この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-02-11 09:02:05

「ザ・ジョージアンクラブ(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

料理はというと、まさに、華やかなる「ザ・フレンチ!」を堪能したという感じです。力強く印象的な一品一品でございました。

柔らかくてふわっと泡立てられたムースとウニは色も食感も似ていて舌の上でとろりんと溶けます。レモングラスの爽やかな香りもあって、全体的には柔らかい味です。

パンも温かくて外はカリッと、中はふわっとしてます。渋谷のヴィロンで断念したエシレのバターもこちらでは標準装備。やったー!

静かに流れる時の中で優雅にすごすこの時間はとても貴重なものでした。すごくハイソなイメージなのに、価格がリーズナブルというところがまた好印象でした。

同じ空間で、もう同じお料理は食べられないのですね。。ホントに今日は、素敵な空間で、美味しいワイン&お料理 を堪能出来た、最高の一日でした

料理の味、悪いわけではないんです。作り手の「気合い」みたいなものが感じられないの。そして、新鮮さがないしワクワクしない。他の都内の店と比べて、ここならではの…

ワインはランシュバージュの’79蝦夷鹿との相性もバッチリでエレガントさの際立つワインでした。そしてチーズ、デザートという贅沢至極のフルコース!

本日は、燻製したスズキのポワレでした。肉厚のスズキを軽く燻製にしてあり、薫り高く食べ応えのある一品。記憶に残る美味しさでした。

うずらのスネ肉とモモ肉の料理でした。うずらは昨年クリスマスで食べて以来かな。肉質は普通の鶏肉より繊細でお上品ですよね。

お料理は当然のこと、もうワインが素晴らしかった!お店の方々も温かくて、とってもいい雰囲気のお食事会でした。

鳩はシナモンで臭みが消してあり、ほんのり甘い味付けでそれにバニラ風味のリンゴのピュレも合う 久しぶりに美味しいフレンチを堪能できてご満悦ですぅ。

お料理はコースで頂きましたが、サーモンのミキュイ、鯛のポワレとオマール、鹿肉のカシスのソース、フロマージュにワゴンデザートと、オーソドックスで安心できるお味。

チーズとデザートのワゴン、たまりませんね〜(^^)チーズは甘めにしていただくのが好きなので、フレッシュチーズに蜂蜜をかけてもらいました!

ボリュームがあるコースを選びました チーズ・デザートと来ると、本当にお腹いっぱい。いつ来ても、何を食べても大満足なお店です。

前菜のフォアグラを生と燻製2つのやり方で食べさせるのはおもしろかったです。しかし、この店で1番素晴らしかったのはデザートと食後のお茶!

第2部のディナーお肉は「イベリコ豚のロティ6種のペッパー風味」。シェフは「スペインを意識し、若干の和テイストを加えた」とおっしゃっていました。

料理も非常に満足のいくものだった。「ワインは料理をより美味しくする」とは、その時のソムリエの言葉でやけに説得力があった。

パン 2,3種類持ってきてくれるので好きなのを選ぶ ちょっと酸味があって濃い料理には良い感じ

お料理の方は、オーソドックスだけどとてもおいしいもので、(値段考えれば当たり前ですが)3時間ぐらいかけて食事をしました。

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>