この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:51

「日本料理 花山椒(会席料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ひとつひとつ丁寧にお料理されてて、ここの出来でお店の評価が決まるようにも思います。とにかく、お腹いっぱいー。ちょっとずつですが、品数が多かった。

何気に一番印象に残っているのは干し柿のアイスかも・・・。絶品だったなあ・・・。やっぱ、和食もいいなあと再認識したランチでした。

重箱の1段目には小さな小鉢に盛られたおかず そのどれを食べても上品な味付けで美味しい 2段目目の粕漬けの魚とタケノコの煮物が美味しい

お料理は薄味ですが、素材の良さを引き出す味だと思います。目で楽しみ味わうという日本料理の良さがありますね。

4杯ともデザインの違う湯飲みで出てきた。しっかり器の正面を向けて出されるのだ。キチンとした接客をされると、「また食べに来よう!」と思うのであった。

松花堂弁当は、見ての通り、量は少ないですが(ぽんきちは帰宅後カップラーメンを食べておりました)、いろいろな料理が入っていて味は美味しく頂きました。

蛸・梅肉ソース 茹で加減はほんのりで、とっても柔らかい!梅肉ソースは甘め。もっと酸っぱくてもOKなんだけど、とっても上品な味に仕上がってます。

窓際の席だったから眺めもいいし、落ち着いたモダンな雰囲気だし。ごはんおいしかったし、雰囲気もよかったな〜デートにもおすすめ

伝統の京野菜を作り続けている農家から取り寄せた旬の食材を用いるなど、こだわりをもった朝食をいただいてきました。 美味しくて感動してしまいました。

2007年度版のミシュラン東京で☆をひとつ獲得したお店です。お正月らしいお料理やあしらいがとても素敵でした。

さて、肝心のお料理ですが、秋の味覚はなんといっても 「松茸」 !次から次に見た目も味も抜群の和料理、本当に至福の時でした。

どれもこれもとても上品な味で、実は苦手なお料理もあったのですが、味わいながらいただくことができました。

まずはお椀が出た。とろろを出汁で伸ばし、じゅんさい等が入っている。出汁が効いていておいしい お弁当も内容盛りだくさん。御飯が進んでしまいました。

複雑で芳醇、どうやって出汁を取っているのかわかりません。もちろん鰹節は使っているのでしょうが、そんな単純な味ではありません。生まれて初めて食べる味です。

お粥かご飯が選べたので、私はお粥にしました 美味しかったですが、熱々のお粥で食べたかったのにぬるいお粥だったのがちょっと残念

空いてるし、ホテルの朝食至上最高かも♪やっつけ感が全然ないの。これは、是非またありつきたいかも。んで、夜も来てみたい。

これで12600円(税込み・サービス料別)は大満足 目にも舌にも、秋の実りを充分に堪能させていただいて、おしゃべりもはずむはずむ・・・・

京野菜を取り寄せ、様々な旬の素材を用いて季節感と健康を追求した日本料理。ということだったので本当にとっても美味しかった

日本料理の奥深さを感じさせてくれます。モダンなインテリアのなかでいただく日本料理というのがかなり新鮮。

上記画像の すしの握り定食がサービス料をいれて約3,000円 パークホテル25階のロビーにあり、ゆっくりといただけました 

お料理は薄味ですが、素材の良さを引き出す味だと思います。目で楽しみ味わうという日本料理の良さがありますね。接客も一流でしたヨ。

酢の物:帆立のぬた これがなんか水っぽかったんですよね〜 食事:豆御飯 赤出汁 香の物 赤出汁と漬物は美味しかったです。ご飯は普通かな〜?

さすが、ミシュランガイドで一つ星を獲得しただけのことあり、見た目も美しく、とっても美味しかったです 芸術ものですね〜

先付・お造りなどに続いてこちら。ボリュームたっぷりでどれもとても美味しい。少し濃いめの味付けかなと思いました。ホテルの場所がわかりにくいだけが難。

ちらし寿司ランチはよくするけど、もちろんふつーの新橋ランチの比ではない。ゆっくり、じっくり、美味しいものを楽しむ平日ランチ。贅沢なひととき。

料理は、素材も良く、きちんと手間を加えた料理です。どれも美味しいですが、もう少し出汁のパンチがあった方がいいかなとは感じました。

まずは先付から。生姜とかつおだしがきいてます。そして八寸。春を感じるお料理です。左のあなごの稚魚が美味

「京野菜を作り続けている農家から取り寄せた旬の素材を用いるなど、季節感と健康を追求した日本料理」というところに惹かれてここを選んだのですが、大正解!

口いっぱいに広がる官能的なユズの香り、箸でほろっと崩れる、絶妙なやわらかさのすり身。

結構な品数です。ご飯一杯ではおかずが余ってしまいます(^_^;)。見た目よりも結構ボリュームがありましたね。

5775円の懐石を頂きました。日本酒もお昼からそれなりに頂いてしまいました。間違いなく大満足のお食事でした

1番印象に残ったのが大根の煮物?ですぅ〜大根切ってくるくる巻いてあるんですぅ〜どの料理も一つ一つが手間がかかる、職人技でしたぁ〜

この値段なので、さすがに味、サービスともちゃんとしている。もっともコスパを求めるような店ではそもそもない。毎日通うのはどうかと思うが、たまに行くならいいかな。

白飯の供たくさん。梅が異常に塩辛く、途中でギブ。塩分何%だったのか。そのほかは美味しくいただきました。やっぱり和朝食はいいですね〜。

夏を感じさせる涼しげな盛り付けと繊細なお料理。どれもこれもおいしく、あっさりした和食はこれから夏にぴったりのお料理です。

写真は、口取り、お造り、焚合せ、食事です。3段重ねになっています。私は口取りのお魚が一番美味しかったかな〜焚合せのなすの海老あんかけも美味しかった♪

写真の吹き寄せには日本の秋が凝縮されていて、うっとり(●^ー^●)食べてしまうのが勿体ない、オブジェのような一品でした。

ホテルの和食は常に平均的であるが、一線を画した味。この日、一番の感動は、「マンボウ」。うまいんですよ。コリコリしてね。

松茸の土瓶蒸しや、オイスターの燻製など、結構スタンダードな料理が中心でした。雰囲気は夜景がきれいなので、わりかし接待やデートなどに向いています。

お粥には葛あんがついていました!8個の小鉢に大根のそぼろあんかけと大きなサケにお味噌汁。大満足な品ぞろえとお味でした。

松花堂弁当3,675円 全体的にお魚が本当おいしくて、コストパフォーマンス高いと思います。また絶対に来ます!!

朝定食 2541円(税・サービス込)を頂きました。とにかく上品なおかずがイッパイでご飯が進みますwこれでご飯と味噌汁はおかわり自由!で、このご飯が美味しい!

タイのお頭の煮付けに揚げ出し豆腐、小鉢などなど。どれもおーいし〜い♪♪♪これで、このお値段には大満足!!

足元までとられた窓いっぱいに夜景を臨むことができ、木目調のモダンな雰囲気の中で日本料理が楽しめます

先に供されたブリ大根、骨が柔らかくなるまで炊いてあってなかなかイケる。値段を考えると当たり前だけど、ヅケも天ぷらも美味しかった。満足満足。

心なしか空いていたような気がしたのは気のせいかしら?だけど☆が無くたって美味しいものは美味しい♪あ〜優雅なお昼タイムでした★★★

季節が秋ということできのこがたくさんでした。もちろん秋の味覚のマツタケもありました。味も薄味で私好みでした。珍しいものが入ったからとマッコウクジラのお刺身も…

今回もすべての料理美味しく頂きました。いつも感動するのがそれぞれの料理が全てそれぞれの料理にあった味付けがしてあり、そのお陰で口の中がリセットされます。

本当に日本人!で良かったと思える丁寧な味付けで、心をほっ!と温かく幸せにさせてくれる料理の数々。板前さんたちが真剣に、また果敢に料理と向き合っている時間が…

ここはいつ来ても、おいしいと思える料理を出してくれる店だ。野菜と魚中心のカロリー控えめな料理が、忘年会や新年会が続いてる私にとってはとても嬉しい。

いや〜おいしい食事でした。ちょっとずついろんなものを上品にいただくのはとても品のある時間でした。

コース12,600円に飲み物とサービス料を加えたら、トータル15,000円から18,000円ぐらいはかかってしまう。

お粥は塩気が足りませんが、小鉢がたくさんあるので一緒に食べればちょうどいいくらいです。

カテゴリ:品川周辺:和食/日本料理|テーマ:日本料理 花山椒(会席料理)|更新日時:2007-12-04 11:12:51

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:51

「とうふ屋うかい 東京芝店(豆腐料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お料理の美しさに目で楽しみ、舌で楽しみ、二重の楽しみがありました。はじけ栗の香ばしかった事 見事な枝振りの松も、おもてなしをしてくれます。

サービスをして下さる方が、とっても感じが良く楽しい方で、お料理のお話やお庭のお話をしながら、ランチをいただいていたら、あっという間に2時間が経過。

肉食えればイイ!って感じの人にはオススメできないけど、肉をあんまり食べられないので、僕には非常に推せる店なのです。

蓮根のしゃりしゃりとした食感、その軽い食感のためか、もちでありながら、あっさりとした印象でした。お出汁も味わって欲しいと、スプーンも添えられました。

さっとあぶったアゲに田楽みそ、たまりません。隣のだしまきたまごは普通か?献立に「地魚」とある刺身盛り合わせ↓。これもいささか平凡な味。(期待度が高いからなあ)

あっという間のランチタイム。四季を感じながら、美味しいお食事と楽しい会話。東京にいながらにして、それを堪能できる貴重なお店です。

迎えて戴いたお店の方々もとても感じがよくて入った時からとてもいい気分♪でした。こちらは1万円のお食事です。日本酒もおいしかったですよ♪

またまたおいしい あげ田楽。日本料理の良さを、歳が重なるごと実感。ゆったり おいしい 楽しい時間を持てました 

と、かなりフルコースで食べてきました。(食べ切れなかった…)どれもこれも美味しくて、こんなすごいランチ初めてかもと思った。

接客も安心できるので外国人接待で何度か使ったことはあるが、地方の人を東京見物ついでにご案内するのもいいかもしれませんね。

どれが一番おいしかったかなんて選べないくらいどれもおいしかったです。量が少し多くて食べきれなかったのが残念でした

東京タワーの足元でトンボの飛ぶ庭を眺めながらの食事もたま〜にはいいですね〜♪行き届いたおもてなしと美味しいお酒とお料理で気分はセレブ〜(*'ー'*)ふふっ♪

豆腐料理っぽい和食のコースだからヘルシー。サービスもきちんとしていて安心できる。味は普通だけど、拝観料が上乗せされているのかなっていう価格設定。

ゆっくりと贅沢にとうふやならではの懐石料理を頂く。これだけのお料理とサービスを頂けると考えたら¥6,500ランチコースも安いと思えるほど。

【豆水とうふ】とっても濃厚で美味しい豆腐でした。松葉昆布をのせ、アクセントも、グ〜!とってもお腹がいっぱいです。全体的にとても満足なお味でした。

食事はもちろん雰囲気がやはりうかいさんということですばらしかったです!こちら人気店のため予約が必須のようですが長澤家が自信をもっておすすめするお店です。

季節のものがいただけて美味しかった♪しかも窓から見える中庭のライトアップがまた素敵だった!また行きたいお気に入りです。

少しずつ出てきましたが、どのお料理もとても美味しくて、翁豆腐を食べた後は、みんなおなかいっぱい(^_^;)

全体的に濃い目の味付け。私はもう少し薄くてもいいかも。ちょっとお値段高めな気もしますが、たまにはいいよね。

御食事の内容も、それを頂く環境も、スタッフの心配りも、とても気に入ったお店の一つになりました。

ロケーションがよくて、お料理もお酒も格別に美味しく感じました。(私は、お酒は飲めないのてお酒よりも高い?季節のフルーツジュース、ラ・フランス♪)を堪能しました。

敷地内から東京タワーの全景がばっちり捉えられます。ロケーション代、場所代を考えるとこのお値段は妥当といっちゃあ妥当なのかもしれません。

スタッフの人たちは非常にフレンドリー。素敵な空間、美味しいお料理以上に、スタッフの方々の心配りが嬉しい「とうふ屋うかい」さんでした。

楽しみにしていたのがこちら、鍋仕立の‘豆水とうふ’。濃厚でクリーミーなお豆腐と上品な旨みの出し汁は絶品でした!大変美味しくいただきました♪

きれいな東京タワーを目の前に門をくぐればすっかり日本の風情に包まれ日本庭園を見渡せるお部屋で 美味しいお料理をゆっくりと頂くなんとも贅沢なひとときでした

豆水とうふささ、ついに出てまいりました『名物 豆水とうふ』。これが美味しいんです!!!ふるふる。半分はお醤油をかけていただきます。美味しいーーーー!

■進肴:あげ田楽 造りたての油揚げを中庭の田楽処で炭火で焼いたんだとか。香ばしくてとってもおいしい!薬味の刻みネギも全く辛くなく、たっぷり乗せて食べました。

サザエの壷の中には、ウニ・スライスされたサザエそして、焼き茄子が一番下に隠されています。茄子は香ばしくて美味しい。ウニは新鮮で身がしっかりしています。

進肴 あげ田楽 豆腐屋うかいの代名詞!めちゃくちゃ美味しい味噌が塗ってます。ネギをたくさん載せて食べます 御椀 蟹真蒸 本物の蟹です・・・ 久しぶりです(笑)

芝にある とうふ屋うかい にて母、妹、姪っ子と女4人でランチしてきました。東京ミシュランに2年連続で載ったお店。お料理もサービスも雰囲気も最高でした

私たちのお部屋を担当してくれた仲居さん(?)が楽しい方で、サービスも非常に気持ちがよかったです。また行きたいなと思いました。

店内は思っていたより、とても広い。情緒あるお店の雰囲気に、ヘルシーで体に良いお料理、終始、親たちも感動していて、私たちもとても満足できました。

「豆水」(とうすい)は、まるでシチューのように濃厚です。

「あげ田楽」これが美味しかった!!「豆水とうふ」これが名物だそうです。

あげ田楽と豆水とうふ。思っていたよりも豆腐のお味はクリーミーでマイルド。コースは全体的にちょっとしっかり目の味付け。豆腐づくしというわけではないので飽きません。

東京タワーが間近で見られる絶好のロケーション!お豆腐づくしの夜ごはん♪とっても美味しかったです。

特に「豆水とうふ」の汁は、お豆腐の絞り汁としっかりめのお魚の出汁で、本当に美味しい!残さずいただきました。

食事はこんなん↓美味しかったな〜。ここは、やっぱり芸能人や政治家がよく利用するみたいだねー。会えなかったけど。

エントランスから色とりどりの木々に迎えられてすてきな雰囲気。お部屋からみえるお庭もまたすてきでした お料理は、お昼の御膳 松にしました。

春が感じられる品です。豆水とうふ 甘鯛塩焼き・新玉ねぎ天ぷら 筍ごはん・赤出し・香の物 はっさく 以上9品をいただきました。いや〜、どれも本当に美味でした。

メインは、定番の「豆水とうふ」(豆乳)か、「翁とうふ」ドチラかの選択制だったので、・翁とうふ。にしてみる。とろろ昆布が入ったお吸い物。味は至ってフツー。w

うかい芝の名物の豆腐。 大きなお鍋でやってきてスタッフの方が取り分けてくれる。好みで味付け。ほかほかなので、お腹がほっこりーけっこうお腹いっぱいになる。

一品ずつ丁寧に出され、とても美味しくいただきました。あげ田楽のお揚げがぱりっと香ばしく、また豆水豆腐は甘みがあって大豆の味がしっかり感じられ、とても美味でした。

何か写真が足りない感じですが、全て美味しく頂きました。サービスも、ナチュラルで細やか。熟し柿に、きなこのコラボが、和菓子そのもの。

どれも美味しかったですが、はじめに出てきた、油揚げの田楽が一番印象に残ったし、新鮮で美味しかったです。

料理では・・・・・私は油揚げにを焼いて田楽みそをつけてある「あげ田楽」が気に入った お刺身はダメだけど、お肉はなかなか。勿論ウリのお豆腐は濃厚で美味しかった

日本の美が凝縮されているようなお店。とうふをメインにした懐石のコース。おとうふ大変おいしゅうございました。

英語もOKなので、海外からのお友達、お客様を接待したいときにオススメの料理店です。きっと、日本の文化を五感で、感じてもらえるのではないでしょうか。

絹のような下触りの「なめらか豆腐」に特筆すべきは、この豆水。これがいい味を出してまして・・・スープのように飲んでました。

そのあと、お揚げ 茗荷、オカカ、味噌、ネギ、お醤油などお好みの薬味でいただきます 普通のお揚げですが、これが美味でしたっ

よもぎ豆腐←ウニが乗ってた〜あげ田楽←カリカリですごくおいしかった〜

飛騨高山の匠たちにより造り上げられた建物、真ん前には東京タワーが見えます。しばしの間都会の喧騒を忘れさせてくれました。まさしく東京砂漠の中のオアシスでした。

名物・豆水とうふはお出汁が効いていてたっぷりのおいしさ。最後のデザートは、出だしにハプニングがあったおかげでサービス付でした。

やっぱり、とうふ屋だけに、お豆腐は美味しい。お豆腐好きとしては、あの濃厚さが良かったです。お豆腐以外のお料理では、『海老芋』が嬉しかったですね。

そのまま食べてもOK。なんだけど、用意されたタレを入れるともっとーおいしさあぷーーーーーーーーぅ!ほかほか・ふーふーしながらお腹ほかほっかー

落ち着いてお食事を楽しめる。今日のお献立。月コース。1万円ぐらい。海老芋含め煮 甘辛いあんとしょうががいい感じ。おいもは、焼いてあるのか、まわりがサクサク。

料理は「松コース」をお願いしました。あげ田楽はもう、絶品ですね!こんなに美味しくなるものなのか。右は薯預とうふ。お刺身と冬瓜です。冬瓜美味い。

素晴らしい豆腐料理の数々と、数寄屋造りのお部屋、美しい庭園、きびきびしたサービスを味わいながら、今後の和多屋別荘の水明荘や花鳥苑の運営に大いに参考になりました。

ここは場所が場所だけに他の二店とはレベルが違ってたな さすがにとうふ屋だけあって、とうふはとってもクリーミーで美味い 豆水とうふは足を運ぶ価値あり、だと思う

豆水とうふ。豆乳はやや湯葉ってました。鍋の下は炭火。ものすごい豆の味。こんなシンプルで地味だけど、このコースのメインです。

何よりもお豆腐なので、ヘルシーにもかかわらず、美味しく頂けるのが最高ですね 食後の店内の素晴らしい庭園の散策もなかなか良いものです

約2000坪と広大な敷地の日本庭園と造り酒屋風の建築。どの部屋も庭園を見渡せながら食事が出来る

お料理・・・オーソドックスな料理もあれば、ちょっと工夫を凝らした料理もあり。そしてハズシた味は一品も無し。

どこぞの由緒ある旅館にでも来たかのようなそんな気分にさせてくれます。もちろん料理の方もそれぞれが味わい深くお上品。

東京タワーが近いっ!!かなり迫ってきてますわ。今回は二階のお部屋でしたが、お庭の新緑が気持ち良く落ち着いてお食事できました。

眺めのよい部屋、全て個室(らしい)の客室には二人の仲居さんが担当など食事もさることながら絶妙のおもてなしが大したものでした。ミシュランガイド☆店というのも…

日本庭園に囲まれた個室で、タワーを見上げながら、本格的な懐石料理が楽しめるなんて、スゴイ料亭を作ったものです。

最初に「さざえ胡麻とろ」。さざえを皿にして、中に胡麻豆腐やなすが、上にウニが載っていました。上品なお味。「あげ田楽」も、焼きたてで非常に美味しい!

焼いてあるので表面はさくっとした軽い食感だが中は思いのほかしっとりとしている。豆腐の味が濃厚!油揚げは豆腐から作られているのが良く分かる。

進肴 あげ田楽  おあげを炭火で焼いて、特性の甘めのお味噌をぬり、お葱をかけたシンプルなお料理。これが絶品!玉子焼きが添えてあります。

全てに当てはまるのは雰囲気ある店舗と外さないお食事内容。味にインパクトがないと言われるのは常ですが、素材の良さが良くわかる味で好感が持てますし、私は大好きです

蚫と聖護院大根の含め煮、あげ田楽、地魚のあぶり焼き、八寸、豆水とうふ、しゃも炭火焼、穴子御飯、はっさく どれもとても美味しかったです

今日、頂いたのは竹コース 5500円 和牛のやわらか煮 (豆腐づくしかな?と思っていたので、和牛スタートにはびっくりしました。)

黒胡麻とうふ。おだしが味が強く、あまり黒胡麻の風味を感じ無かったけど美味しかった。おもわずお土産も買ってしまったあげ田楽。美味しかった−。ビールが進む進む。

とてもおいしいと聞いていたのですっごく期待して行きました。期待が大きすぎたのか、思っていたよりはうーん(o´д`o)全体的に料理が冷めてました…。

最後の穴子せいろ蒸し 骨までやわらかで美味しかったです!うかいは雰囲気も食事も本当に素敵。幸せだぁ☆ごちそう様でした。

真下から 東京タワー見上げました!すごい 眺め! 感激!驚きました!料理も ロケーションも 抜群!大変 美味しかったです。

東京タワーのほぼ真下にある、2000坪の敷地を持つお店です。全室個室で、どの部屋からも庭園が見渡せます。お料理もとってもおいしい品々でした。

お料理が美味しかったことしか覚えていない。左から、おぼろどうふ、あげ田楽、大根と牛すじ。他にも“本日の港より”というお品書きでお刺身もあった。

盛りつけには凝っていますし、鍋のプレゼンなども悪くありません。でも和食慣れしている方には、あまり期待せず「場」を楽しむために訪れることをおすすめします。

赤提灯系の店も最高ですが、たまには、”高級”とされるお店を予約して食べに行くのも良いもんです!!

作り立ての猝揚げの田楽゛と名物の狷水とうふ瓩里曚は、普通に懐石料理が出ました。揚げ物や肉も出ず、私にとっては大変美味しく、良いお料理でした。

これは、気に入った。豆乳じゃなくて、豆の絞り汁?とダシ?ゴメン、うそかも。とにかく美味しいのおかわりして頂きました。

なかでも、中庭で作り、出来立てほやほやが食べれるあげ田楽と、このお店の目玉、豆水とうふが美味しかったです。

ほとんどが個室になっておりお庭もすばらしくきっと場所柄商用にも使われるのでしょうが、今日などは私たちのようなおばさんがやはり多いです

甘みが口いっぱいに広がりました。ほっとする優しい味です。この他にも、甘鯛の塩焼や牛蒡としゃもの炊き込みご飯など、どのお料理も、とってもとっても美味しかった♪

ランチの中でも一番安いコースを頂いたんだけど、量も足りないなんて事はないし、色々なバリエーションで出てくる豆腐や旬の食材を使ったお料理がとっても美味しかった。

久々に至近で見る東京タワーにもテンション上がりましたが、門をくぐると…なんとも風情のある幻想的な景観にタイムスリップしたかのよう

「とうふ屋」というくらいなので、鍋仕立ての豆水とうふが本来のメインですが私個人としてはあげ田楽最高でした!!

そしてこの店メインの豆水鍋!これ食べたら死んでもいいと思うかも!豆腐好きだったら是非食べるべき!

ミシュラン一つ星なんだって。しっかり出汁と豆乳で煮られてるのは鶴の子大豆の豆腐。まんま豆です、とろりと豆。痛んだあたくしにも優しいデザートのようなメイン。

お料理はいろいろ出てきましたが秀逸だったのは あげ田楽 油揚げを炭火でやいて田楽風に。ネギをのせていただきます。このお揚げがバツグンに美味しいかった。

お料理も、その名の通りお豆腐がメインなので、取り分けて離乳食代わりに食べさせることができました

素材の味を活かした薄味でとっても上品なお味でした!最高に美味しかった豆水とうふ。さすが、豆腐屋さんです!是非もう一度、足を運んでみたいお店です!

さり気なく季節感も盛り込まれたコースは、お豆腐メインだけに途中物足りなくならないかな?と心配したのも束の間、最後はもうギブって位十分な量でした♪

東京のど真ん中でこんな広大で緑の多い敷地で贅沢な時間を過ごせるし又ここの店は接客もいいし、おもてなしの場として使うには絶好な場所なんです。

絵の料理は秘伝のお味噌を付けた「あげ田楽」と、芋焼酎「さつま司」です。お姉さんは、「出羽鶴・芳醇」のぬる燗で、7人の宴は遅くまで続く。

赤羽橋の駅を降りオレンジ色に輝く東京タワーを目指して歩く。するとその店は突然現れる。芝公園のとうふ屋うかい。予約が取れない人気店。築200年の造り酒屋

名物の豆水とうふ(お鍋)とか、あげ田楽が最高においしかった! 今度は接待で使いたいお店です。

小さな子供がいると外での食事は難しいですがとても心地よく過ごすことができました。またご丁寧に娘にクーハンを用意してくださったりと嬉しいお心遣いもいただきました

全部で9皿の献立でした。しばし動けないほどのボリュームでしたよ。東京にいながらどこかへ旅行した気分の一日でした。

締めの、きのこご飯と赤だしのお味噌汁。これもなかなか、なかなか。にっぽんの秋ですなあ。この後、デザートに洋梨とお茶が。

あまりにもゆったり気分、まるで旅館・・・って感じでした。さすが、うかいさん、お料理も、サービスも、施設もとても良いですょ。

いやぁ〜期待してた以上にとっても素敵なお店でした♪♪とにかく建物の造りや庭園に感動(T_T)

豆乳で温めた湯豆腐のようなお料理。その豆乳に味がついていて、美味しかったです! (〃▽〃)一口めは、何もつけずにその豆乳の味で食べる。

油揚げの田楽や豆水とうふ等大変美味しくいただいてきました。建物がとにかく純和風(個室のお座敷は掘りごたつになっていました。)で立派でした。

盛り付けも味付けも上品で、贅沢なぐらい美味しかったです。部屋付きの女性もそつがなく丁寧で、感じが良くて、さすがにうかいだけのことはあるなあと感心しました。

とうふ屋うかいは全席個室のお座敷なので、子供連れて行きやすいかと思ったわけですが、予想以上でした。居心地が良くて閉店までずっとダベってました。

大部分が掘り炬燵式になっている他、和室のテーブル席もある。献立は、名物の豆腐料理と四季折々の日本料理を組み合わせたコースのみ。

味噌と刻みネギで炙った油揚げをいただく「あげ田楽」と、渋皮まで美味しい「はじけ栗」、豆乳鍋のような「豆水とうふ」、牛肉の「治部煮」が印象的でした。

料理だけでこの値段はちょっと高いかなと思ってましたがとんでもない。どれも大変おいしく、個室から日本庭園を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせて、みんな大満足。

お食事はおいしいし景色もキレイだし来れてよかった また行きたいな こんなに近くに東京タワーが見えます

正直ちょっととうふ懐石にしてはお値段張るけど その価値あるくらいの雰囲気の個室だし景色だし満足です。

豆乳豆腐鍋、うかい牛ステーキ、あさりご飯、豆乳プリン、お部屋から見えた東京タワーのおまけ。今回はラッキーな事に少人数で個室をご用意頂けました。

ああ『あげ田楽』!これは美味しかった。庭園内、個室から見えるところに東屋風の『田楽処』があり、そこで炭火で焼き上げたものを運んでくる。

その中の1品「豆水とうふ」は、温かく仕上げられた大豆の絞り汁もお豆腐もとても甘みがあって、やさしいお味!特においしかったです。

名物のあげ田楽が焼かれている。料理はとうふは勿論、刺身、お肉がありどれも満足のいくものでした。ごちそうさまでした。

前々から行ってみたかった店。雰囲気、サービス、料理やはり全て期待を裏切らないものだった。

食事は【月】コース。コース料理って、季節の味が楽しめるので好きです!!うかいのお料理を食べたかったのは勿論。

実は、料理はそれほどおいしくなくて・・・・ ※豆腐専門店だと、確実に、梅の花 に負けますね。一番おいしかったのが、おあげさん!!

田楽味噌は結構美味でした。豆水とうふでおなかいっぱいになったので全体的な量の少なさも全然気にならない。ヘルシーでよい。

カテゴリ:品川周辺:和食/日本料理|テーマ:とうふ屋うかい 東京芝店(豆腐料理)|更新日時:2007-12-04 11:12:51

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>