この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 13:12:49

「正月屋吉兆(懐石料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

一日十食の限定のお弁当をいただきました 菊のごま豆腐包み等の季節を感じる食事でとても美味しかったです

季節を感じるメニューが次々でてきました 色々なものを少しずつ味わえるのっていいですよね。。。いくらがとっても美味しかったです(^^)

かにしんじょの椀物。上品な味。いったいどんな風にしたら、こんなに奥行きのあるお汁がつくれるのか不思議でした。

わらび餅をいただいてる時点ですでに4時^m^個室でゆっくり出来ました☆接客も良いし、久々に 美味しい物食べました〜〜〜

とにかく桜。ひたすら桜。私のような一般人にもわかる季節感の演出の面白さ。あとはそれぞれがそれぞれ出されたときに丁度よい温度で提供される。さすがは吉兆。

食べ終わった後「う〜ん、やっぱり和食はいい!」と母娘でうなずきあうほど大満足。

お祝いにぴったりのお皿ですね カニしんじょうのお椀 蟹の実がぎっしり詰まっていました おつくり とても素材がよかったです 一口お赤飯 このたき方とても好きでした

父が亡くなる前までは家族や祖父母とのお食事会に利用していた正月屋吉兆ですが、あの頃と比べると日本食文化の牽引役に君臨しているという勢いがない印象を受けました。

物足りないかな?と思いましたが出て来てみるとかなりのボリューム。お弁当だとご飯とおかずが一緒にいただけるのが嬉しかったりします。

鮎ご飯の鮎がフンワリして美味しかった♪夏野菜のゼリー寄せもお野菜が何種類も楽しめて嬉しい一品。

最後の塩番茶までぜーんぶ美味しかった。毎回楽しみなのが御飯!!まさにハイライト。今回は筍御飯でした。おこげの具合までばっちり。つやつやのお米が本当に美味し…

最後まで一貫した暦(テーマ:菊花)を意識させる内容で、快いサービスと和ならではの器、飾りつけ、遊び心で食を楽しませてくれました。

「松花堂弁当6,300円)」と「ミニ懐石(6,300円)」をいただきました。ちなみに、「吉兆」本店ではコースが85,000円〜ですので比較するとかなりお手頃です

土瓶の中はだし汁、塩少々、お茶が入っているとのこと。蓋を取ってキザミ海苔とワサビをのせて、ズッズーといただく。ごま風味の鯛茶漬けは芳ばしい大人の味だ。

久しぶりだったのだけれど、ちょっとお出汁や味付けが以前と違っていたような気がする。少ーし味付けが濃くなって、ちょっと舌がざらつくような感じがあるというか。

海の幸コロッケにはとこぶし、海老、ホタテ、ライスが入っていました。又蕪蒸しには甘鯛、穴子、百合根、銀杏が入っていました。満足、満足のディナーでした。

バレエクラスの後にお正月なので両親と伊勢丹の「正月屋 吉兆」へ。お正月のお料理はとても見た目もきれい。これでは、増えた1kgがなかなか減らないです…、少々反省。

お造りなのだけど、運ばれてきた瞬間に歓声が・・・。写真が上手く撮れなかったけど、盛り付けに感動。

ふぐの天ぷらとからあげ。おいしいですよね 鱒・いくら・しめじのおわん。いくらがお吸い物に入っちゃうなんて!?

食べ終わった後「う〜ん、やっぱり和食はいい!」と母娘でうなずきあうほど大満足。さすがに店員さんも行き届いていて最後まで気持ち良く。

さくさくしてほろ苦く、たらの芽も美味しくて。御飯茶わんを少し大きくしたサイズの塗り椀にはいっています。赤だしの味噌の香りも、ごちそう。

メインはこちら 鯛のゴマ味噌和え 1口いただいてからお茶漬けに おいしかった デザートにはいちご 行きたいお店はいけなかったけどおいしい想い出来ました

吉兆の昼食、二重なところがトキメキです ただ、足りない・・・これじゃ足りないわたくし。

お料理はどれもかなり美味しかったです!まずはアンキモ・ナマコ・シラコ♪シラコの甘さがポン酢?と合っていてとてもおいしかった!!

いやぁ、旨かった。満足だ。特に、下段右から二つめの蟹の炊き込みご飯は絶品だ。

評点は3.0。いつも行く、ラフォーレ東京の「なだ万 雅殿」の方がずっとおいしいです。

アワビとウニの焚き込みご飯 なんと銀製という豪華な鍋で登場! アワビも厚切りで何とも贅沢なご飯で満足でした○。

価値があるなーと思ったのは、サービスである。お抹茶を出す仕草なども、きちんとお茶の作法が身に付いているのがわかるし、さすがだと思った。

見た目も非常に素晴らしかった。そして素材をいじり過ぎず、その良さを十分に生かしており、一万二千円というコース値段に見合った料理が提供されていると思った。

コースは2種類あって安い。ただ、京懐石のはずなのですが、大変味が濃いです。しょっぱいとも言う。どれも、値段から考えるととても美味しいのですが、濃いです

カテゴリ:新宿周辺:和食/日本料理|テーマ:正月屋吉兆(懐石料理)|更新日時:2007-12-04 13:12:49

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 13:12:49

「新宿割烹 中嶋(割烹)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

甘鯛のおかしら うわ〜幸せな一品ですじゅる・・  目の周りやえらの下の部分は、脂がのっていてこれまたおいしいんです!

このお店は気軽に美味しい和食が楽しめます。和食はいいねぇ〜やっぱり味が繊細だもの。

日本料理というと、どこか格式が高いような気がしますが、このお店は気軽に美味しい和食が楽しめます。

個室はゆ〜っくりぉ食事を楽しめるカラ良ぃですネッただ・・・和食を極めるには、まだまだぉ勉強が必要だゎ

和食は、沢山食べてももたれません。お魚が基本だし、野菜も多くとれて、油はあまり使われないなど、とてもヘルシー♪何よりおいしい

それにしても、お話が楽しい!!!大将のおもてなしの言葉と共に出されたのは、ねぎと京人参の温かい前菜。優しい味とともに体が温まります。

以前、訪れたときは大将の中嶋さんがお留守でしたので、今回は楽しみです!TVや雑誌で著名な大将、今日も怒声が飛び交っていました・・・。料理人の世界は厳しいです。

鱧の柳川 初めて食べました!優しい味付けでおいしい〜。中嶋大将とのお話がより一層おいしく、楽しい時間となります

秋を感じる盛り付けです さんまときのこなど和えもの おいしいお料理と楽しいトークありがとうございました

初めての私たちにもとても気さくに接してくれました。どれもとっても美味しくいただいちゃいました。新宿では貴重な和食屋さんよ。

酢味噌は中嶋特製。4時間練って作り上げたもの。京人参、せり、おふ、鮭、大根が入っています。粕とだしなどで味付けをしてある汁物。人参の赤が鮮やかです。体が…

焼魚とそらまめの艶煮 甘く味付けされたそらまめは新食感 魚も美味しい お茶ヅケ これまた大変美味、ダシが良い

熱々のご飯の炊き加減よく、刺身をのせてぱくりとすると幸せな気分に。お店の方の目配り、サービスも行き届いており、CPを考えると文句なしの星3つ。

ランチは鰯(いわし)料理専門で、刺身・塩焼き・煮魚・フライ・柳川鍋定食の5種類。お値段は800円〜900円という良心価格。だけど、味は超一品ってことです。

大きな鰯を見てしまっているので、それに比べると随分小さいのですが、身がふっくらやわらかくて美味しい。丁寧に煮上げてあって煮汁ににごりはなく、鰯もつやつやです。

と、まぁ十分満足の味でしたが、ミシュランの☆を意識しないほうがいいでしょうね。☆は、あくまで、コース料理の評価でしょうから、ね。

多分料理の味を引き立てるためなんだろうけど、もう少ししっかりしたお酒の方が好みだったかなぁ。でも料理の内容、味、お店の雰囲気、どれをとっても十分満足でした。

鰯のお刺身定食。ぴかぴかのお刺身の下には わかめ。添えてある生姜までもがおいしい。香の物でさえ 隙が無い。

しかし、ご飯は進む。価格的には丁度良い味と量では或る。所詮ランチなので、ミシュランだのどうだのと期待してはいけない。

ランチは鰯料理専門で お値段は¥800から¥900とお財布にも優しい 友人と二人で3皿をペロリと頂きご飯までおかわりしちゃいました

東京では、値段が手ごろで美味しいと思える和食にはなかなか出会えないので、とても満足した。連れも同意見みたい。

ミシュランの和食のお店で、美味しいお魚の定食が800円で食べられるなんて嬉しいよね★でも混んでいて、落ち着いてゴハンが食べられなかったのは、ちょっと残念でした・・

これがどれもこれもすごく素材にこだわった料理で、すごく美味しい。やっぱ日本料理って食材も器も含めて、そこに文化があり、季節があるものだなぁ〜としみじみ。

小骨が多い鰯の煮付け ハッキリ言って苦手な料理であります と、今日の今日まで思っていました が、こちらのコレをいただいて、その印象は覆されました

まずはお刺身。ちょうど座った場所が板場の真っ正面で、まな板の上でキレイな鰯の半身が次々、刺身にひかれていくのが目の当たり。見事な手際に惚れ惚れします。

いわしの柳川鍋のみ900円というバリュー価格じゃあないの お好みのいわしにご飯、お味噌汁、お新香が付きましてよ!お味噌汁がほんのり甘くてデリシャスなんですの

会食だったので、コースで予約。いやぁ〜良かったです♪季節を感じる品々で、目にも美しい色とりどりのお料理ばかり。

フライは「鰯に味がついているので、そのままでお召し上がりになれます。味が足りないときにはお好みで醤油をお使い下さい。」(うろ覚え)とのことでした。

お味噌汁も油揚げの細やかな切り方をみると、ちゃんとした技術のあるお店だなーってわかります。800円でも手を抜かない心意気がすばらしい。

店内はこんな感じ。思ったよりもモダンな雰囲気。先にご飯とみそ汁、漬物が登場。つやつやとしたご飯、だしをひいた味噌汁。これだけ食べてもの幸せな気分。

接待で部屋を予約するお客さんが多そうだった。中嶋先生(←きっかけが上記なだけに先生だ。)の喋りも面白い。また来たいな。

ご飯は茶碗なので量がかなり少なめ。 なお、ご飯のおかわりは一杯まで無料。お店は地下にあるのでちょっと分かりにくいかも。

お昼はリーズナブルなイワシを使ったランチを提供してくださっています。ご飯は一膳おかわりできるので、たくさん食べる(私のような)人にも嬉しかったです☆

刺身定食¥800にした。刺身は大葉とごまが混ぜてありレモンを絞っていただく。味噌汁、漬物も美味しい。

お刺身とお寿司のお皿は一口ずつ切り身がのっていました。とても新鮮なお刺身は一切れずつしっかりと噛締めて素材の良さを確かめながらいただきました。

正直、既にフライとなった鰯を柳川にしているのでちょっと驚きましたが、しっかり出汁も効いていておいしい。きちんと素材の味を感じることができます。

お米がとても美味しいです。粒が立ってます。ミシュランレストラン、私の1店目は、非常にコストパフォーマンスの高いものとなりました。

めっちゃ高級な食材をごちゃまぜに使いまくって出される料理ではなく、昔のようにシンプルで、素材を最大限に生かして調理された料理と言えばいいのかな?

きびきびして威勢の良い板さんとか、頑張ってついていってるスタッフとか・・・あぁ、なんだか割烹っていいですね。そんなお店でした。

鰯の柳川鍋なんか初めて!甘すぎず、ちょうどよいお味。ご飯はおかわり1杯までは無料。2杯目からは有料。同行したお友達の分の鰯も1尾いただき、今日は満腹満足。

どれも1000円せずにいただくことができます。いわしフライは、あつあつさくさくで、いわしの味が感じられて、とても美味しかったです。

素敵な会席料理のコースでゆっくり、品数いろいろ、お腹いっぱいになるまでいただきました。私が一番気に入ったのはこりこりしたお新香と炊き込みご飯です。

カレー味のもやし、付け合せのキャベツも含めて美味いのですが、正直ミシュランというイメージはありません。接客はさすがでしたが。

もう二度と行くことはないでしょう。そしてお店の明暗が見えたような気がします。心の込もってない料理の味ははいうまでもありませんね。

一口 口に含むと鰯の味が口の中に拡がる。少し濃いめの味付け。これがご飯が進む。ご飯もふっくらとして美味しい。

出てくる料理は、京都の割烹と同じような品や、少し工夫を加えたものなど。このボリュームにしては値段が安く、かなり楽しめる店だと思います。

塩焼きが終わっていたので刺身定食とフライ定食を。まずは香の物が出てきます。漬け物嫌いの私でもこれはイヤな味がしないので美味しかったです。

2人共鰯の刺身定食 お刺身が新鮮で美味しい! ミシュランなのに ミシュラン1ツ★なのに 刺身定食800円で大満足でした。

昼の献立 鰯料理は800円からとリーズナブル。とってもおいしかったのですが、少し物足りなさも・・・

東京に来たときは、ここの鰯の刺身定食が楽しみなんです。ここに来るまで鰯が苦手だったのが嘘みたい(^_-)☆オススメです。

どちらのいわしもギュッと身が締まっていて丁寧に取った内臓と輝く魚をみれば自ずとレベルの高さは分かります。

僕はいつも刺し身を頼みますが、丁寧に仕事された刺し身はかなり美味い。僕の人生史上N0.1の鰯刺しと言って問題ないでしょう。

柳川鍋定食は900円。鰯のフライを卵とじ。鰯の柳川鍋なんておもしろ〜い。そして味はもちろんうまい。こちらは鰯の匂いは残しつつ、卵+出汁に負けない自己主張を。

上品な刺身。まあたたき風というのか。ごまがまぶしてある。当然、ごはん、味噌汁、お新香も美味しい。量は控えめだけど、ごはんは一回までおかわりが出来る。

季節だねぇ お節とは違った料理に これは見事 脂のノリが絶妙です ミルガイ&ちぢれホウレン草 このホウレン草は本当に味が強いねぇ 粕汁 あり得ない量で登場

ランチはイワシ料理。煮たり焼いたり揚げたり生で食べたり、イワシ三昧が味わえて800円〜900円というミシュラン☆なのに非常にリーズナブルな価格設定になっています

後から知りましたが、こちらはミシュランガイドで鰯フライ定食(ランチ)に1つ星がついたお店だったのですね〜。店主の方は魯山人にもご縁がある方とのこと。

いただいたのは鰯煮魚定食小骨は言うまでもなく、骨まで食べられる。煮魚はもちろんのこと、お味噌汁もお漬け物も値段に見合わずとてもおいしい。

ミシュランの味が千円以内で楽しめるなんて素敵じゃない?800円といえどもあなどるべからず、刺身ひとつとっても、若手の板さんがなかなかいい仕事してくれていますよ。

それはそうと料理の味は一つ一つ中嶋さんに説明して頂きましたが、とっても美味しいお料理でした。 作る事が大好きって心が伝わってきました!

御飯はお替り一杯までが無料、2杯目からは100円なんですね♪鰯の柳川はふっくら・サックリで美味しいんです。美味しい御飯も勿論お替りして。

でもでも、雰囲気もよくて、とてもビルの合間の地下にあるとは思えないお店で、他のメニューも食べてみたいなって思ったよ

鰯のみの料理でリーズナブル。料理の味は抜群。老舗の和食店の雰囲気が味わえます。

定食は、なんと800円! あり得ない安さですね! このお値段でも、ご飯、味噌汁、香物は値段以上の美味しさです。鰯のフライも文句なしですね♪

やはりね、仕事がしっかりしているというか、ほっとするお味です。ご飯のお代わりも2杯までは無料です。

レモンをキュッと絞って大根おろしでいただきます。ハラワタもいっしょに焼かれてるのですが、この鰯は子持ちでした〜☆お腹ぷっくり、脂ものってて美味しい〜!

お新香も程よく味が染みてて美味しい(o^-')bミシュラン=高い。イメージが濃いけど、そんな事はないし、高くて美味しいのは当たり前。

美味しかったです〜ご飯もお味噌汁も美味しくて、ご飯おかわりしようかと思ったほど(2杯目まで無料)。

味覚はそもそも曖昧なものであろうが、皿の隅々まで料理人の気持ちがこめられた料理は、私には格段のものに思えた。

新宿でランチ800円なんて安いっ!それがミシュラン1つ星店で食べられるんです♪ただやはり人気店混んでいて落ち着かないのが残念(>_<)

美味しくない食事でももてなす気持ちのあるお店ならば、必ずもう1度行くようにして来たのだが、私は罰ゲームでもない限りはこのお店に行くことはないのだろう。

一番感動したのがご飯。ランチのお値段はとてもリーズナブルだけど、女将さんの接客は高級割烹料理屋そのものだった。

値段も良心的。これだけ CP がいいので、お店は当然混んでいる。正午に行くより、13 時くらいを狙うのが吉。

もちろんランチでの利用デス。(夜は無理〜!)昼の献立は鰯の定食が数種類あります。今回はお刺身にしました◎美味しかったですよ〜

夜は高いんだろうな…という割烹料理屋さんですが、お昼は鰯料理の定食が5種類、お手頃価格で食べられます。鰯、ほんのり甘くて美味しかったですよ。

今日のお料理は、稚鮎の塩焼き 頭から食べられました。焼きハモとジュンサイのお椀などなど季節感あふれるお料理をいただきました。締めのごはんは、湯葉茶漬けでした。

お昼過ぎに行ったが、店内は既に混み合っていた。あまり待たされずに中に案内されたが、相席だった。あまり落ち着いて食べる雰囲気ではない。

まずご飯が甘くておいしかったです。ふわふわでつやつや。美しいご飯でした。もちろん柳川も美味〜!だし汁がうまいんですよ。ご飯にかけたいくらい。かけなかったけど。

青背の持つ独特の魚臭さも揚げる事によって全く感じさせません。たまねぎもクタクタになっているわけでもなく、割り下も丁度良い具合。卵とじが胃にやさしく感じられます。

客が沢山いてもお構い無しにお弟子さんたちを怒鳴りつける。客も身を縮めて食べているような感じ(笑)です。もう数年前になりますが、本人に注意したことがあります。

鰯の下にわかめ、刺身は大葉と白ゴマで和えてある。漬物、味噌汁もさすが割烹屋の味ご飯も美味しく炊いてあるので当然おかわりした

しかし、味に関する語いのない私は、そう「美味い」というしかないのが悲しいのですが、これまで食した和食、割烹の中でも抜群だと感じました。

柳川を注文したのですがいわしも葱類もくさみがなくて美味しく頂けました お米、味噌汁、つけものが美味しかったので好みに合えば最高なんじゃないかな?

御飯に味噌汁に漬物に鰯の刺身。鰯ってこんなに生臭さの無いものだっけ、と思うほど。大葉やゴマの効果もあるだろうけど、やはり新鮮なんだろう。

味付け、量ともに絶妙で非常に楽しめました。特に牡蠣のすり流し椀は身がゴロゴロ入って絶品。雰囲気ですが、確かに良く言えば活気がある、悪く言えば非常にやかましい。

働き盛りの男性にはちと物足りない量かもしれないがそこはとても具合よく炊いてあるご飯をおかわりするのがよろしいかと。

料理はフライが4匹、付け合せのもやし、きゃべつ、味噌汁に漬物です。味は、さすがおいしかったです。さくさく、ふわふわ下味がついていてそのままで、いけました。

他のお客さんより時間がかかったけど、とにかくあの定食を¥800という低価格でいただけるのは、すごい!

いつものように最高のお椀今日は鴨&茄子美味しい物は本当に幸せにしてくれる

パパの柳川はフライを卵とじにしたもので、そちらの方がだしの味が良くておいしかったなぁ・・・しまいにはフライを柳川の汁にひたして食べました。

新宿の「中嶋」にお邪魔しました。ここのところ実はお邪魔するたび?っと思ってました。何を頂いても前は感動が必ずあったのに、最近は美味しいけど…という感じでした。

900円の柳川鍋定食以外は、どれも800円でいただくことができる。大勢でメインをシェアして食べるのもよし、個人で小皿で追加注文するのもよし。

カテゴリ:新宿周辺:和食/日本料理|テーマ:新宿割烹 中嶋(割烹)|更新日時:2007-12-04 13:12:49

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>