この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-03-28 07:03:34

「デュ・ヴァン・ハッシシ:Du Vin HACHISCH(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

えぞ鹿の温かいカルパッチョ。チーズソースに温かいお肉があいます。柔らかい、美味しい鹿肉!!はい。ジビエです。今日は真鴨を。ワインがすすんじゃいます・・・

酒を除いて¥5500でこの内容なら申し分ないし美味しいです。でも、店の評価は味だけじゃあないのだ。

「舌平目 仏ノルマンディームール貝のサフランクリーム」このお料理は結構好き。でも何故か深みがない(ストレートな感じ?)という印象を受けた。

外側の脂身もイベリコ豚ならではの甘さととろけ具合ですが、ぼくはどんぐりのためか薫り高いこの赤味が大好きです。これは激ウマですね〜!!

美しい盛り付けに、しばしみとれてしまいました。アットホームな雰囲気と、美味しい料理とワイン。どれをとっても◎の、素敵なお店でした。

蒸したハタ・タラ白子のクリーミーソース イベリコ豚の黒胡椒焼と野菜 ランド産 鳩のパイ包み焼き フォアグラ入り デザートのデコレーションにも感動!

このお店は本当にホスピタリティーが高く、快適。もちろん超!美味しいし。ただし。お料理の値段はほどほどなんだけど、とにかくワインが高めです。

お食事しながら、夫も私も、ずっと「美味し〜い!」ばっかり言っていました。シェフの方も、お店の方もすごく気さくで。居心地もよく、ゆっくりできました。再訪確実です!

お店は静かで落ち着きのある感じでよい感じ〜^-^*/ デザートのデコレーションにも感動!

大きなスプーンの上にコンソメのゼリーで包まれたウニなどがのっている。まずこの盛り付けのアイデアに関心。味もコンソメの塩味と中のお魚がマッチして美味しい。

8月にふさわしく、夏を意識した色合いに食材が満載で、料理が運ばれるたびに思わず歓喜の声が出ちゃいました。

食事中シェフが厨房から出てきてくれましたいとこの姉ちゃんが、実は常連さんだったそうですシェフがすごいかっこいい人で、とても55歳とは思えないダンディさ!

料理はすべて大満足の味で、特に印象に残っているのがこちら。イベリコ豚のソテー。豚肉のイメージ変わった、これは絶品だねと友人も大絶賛でした。

薄暗く落ち着いた雰囲気の店内は雰囲気も満点。店員さんも、とってもフレンドリーで、初めての来店でも心地よく過ごせるのも魅力。

こちらはなによりもそのワインの種類の豊富さに驚きました。ここって料理はどれもおいしかったですね。

お料理は文句なく美味しいです。お口の中でふっわっと広って存在感ある1品、スプーン一杯で本当に幸せをもたらしてくれるこのお料理から始まるんです。

雪の下から春の香り フキの搭入りベアルネーズ 真鱈で作っていただきました。ソースと魚を好きなように組み合わせられるのです。見ただけでそそられました。

前菜からラストまで、とても楽しませていただきました。とにかく接客の距離感、丁寧さが心地よい。料理にも満足です。いわゆるフレンチなだけではない料理が次々と登場…

スプーン一杯のしあわせ。うにがたっぷり。生きててよかったです。ほんとうに。テーブルには栗が飾り付けられていて、秋の装い。

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>