この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 13:12:37

「中国家庭料理 楊 池袋店(四川料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

安い辛い旨いそして早いいや〜魅惑の中華料理店 大満足、大当たりの本格四川料理でした。

お料理は本場四川省の味を再現した麻婆豆腐や汁なし坦々麺、皮から作る餃子や小籠包などの点心が中心です。オススメはもちろん特製!汁なし坦々麺と焼き餃子ですね。

麻婆豆腐は非常に個性が強いので、人を選ぶであろう味でした。ハマる人は虜になりそうです。麺類も美味しいらしいので、今後そちらにもチャレンジしてみたいところ。

切り分ける前、丸ごとの「北京ダック」。楊おばさんがわざわざ見せてくれました。北京ダックは一度厨房に戻って、肉付きで切り分けてから再登場。

この店は四川料理がメインでなかなかのハイレベル。ただし、店が狭く、ゆったり食事をする雰囲気ではない(でも、いつも長居しますが)。

栄児や芝蘭に比べると複雑さはないかもしれないけど、これは、これで、美味い。なんか、粗削りな感じだけど。本場中国で食べてるみたいな。

四川料理の小さなお店で最近のお気に入りです。タンタンメン 本場の辛さ=唐辛子+山椒で辛く痺れる〜。 クラクラする辛さ。

そして楊お薦めのおつまみメニュー。キュウリを叩いたものをゴマ油(だけじゃないけど)で味付けしたもの。普通においしかった。

汁なし坦々麺 混ぜ混ぜ・・・。 前回より花椒弱めで、物足りないの巻。ジャージャー麺 これは甘いです。平麺、ツルツル〜〜。

もう一品は四川の茹で茄子「栄児家庭料理」のそれとはまったく異なる。辛そうに見えるが全然辛くないあっさりとして美味しい。花椒は飲み込んだ後に少し感じる程度。

調理レベルが特別高いとも思いませんでしたが、立地と価格と味を考慮すれば、辛いもの好きにはおススメできるお店ですね〜。

楊の料理は、僕のBLOGで何回も紹介したけど、これは初めてだね。トマト卵麺だ。中国料理ではトマトを良く使う。当然トマトの麺もあるよ。

中細ストレート麺にひき肉、チンゲン菜、アーモンド、山椒などが入っています。見るからに辛そう。。。実際はというと本当に辛い!!

ブキミ系はイヤ!でも日本式中華じゃないものを食べたいって人にはお薦めしたいお店です。今や人気で、予約なしでは入店できない楊さんの店。

かなり辛い!! 麻も辣もかなり強烈。とくに花椒はとてもよく効いているので、舌がしびれる感覚が楽しめます。盛りも多いので、満腹感もたっぷりです。

どの料理も辛いけど辛いだけじゃなく、旨い。たまに思い出すと食べたくなるような味かも。ちなみにこのお店、羊肉料理も美味しいらしい。

都心じゃないけど、行ってみる価値はあると思うじょぉぉ〜ちび子は、絶対に行く!追伸:カメだし10年ものの紹興酒も安くて旨かった(T_T)

辛いもの好きにはたまらないお店。ラーメンで有名な石神さん?も大絶賛のこのタンタンメン、お店に入るのはちょっと勇気がいりますが絶対一度は行くべきです。

紹興酒を飲みながらお通しのセロリをつまみます。これがなかなか旨い。【麻婆豆腐】山椒の辛さが効いていて実に美味しい。もうひと皿追加してしまいました。

焼き餃子 この羽根つきどーよ。毎日皮から作ってるんだっえぇ。皮もモチモチ焼くのに15分かかります。と。念押しされたけど待ってでも食べたいかも。

麻(マー)、辣(ラー)のインパクトが刺激的な“汁なし担々麺”780円也をいただきました。 口中に中国山椒の麻(マー)の刺激が拡がります。 本日も美味かったです。

まずは水餃子を。 皮がムッチムッチ!そして、焼餃子を。 パリパリの羽根付き餃子。美味で死にそう。

写真は汁無し坦々麺。混ぜ合わせて食べます。山椒の効いた辛さが舌先、喉、胃、頭へと伝わってきます。辛いは旨い。

心配したほど辛いという感じはありませんでしたが、中国風の香辛料が、常に感じられるのです。これが異国の感じをかもし出しております。麺は柔らかめです。

今となると「また食べたい欲求」が燃え盛ってます 若干、注文順に失敗があったけど〜みんな大満足なお店でした

大きめの餃子。具もスープもたっぷり。でも味は普通かな。もう注文しないです。結論を言うと、今度は是非"麻婆豆腐"が食べてみたい。その次はまた坦々麺。

楊さんとこは中本池袋店が混んでて並ぶ気がしない時はおススメです!坦々麺は味噌卵麺くらいの辛さかな?からうまですo(*^▽^*)o~♪

無理して食べたって感じ。本場四川では、坦々麺はお茶碗一杯分ほどで提供される。ということで、この店の坦々麺も、本場に近い味なので、量が多すぎるという感じかも。

四川風 麻婆豆腐 ¥850 四川の花椒が利いている。まろやかな辛さの中、口の中はシュワシュワと(笑)やっぱり、ごはんとともに(笑)

それにきゅうりのさわやかにして青い香りが疲れた口をリセットするのがとってもうれしい。すっきり、さっぱり、おなかも一杯。ご馳走様でありました。

人気の汁なし坦々麺を注文。驚きの塩辛さだったけれど、飲兵衛にはアリかな。大好きな四川料理の山椒ピリリに後引かれっぱなしです。

麺がきしめんみたいな平麺なのですが、かなりもっちりでコシがあり、甘い味噌ダレとよくからむこと。これはこれでOKです。

とにかく楊さんの明るく楽しい雰囲気が、店中に溢れてお客さん達も自然にフレンドリーになっちゃう。そんなお店。

お店のいちおし、汁なし担担面と、水餃子をいただきました!面(麺)は、花椒たっぷりの辣醤が皿の底にたっぷり注がれており、しっかり混ぜて絡めてからいただく。

不思議と家に着く頃には、舌の痺れは跡形もなくなり反動のせいかなんだか余計にスッキリ、もう一回食べてもいいかなあ、なんて思ってしまった。

かなり柔らかいフニャ麺。麺肌がタレをよく絡めるような仕様となっており、麺をズズッと啜ると、強烈な四川山椒の痺れが口の中を電気のように駆け抜けていきます!

たっぷりの唐辛子。刺激が強いので、これだけで食べるのはかなりしんどい。なのでスプーン一杯に最低でもひと塊の豆腐が混ざるよう、配分を計算しながらゆっくり食べる。

大味だけどパンチが効いててワイルドな汁なし坦坦面が食べられるから、ちょっと元気がないなぁ。という時や気合入れにはちょうどいいですな。

四川を中心とした中国家庭料理で、楊さんがとても人柄が良いので行きやすいお店です。座席数が多くないので空いてそうな時に行きます。

油もヘビーなのですが、それより何より、山椒(花椒)がすごい。。。 すごすぎて、舌が麻痺して、味が分からなくなってきます(笑)。水も水の味がしないし!

ここの麻婆豆腐大好き〜 色も凄いですよね(笑 唐辛子のボッという辛さではなく、山椒のぴりぴりな辛さ。これがクセになるんです

満腹になったのを見計らって頼んだのが、麻辣な汁なし坦々麺。麻辣(マーラー)の麻は山椒でしびれるような刺激、辣は唐辛子による激辛感。

四川料理のお店なんだけど 特別に 北京ダック もろ北京料理w この日は あひる(ダック)じゃなくて 鴨を使用とのこと

美味しい!美味しすぎる!こんなウマイタンタン麺、食べたことない。汁をなくして、ゴマと挽き肉の味を上手く引き出している。ズルすぎ!

ここのラーメンは辛そうで何とも取っつきにくくて、でも、激辛好きな友達は案の定、激辛っぽいのを注文(=_=;)山椒の風味が何ともきいてて、深い味わいでした。

春雨と餃子、ビール2、紹興酒2などで、6,000円くらいでした。気軽に入れる楽しい、そして本格的な四川料理のお店です。これからの季節のおススメは、火鍋料理だとか。

四川料理をベースとしていますが、本格派中華店というよりは手作り感の強い中国の家庭的な料理で、日本人向けとはちょっと違う料理を食べることが出来るお店です。

名物の汁なし担々麺と麻婆豆腐は、一言においしいと言うには難しいというか何というか、とにもかくにも衝撃。これ、クセになる人はなるんだろうな。

ピーナッツ粉と共にもったりした感じになってしまい、ツルツルとすするわけにはいかなくなってしまう、なんとなくスパゲッティミートソースのような雰囲気のような感じ。

席は狭く、サービスもなかなか大雑把ですが、そのキャラクターの憎めないかんじも、もちろん庶民的にしてきっちり美味しいところも、やっぱり愛するお店なのでした♪

表面の色が、凶暴そうに見えます。刀削麺は、ちょっと軟らかめです。辛さより、山椒の痺れる感じが強烈です。寒いときには、身体が温まる最高の料理です。

今回食べたのは汁なし担々麺 と並んで頼まれる方が多い麻婆豆腐。これまた四川風なのでこれも花椒がたっぷりかかってて辛いです。

真っ赤ですが、そんなに辛くはありません。ただし、花椒で痺れます!牛筋のブロックが底のほうに沢山入っています。サービスのライスと一緒に美味しくいただきました♪

まずは“ザーサイと葱の辛味和え”を頂けば、親の敵のような盛りで運ばれてきて、“名物鉄なべ餃子”とビールを合わせれば、まさに至福の時です!!

山椒の辛みはサンショオールという成分で、食欲増進や代謝向上の効果があるそうです。そして、麻酔にも似た効果があるらしく、しびれてくるのはその為だとか。

久しぶりの衝撃だわ 良く混ぜてから運んだ一口目から口中には花山椒の痺れ効果が広がったね ”辛め”ってのは唐辛子の辛さじゃなく”花山椒”の量なんだと思う

料理は、くらげとキュウリ・・・ちょっと水っぽいと言うじんべ。腸詰・・・・甘辛で美味しい。下に敷いていたレタスがしょっぱくてマッチしていた。

この、海老ワンタンメンがヒット!鉄鍋のような器に入ったクツクツ言ってる海老ワンタンメンが出てきます。

辛さは大丈夫。ひ〜ひ〜いう辛さではなかったよ。でも、お隣の人達は、ここのは辛いよって、お話されてたから、辛いのが苦手な人には、ちょっときついのかな?

普通の食感です。辛さが意外に絡まない印象です。もやしや青菜などと一緒に食べ進んでいくと、麺に辛さが染みてきて、だんだん辛くなってきます。辛いです。

メインは山椒がピリピリして痛い麻婆豆腐。舌が麻痺してきたら、しっとりベーシックな感じの炒飯を食べて休憩。

今回はほかに、炒飯、水餃子(美味しい!)も頼んで2人でシェアしたから食べきれましたが、一人でこの坦々麺は私には濃厚すぎて食べ切れなかったかも。

かっ辛い!口がしびれる。でも超おいしい。もう、一品の汁なし担々麺もやっぱり辛い。でも麺がとてもモチモチしていて、すごくおいしい。

辛い物が好きな人でも控え目にする方が安全か?ってくらい四川料理が辛いということを知りました。でも餃子はうまい!チャーハンも美味しかった。

写真からも伝わるように、辛いです。かなり辛いです。でも、その辛味の中に色んな香辛料の風味が感じられて美味でした。とにかく、店は大盛況!

正直、万人受けはしないでしょうが、中国本場の味を味わえる貴重なお店です。時折食べたくなる味なのです。

そんなことを考えてた今週月曜日の昼時、池袋北口から徒歩7分ぐらいのところの小道に \"楊\"と書かれた中国料理のお店がありましたので一人ぶらっと入ってみました。

カテゴリ:池袋周辺:中華/ラーメン|テーマ:中国家庭料理 楊 池袋店(四川料理)|更新日時:2007-12-04 13:12:37

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 13:12:37

「中国家常菜 同心房(四川料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

中国人の方が経営されているので言葉は若干怪しいですが、本当に本格中華のお店っす。全体的には本当にアタリの店です!

本場 中国料理というよりは、日本人向けにアレンジされた味。でも、安くてボリュームあります。また、訪問したい店であります ♪

このお店お値段も安いけどボリュームも満点で、母は食べきれずに残りを頂きました。お陰でお腹はパンパン。

デカイ大皿のドッサリ盛られて登場。チャーハンは、ごくごく当たり前の玉子チャーハン。パラパラで美味しい玉子チャーハンでした。

飲み!に便利な中華惣菜がなんと、210円から10品位ありました。日替わりも健在で、580円。なんと良い板橋価格!夜でも食べられる定食もあり、お一人様でもOK。

キムチがこれでもか!というほど贅沢に使われてて、ご飯はぱらり!これだけの量のご飯で、チャーハンを作るだなんて・・・。中国恐るべしね。やっぱりオススメ

食事もとても美味しく場所もよかったです。前菜の棒々鶏から始まり餃子も小龍包も。一品一品がかなり洗練されていました。

豚タンの醤油煮 / 牛のハチノス和え物 モツの細切り辛口和え / 塩玉子とカボチャのサラダ 他にもあるけどネギ・ピーマンがダメなので210円選択肢はここまで。

麺はストレートの細麺なのであまり好みではないけど味はOK。ランチメニュー以外の麺類とかご飯ものは、単品のみなのが残念。

新しい外観で、店内は暗めの照明。お客さんはそれほど入っていないようです。メニューを見ると、結構リーズナブルなお値段でナイス。

最後の方は少し苦戦しましたが、なんとか完食、気持のいい接客で爽やかに店をあとにしました。

前回は気がつかなかったんだけど、、、なかなか目立つ外観ですね。何を頼んでも美味しい。美味しくておかわりしてしまった紹興酒。

「四川風」麻婆豆腐ですが、あまり辛くありませんし、花椒(ホヮジャオ)の量も控え目でしびれはそんなにきつくありません。なのでかしかしか、塩がきつめに感じます。

前より中国くささがなくなったわね。これはこれで大衆ウケするだろうから、よろしいのではなくて?野菜が豊富に入っていて、それが嫌味になっていないわ。流石ね。

ランチの定食が量が多いとは感じていたが、チャーハン多いぞ。写真はそんなに多くないように見えるかもしれんが、実は皿がでかい。

肉は、角煮みたいに柔らかく、それを唐揚げしてある。他には、やま芋の唐揚げも入っていた。味付けは、スイートソイソースと黒酢って感じの味付け。

ナンチャッテだとは思うが、フカヒレも650円だからビックリだ。スープと一緒に出てきたメインは、二人前かと思うほどデカイ。

基本的に500円以下の小皿が充実してました。この中で1番高い料理が『フカヒレの姿煮』ですけど、これも今宵は2野口でお釣りがきます

兄は青椒牛肉絲定食,スタッフさんは海鮮チャーハン定食。定食は白いご飯と卵スープともやしの和え物と杏仁豆腐がつく。 とてもおいしくいただいた。

日曜日もランチメニューやってて偉い!と思いつつ、坦々麺(780円)を注文。でてきた坦々麺、いかにも本場って感じで、スープが黒い。

まずは日替わりの鶏肉の山椒炒めから。ちょっと味が濃いかな。でも最後にピリリと山椒の味がして嫌いな味じゃないです。

黒ゴマ坦坦麺:かなり辛いがやみつきになりそうデシタ!!あまり中華料理を食べない私ですがお店の人もとっても親切でそれに美味しかった!!

味はなかなかの本格派。そしてお値段もリーズナブルです。さすが中華、うまいし酒に合うしコストパフォーマンスも最高と言うことナシです。

しかし、おいしさは噂通りでした。麺はストレート中細麺でしたが、しっかりスープに麺にからんできます。しかし、挽肉の量が少なくスープのうまみが少々、落ちるか?

早いっ安いっ そしてめちゃ美味い板橋へ来て3ヵ月後ぐらいに知ったのだが、それからはここの虜となっている。

どうやら黒ゴマ担々麺がうまいという声が多い(板橋のブロガーの意見)ので頼んだ。どれどれ、う〜ん俺にはこの味はわからない。というか可もなく不可もなくという感じ。

久しぶりに昼食で利用 日替わりランチ ¥600 普通にレギュラーサイズの麻婆豆腐 スープ、おしんこ、杏仁ドーフ、ライスお代わり自由 なんか学食並ですよね

お安く種類も豊富な定食 お安くボリュームあるのに大味じゃなく本格派 ごちそうさまでしたぁ

まさに醤油味スープも良い感じで、麺はシンプルな中華料理店風。なんと、これでお値段390円は素晴らし過ぎますね。

「回鍋肉定食」、ご飯は大盛で、玉子スープ・小鉢・杏仁豆腐付き。味噌ダレが程好い味で、メチャウマでした。 お気に入りなお店なので、週一で通ってしまいそうです

味は、ニンニク醤油ベースで濃い目。ライスも、価格なりで...。以前に比べてかなり味が落ちたかな。満足度としては星なしに近い星1つ。

中に入っているのは海老とイカで卵は少し固め、卵がもう少し柔らかかったらもっと美味しいだろう、これだけがちょっと残念

肝心の味はというと、僕と家内の評価ですが、美味しい!海老チリなんて身がプリプリ、野菜炒めもシャキシャキです。

まずは前菜。値段が200〜300円代ってどうなの???でもすごく美味しい!!量もたくさんでびっくり。ぜひまた行きたいお店です。

まず、安い!そして彼の食欲も満たす、ボリューム!メニューが豊富!おいしい!先週も、今週も、ついつい足はこのお店へ。

帰りにKarlさんいきつけの「同心房」でランチ。牛肉と野菜の細切炒め。前に来た時は大盛で困りましたが、今日はちょうど良い。杏仁豆腐もおいしい。

ついに、下井草の小虎に匹敵する麻婆豆腐に出会いました。しかも、小虎のように辛さで美味いのではなく、美味い もうね、これはコメントできない。

出てきた担々麺がこちら。味は・・・不思議。酸味が非常に強く、酸味と辛味のバランス的にトムヤムクンのような味。

カテゴリ:池袋周辺:中華/ラーメン|テーマ:中国家常菜 同心房(四川料理)」|更新日時:2007-12-04 13:12:37

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>