じさせられる骨太イタリアンであり、今度はディナーで一度訪れたいと感じました。

酸味もしっかり、濃厚なラグー。麺は細いけれどしっかりしていました。ラビオリとか太麺も相性良さそうなソース。

岩塩に包まれた牛肉は塩加減といい、火の通り具合による食感も良い塩梅で、嬉しいことに、今回チョイスしたカーゼ・バッセとピッタリ合うんですよ!上品さが♪

住宅街の閑静な雰囲気のなかにお店はある。店の雰囲気は清潔感が溢れ、創作料理はおいしい。アミューズはかき揚げが上品になってカリカリ感があっておいしい。

こちらのお料理は日本でも珍しい、ピエモンテを中心とした北イタリア料理を供してくれます。ドルチェの前に小菓子。全て自家製。

お料理が出てくるのが、やや遅めなので、が進みます(笑)天井の高いゆとりのある空間で、ゆっくりした時間を満喫できます。

こちらはピエモンテ料理で有名なお店。シェフがイタリアで星をとったとか。店内はシンプルで清潔な感じですね。わりとあっさりしたインテリアです。

ピエモンテの男らしいがっつんとした郷土料理を供してくれる一店と聞いたら、行ってみないわけには行きません。

なるほど〜、バーニャカウダソースをチコリの上にのせれば器になるのね〜。チコリの葉を器がわりにはよく使うけど、ソース入れとしても良いのね。いただきっ!!

熱々のソースの野菜フォンデュ”だったけれど、こうやってチコリを器替わりにして前菜仕立てにするなんてすごい!!!

うまい!量は半端じゃない!とにかく骨太でいて繊細!そして今まで数多くのイタリアンを見てきたけれど、そのどれにも当てはまらない!

味付けはシンプルですが、それぞれがとても美味しく、最近食べたイタリアンの中では、インカントより好きかもしれません。

伊ミシュランの星を獲得したシェフ堀江純一郎さんが、帰国後開いたリストランテ 北イタリア・ピエモンテ地方の料理が中心です。

お店は地下1Fにあるのだが、天井が高く、隣席との間隔も広く、かなりゆったり。また壁には貴族風なカーテンがかけられてたりして、雰囲気はまさにリストランテ。

お料理もハイレベルですが、サービスも付かず離れずよい距離感でひとりの女性スタッフが最後まで私達のサービスを担当して下さいました

素材の良さ、持ち味が口の中に広がり、その後さまざまなセンセーションをもたらしてくれるお料理。優しく、印象深く、とても重要な温度もそれぞれに良かったです。

ロースト肉した豚と牛とウサギの肉の詰め物をした手打ちパスタは、薄いのにモチッと弾力のある繊細なパスタの食感。個人的には前回オーダーしたタヤリンのが好み

余計な飾りの無いシンプルで、直球。なのにどこか優しい。これはシェフの人柄の現われな気がする。今度は冬のお料理も食べてみたいなぁ〜。

地下にあるお店ですが、天井が高くて圧迫感のない空間。Caffeが付いてコース終了次回はアラカルトで頼もうかな。。

メインの鶉が相当に美味い。こちらの店かなりいい。見た目は派手じゃないけど、洗練された質の高さ。

パスタもおいしくて、スパゲッッティーではないパスタを久しぶりにいただいた感じです。料理はやはり肉料理が素晴らしく、とても堪能しました。

丁寧に作られたお料理をしっとりした店内でしっかり味わえるお店って感じですね。この雰囲気とサービスと美味しさでランチが¥5,000以内なら割高という感じも無いし。

地下レストランですが、カーテンや絵画でエレガントさがあり、天井が高く圧迫感を感じさせない空間でした。また伺いたいです。

牛モモ肉の岩塩包み焼き、バルサミコソース。エビのソテー、栗の花の蜂蜜ソース、トレビス添え。ソースがとっても美味しい!

居心地がよかったので、遅くまで居座ってしまいました。。。シェフ自らお見送りいただいて、大満足気分でお店を出ました。

ああ、あまりにもおいしくて、お腹苦しくて、でもまたすぐ来たい。そう思うグラディスカのお料理の数々、ご馳走様でした!

よくある高級イタリアンのようにフレンチっぽくなっただけの店ではなく、高級感とともにイタリアンの荒々しさ、豪快さもしっかりと感じます。

お料理は、繊細系。インテリアも、そんな感じ。でも、最後にお見送りに出てきてくださったシェフはインパクト系でした^^;

当然のようにうまかったが,やや濃厚な味付けは,女の子らしくライトなイタリアンを味わいたい人には,びっくりかも.

一皿ごとにワインも合わせていただき、量の飲めない私にとっては、色々なが楽しめて大満足

味はモチロン サービスも評価が高く人気のイタリアン 「バーニャカウダ」や「タヤリン」で有名なピエモンテの料理  ここのサービスの女性の気配りは素晴らしいですっ

ミシュラン1ツ星を獲得したこともあるシェフのお料理なのですって。前菜はマスのマリネ。写真は 牛モモ肉の岩塩包み焼きです。

全体的に、上品にまとめられたお料理でした。食器は、ジノリだし 週末に、のんびりランチを楽しみたいお店ですね

地階の店ですが天井が高くインテリアも上品にスッキリまとまっているので非常に快適な空間だと思います。今回は料理に満足できませんでしたがまた来ようと思います。

昼からア・ラ・カルトでのオーダーも可能なようですが、ランチ営業を続行されるならコースももっと魅力的でなければならないと思います。

天井がすごく高くて、サーブしてくれる女性・男性ともにとっても感じがよくって。。味つけはちょっとスパイシー(モロッコっぽい)のもでてきます。

どれもしっかりした味わいで、Nebbioro D'albaと相性が良かった。この料理も食べて、ピエモンテも行ってみたいと思った。

ラビオリの中身は、「プリン」と呼ぶ肉を手で丸めたもの。濃厚なチーズソースと味の濃い肉、その食感がよいバランスです。

前菜2品、プリモ、セコンド、そしてデザート&焼き菓子で、ヴェッキオ・ホワイトに盛りつけられたお料理は洗練されていて、結構味付けもしっかり目。

血の香りのする肉、土の香りのする野菜、木の実をふんだんに使って、素材を生かした料理を提供してくれる。こんな店が、家の近くにあればいいのに・・・・。

場所は六本木ヒルズにほど近いところにありました。味がしっかりしていて、どのお料理もとっても美味しかったです♪

大胆ななかにすごく繊細なハーブの味付けがしてあったり(魚介のニョッキ)、はたまたパスタに使ったきのこの味は、本来の風味以上のものが引き出されていたり。

水俣の清流に生息する鯉を使用しているため、いわゆる鯉の臭みは皆無。ゼラチン質たっぷりで旨味がある。ピノ・ノワールを合わせた。

メインの豚のローストは圧巻で、コラーゲンぷるぷる。この豚はちょっと他では味わえないんじゃないかな。とっても満足です。

レモンのタルトにヨーグルトのシャーベット。爽やかな初夏の香りがする一皿です。添えられたパッションフルーツのソースが清々しさを倍増させてくれました。

メインは「雷鳥」。添えられた内臓に生命力を感じる。美味しいお話に美味しい料理。これぞ理想のディナー。

これからは もう、他のコイ料理を食べるたびにガッカリするしかないのでは と、恐ろしいような予感にとりつかれた瞬間。

アスパラガスに生ハムが巻いてあって、チーズをまぶしてソテーした上にちっちゃい卵が乗っています。とろとろ卵が大好きな私には、もう少し卵がほしかったですが。。。

お酒は、スプマンテをグラスで飲んだあと、プロセッコの赤をボトルで。アミューズは、トマトで煮たナスの上にお魚。いきなりすごくおいしくて期待がふくらむ。

こちらのお料理、本当においしいですそして、きちんとしたリストランテなのに、深夜までお食事ができるのも嬉しいです。

天井が高めで雰囲気のいいお店です ピエモンテのお料理ということで、全体的にしっかりとした味付けになっています

ひっさびさに美味い店みっけ コースで1万弱でドルチェまでの見事なコストパフォーマンスとお味

これはタリオリーニでした。おいしい イタリアワインのソムリエ鶴岡ねぇさんの選んだ’02のバルべーラも料理とマッチして池田さんの癒しサービスを受けながらなんて幸せ

パスタはマルタリアーティという三角形の手打ちパスタを魚介のソースで。ソフトなパスタの食感と貝のコリコリした食感が楽しい一皿です。あっさりといただきました。

パスタはラビオリを選択しましたが、お肉がジューシー メインのホロホロ鳥も、柔らかくて濃厚なお味

豚のロースト 肉料理はどちらもフレンチに限りなく近い味。ピエモンテの料理だそうですが、フランス国境沿いの州なんですね。

どの料理も濃い目のしっかりとした味付けでした。あと店員さんのサービスが良かったです。ワインをのみすぎて泥酔。翌日はがっつり二日酔いでした。

いわゆる郷土料理って感じで、味付けが全体的に荒っぽく、何というか…男っぽい印象ぉ。

お店の方にお薦めを聞いて選んだのが、カッペラーノのネッビオーロ・ダルバ。クラシカルな造りのワインで、主張しすぎることなく料理との相性はばっちしでした。

ニョッキ。アンチョビとブロッコリーのソース。ニョッキがとても甘く、やわらか。お皿はすべて、ジノリのベッキオホワイトが使われていました。やっぱり好きです。

お料理は濃厚にして骨太、一皿一皿の量は少なめですが、お腹にずっしり。食前にはスプマンテ、お食事には樽のきいた白ワインがおススメです。

結論からいいますと・・・。料理はすごくウマイッ。ここ最近のイタリア料理ではかなりのスマッシュヒットでした。ただ、料理もサービスも遅すぎ!!

一品目まずはアミューズでじゃがいもとツナのサラダ的なもの。。。 いっつもそうなんだけど、食欲が前にでちゃって、いつも画像取り忘れちゃう。。。。

この店のワインは、時々雑誌で見かける合田泰子さんのセレクト。お料理にあわせて、ソムリエ氏に選んでもらった。特に左の白が濃くてしっかりとした味わいでおいしかった。

ゆったりしていてとても感じの良いお店。9000円位のコースにしたのだけれど、突き出し、前菜3種、パスタ、メイン、小菓子、デザートといった構成。

全体的に繊細な味と量です。パスタは少し味が濃かったですが、きのこの臭みを消すためでしょう。記念日のお店にするには、少しインパクトにかける気がしました。

いやー、どれもこれも美味しかったです。大人になって良かったなーとしみじみ思いました。最後、シェフの方も出てきてくださって恐縮しました。。。

量もなかなかちょうど良くて味もワインに合ってお店の雰囲気もよくてほんとーに楽しくて笑いまくっていい時間をすごせました。

あっ、フォローではないけど・・・ サービスが大変レベルが高いお店 味にうるさくない方でしたら場所のことも考えれば CPは非常にレベル高し

シンプル丁寧できちんと美味しく “イタリア料理を食べた!”そんな気持ちになれるレストランです。

シェフのスペシャリテ、アニョロッティ ダル プリンは茹で加減も丁度良く、つるりとなめらか。過去頂いたものは茹でが甘いことが多かったので、美味しくて嬉しかった。

お料理も美味しかった(*^^*) 写真撮るのを忘れてしまい・・・デザートの時にお店の方が白いお皿にメッセージがチョコで書いてあるの

どのお皿もとくに目新しいとか印象に残るものはなく、塩や香辛料が控えめな締りのない味付けのため1皿を完食のがつらかった。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ラ グラディスカ (イタリアン)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「エル ブランシュ:Aile Blanche(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

軽く火を入れたホタテが美味しいんだけど、このポタージュで頂いたのは初めて。秋らしくなってきた

お肉で美味しい鳩が入荷しているとのことで、即注文 HUBBEL(ユベル)という品種。身が肉厚で、ぷりぷりと柔らかな弾力もある食感。身の色もピンクで食欲をそそります

ウズラは美味しい。でも、アレ?こんなにソースの味が濃く感じるのは、ドラミが凹ヘバッてるせぃ??なんだか全体にソースがかかってるせいか、べっとりした感じ。

オープンしてそろそろ1年と4ヶ月。頑張ってますよ〜。常に色々な食材、調理法に挑戦していて、すごいなーと。いつも、美味しい食事をごちそうさまです

「本日の魚料理」「本日の肉料理」からチョイス。なかなか決められずにいたら「一皿ずつ選ばれたことにして、半分ずつお出ししましょうか?」と提案してくださいました。

もぅ、この日は言うコトありません。大満足、とか、そんな言葉じゃ表しきれない・・・SMILE満足度250%ですっ!!(当社比?w) 

おいしいとおもったのかよくわかってないのですが、きっとよく覚えてるポイントが、市川がおいしいとおもったポイントなのかしらと、食べたものをお絵描きをしてみました。

それにしても、いつものことながら、小川シェフは、一皿一皿、丁寧に作っています。

だって、好きなんですもんっ!お料理&ワインもおいしいけど、ソレ+αで、なんか「顔見せたい」・・というより、「笑顔を見に行ってお話したい!」そんな感じ。

こちらのお料理は素材が良いので野菜の味も全然違います。息もピッタリの小川ブラザーズ。ホスピタリテイも抜群です。

"からだにやさしいフレンチ"をコンセプトに、バターや生クリームの量は必要最小限にしてあります。なので、たくさん食べても翌日はスッキリ胃にもたれることも…

お料理はHPでも紹介されてるように、ホント優しいお味。お酒大好き脂舌には少々物足りない感もありつつも(少々インパクトには欠けますが)、綺麗にまとまってる…

全てにおいて、大満足なこの日。話も弾み、あっという間に気付いたら4時間強!オマケにドラミ、気を許せるココでは、かなり酔っ払っちゃうんだよね・・・

ちょっとバブリーで、このネーミングはどうかな、って最初は思いますが、出てくる料理の一皿一皿をいただいた後では、納得のネーミングです。

遅い時間からでも行けるし、アラカルトでちょこっと食べられるのもいい。お料理は何にしようかとカウンター越しにシェフと相談しながらその日の気分で。

アミューズ。フォアグラと甘海老。テーブルアミューズ 宮城県産の秋刀魚。軽くマリネして、皮目をあぶり、さつま芋と柿と一緒にサラダ仕立てで。

ソムリエさんにはいろいろサービスしていただいて、シェフとの話も面白く、楽しい気分にさせてもらった。

チームワーク抜群のレストランです.営業は27時まで.夜、お腹がすいた時、ちょっとワインを飲んで帰りたい時にも是非どうぞ.

でも、いまいちお料理の印象が薄かったなぁ。素材も厳選していて、色々とこだわりがあるようなんですが...。camilleさんも同じような感想だったみたいです。

フルコースを食べた後なのに、若干酔っ払っているとは言え全然お腹が苦しくないんですよね。コンセプトにもなっている「からだにやさしいフレンチ」を身を持って実感…

極上のコース15000をお願いすることにしました このなかにはシェフのスペシャリテや気になるお料理も含まれていたからです〜いやはや、予想以上の展開で

なんてったって、深夜でもこんな美味しいお肉料理が食べられる上に、1/2ハーフポーションなど、お腹の空き具合で、量も構成も相談しながら食べられるのが良いっ!

1度きりだけでは分からない、自分のことを覚えてくださって、好みやワインに合わせて、色々と工夫してくださるっていう悦びを、ようやく実感できる1軒になりそうな・・・

美味しくまた美しい料理を食べ、持ち寄ったワインを飲みながら、楽しいひと時を過ごしました.

先ずはアミューズ。リエットの詰め込まれたプティシューです。いや〜、リエット好きだからでしょうか、これだけでお酒がすすんじゃいます(*´д`*)

フランス産野生きのこの風味も、帆立の火入れも、トマトのコンフィも美味しくソースも美味しくて、思わずパンで拭ってしまう美味しさでした。

噛むのに歯がいらないと思えるほどの柔らかさ!それでいながらジビエの野性味はしっかりとあって。ちょっと驚くような火入れでした!

美味しい(*´д`*)生と言うことで、独特のクセとか、匂いとかがあるのかな?と思いましたがそんなものは全くありません!

この時点で今回の催しの凄さを予感したのですが続いて登場した一皿目の前菜で完全にそれが確信に替わりました!!!

本当に官能的なディナー・・・。締めくくりはチーズとマール。最後の最後まで夢を見させてくれたエルブランシュに感謝です。

お選びになった食材への自信や極上コースという設定をされているようにお客様目線というか、満足して欲しいという気持ちが伝わってくる・・・といった余韻がありました。

グラスシャンパーニュも赤ワインも2杯ずついただきましたので、トータル的には結構散財した結果にはなりましたが、満足度も高いです。

問答無用のフォアグラ。とろっとろ ちょっと酸味が気になるBaronが、びたっと合った。シェリービネガーソースが幸いした?

小川シェフに全てお任せした「オートクチュール」コース。(¥2万5千円)わざわざ、お忙しい週末にMenuまで作成して頂いてしまいましたっ!(感激)

今日のウズラは世界一美味しいですよ〜という一声でメインはウズラに確かにコレとってもお肉が柔らかく美味しくて、骨までしっかりしゃぶってました

小さいけれど、個室もあってベビーカーで子供をつれて食べにくることもできるそうです。

桃のスープ 3,800円 サマートリュフの下にはコンソメのジュレが隠れている、冷製スープ。そう、行ったのは桃が美味しい季節なので、時差があります

アミューズは栃木県で養殖されている鮭を使ったマリネ。サワークリームとキャビアが添えてあります。元来サーモンマリネの好きな自分にとって、ドストライクな一皿。

見てください!この素晴らしい肉の赤!この火入れの見事さ!!!まるでタタキのように周りには薄く火が通っていますが中は薔薇色の焼き加減。

あぁー本日もヤラレちゃいましたぁ〜素敵過ぎっ!また来ます。この4日後に。 もぅ嫌がられても通っちゃうもんネ!

さっとポワレされた帆立があまりにもやわらかくてビックリ! 大きさはそれ程でもないのですが、こんなにやわらかい帆立は初めてで、感動しました。

斬新!カップルで行きたいVIPカウンター目の前でシェフが料理をつくってくれる。

料理はどれも格別。パンもバターも自家製というからビックリ。最後まで料理とワインを楽しませて頂きました。小さいけれど、個室もあってベビーカーで子供をつれて食べに…

当然というか、食後感も悪くなってしまい かなり疑問に感じた一皿。何かの手違いか、それともこれが完成品か、ふやけたイチゴとの相性も不気味な結果に。

たっぷりと付いた脂肪、柔らかな肉質・・・。同じ「鴨」という言葉で片付けてはいけないような違い。勿論どちらも魅力的です♪

オレンジ色っぽい暖色系のカラーが、食欲をそそります。お客様が少ないのが気になりますが、今日も、本当に、ごちそうさまでした。

まったくクセはなく、とても柔らかで透明感のある上品できれだがしっかりと主張のある旨味が口の中に広がる。一口一口が本当に旨い。

春と秋にしか収穫できないため、もうそろそろ終了かもとのお話し・・・。また春には、あのむせ返る様な濃厚さを堪能させてもらいたいものです♪

ここに使われているトマトも越のルビーと思われますが相変わらずの美味しさでした。

前 、美味しかったので、メインにあると聞いてまたリピート ソースは違いますが、やっぱりウズラは

特に宴中にリアル・アップした「フォアグラのテリーヌ クランベリーのクレームフェテ」は、これを食べられなかっただけで、人生の0.?%は損したな、という一品。

ゆったりといたします店内ですが是非カウンター席をお薦めいたしますわ目の前にございます鉄板にて一皿ずつ真心伝わりますフレンチを楽しめます

そんな仔牛がシェフの手にかかると… こんな料理になります!濃厚なクリームのソースに、モリーユ茸が浮かんでいて付け合せは、フランス産の野生のアスパラガス…。

寒い冬の季節に、熱々トロトロのグラタン。しかも、甘いクリームと、その中にほのかな酸味の柑橘類…最高の締めくくりでした(*´p`*)

前菜は野菜のゼリー寄せテリーヌ、サロマ産帆立とカエルのポワレに続くは、立派なビュルゴー家シャラン鴨。カナール=家禽ですが、窒息鴨といって最高の味わいです。

バターが手作りなんですがヤバい。凄い美味しい。パンにバターって添えてあっても味見程度にしかつけないんですがもりもり食べました。ホントこのバターは売ってほしい…

これは、著名なイチゴのせフォアグラポアレ。それはもうおいしいですって。おいしいに決まってます。シャラン鳥のロティのソースは八角入り?おいしく面白いお味でした。

「美味しい!」と飛び上がるように感動したことはありますが優しい気持ちになれるお料理は、なかなかないのではないかと思います。

アワビがこのソーススプーンで簡単に切れるんですよ!(*´д`*)柔らかいのなんの(*´д`*)肝も添えられていて、これが不味かろうわけがないのです。

しっかりと火は通っています。「レアは生なんじゃない、火の通った生なんだ」とは『美味しんぼ』に出てきた言葉ですが、これを食べれば、その意味を理解できるはずです。

沼津産手長海老のソテー、オレンジソース 5,200円 お決まり通り、手長海老があると注文してしまいます。最近、傾向がバレてるらしい

スペシャリテのフォアグラは、ソースの酸味のバランスも良く、美味しい。また、しっとりと火を入れた味わいの強いバスク豚も、美味。

雷鳥と言うくらいですから、疑うこともなく鳥なのですが長い繊維質の肉質ではなくて、細かい繊維がぎっしり詰まっているような肉の食感です!

ホタテの料理は美味しかった。ホタテの香ばしさをトリュフのソースが優しく包んで上品な味。メインは魚と肉。魚はなるべく味を消さないように控えめなソース。

おおよそ料理を表現する言葉のほとんどの点で◎であるが、基本がしっかりしたうえでの創意工夫がお見事。

とてもヘルシーでフレンチとは思えないシェフのこだわりとなんと鉄板のコーナーがある、毎日いきたいレストラン、一押しです

野菜好きの私には嬉しく、シェフの出身でもある福井県の契約農家から仕入れているというお野菜がふんだんに使用されています。明日もまた食べたくなる不思議なフレンチ…

日本人にあう 毎日行っても飽きない こだわりの食材 繊細さ 大切なお客様はここに 誕生日も パリからのお客様も みんなご紹介

高級感漂うレストランですが、小川シェフを始めとするスタッフの皆さんはとても気さくで優しい方ばかりでした 楽しい出てくるものすべて見た目、もちろん味にも大大大満足

フォアグラのポワレ こちらのお店のスペシャリテだったので コース以外のアラカルトで特別にオーダーしちゃいました ホントやばいくらい美味しかった

店内は大雑把にいうと、2つに分かれます。まずは通常のフロア。どこが、というわけではないんですが、ややフェミニンな雰囲気がするように思えます。

「魔法のフォアグラ」。いただきましたが、たしかにおいしかった。シェリービネガーのソースにほのかに酸味があって、濃厚なフォアグラがしつこく感じませんでした

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:エル ブランシュ(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「リストランティーノ バルカ:Barca(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

やっぱりバルカは私にとって、知人に紹介するのにも、グルメな方をお連れするのにも、安心感がある大切なお店です

どちらかと言うと素材を大切に、しかも野菜をふんだんに使った身体に優しい感じのイタリアン。でもリピート希望の、とっても美味しくってリーズナブルなお店です◎

こまち豚の骨付きロース肉の炭火焼き。これは2皿に分けたところ。骨は他の皿のほうに。味は濃いが、サラリと水性な印象の脂。豚大好き。

イタリアンだろうが、フレンチだろうが仕事の後はビール!!自家製のグリッシーニを出していただきました。自家製って初めて。美味しいなぁ

ナイスコメントのうっちーはお店のいじられキャラ。エレガントに増して程よくからかう工藤さんほっと優しくあったまる広尾のbarcaです。

全体的にこれといってパンチのある味ではなく、何かが足りない感じ?美味しいんだけど・・・。シンプルで可も無く、不可も無くって感じかなぁ。

優しいとろけ具合は彼の人柄ゆえじんわり嬉しくしっかり完食です。 そしていつも爽やかに迎えてくださるカウンターのイケメンソムリエ工藤さん

明るくやわらかな照明の店内で、いかにも健全なお料理がでてきそうな安心感のあるお店です。居心地いいので、リピートしたくなるお店です。

猪のグラタン ココット風?猪肉は案外柔らかく、クリームソースもしつこくなくておいしかった。胡椒がかなりきいています。

ここは平日は翌4:00までやっているので仕事が遅くまでかかる人には重宝するお店です オニオングラタンスープのように煮詰まったあつあつ白菜グラタン。冬の味覚です

今まで食べたことのない盛り付けでした!!大きく裂いた鴨もも肉の塊がパスタの上に乗ってました♪これがトロットロでめちゃめちゃ美味しいです

深夜にオープンしているレストランはてビストロ系は多いけれど、イタリアンできちんとした美味しい食事と美味しいワインが楽しめるお店ってありそうでないような気がする

真鱈白子としいたけのフリット。クミンのお塩でいただきます。白子はふわぁぁぁ〜、しいたけは肉厚でとっても香りが良くて大満足。

一人でも数人でも会社帰りでも休日でも・・・色々な用途に利用できる、使い勝手のよいお店だと思います。

・熊本より 馬ヒレ肉と旬野菜のタリアータ。(¥3,800円)。 筍もアスパラソバージュも入ってますが、何だか↑葉っぱ乗せ料理多いです?w

胡瓜のサラダ仕立て サラダ仕立てにする意味がちょっとわからず・・・まだグリル野菜のほうが合うのでは?と思いながらも鰻はふっくら焼き上がっていて香ばしく美味しい

そのお肉がこれ〜(*^-^*) 生ハムとグリーンアスパラ♪ アスパラも生です〜 薫製の香りとチーズが合います♪

バルカにいらっしゃるパスタ好きのお客様の中には、パスタだけで6皿をオーダーする方がいるんだとか。ひえー、胃袋、覗いてみたいわ〜

個室利用でしたので、いつもより周りを気にせず会話に興じることができました。このお店で味わえる、ゆったりした時間の流れ、私はとても好きです

キレイな盛り付けに感動し、特選こだわり素材を巧みに使い、癒しのお料理を創りだすすっかりハート鷲掴みです

とても評判も高くいいお店なのに、お店の方々のちょっと控えめな対応も好感持てます。また残業後などにおいしいお食事を軽くいただきに行けたらいいな〜と思います♪

最初はこれです「季節野菜バーニャカウダ風」お皿も盛りつけもすごく良い感じです。アンチョビのペーストのドレッシングが美味しいです。もう最初から興奮!期待は膨ら…

もぉ一品、前菜から頼んだ、「・・・」名前忘れましたぁ。 モツ系のお肉だったと思いますが、これが意外とおいしぃっ。 上にはパルミジャーノが散らしてあるよ。

とてもイタリアらしい一皿だが、イタリアンをそれほど食べていない人たちには、食材の組み合わせが新鮮だったよう。秋刀魚の味が濃く、チーズに負けずにしっかり主張。

ワインのおつまみ程度に楽しむのであればリーズナブルにもできるので気負わず行けそう。季節の食材がどう料理されて出てくるのか、それを味わいに時々楽しみたい店でした。

素材を優しく扱う愛情たっぷりお料理と癒しのソムリエ、ポップな会話の達人のチームワークバツグンのbarcaますますファンになっちゃいます

ビゴール豚のロースト(ハーフ)★★★★★:脂身が多いけど軽く、身は牛かと思う程赤みが強くて、味も濃厚で力強いけど柔らかい。ファンになりました

接客は、最高だし♪♪お料理は、目にも美味しく、もちろん味も美味しい♪♪メインは、結構ボリュームがあるので、注文する時に気をつけなければ!!

メインはスズキとアサリと茄子のソテー、そしてピゴール豚のグリルをチョイス。魚も肉もジューシー。やばい、相当ウマい。

2週間前からしか予約を受け付けないほど人気店へ再訪。入り口を入るとすぐ見える客船のような丸い窓が特徴的。

おいしいものを食べる幸せでいつもより饒舌になっちゃうから。美味しいね〜って恋人とニッコリ笑い合えば、さらに美味しさアップは間違いなし!

ここ、私的には何がいいと申しますと、それはズバリ、「ラストオーダーが2:30と遅いこと」でございます。

そしてもちろんどの料理もすんばらすぃ。特にパスタは絶品。そのわりにはお手頃価格。感激しました。ヒデキの100倍くらい感激しました。

初めて出会うお野菜や、、みずみずしいお野菜達に大満足コレは何と言いながら(*^o^)(^-^*)とても楽しめた一品でした

これだけ高いレベルでこのお値段は、グ〜〜ですよ!夕飯時に行くなら、予約しておくのがベターだと思います。

プリモまでは完璧!土曜日にも行きましたが 穴子のフライや空豆の炭火焼....おいしかった〜おいしいワインと合うお料理 気軽に行けるいいとこです

カウンター・テーブル・個室が上手く分けられていてとっても居心地良かったです 夜遅い時間のお食事には本当にピッタリ!!

玄関の手前脇に個室があり、“離れ”といった感じでいい。この空間のわりに、料理は意外にリーズナブル。ゆったりワインを愉しみたい時ここは使える。

やっぱりBARCAのパスタはとても好き。おソースはもちろん、麺もかなりイケ麺で好き。

普段使いにはちょっと贅沢だけど、「遅くに仕事が終わって、おいしいモノ食べたい!!」ってときに行きたいお店だな。

かなりお腹がいっぱいになりました。お値段も高くないので、気軽に来れるお店だと思います。オリーブオイルの入った器や、デミタスカップもシンプルでステキでしたよ

渡り蟹のスパゲティーアロマフレスカ風。殻から取り出され食べやすいようになっていて出汁がしっかり麺に絡まっている。一同「おいしーい」と。レディーストークが盛り…

ビゴール豚って初めて耳にしたけど、イベリコ豚の親みたいなもの(って言ってたっけ!?)ピレネー山脈近くでブヒブヒ言ってるらしいです。すごーく軟らかくって旨味が…

焼肉のおなじみのホルモンがトマトで煮込むってどんな感じだろって思って頼んでみたのですが、かなりはまりました!

消費の街、東京を感じたお店でした。味も普通だし。バー使いするべきところかも。

アミューズブーシュ 菊芋の温かいスープ ほっくり感と香ばしさもありました。☆☆☆☆ 前菜 平目と長芋のカルパッチョ ☆☆☆☆ 甘み旨みがありとても美味。

チームワーク抜群のスタッフがゆったり一夜の船旅にご案内♪ステキでしょう??アミューズも遊びココロいっぱい中を開くとお野菜たくさん♪

お店のかたが「たぶんここまででおなかがいっぱいになってしまうと思うので、メインはなくてもよろしいですかね」と言うのを遮って、仔羊を焼いてもらう

カウンター個室はドアが別にあり、本当に他のお客様方の目に触れることがありません。そしてお料理もとっても美味しかった。

新しいイタリアンってこんなものなのかもしれませんが、ちょっと頂けないです。でも とっても 味はいいんですけど・・・

ワインはイタリアの自然派のものが揃っています。前菜とパスタを軽くワインと共になんていう使い方もできそう。ランチ営業が無いのが残念。

お料理は1品1品がかなりのボリューム。でもしっかりと美味しい、そして色彩も鮮やか。噂通り、リピーターが多いお店だということ分かる気がします。

シェフお任せのコース料理を頂きました。なかなか楽しめる内容でした 美味しいお料理と会話、雰囲気も良く満足でした。また近いうちに来訪したいです

満腹感高いものの、デザートのメニューをチェックしたところ、超〜好みのものを発見。最近、デザートに感動したことってあんまりなかったけど、これは今年一番の美味しさ…

美味しかったのはもちろん(割と、しっかりした味が好きな人向けかなぁ)頼む皿数で、お腹の具合や予算?と調整できて、使い勝手よいの。

美味しかったのはもちろん(割と、しっかりした味が好きな人向けかなぁ)頼む皿数で、お腹の具合や予算?と調整できて、使い勝手よいの。

こぶりながら弾力と深いあじわいのパン 牛のスパ 黒豚コラーゲン デザート。こちらはYさんの。不思議な触感と舌でゆっくり味わいたくなる あじわいある味

衣を纏ってカラッとフリットしてある蛸と、アスパラ、茄子、オクラ、ピーマンなどの色とりどりの夏野菜がたっぷり食べられる贅沢な前菜☆こういうの大好きなのよね〜♪

生シラスの冷たいスパゲティ。大量の万能ネギの下には、焼いて皮をむいた赤ナスというナスと生シラスが隠れていて、かなり美味!

メインのボリュームがすごいので、やっぱりパスタは1種類でよかったかな。。。と思いました。豚はびっくりするくらい塩が強かったのと量が多すぎて食べ切れませんでした。

このお店、シェフが「焼肉屋に来る感じで来て下さい」と言うだけあって、焼肉屋でしかお目見えしない内臓の料理がたくさんあった。イタリアン×内臓。。。かなり美味。

お野菜がとってもいきいきしています。イタリアから取り寄せる野菜や契約農家から取り寄せたり素材にはとっても気を使われている様子。珍しいお野菜も食べられます。

それほど高級店でもないのだけど、妙に緊張感のある店内。前菜の3品はシンプルというか、、イタリアンらしい前菜。パスタとリゾットは、文句無しに美味しかったです。

リゾットはずっとSKBが食べたいと言ってたもの。濃厚なチーズのリゾットの上に銀杏と黒七味。もったりし過ぎずでもチーズが口の中に広がって本当に美味しかった!

蜂の巣のサラダ、アスパラのオーブン焼き、渡り蟹のパスタ、自家製ソーセージ、アクアパッツァ、デザート等、ぜーんぶ美味でした。

ミニマムでお洒落な店内も勿論、なんといってもお料理がね、大好きなんですよ 一度試すべきお店だとお勧めします。

若干料理のタイミングが遅いかなって感じだったけど。ワイン飲んだりしないからね。でも感じのいい店員さんもいて、お店の雰囲気は悪くなかったかな。

茗荷で作った爽やかなケッカ風ソースに、緑のキレイなシブレット、そしてニンニクチップがアクセント。この鰹自体がこれまた鮮やかな赤身で、すんごく美味しい!!!

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「ブルスタ:Bru.sta(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ここのお店でまず素晴らしいのは、グラスワイン!さらに、このお店の嬉しいところは、お料理もちゃんとしている点です

一皿をいくつも食べるスタイルでついついくっちゃべってしまう。そのイタリア版ってかんじです。ワインの品揃え、面白いラインナップもかなりのようです。

カウンター中心のお店では西山氏のセレクトのワインをグラスで楽しめるのですが、モンタルチーノのものに限らず、いろいろと出してくれます。

メインは豚、羊、鳥をバリエーション豊富にだしてくださいました。何人かで行くとシェアできるので、色々な味を楽しむ事ができます。

頭からしっぽまでさくさく食べられる。あ、画像を、と思ったときすでに頭は前に座ったIさんの胃の中(笑)。すばらしい料理です。

キャベツとカラスミのパスタ しっかりアルデンテのパスタにカラスミベースのオイルと甘いキャベツが絡んで美味 カラスミの程よい塩加減がたまりません

私は普段マヨネーズがあまり得意ではないのですが、こちらは酸味が強く美味しかったです。メインはサンマのコンフィ。私はこれが好みでした。今回も素晴らしい会でした。

結局私的にはこのお店、予想以上に気に入ってしまった。さんまがあるうちに、さんまのコンフィをいただきにうかがいます。

Bru.staの料理は一言でいうと「優しい味」といっても、味付けが薄め、ではなくどちらかと言うとしっかりしてる でも、なんか優しい。

特筆すべきは、ラザニア。肉の味がぎゅっと凝縮されているのにしつこくありません。聞けば、ひき肉を何時間もかけて煮込んで丁寧に油を取り除いているということ。

中でも、看板メニューの「和牛のモツと野菜の白ワイン煮込み」は絶品。モツはあく抜きして、油を一切使用していないと。美味しかったー。

もちろんパスタは手打ちです メニューはそんなに品数は多くないけれど、その日の仕入れで決定するというのもいい感じ。ひとつひとつの味もしっかりしています

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ブルスタ(イタリアン)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「グットドール アッキアーノ Goutte d'or Achiano(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

このお値段でこの内容。西麻布という立地でこのコストパフォーマンスは、非常に貴重な存在だと思います。マンゴーパスタがあるうちにもう一度訪れたい!と思いました。

味は全く別物で、どちらも美味しいです。丸の内の方が味付けがしっかりしている。まあ、支店じゃなくて姉妹店ですから別のお店なんですよね。

メニューはすべてアラカルト。定番からオススメ季節ものまで・・・渡辺シェフが繰り広げる、食指を動かされるメニューが数多く展開されています

鴨と宮崎マンゴーのカッペリーニ お値段もびっくり。裏切らない旨さ。こってり白ワインでいこうかと思ったが、穏やかめな赤のほうが美味しく感じた〜

うにの濃厚なソースがうまい具合にアルデンテのパスタと絡まり、絶妙な味に一見、濃い味を想像したけれど何気にさっぱりしておりました

かなりリーズナブル 女性同士で楽しい時間を過ごすにはピッタリのお店なんじゃないかなぁ?と思います。また是非訪れてみたい素敵なお店でした。

11月〜5月限定という とちおとめのカッペリーニがありました!勿論私はそれを!!たっくさんのイチゴで覆われたパスタは桃のパスタを彷彿とさせます。おいっし〜♪

なんといってもこちらのお店サービスが心地よいお店なのです。帰りにはシェフもお見送りしてくださいました。

料理の方向性、行き届いたサービス。新しくオープンしたてとは思えないほどの充実度でした。今後が楽しみなお店です。

お店の人たちも揃って感じがよく、機敏。追加料金があって、1人4,500円くらいはお得に感じる内容だった。

牛、豚とも肉はすべて栃木産。シェフの地元だと言っていた。食材にこだわり、発想は自由。確かな技術と知識の裏打ちがある。

店内は気を張らないアットーホームであたたかいイメージ 大満足ぅ〜 (*/□\*)  コレだからこのお店はやめられないのです

この手の料理を作らせると彼の右に出るものはいない!どこまでも上品で味わい深いお料理でした。

サラダもしくはミネストローネ、飲み物がついてきます。複数の人で行けば料理をシェアしてもらえるのでお得です。

居心地もよくって、気がつけば、2時間以上いて最後の客となってしまったのですが、スタッフの方たちもとても感じが良く、とても満足な時間を過ごすことが出来ました^^

この店は、ワタシが大好きなイタリアンの1軒。料理もワインも相変わらずウマウマです♪特にパスタ&リゾットは、絶妙のバランス。

この日は、何と言っても、仔羊のソーセージ!!こいつが、仔羊っぽさはありながらも、臭みがなく、肉の食感もしっかり残って噛みしめるごとに旨みがにじみ出てきます。

モチモチした食感のゴマのフォッカッチャ おかわりはしらすと青海苔のフォカッチャ パスタは「シェアします」と言ったら、ちゃんと取り分けて来てくれました。

栃木もち豚の香ばしい炭火焼き 脂身のところまでめちゃくちゃおいしかったです 周りのお野菜もほんっとおいしい 素材にこだわってるな〜って感じ

ソースは定番のニンニク・アンチョビ・オリーブオイルでできているのだが、他のお店で食べるものとはちょっと違い、ボッテリしたソースになっていておいしかった。

沖縄マンゴーと鴨の冷たい 冬〜春にはとちおとめの冷たいカッペリーニが登場するようで、季節の果物を使った冷製パスタがお得意のようです。

からい。けどんまいっ。けどからっ・・うぅと、辛そうな顔をしていると、店員さんがサッとミルクを出してくれました。こんなちょっとした、心遣いって嬉しいですよね。

オープンカウンターなのでシェフがどんな表情でお料理を作っているか見えるのがいいですね 店内は満席でしたよ〜

本日の食材の紹介があるので見て気になったものを、メニューに選ぶことが出来ます。早い者勝ちです!アスパラとポルチーニに釘付け♪

メインは子豚のハチミツローストをチョイス 食前にとうもろこしとわさびの冷製スープと自家製フォカッチャ。メインの前にミントのソルベがサービスされてサプライズ

こじんまりとした 温かい雰囲気のレストランです 一口前菜は栗のスープ フォカッチャ 今回はアラカルトでお願いしました

ジャガイモの包み焼き サワークリーム添えほっこりとしたじゃがいもとサワークリーム、さわやかです!タイミング良く食事に合う飲み物を勧めてくださいました!

雰囲気もよく、長居したくなるお店です。メニューは毎日仕入れ状況により変わります。

旬のポルチーニをふんだんにつかったパスタは絶品ですね。鴨のおソースは初めていただくお味でほのかな甘さがグー♪名前がかわってもお味が変らず大満足です。

こちらのお店は果物のカッペリーニが有名ですが、桃しか食べたことありません。今の季節はいちごだそうで。いちごもあうなー。でも、桃の方が好き。

ここのお店は最高です なんでミシュランで星がないのか不思議なくらい。サービスも良いし全ての料理の素材の新鮮さが伝わるってなかなか無いことだと思う。

こちらのレストランではとちおとめのカペリーニ(11月−5月中旬迄)など、季節のフルーツパスタがいただけるんです

お料理、パンが美味しいだけあって、デザートも手を抜いていないですね。最後まで、大満足!!

一皿のポーションが、大きいので、ここまでで、お腹い〜〜っっぱいですが、別料金で、デザートを一皿。やっぱりでかい!!二人で一皿で十分です。

総合的にかなりマンプクなのですが、一品一品の量はいい感じです。大勢だったので、ワインもたくさん飲めましたし☆デザートもボリュームがありました。

桜海老と菜の花のパスタ そして、人気メニュー「生うにシチリア風ピリ辛スパゲッティ」 濃厚なのに後味さっぱりで、ほんのりオレンジの香りが鼻を抜けます

複数人で行くとパスタをシェアできます。料理の味だけではなく、雰囲気、接客共に素晴らしいです。フォッカチオもパスタに合わせて複数種類が出てきます。

上のパスタは栗が入っててすっごく美味しかった〜。パスタに栗を入れるっていう発想がなかったー!!

マンゴーと鴨のパスタ??と思うかもしれませんが、これが本当に美味しいんですよシェフのアイディアに拍手です

とにかく美味しかった・・・どのお料理もハズレがなく、肩肘張らずに暖かな雰囲気でお食事の出来る、素敵なレストランでした。

お料理は美味しく、サービスも良い。とても気に入ったのでまた行かせて頂きます。帰りはシェフがご挨拶してくださるが、とても若い方なので驚きました。

パスタですが、前回は苺のカッペリーニを頼んだから気付かなかったんだけど、フツーのスパゲティともう1種ショートパスタと、1皿につき2種類使ってます。面白いね。

そしてお目当てがこちらの・・・ 鴨と沖縄マンゴーの冷たいパスタ マンゴーも甘い!!鴨の臭みもないし・・ソースも美味しすぎます 大満足〜〜

【もち豚とキャベツの…】 ごめんなさい。名前を覚えてません ( ̄▽ ̄; いつものことさ…。 ガーリックが入ってて、思ったより、しっかりしたお味ですね。

そしてメインは・・・ もち豚の炭火焼き 脂身まで美味しい栃木もち豚を夏野菜グリルと一緒に堪能。赤ワインも進みます

活ホタテとアスパラ、フレッシュトマトのスパゲッティーニ。ホタテがでかいです。トマトもフレッシュででかいです。にんにくが丸ごと入っているので苦手な人は注意。

パンはお替り自由ですが、これもまた美味い。ちょっと値上がりして1570円から。ドルチェもお勧めです。

アットホームなイタリアンで、私のリピートするレストランの1つです 以上、素材と調理法への自信が伝わってくる、センス溢れる料理の数々を満喫しました

どうしていちごとパスタが合うのか!「どうして」なんて考えてはいけない。常々料理は想像力が大事だと思っているが、この素材の組み合わせは本当に絶妙!

前菜は、定番の生ハム&メロン や、何とかさん家のこだわり野菜のバーニャカウダ を お肉料理の豚のグリルは、焼き加減が絶妙

全体的にシンプルだけど、よい食材を選んでいるのでとっても満足☆席数を考えるとスタッフの数は多い気がしましたが、田舎のレストランとは感覚が違うかもって思った。

食事は最初のモロヘイヤのスープからどれもおいしかったけど、やっぱりきーちゃんお勧めのカルボナーラが絶品だった〜

いつもウェイターさんが細かく気遣ってくださり、気分よくおいしいものが食べれるます。もちろん、肝心のご飯だっておいしいんですよ!

お友達からマンゴーも美味しいかったと聞いて楽しみにしていました♪沖縄マンゴーと鴨の冷たいパスタ!マンゴーがとっても甘くって、鴨も美味しかったぁ〜♪

鴨とマンゴーの冷たいスパゲッティーニ 3人で2皿分をシェアしてもこのボリューム マンゴーの甘さとバルサミコが効いた鴨の旨みが相まって絶妙なお味です

旬の山菜のフリット、ジューシーなラム、などなど・・・・。素材を生かしたやさしく絶妙な味付けに、「ボーノ、ボーノォ!!」と叫びっぱなしのヨメでした(笑)

シェフのお任せコースは、計算して食べないと、すごいボリューム 私はいつでも、どこでも計算ミスしてしまう、前菜とかサラダでお腹いっぱいになっちゃうタイプです(汗)

活ホタテとアスパラ、フレッシュトマトのスパゲッティーニ。ホタテがでかいです。トマトもフレッシュででかいです。にんにくが丸ごと入っているので苦手な人は注意。

若く誠実そうな雰囲気。とてもおいしくて、とても楽しい料理でしたというと、全ては農家さんのおかげです、とのコメント。ふむ、やはり誠実。

ちょっと美味しいワインとイタリアンをお友達で!っていうときは、また行きたいと思いました。お野菜がとても繊細でおいしかったです。

三種のパスタは、お誕生日会の主役のセレクトで、とちおとめの冷製パスタと、みののペペロンチーノ、モッツァレラとトマトのパスタでした。どのパスタも美味しかった!

☆らんらん卵のカルボナーラ 一口目を含んだ最初の感想はチーズ?食べ進めていくうちにそれは消えていくが、なんか腑に落ちない。

ぜ〜んぶがおいしくて感動してしまいました 中でも「マンゴーと鴨のパスタ」はパスタが見えないぐらいのマンゴーの量でまたこれが鴨と合うのだな〜 

アッキアーノは三度目ですが、ここのパスタは、シンプルですがとにかく味付けがキリッとしていて私好み。素材も誤魔化しがないし、ワインのセンスもなかなか。

ザラッとした舌触りで、とっても甘〜い 中に山葵が入っているのですが、辛さはなく清涼感がアクセントになっています。フレッシュなオリーブオイルの風味も〜

「とちおとめの冷たいカペリーニ」が斬新でよかったです。いろいろ、いろいろ頼みましたが、どれも本当においしかった!!お店の方は皆優しく、かなりイイ感じです。

そして生うにがごろごろごろ。これはプラス料金になってもしょうがないかー。ってくらいウニがはいってます。ちいさーいニョッキも入ってて違う食感が楽しめるのが嬉しい。

パスタは大きいお皿に各々サーブされて出てきました。卵がとろけてクリーミー♪どちらかというとさらさらソース。パスタが特に美味しいお店でした。もう1度食べたい。

2人で違う種類のパスタを選ぶと 「シェアしますか?」 ということで、2つに分けて出してくれるのが嬉しい。トマトソースもおすすめです。

今までランチでしか来たことなかったんだけど、夜もステキだねー。お腹いっぱいでメインまでたどりつけなかった…。でもどれも美味しかった!

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「リストランテ山崎(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お客さんが、この店の雰囲気が好きとおっしゃるので、見に行きました。南青山1丁目「リストランテ山崎」店内を見るのが目的で、味見はどうでもいいのですが。。。

メインディッシュは、国産ハーブ豚のアッロースト。柔らかくてさっぱりしていて、とても美味だった。

陽光の差し込む店内にてトスカーナの白ワインをいただきながらいただくランチは最高 白を基調とした明るい空間は居心地がよく・・・ついつい長居をしてしまいました。

デザートは色のバランスも美しくサーブされた瞬間からまず視覚で楽しめます。窓から覗く緑が心地よくお料理・サービスとともに季節も感じられるレストラン

こんなキレイな料理が「付き出しです」と云って供されるなんて素敵です。最後まで飽きさせません。

リゾットに洋ナシを使ったり新しさを感じられるイタリアンでした。私にはちょっとデザートが多いかもですが・・・全体的に優しいお料理でした。

どの料理も万遍なく美味しいし、ハズす事がなく頂けました。トータルバランスもちゃんと考えられてるし、旬もしっかり取り入れてる様子。

ウニとトウモノコシとトマトのほにゃらら。絶品!!前菜でこれほど、くらくらっときたのは初めてかもしれません。

若干30歳の若手シェフの得意なチーズリゾット。なーんと、隠し味として、西洋梨が チーズの後味がこの梨の甘みですーっと消えていく不思議なテイスト

前菜…ウニの苦手な私でもめちゃくちゃ美味しく食べられました☆メインの薩摩黒豚のソテー。ひよこまめソースがビシソワーズのようで美味!胃も心も大満足の1日。

リストランテ山崎で最後の晩餐をおこない、美味しくお食事させていただきました。それはそれは美味しかった。。。。

メインディッシュ 『ハーブ豚のアッロースト』長時間掛けて低温でローストしたようです。しっとりした食感は素晴らしく、塩加減もバッチリ。

1つ1つのお料理に手がかけられていて、どれも柔らかなハーモニーが奏でられていました。なかでも『白トリュフのリゾット』は絶品★

お友達とリストランテ山崎で、ずっとずっと楽しみにしていたお食事会☆おしゃべりも楽しくって、お食事もおいしくって、あっという間の1日でした〜!

料理は  本当に 美味しかったぁ。夜になると お値段 倍近く なっちゃうんで、手軽な ランチコースは  やっぱり  重宝 しまつ  ♪

全体的に少しだけ味が濃かったけれど、美味しかったです。キャビアのパスタと頬肉パスタが繊細で美味しかったナ

のっけの前菜から可愛い足長グラスに下からトマト・トウモロコシと彩りよく重ねたムースの上にうにをのせるという北海道尽くしの一品。これが絶妙な美味しさで全員が◎…

スナップ豌豆をリゾットにするような新発想の料理があったりと、とても工夫の凝らされたメニューで、新しい皿が出てくるのが待ち遠しくなるほど楽しかった。

カルボナーラミタイノ、美味シカッタヨ!ミタイッテイウノハネ、玉子、ベーコンジャナクテグアンチャーレ、タマネギトカ別々ダカラ。日本イタリアン、オモロイネー。

お魚、お肉料理もシェフの料理に対する心遣を感じました。久しぶりにフルコースのイタリア料理でしたが、どれも小ぶりで最後まで美味しく頂くことが出来ました。

供された料理はどれも非常に丁寧に作られていたように思える。そして、どの料理も美味しく感じられた。

かさご皮目パリっと揚げにサフランライス食べて最後は鹿児島の黒豚。いやぁシェフ若いらしいけど完成度高いね。創造性あって楽しくて美味しい。素晴らしい。

一皿食べ終わるとイタリア語で厨房に知らせていたようで、出される皿は暖かく気配りが嬉しかった。パンはパン皿がなくテーブルに直置きだったが気にならないくらいだった。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:リストランテ山崎(イタリアン)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「プティ・ポワン:Petit-Point(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ふわふわなフォアグラ。美味です。フォアグラは少しの量を頂いただけでもリッチな気分になれるのがうれしい♪心身ともに大満足なコースでした。

このこじんまりとしたお店だからこそ、お料理を出すタイミングなど、バッチリですし、シェフも三野さん始め女性スタッフの感じもよく、居心地♪Good♪

お味は絶品でございました・・・有機野菜の味わいと、舌平目の柔らかさとアーモンドの香ばしさがもう・・・

どうですか、この手間の掛かり様・・・脱帽です・・・肝心のプリン、バニラアイスとドライフルーツと良く混ぜて食べると、とてもとてもGOOD!!でした・・・

古典的な正統派のフレンチではなく、全体的にあっさりしたメニュー。スープは特に美味しかったな〜! (かなりお気に入りでした)

清潔感あふれる明るい店内、静かであたたかい雰囲気。お料理も一体どうなってるの!って位美味しかったです。とても素敵なお店なので記念日とかにもオススメです。

前菜からスタートです。お肉のパテ。味付けは結構濃い目です。見た目がかわいい。パンはいい香り。オリーブオイルと5つのスパイスを付けていただきます。

北岡シェフはとても気さくで、お話好き。1回お会いしただけで、ファンになってしまいました。ゆっくりできるので、家族や大切な人と伺うレストランです。

中でもスペシャリテである炭火焼きフォアグラは香ばしい炭の香りが移って、フォアグラが口の中で溶けてる食感と合わせて楽しめました。

周りは舌平目、中はフォアグラという豪華な一品!これも絶品!!メインはやっぱり牛肉!でしょう。やわらかかった〜

ステンドグラスから光が差し込む店内は非常に居心地が良く、都会の喧騒を忘れさせてくれます。トータルバランスが素晴らしい名店です

フォアグラにトリュフ・・・贅沢すぎ〜☆スープにはお醤油風味のアイスが・・・お食事はこの上なく感激でしたがお店も素敵でしたよ。

オーソドックスな店内 帆立貝のデリシャステリーヌと蕪の甘酢サラダ あっさりとしたテリーヌに雲丹のソースがとろける

全体的にフレンチなのにしつこくなく、お上品でどれも美味しく、感激のランチだった。とても感じ良く接客してくれたソムリエに、大満足な気分で店を後にしたのだった。

みんな美味しかったです。サービスも堅苦しくなくとっても和めましたよ。また、仕事のストレスを忘れる為に訪れたいお店です。

ぉ料理はとっても丁寧で、何を食べても美味しい メニューも丁寧に手書きなんです 何を頂いても美味しくて、近々また行きたいお店デス

真ん中にナイフを置いて、上からフォークでトントンってたたき、半分に割って食べます。二口で食べるなんてなんとも贅沢驚きキャビアもたっぷりです。

お肉は牛肉のワインソース煮。濃厚でしたが、円を描いているマカロニみたいなものはマッシュポテトが良かった。。。。

こんなにも、モダンな見かけなのに、合わせる食材も斬新で、「え〜!」と行った物もあるのに(デザートなんか特に!トマト?みたいな)、味は本当にクラシックで美味しい。

誰と行っても、どんなシチュエーションでも外さないお店だと思う。雰囲気、味、価格、接客どれも満足できるお勧めのお店だ。

老舗のフレンチレストラン!!って感じのサービスと心こもったおもてなし。たぶん常連さんが多い愛されてるお店なのだろうなぁって雰囲気でした。

すんごく美味しい。コストパフォーマンス的にも、味、雰囲気、総合しても、かんなりいいお店です!大事な友達を連れて行きたい、そう思える大事なお店です。

こちらのレストランは、北岡シェフという有名なシェフがやっているお店です。普段の日に行けば満足のいく内容だっただろうと思いました。

お店の内装が女性が好きそうなかわいらしい内装でした。和食のお店のように本日のお品書きが置いてあってそれがカモの絵がかいてあってかわいらしく。

お料理も美味しかったのですがサービスの素晴らしさに感激しました。スタッフの皆さん、そして最後にはシェフのご挨拶が。。すごい方なのに腰が低くてびっくりでした。

☆舌平目とフォアグラのポピエット フォアグラをシタビラメで巻いてソテー。程よい口どけ感のフォアグラに、ほのかな甘味

広尾の「プティ ポワン」 です。今日のメニューです。フレンチ風 「野菜の赤ワイン寿司」 これ、とっても美味でした!

ほんと失神するくらいの美味さで、結構ボリュームも満点。珍しく大人ディナーを満喫した夜でした。しばらくまた倹約しなければ

お野菜だけのコースとはいえ、野菜は繊維質なのでかなりお腹いっぱいになった。美容と健康に良さそうなこんなフレンチのお料理も時には良いかも。

北岡シェフお手製のメニューにオーっと期待を膨らませ料理を食す。店内には北岡文雄さん(画伯)の木版画が多数飾られてますのでそちらも楽しめます!

広尾で行ったのはプティポワン 1階にはカジュアルにいただけるお店があります。こちらはクロックムッシュ チーズたっぷりでとっても美味しいです。

どのお料理も丁寧に作られていて美味しかったのですが、「きざみ霜降り牛とエリンギ茸のパイ包み焼き、ジャガイモのピュレオリーブオイル風味」も美味しかった。

ムニエルの名前忘れた。けどムニエルがおいしすぎて泣きそうだった。美味しかった。というかあの時間の流れが好きです。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:プティ・ポワン(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「ラ・ブラーチェ:LA BRACE(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

わたしはここのお店のキッシュが大好きです 生ハムとルーコラもおいしかったな〜あと、かぼちゃの煮たのが、お上品なお味でおいしかったです

メインのあんこうも味付けが主張しすぎず、付け合わせの組み合わせで味を楽しめるようになっていました

炭火担当のお兄さん、ドラミが↑コレ食べちゃったら、もぅ後はメインの鹿しか無いでしょ!ノラリくらり、暇そうに立ち話してる場合じゃないっしょ!

サラダには、3種類の生ハムがのる。そんなに高級感があるハムでは無い。しかし、野菜類の種類も豊富で量もなみなみ。オクラのネバネバが一際目立ち美味。

サラダ、パスタ、デザートのAコース(1800円)なり。パスタのみ選択可能なのです。雨のしとしと降る週末だったのに、結構混んでました。美味しく頂きましたよ

炭で焼いているから薫りがいいっ お肉はクセがなくて甘みがあって美味しいっ コレ当たりっ

前菜のタルタルやカッペリーニも美味だし、ピーチっていう名前のおうどんみたいなパスタも美味でした。

お腹がパスタを求めてる!ってことで、パスタといえば、ハズレのないこちらへ いつ食べても美味しいパスタ達ばかりで、その経験則からか毎回リゾットを選び損ねてしまう。

ここはサラダがすごい量で、毎回のごとくびっくりしちゃいます ここは何を食べてもとても美味しいので、満足満足

お店は広くないながらも、落ち着いた感じ。お店の方の対応もグッド。店内は満員。人気あるんだね。閉店が12時前というのが難点といえば難点かな。

『あれ』グラスワインなのにすっごく美味しい…。お肉にもお魚にもよくあう。ううむ。ワイン名を聞いておくべきだった…。

メインは「黒毛和牛ロースのグリル」炭火焼独特の香りが食欲をそそりお肉は柔らかいし、バジルのソースがベストマッチでした。

手打ちパスタ〜!自家製パッパルデッレ トリュフのソース 温泉卵添え クリーミーなソースもしつこすぎず、絶妙です。パスタが美味い〜!

メインは豚肉です おき火焼きという方法を使っているので、このお店はグリル料理が美味しい 塩加減 OK

食べ応えありありです。生ハムやアワビのスライスっぽい(違うと思う)がペロッと乗ったサラダは これだけでお腹がいっぱいになりそうなボリュームです。

さぁて、ボナペティ 炭火焼きのメイン料理がお得意なだけあって、鶏もお肉も美味しく焼きあがっていましたよ

感動するような美味しさがなくて残念まあ、こんなもんかしら。こちらのお店はサービスがいただけない。。コースや食べ物の説明は一切なし。

大満足であります。本当にごちそうさまでした♪ここのお店、かなりヒットです。月1で通ってる気が‥

ここ実は(って前に書いたけど)、シェフが変わってしまったのです味もだいぶ変わっちゃいました…全体的にしょっぱくなりました…

Ristotante e Vino-Barとうたわれているように,ワインリストもなかなかのお店.このお店はBeau Paysageだけでなく,小布施ワイナリーのワインも揃ってます.

丁寧に手をかけていてどれも美味しくて、楽しめました!シェフの意気込みが感じられ、満足なランチでしたな。

前菜・パスタ・メイン・デザートを選べるプリフィクスを注文しました。お料理の種類も多くて迷いまくり 一皿ごとのボリュームも多いし、美味しくて話も弾む〜。

大抵のお店は小さめのお皿で、付け合せ程度に出てくるもんですが、ここは、違いますっ 太っ腹なこのボリューム!!これだけで、結構満足してしまうぐらいの大きさとお味

「人参とオレンジ」だなんて、ちょっと珍しいですよね!鮮やかな色合いのリゾットは、はじめチーズの味が強いですが、飲み込む頃にフッとオレンジの香りが。

レンコンのシャキシャキした歯応えが良い感じ。この価格としては満足な味とボリュームだと思います。

クレームブリュレに塩キャラメルアイスクリーム クレームブリュレはピスタチオ味なの! アイスクリームも塩がピリッと効いていて、good combination

トリュフのリゾット メイン特選黒毛和牛サーロイン デザートクルミのブリュレとラムレーズンのジェラート どれも全部おいしかったぁ

麻布十番のイタリアン ラ・ブラーチェ。久々に2回目の訪問です。おしゃれな入口に明るい店内。ランチは14:30 L.Oなので、遅い時間に伺えるのが便利です。

店内に入ると天井高く明るい雰囲気。せっかく、さっぱりとしているペペロンチーノなのにゆでたじゃがいもとあわせているので、パスタにもペタペタ感が・・・

店内は思ったよりも小さくて、とても落ち着いた客層です。前菜・パスタ・メイン・デザートでこのお値段ならちょっとお得な気分

パスタは2種類+リゾット1種類の中から選べました。私が選んだパスタは、トマトソースで、チーズでまろやさがプラスになっておいしかったです♪

今日は、「パスタランチ」\1,200にしました。前菜、パンが運ばれます。前菜は、サラダの上に生ハムがのったもの。ボリュームがあり、美味しいです。

パスタのバジリコソース お店の方曰く、「もやしのようなパスタです」という表現がピッタリ もちもちした食感がとっても美味しい一品 ちょっと濃い目の白がイカですよ

前菜から。お皿のオリーブオイルをパンにつけながら。どれも美味でございました。美味しいランチと楽しいおしゃべり、大好きです。

パスタとリゾット3種の中から選びましたが、今日は桜エビのリゾット。メインのボリュームはちょうどよいので、パンもいただけばおなかにもピッタリ。

ワインとおいしいパスタと鶏さん。もぉー言う事ありません。幸せいっぱい、お腹一杯ほろ酔い気分ですっごく楽しい!

コースでいただきましたが、どの料理も大変よかったです。特にメインの松阪牛のリブステーキでこれはとても美味。

メインは、豚肩ロースのグリルをチョイス。脂身が程よく落ちて、がっしりとした食べ応えながら、さっぱりとしたお味。軽めの赤ワインによく合いました。

ボリューム満点のナス入りアマトリチャーナです しっかり味がなじんでいて、おいしいアマトリチャーナでした

夜のメニューも見せてもらいましたが、どれもおいしそう。お値段もお手ごろです。しいてリクエストをあげれば・・・グラスワインをもう少しお安めの設定でよろしくです。

とにかく、野菜の多さには感心するばかり。ここは乙女の胃袋にうれしいしっかりイタリアンでしたd(>_< )Good!!

トビ子のプチプチとした触感がたまらなく美味しかったです!ウニとトマトクリームが絡み合って最高のハーモニー♪

ボリュームのあるサラダと、メインはひき肉のトマトソースパスタ。ん〜おいしい!

トラブルがあったのですがフロアの方が対応してくださいました。気持ちよくお店を出られるよう対応してくださるお店とそうじゃないお店ははっきり分かれると思います。

入った瞬間から贅沢な気分になる雰囲気。イタリアレストランで出てくるティラミスと盛り付けが全然違う。味も濃厚。また行きたいと思えるお店でした。

プリフィクスは全ての料理を選択できて、一皿より少なめにして出してくれるそうです。私たちはプリフィクスにしましたが、十分お腹いっぱいでした。

少々リッチな感じのところで、最後の会食。美味しかったです。ここのソムリエさん、イタリアンワインの第一人者だそうな。そういうわけなのか、ワインも美味しかったです。

おいしいお料理と楽しいおしゃべりで気持ちリフレッシュできました★ランチセットのサラダはボリューム満点。味も量も満足なお店です。

仔羊は大好きなのでぺろりとたいらげました。野菜のグリルも付け合わせでついていて満足。

物によっては2−330円の追加が必要なものもありますが、それを差し引いてもかなりお徳感たっぷり。お店の雰囲気もいいし、お勧めです。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ラ・ブラーチェ(イタリアン)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「ラ・グラップ:La Grappe(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

本格的なフランス料理で、このコストパフォーマンスの良さ。小さなレストランだからこその暖かいおもてなし。

こちら上記のお料理5,500円のコースコストパフォーマンスを考えても悪くないと思います。小窓があって、小さな店内だけど、明るさもあるし。

ぱあこがリラックスしてお食事できるお店のひとつ。今日は久しぶりにいただけて感激でした。

付け合わせはゴーヤとトランペットという黒いキノコを炒めたものにフォア・グラを乗せたもの。ウズラがとても美味しい。

お料理の味や盛り付けはもちろんのこと、お店のスタッフのサービスも良く、又必ず行きたいお店です。

かなり肝が苦みアリ。大人味です。シューのサクっと感と、中のマッシュポテトの柔らかい食感が絶妙なコンビネーションを奏でており、なかなかNiceな1皿です。

グラスシャンパン、グラスワイン白、ブルゴーニュの赤を1本飲んでチーズを食べて、2人で20000円弱のディジュネは大変コストパフォーマンスの良い食事だと思いました

温かみときちっと感があり、寛いだ雰囲気で食事が楽しめます。ランチに訪れただけの客にも、分け隔てなく接してもらえるのが、おのぼりさん的には嬉しい。

一番のおきには、塩キャラメルのアイス昨日クレープを食べたのに。私の中ではこれがメイン料理なってしまうくらいのメイン。

ジュレの下にはムースとウニが隠れていました。これは、口の中に入れたらそのまま溶けてしまいますが、ウニの濃厚な味は残ってまろやかです。

こう書いているとたいしたことなさそうですが、料理のボリュームはたくさんで、本当にお腹がいっぱいになりました。アルザス料理を満喫!

アプリコットジャムが添えられてます。コチラはやや臭みが気になったが、豆好きに免じて。 回りが生ハムで囲まれてます。うぅーん。食材は好物ばかりだなん♪

濃厚で人参のムースと雲丹が上手にマッチしていて、流石スペシャリテ!アオリイカの前菜も少しいただきましたが、お野菜のテクスチャーが絶妙でした・・・

前菜なんですが、お野菜一つ一つの美味しいこと!山菜は外はしゃきしゃき、中はねばっとしていて、本当はこういう食感だったのかとしみじみとかみしめながらいただきました

メインが薄すぎor濃すぎた以外は、どれもおいしいと思いましたが、残念ながら印象に残るようなお料理ではありませんでした。

アミューズ:あたたかいブーダンノワールは絶品でしたわ。前菜:ジャンポンペルシエ、ウヒャーおいしい。もう一度食べたい!

本日の魚料理は「ハタ」から 下の野菜も相当美味! で、メインディッシュの子羊の骨付き肉 これがめちゃめちゃ美味かった

お店は思っていた以上にこじんまり。落ち着いた雰囲気です。美味しかったけど、あんまり印象に残らない感じでした。

西麻布にある、フランス料理のお店、『ラ・グラップ』さんの、『こどもたちのフレンチデー こちらはオトナのお食事。目にも美しくて、美味しい

まさに隠れ家でなかなか見つかりませんでした!!店内は、こじんまりとした感じで、落ち着いた雰囲気でした!料理はこんなメニュー パンにつけても美味しいリエット類

リエットとブーダンノワール。贅沢なアミューズに心が躍りました 前菜はサトイモのテリーヌ。サトイモと、ベーコンの相性が素晴らしくて、とても美味しかったです

出ました、おまちかねのベッコフです!!ベッコフ鍋に肉類とじゃがいもを入れて、パン生地で鍋本体とふたの間をふさぎ、オーブンで熱して作るのがこのベッコフ。

まずはシャンパンと共にオリーブの実、ワカサギの唐揚げ、ブタの血の燻製(?)のプレート。ブタの血はなかなか深い味で結構クセになりそうなかんじ

ブルゴーニュの伝統料理ですが、ちょっとアレンジされてます。豚のすねや腿肉を使うのが普通なのだけど、そこに豚足をプラスしてゼラチン質UPしています!

値段設定はやや高め、トータルの仕上がりはコースから感じる程のお得感ではない。でも、お料理の満足さからして、ぜひまた来たい。日曜openなのもありがたい。

前菜は温野菜サラダです。コンソメで軽く煮た根野菜を中心に様々な有機野菜が入っていてとてもヘルシーです。

メインは子羊のポアレ+マッシュルームとブルーチーズのソース.ボクの好みからするとソースがすこーし強すぎたかな.でも悪くはないよ.お肉はとてもおいしかった.

実はワタシ、「コンフィ」には弱いんです。メニューの中にその単語を見つけるとついつい頼んでしまう程好き。ココのコンフィはおいしいです♪

正解!これ相当美味しい。始めはコンソメの濃厚な味が広がり、次にコンソメの下にあるウニがふわぁ〜っと広がり、最後は人参の甘みたっぷりのムース。3度美味しい。

魚のすり身を揚げたようなものを、ブータンノワールでした。魚のすり身は熱かったけど、美味しかったですね。ブータンノワールは私はやっぱり好きじゃなかったですね。

オーダーしたお皿が抜けるなどミスがあってちょっと楽しみも半減。全体的に優しいお味、でもボリュームはしっかりありますので、女性受けしそうです。

噂以上 トマトあまぁ〜ぃ♪ 下のトマトのシャーベットがさっぱり♪ 上に乗ってるハーブ風味のシャーベットはコクがあってまろやかで・・・。

これが食べたくて来ましたo(^-^)o しかし他でもそうですが、前菜には魅力的なメニューが数多くありますが、メインはイマイチの処が多い様な…(-"-;)

雰囲気・サービス・料理のクオリティーどれをとっても、かなり良いお店なのではないかと思った。実際、口コミでもネットでもかなり評判がいい店だし。

へぇ〜という素材同士の組み合わせが以外にもとってもおいしいっ 他店に比べて、めちゃくちゃコストパフォーマンス高いです

ゆったりとした時間を過ごされたい方にはおすすめですね。コストパフォーマンスがほんとに高い!

シェーブルは臭いイメージがあったけど、全然そんなこと無く。チーズと一緒にブルーベリージャムと、干しぶどうを頂きました。

【肉メイン】  新潟産・豚肩ロースの煮込み適度に脂があって加圧調理したように柔らかい。野菜は歯ごたえと香りがあり、ニョッキのようなものもよく合います。

お魚(ヒラメ)です。白子ももちろん美味しいと思いますが、こういう身の方が好きです。焦がしバターのソースで香りも香ばしい。

先ずは、「獅子の里」のスパークリング純米吟醸で乾杯! そして、ブータンノアールに、「秋鹿」純米大吟醸雫うすにごり生19BYを合わせました。

この日は、実は冬限定メニューの「里芋のテリーヌ」が目的で、私はこのメニューが初めてだったのですが、こちらもとてもおいしかったです。

意外にボリュームがあります。そしてバターライス。パンが付いているし、添え物なのでもっと一口サイズかと思ったらしっかりメインでした。

3人で前菜5種という、かなり変則オーダーをご無理お願いしてしまう。。。少しずつ、、でゆっくりいただいたので思いのほかお腹いっぱい。

混んでたら、前菜だけっていうのも申し訳ないかもしれないですが、前菜全部!でもだいぶ満足できそうなメニューでした。

前菜からメイン、私はお肉を頼んだんだけど、結構なボリューム 店内はこじんまりしていて落ち着いた感じでしたよ。

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ラ・グラップ:La Grappe(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:36

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「マイモン ニシアザブ MAIMON NISHIAZABU(オイスターバー)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お通しからいきなり牡蠣が来ちゃいました。「牡蠣のエスカベッシュ」これ、普通に単品料理でもイケるね〜とみんな同感。

牡蠣は国内・国外産ともに種類が豊富だったので、いくつかの種類を食べ比べしました。やはり、岩手県産と北海道産の牡蠣は、美味

あっさりしているもの、塩気の強いもの、濃くてミルキーなもの、こうして食べ比べると、1つ1つが全て味が違うことがわかります。

大きさ伝わらないけど普通の牡蠣よりおっきくておいちかったーーー(*´∇`*)ムフ5種類のソースがあってね、さりはケチャップソースで食すのがお気に入りで。

美味しい牡蠣が食べたいという時、デートにもおすすめな場所かと思うので、ややお値段高めですが使ってみてください。

カウンターにも 牡蠣が 並べられています デザートは 『能登の塩アイス』こちらも 超美味しかったです

seafood中心のオシャレなダイニングです このお店の盛り付けが、きれいで青くライトアップされています

有機栽培のお野菜のスティック。なかなかカラフルできれいでしょ?お次はフォアグラとトリュフの茶碗蒸し風。もういっちょ!今度はグラタン。

この他に、牛肉の串焼きやフォアグラをいただきましたがどれも美味しかったのでオススメですo(^-^)o

ほどがあります。オシャレすぎる。おしゃれすぎますよ。ほんとにもぅ。全体的に青が基調の間接照明が素敵な、西麻布の「MAIMON NISHIAZABU」

最初にいただいた生牡蠣があまりに美味しかったので、コース外で追加注文。手前から時計回りに、宮城県気仙沼産、NZ産、AUS南オーストラリア州産。

生牡蠣は三重とMAIMONのオリジナル、あぶり牡蠣は厚岸と三陸って、2ピースづついただいた。牡蠣に飽きたのでフォアグラ串(ここのはおいしいんだよ)食べて。

一番気に入ったのは三重県は的矢産の牡蠣。身は小さくても、濃厚な海の香りがぎゅっと詰まって、そりゃもう感動的ですらある。

「牡蠣キムチ」とか、とくに、「NYオイスターグリル」っていう、牡蠣のグラタンらしきものがけっこうスキでした。

トッテンベイ産が1番とか、いや三重だ、岩手だ、とみんな好きな牡蠣の産地は違えど、どれも新鮮&ぷるぷるで最高

MAIMONは店舗によってかなり温度差ありますが、ここはさすがオイスター銀座の旗艦店、品揃え、サービス、ともに満点です。牡蠣めちゃくちゃ美味しいです〜!!!

オイスターシューターっていうのもあってこれもなかなかおいしかったです。それに、店員さんの接客が素晴らしかったよ〜!雰囲気もいいし、素敵なお店でした。

大ぶりでさっぱりした味のものが多く、最後に食べるように言われた岩牡蠣は、ひとくちで食べると口が牡蠣でいっぱいになります。

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「ヴィノーブル VINOBLE(イタリアン・フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

カラスミと小蕪のスパゲティーニ パスタがもっちりしてておいしいです。

建物の外観と内装の上品さに負けず劣らず、国内の食材にこだわった食材が、お皿の上に品よく表現されてます。

味はいいし、お値段もそこそこ。しかも店が空いていればタバコOK!で、いつも空いてる。これだけ条件の揃った店はそうそうありません。

ブルゴーニュに合わせてもらったお料理も、抜群の美味しさ。パンも本当に美味しくて、これが自家製と聞くとみんなびっくりします。

イタリアン・フレンチの一軒家レストラン。夜中の3時まで営業していることもあり、遅くからでも安心して食事ができますね。

特筆すべきは“馬のタテガミ”。首筋の脂の部分だそう。タルタルの上に乗っていてコリっとした感じがあるようなないような。それだけで美味しいものではないように思う…

隠れ家感があり、建物も綺麗 なんせ深夜3時までバータイムとか設けず レストラン営業しているというのが素晴らしい かなり使えるお店だと思います

瀟洒な1軒家のロケーションも雰囲気もなかなかよく、さすがに料理もワイン好きのツボを押さえていてとても好み。大人の隠れ家チョイスとしてかなり使えそうだ。

味は、お値段を考えると、妥当かな、って感じ。。どれもおいしかったけど、ビックリするほどものすごーーーいおいしいって感じでもなかったかな。。。

タルトキッシュは、普通のキッシュよりもパイ地が多い感じで、口ざわりが違います。料理にもこだわりが見えて、また訪ねてみたいお店ができました。

西麻布の隠れ家的一軒家レストランですが、接待でも、デートでも、会食でも、打ち合わせでも、家族とでも、友達とでも、取材でも、一人でも、オールオッケーな感じです。

熊本の天草大王という鶏を野菜と一緒にポトフのように煮込んだ料理です ホッと落ち着く素朴な料理で締めました

エノテカ系列のお店で、本来ならば落ち着いてムードある食事が出来るし、ワインはグラスもボトルも揃いが良いらしいので、また改めて来てみたいかも。w

今回は団体だったので、ワインもおまかせだったのだけどグラスワインも豊富なようなので、ワイン&アラカルトで行くのもよさそう。

ボリュームも十分でとっても美味しく、とっても親切な対応にいつもほっとさせられます。

この日は美味しいワインが次々と惜しみなく出されました日頃飲めない私が飲めちゃうの とっても美味しいシャンパン、ワインがひっきりなしにサーブされました。

お料理につかう素材は全て国産というこだわり。こだわりは。。。。重要ですよね!深夜までおいしいゴハンが食べられるお店って、ゼッタイ重宝しますわー

マリネ、羊のソーセージ、ツブ貝のエスカルゴ風、ポークのテリーヌなどなど、どれもとっても美味しくて、ワインにぴったり。

前菜にサイズはありませんが、パスタとメインは Mサイズ Lサイズがあって、私は、前菜x1皿  パスタMx2皿 メインMx1皿をダンナとシェアしていただきました。

深夜にガッツリ食べられるお店はそうないですから、深夜使いにいいかも。1階にはカウンターがあるので、一人でグラスワイン&料理でも使えそうです。

落ち着いた、居心地の良い店内に入ると何とも言えぬ安心感を感じます 美酒を味わいながら美味しいお食事を頂き幸せな気分に・・・

お料理はどれもおいしく、デザートも美味。コーヒー、エスプレッソが自慢のお店ですが、ワタクシは紅茶をオーダー。

VINOBLE、とても心地の良い空間で気に入ってます♪どれも味がしっかりとして私好みのお味で大満足。

六本木通りから1本奥に入ったちょっと静かなエリア。可愛らしい建物でしたよ。お料理も美味しかったよ。

カレーは欧風カレーです。ちょっと酸味が強すぎかも。煮込み過ぎてビーフがじゃがいものような食感。これで1575円はちょっと高いですね。

コチラは冬にはたまらない鮟鱇のソテーです 淡白な身と程よいゼラチン質がくせになりそう。そして、忘れてはいけないのが付け合せの下仁田葱 鮟鱇の美味しさも倍層です

お料理の名前はいい加減な記憶でありますが、しっかりした味付けで、3人して「うぐぐ・・こんなちゃんとした美味しいディナー、何ヶ月ぶり。。」と涙ぐむ。

カキ食べて、サラミと生ハム食べて このサラミや生ハムは新潟県の佐渡で作られてるんだって。意外だった。 

お料理は一品一品がとても丁寧に作られている印象で、美味しかったです。暖かい前菜で出てきた、魚介のパイ包みは口の中に海の幸が広がるようでした これ結構お気に入り

素材にこだわったお料理は、どれも美味しくボリュームもありました。コースもありますが、アラカルトでのシェアがオススメです。

赤ワイン煮のホホ肉が本当に柔らかくてやっぱりホホ肉で私も作ろうと再認識。全体的にフレンチのメニューが美味しかったかな。

で7000ちょっとだったかなすごくコスパ高いです 落ち着いた場所なので 母の日、父の日に両親といくのにもオススメです

ラスト・オーダーが27時までと言う事で、スタートが遅い業界の人にも人気!ワイン好きには嬉しいお店、カジュアル店としては高評価(殆ど高級店だよね)

雰囲気も良かったし、お料理もとってもおいしかったです♪帰りも角を曲がるまでずっとお見送りしてくださいましたヨ。

この空間、このお料理で、このお値段はお手頃です。お料理も美味しかったし、雰囲気的にもかなり使えるお店です!!

量は割と少なめです。小食の女性にはちょうどいいと思います。スタッフも感じがよく、帰りも角を曲がるまでずっとお見送りしてくださいました。

パスタが評判と聞いていたが、その通り。使われている魚介類、野菜類。鮮度を誇っているから、パスタの味も引き立つ。

食事は、うーん、いたって普通。おいしいのはおいしいんだけど、それだけというか、この店ならではの特徴が薄い。

国内の厳選された素材にこだわっているだけある感じ。まだ新しいお店なので、清潔感あふれているし一軒家でこじんまりしている感じもとても落ち着く。

面白いメニューと心地よいグラスワインの組み合わせ。味付けははっきりしすぎて、沢山は食べられないが、気楽に行くには良い店である。

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:36

「ブーケ ド フランス:Bouquet de France(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

そして実は、さりげなーくワインリストも豊富なので、隅から隅までチェックしましょう。夏になると楽しみなメニュー『ガスパチョ』ありましたー!嬉しい!

みんなにオススメされてたのはやっぱり大的中!好みど真ん中で最高においしかったです!!ちょっとお高いのも納得できちゃいます

最初から『今日はチーズを本気で食べにきましたー!』と、伝えたせいかそうでないせいか、アラカルトの量よりも若干少なめに料理を作って頂けました。

普通に美味しいけど、あともうちょっと〜・・・というのが感想かしら。それと出てくるペースが早いかな。今回、品数ある割りに1時間と経ってなかったかと。

濃厚な味のちょい厚みのあるレタス。そのレタスのほのかな苦味とスライスされた柿、ホタテの甘味、胡桃のコク、イベリコ豚のハム(燻製?)の塩味が絶妙なサラダ。

フロマージュは状態がばっちり!!!ここのフロマージュと、西麻布のワインバー『TSUBAKI』のフロマージュは、賞賛に値しまする☆。もうとにかく、状態も…

前菜は、ガスパチョをチョイス。あまり前菜でスープ系を頂いた事がないので、珍しさも手伝ってガスパチョ。……ところが、これがものすんごい美味しい!ヤッタ!

ほろほろと崩れるくらいに煮込まれた豚肉と豚肉の味がしみこんだじゃがいも、うまみのつまったソーセージ。マスタードをつけて食べるのもおいしい。

視覚的に華のある奇をてらった料理では無くガツンと味が効き一皿のボリューム感がある古典的なフランス料理で美味しく満足しました

生カキと白人参のピューレ 豚コンソメゼリー寄せ柚子の香り でっぷりとしたカキのおいしいこと、おいしいこと。人参の甘味と上品なコンソメゼリーがたまりまへん!

テリーヌや豚肉は、お肉特有のこってり感やクドさを感じさせないので重くならずに食べやすかったし、素直に美味しいと思える料理でした。

噛み締めると豚肉の旨みが口中にジュワっと溢れます。ポーションは大きいのですが、レモンバターソースの酸味がアクセントとなって全然厭きさせません。

手前はりんごのピューレ。後から焼きたての卵たっぷりブリオッシュもサーブされて塗って食べても美味しい!!

何故か、原田マダムの個性的なサービスを家内が気に入っています。私は年に1回位で丁度良いです。ロワール料理がどんなものか知りませんが、ワインとも合っていました。

店の雰囲気は明るく、お料理、ワインを説明してくれる女性がマンマルで美味しそう。感じよく、気取らないわかりやすい説明。大好評。

トマトとキュウリとニンニクが、しっかりと味を馴染ませながら、それぞれ立っているガスパチョ…。なんだかよくわからんのだけれど、すごく美味しい……!

ニンニクスープなんて、パンチ効いてるんだろうなぁ〜と、思ったら大間違い。やさしいーーーー、やわらかぁーい、ソフトな味わい。「ふぅほっぅ・・・・・・・・おいし」

気張らずにフレンチを楽しみたい時には、隠れ家的、フレンチレストラン「ブーケドフランス」へ足を運びたい。

鱈白子のロックフォールグラタン。わぁ、これは美味しい。もぉ、ため息が出ちゃいます。鱈の白子の濃厚な味に更に追い打ちをかけるようにロックフォールの独特のくせが…

全体に濃厚な味わいで、でも、こってり感とは無縁。素材を生かした、気どってないけど、しっかりしたフレンチだと思いました。一品一品のボリュームも、しっかり。

マダムは食べ物やワインがほんとうに大好きなんだろうなあ、と思わせる接客。しあわせな時間を過ごすことができました。

ブイヤベース ですが・・・まず 煮込んだ いさき と 帆立 と 岩牡蠣 と じゃがいも がお皿に乗って サーブされました

お料理の味やマダムのサービス、人の良さは満足なんですが、ただチョッと人手不足かな?と感じるような、ワインやお皿の遅さが気になりました。

「Bouquet de France」は評判通りなかなか味のある隠れ家的なレストランで、お料理はたっぷり目でデザートまで美味しくいただけました。

でもこのイベリコちゃん。色々な部位を食せて、本当美味しいのです。ジューシーだし、味もしっかりしていて、ますます豚好きになっちゃいますね。

しかしワインっちゅーのは、時間とともに、そして食べ物とともに味が変わって、おもしろいですね。大大大満足な一日。食べまくったバケットもやたらと美味しかった。

私は地鶏のガランティーヌ、おかんは鴨もも肉のコンフィを頂きました。美味しゅうございました 笑おフレンチでこの値段はよいのでは?!

本日のオススメの魚、スズキとホタテ、そしてうれしいことにマダラの白子つまりタチがあああああ!冬のおいしいシーフードがぎゅっとつまっている一品だ。

「白身魚のパートフェロ包み」 中を割ったらこんな感じですぅ〜骨のない、臭みのない、白身魚が大好きです あっさりペロリ食べちゃいました〜

黒むつの付け合せにくたくた煮たおねぎの付け合せも美味しかった。平日のランチだったので 店内では私たち以外にあと2組。

どっちも美味しいんだけど、私的にオマール海老の方がさっぱりしてて良かったかな〜男性だったら、鴨のモモ肉の方がいいかも♪♪(*^-^*)

厳選されたグラスワインの種類も豊富だしチーズもとてもいい状態で苦手な山羊のチーズまで美味しくサーブして貰えてコチラでの楽しみのひとつだったりしてます

<