この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「リストランテ ステファノ:STEFANO(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

至福の時!!これやってもらいたかったのよぉ〜。目の前で「白トリュフ」をサッサッとスライス!ガツンと直球勝負な美味しいベネト州本場の味を堪能できますよ!

最近では「ステファノがあれば、もうイタリアには行かなくてもいいかもね」ということでも意見が一致しているのでありました、極端だけど。

しっかりとしたお料理をいただいた後に食べるドルチェ。食べている者のことをきちんと考えている、そんなことを感じさせてくれるドルチェだった。

パンやソーセージ、スモーク類、パスタやドライトマトなどほとんどがこのお店での手作りです。

お店の雰囲気も気に入った。席数22とこじんまりしていて、大人の常連客が多い印象。お店の空気が心地いいのは、客層の幅広さも一因かも。

心よく迎えてくれて楽しい食事ができました。お店自体は小さいけれど、スタッフがアットホームだし、お皿の1つ1つが目が楽しめるような工夫が施されていて目と舌で味わえ…

“夏野菜のコンキリエ”かなり熱々で火傷しました…味は美味しいんです!これは、私も味を盗んで再現したい一品!

左のものは、ズッキーニの花の中にチーズをいれてフリットにしたもの。フレッシュな花のほろにがさがいきいきと感じられて美味しい〜!

サーモンのソテー レモン風味 優しくソテーされたサーモンと、きりりとしたレモンソースが良く合います。豆や野菜などとのバランスも嬉しい。

全体的に塩とバターが濃いと思いきや、これでも手加減されてるとは同行者の談。中間管理職(味の素)的な味の濃さではなく、調味料が効いてる感。

料理名などは残念ながらすでに忘れてしまっているけれど、香ばしくて美味しかったことはもちろんしっかり記憶。

こじんまりとしたお店のため、席の間隔が近くで横がうるさい人だったらツライなあと思うけど、幸いそんなこともなく美味しく頂きました

本当に居心地がよく、お料理が出て来る前に、すでに幸せな気持ちになれるところ。そんななか、舌をうならすお料理がでてくるわけで・・・。たまりませんね。

年末ということで、オススメをオーダーしました。手打ちのイカスミパスタは、風味よく食感もgood。様々な食材を上手に調理。バルサコのソースが甘酸っぱく美味しい。

昼は普通だが、夜にはかなりディープなベネト料理が楽しめる。多めの人数で来て、アラカルトで色々取り分けると、さらに楽しい店なのだ。

メインで選んだのは、豚フィレ肉のソテー。もうかなり満腹指令が頭を巡っていたけれどいただき!すごいボリューム感なのです。

平たいタリオリーニですが、かなりの細麺です。やっぱり冷製パスタには細い麺が似合いますよね。でも、細くてもちゃんとアルデンテ。弾力のある歯ごたえが楽しめます。

お店の方が気さくに声をかけてくださるのが、ここ『ステファノ』の素敵なところ さりげないお茶目さにほのぼのします。

調理自体にはあまり手をかけず、素材の美味しさを楽しむタイプやね。イタリアらしい。締めはいつものとおりエスプレッソ。ごちそうさま。

いつも新しいメニューのバリエーションが広がっていて、選ぶのも楽しいステファノさん再訪。どれもまろやかで優しいながらも芯のあるお味。おいしく頂きました!

最後にエスプレッソをいただいてごちそうさま。やっぱりステファノはいつ来ても美味しいです。

絶妙な火加減でジューシーかつ香ばしく焼かれた豚肉に、バーニャカウダのようなニンニク風味の強いアンチョビソースが振りかけられてます。これ、肉自体がめっちゃ旨いな。

セコンドを食べた時点ですっかりお腹がいっぱいになってしまうので、ドルチェはキャンセルして、代わりに食後酒を少しいただいてます。

馬肉グリルのタリアータ グリル野菜添え。こちらは、見た目によらずかなりあっさり!塩味が効いてておいしかったです。うう〜ん♪ 

エキゾチックなハーブの風味と肉の旨みのハーモニー。旨いよ、旨いよ。ほんと旨いよ。

まずはステファノ風シーザーサラダ。上に添えられたプロシュートの香りと塩味がアクセントになり美味かったです。充実しすぎのランチでした。

「本日のおすすめ」に関してはカメリエーレ氏が口頭で料理の内容を説明してくれます。

上に乗ってる葉っぱはバジルかなと思ったら、ミントでした。いきなり口の中がすっごくさわやかになり、ちょっとびっくり。

ステファノ今週のランチメニューです。最後にいつもどおりエスプレッソを飲んで、ごちそうさま。美味しかったー。

お昼に頼むとアラカルトメニューは10%引きになるので、お得です。今回もたいへん美味しゅうございました。ごちそうさまー。

カメリエーレの星野さんがすすめてくれたフリウリ・ヴェネツィア・ジゥリア産のケルネルでつくった白ワインとも非常にいい相性でした。

メインは「刻みキャベツ」と「生ハム/ベーコン」のリゾットでした。チーズのコクと何とも言えない深い味で、リゾットはこんなに美味かったんだと改めて感心しました。

お任せ前菜の盛り合わせが来ました。どれも実に美味しいです。ワインが飲みたくなりましたがじっと我慢です。続いてパスタがキャベツとアンチョビのキターラです。

どのお皿も、とっても美味しかったです。食後のカプチーノは泡にハートが描かれていました。味も雰囲気も二重丸で、お気に入りのお店がまた1軒、増えました。

隠れ家っぽい感じ。ヴェネツィアのお料理ってことですが・・・。わけもわからずフルコース頼んでしまいましたが。とにかく皿の数が多かった! 5皿+デザート・・・。

イワシのマリネなどの盛り合わせ。プリモには、ラグーソースのパスタと、レモン風味のリゾット。そしてセコンドは、仔牛レバーと玉葱のソテーです。どれも絶品でした。

リゾットにオレは“ぞっこん”でした。そう“ぞっこん”て言葉が相応しいナ。優雅で繊細なタッチっていうんじゃなく、なんつーか、ホッとする味なんですよ。

「豚肉のバジルとズッキーニとモッツァレラチーズのグラタン仕立て」。これもボリュームたっぷり。ちょっとだけ分けてもらいましたが、付け合せのポレンタが美味しかった!

皮はかりっと、身はふっくら。ソースはプロセッコの甘みと酸味がしっかり。プロセッコのリゾットもそうだけど、このお店はプロセッコの味をしっかり残すよね。それが素敵。

このメニューにあと、パンがついていたのですが、分量的には女性向けだと思います。男性にはものたりなさそうな。

スーシェフのTさんがちゃんと美味しい料理をつくってくれます。あいからわず今週も美味しかったよ、ごちそうさま。

↑女友達とふたりのランチだったのですが、お店の方が「いつもありがとうございます」と、最後にこんな可愛らしいプチプレゼントをテーブルに飾って下さいました。

思ったよりもお店の中はこじんまりしています。味は全体的にやさしい雰囲気で、家庭的な雰囲気もあるのですが完成度が高いって感じでしょうか。

エビ。絵画的な赤がまぶしい。トマトにエビの濃厚な味が絡んでおいしい。タイ。味付けもあっさりだけど、なんだか春風を感じるような。そんな味付けでした。

メインは勧めてもらったウサギ肉。火加減、ソースの味ともに不満はゼロ。相変わらずスパークリング攻撃は続く。結構酔う。

「・・・・・魚肉のハンバーグみてぇ・・・・」と旦那。硬い・・・。あちきは、なんか給食のハンバーグを連想・・・。メインは、今一つ・・・・。

それほど大きくなく、暖かな感じのお店。イタリア産のフレッシュポルチーニを使ったパスタが実においしい。

ウサギって、ラグーとかの煮込み料理はなんども食べたことがあるけれど、ソテーってあんまり食べたことがない気がします。煮込むよりも焼いたほうが個性が感じられますね。

スパゲッティorリゾット タラとトマトとオリーブのリゾット スパゲッティが評判のお店なのですが、おいしそうな素材の羅列についリゾットをオーダー。これが正解!

満足満足☆超〜〜〜〜お腹いっぱいになりましたぁ。これで2100円!!安ぃゾヨ((((((ノ゚゚)ノ

エスプレッソは、非常に美味しかったです。なかなか良いレストランでした。今回はイタリアレストランの中で、やっと、まともでした。

料理は有名店にひけを取らない味で美味しくて満足したのですが、女性客の話し声が騒がしく、リストランテというよりはオステリアという感じがして残念でし〜た。

今回も美味しかったよ。とくにサバがすごく美味しかったよ。白ワイン、頼むんだった(まだいってる)。

北イタリア料理を中心としたイタリアンレストランで、特にルッコラのニョッキが美味しかったです!アットホームな店の雰囲気もとても気に入りました

神楽坂通りにありながら 静かで趣のあるお店。 少し奥まった入口だからかな?しっかり 地域に根付いた ファンが通うお店という印象でした。

割とオーソドックスなイタリアン。席間がかなり狭く、サービスっぷりからもリストランテというよりはトラットリアといった方がしっくりきます。

デザートはステファノさんのコースでお見かけする、かわいい各種盛り合わせでした。素敵な時間をありがとうございました!

お味はしっかりしていて満足♪デザートも盛り合わせになっているので、女性には絶対です!!

味が優しくて、大事におもてなしを受けている印象を受けました。お陰でいっぺんに虜になってしまいました。

お肉はボリューム満点 そして、スイーツ♪ ハートのカプチーノでシアワセ気分♪ コースとしては普通だけど、それぞれがボリュームがあり、かなりお腹一杯になりました。

パスタそのものにイカスミの甘い磯風味がきちんと感じられます。エビとアサリとパプリカもたっぷり入ってますが、ソースというよりは、一緒に和えましたという感じ。

スープというよりは、トマト風味のジュレ。そこに角切りのスイカを添えて。酸味と甘みがマッチした、夏を感じる一品。

ここなら本格北イタリア料理を味わえます。ちなみにお値段は、お味にしてはかなり良心的だと思います。

ゴルゴンゾーラの甘くも癖のある風味がたまりません。旨い旨い旨い。魚料理の「メカジキのホワイトソースとトマトグラタン」も美味しそうだったなぁ。

最低料金のランチメニューで 2100円。でもけっこうヘビーでした。こくがあって とても美味しかったです。量的にも これくらいでOK。

料理の前に、前菜として2皿出てくる。パンとお茶もついているし、お腹一杯になったので量もOK!美味しかった♪

ホワイトアスパラガスのグラタン風。ふにゃふにゃしていて白いので(?)、ホワイトアスパラは嫌いです。でもこうなるとアスパラとは分からず、たいらげてしまいました!

神楽坂にある北イタリア料理が美味しいお店。お料理のオススメは、クリームっぽいコクのあるもの(特にパスタ)と、鴨スモークを使ったお料理。

北イタリア料理らしく、なんとなくフランス料理な感じです こちらは。アラカルトが充実してるので、また。今度は夜にお伺いしたいと思います

何故、味が全部普通と感じたのか?店のインテリア、食器がセンス無い。お料理も悪くないのだけれど演出が、古い!サービスが「店本位」。

肝心のお店は、すっごく家庭的な温かみのある雰囲気と、イタリア人の本場の味がすぐに香ってて、もう最高!

本格的に美味しくて、だけど、ランチの値段設定はお手頃です。久しぶりに美味しいイタリア料理を食べることができました。

スズキの蒸し焼き。淡白な味わいだけど、ふっくらと焼かれていて、ほんのりした旨みが感じられます。

前菜のイイダコの煮込みで、トマトとオリーブの味を一口食べた瞬間、「イタリアの味だぁ〜」とつぶやいてしまいました。野菜ソースのコンキリエは優しい味。

いやー、お料理もお酒もとっても美味しかったですよ!!特に印象的だったのが、ホタテのすり身をサーモンで巻いたお料理。

うーん、ひとつひとつのお味は悪くないけど、とにかくヘビー。いい店だけれど、ここは豊富なアラカルトから吟味して選んだほうがわたし向きだと思った。

昨日の昼から食べすぎ&手造りパンもおいしくて食べちゃったせいか、かなりお腹いっぱい。この値段でこのお味なら、これからも使いたいと思うお店です♪

寒い冬に温めた部屋の中で食べる熱々の家庭料理のイメージですね。美味しいです。

こじんまりとしたレストランだが、知る人ぞ知るといった感じで、美味しい!特に、オードブルの一皿は、たくさんの種類と分量で、オードブル好きな私は大満足。

高級感を主張しすぎない家庭的な内装が好感度大で、お料理は素材の味が活かされてフレッシュ感満点だったヨ。久しぶりに本物のイタリアンを食べてる!って思わずには…

量も丁度良く女性向きのランチでした。お隣の席ではメインの出るコースを頼んだらしく、出てくるお料理が素敵に盛り付けてあり、とっても気になりました。

ここのランチプレートは野菜中心で数種類のお料理を食べられるから大好き!ちょっと高めだけど、いつも大満足です。シェフのステファノさんもとってもステキです!

お肉、パスタ等のお薦めを説明して下さいました。妻は魚のお薦め「タラ」、私は肉のお薦め「ラムチョップ」を食べましたが、美味しく頂きましたよ。(*゜▽゜ノノ゛☆

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「ラ マティエール La Matiere(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

前回 これを食べたこれも美味しいのよね〜うんうん、GOODチョイスだわ〜と思いながら分けてもらったお料理をパクパク。やっぱり美味しいね

一皿一皿ボリューム満点なのだけれど、決して飽きることがなく頂けるお料理。丁寧に作られたお皿たちは、見ているだけで嬉しくなります。

本日はスズキのポワレです こちらも驚くほど身の厚く、皮がパリっと中がふわっと焼き上がっています お魚の下には野菜がたっぷり

予約は3ヶ月待。いやぁ〜美味しかった。前菜はスープを選びました。『かぼちゃの冷製スープバニラ風味』

お料理は、野菜の盛り付け方やボリュームを見ると、ビストロ寄りな印象かな。席の間隔は結構狭いので、お隣さんが賑やかだと会話がこっちにも流れてくる感じです。

リエットはパンに付けてどうぞと言って提供されました。バター代わりかな。私はリエットがとっても大好きなので、すごく嬉しい

コストパフォーマンス高し。この価格でこの内容。特に魚のメーニューが美味です!ただ、翌日まで下が向けないほどだった、はちきれんばかりのお腹が苦しくて・・・。

このお店はフレンチなのですが、バルサミコや仕上がりの雰囲気などイタリアンっぽくもあります。それにしても、なんて大きな魚なんだろう(汗)

本格フレンチの激戦区の神楽坂でもクラシックフレンチのボリュームとダイレクトなお味はとってもオススメです。

私がラ・マティエールに訪れる理由は、料理もさることながらお店の方々がまるで家族のように私に接し楽しませてくれるからだと改めて感じました。

メニューはランチと殆んど変わらないようなので、飲めない私にはランチで十分かなという感じでした。ランチの予約は結構先まで埋まっているようですが。。。

どれも甘さが上品で、美味しかったです。お店の方のサービスも素晴らしく、お料理もワインも美味しくて、3時間くらい長居してしまいました。

コースとは別にフロマージュを3種類オーダーしちゃった フロマージュの熟成具合も良かったし、パンもあつあつでオイチかったです

泡で乾杯したあと、お料理が出てくる間に楽しむオリーブとリエット。パンにつけても、もちろんおいしいので、パンをおかわりしてしまいました。

CPもとても高いし、サービスの方もとても感じが良かったです。お店の中の雰囲気も落ち着いてて◎

とてもおいしいのですが、量が多い。タルタルにしても、豚にしても。「マジで?」という量がでてきます。若い男性向きなレストランかなあ。

そのレストランに行って良かったかどうかって、味やプレゼンテーションの美しさはもちろん、サービスの方のお力がこれ程まで大きいと感じたのは初めて。

白を基調とした清潔感溢れる店内には満員状態の人と、テーブルには美味しそうなお料理が チラ見せずにはいられませんでした

濃厚な豚と酸味の効いたピクルスとピンクペッパーのソースがとってもいいバランスです これはルックスも味もとっても楽しめます

オーナーシェフは京都のご出身だそうなので、どの料理にも京大根などのお野菜がふんだんに使われています。

それぞれの素材の味をうまく引き出してくれている美味しいお料理です。(付け合せの蕪が甘くてとてもおいしかったです。そしてオリーブオイルも!)本当に大満足です。

音楽も含め、サービス、料理、このお値段以上の満足感が得られた気がします。料理の質も高く、お野菜もふんだんに使われ、量でも満たされるなんて。

神楽坂上からほど近い場所にひっそりと佇むお店。白を基調とした清潔感溢れる店内には満員状態の人と、テーブルには美味しそうなお料理が

ふわっと軽いリエットはほかほかの香り高いパンとともに。タルタルはお魚がゴロゴロ。お野菜もたっぷり。一番品数の少ないコースでもボリューム満点ですから。

お料理がどれも立体的なプレゼンテーションで、おいしいだけではなく、食べていてなんだかとても楽しかったです。

正統派フレンチ。でもとってもカジュアルで入りやすい。お店の外観も素敵です。そしてコストパフォーマンスの高さには圧倒されました。

主菜 鴨肉です。ソースがさっぱりしていてさらっと食べてしまった。付け合わせの野菜の量は主菜の段階ではややきつくなった・・

人気が高くて、2ヶ月前から予約したのだとか。コスパもよいのだ。(@_@。 さすがね。 うまぁー。っていうか、舌がおごってしまいます。

どどーんと、もも肉が登場。外はパリパリ、中しっとりのもも肉。コンフィなのでしっかり目の塩味ですが、さっぱりサラダと一緒に頂き、見事完食!

予約が取れない・・・分かります!お味と言いコストパフォーマンスと言い文句のつけようがありません。

何度も言う様ですが本当にかなりのボリュームです 素材そのままを生かした、どれをとっても美味しいお料理でした。

今日はタイのポワレのスープ仕立て。がちょっぴり酸味のあるスープがさわやか。友人が選んだヤマユリポークもとても美味しそうでした。

メインディッシュといってもおかしくないボリュームの魚の前菜にみんなびっくり。小食な人だとこれでも結構お腹にくるかもしれません。

どの料理も丁寧に仕上げられており、マネージャーさんの接客も行き届いている。帰るときには池田辰之シェフ自身が窓から見送ってくれました。

まずここ「ラ・マティエール」の象徴ともいえる積み上げられたタルタルとサラダ。今にも倒れるんじゃないか!?という程に高さがありボリュームも満点☆

なかなか予約がとれずに、今回のランチも1ヵ月半前でやっと予約がとれたの やっぱり予約が取れないのが納得のお店

ブロッコリーとアスパラの中間の野菜、ポルチーニ茸、ヤングコーン、ズッキーニ、トマトなど。最高!足柄牛の柔らかさに感動!素敵な時間が過ごせました。

お料理はどれも美味しく、ボリュームたっぷりで、大きな満足感を得られる。最近Hitなお店続きだが、その中でもかなり秀逸Exceptional

帰りには店長以外にもシェフまでお見送りくださって、本当に「おもてなし」ができるお店だナァ、と感じました。また来たいな

たっぷりの野菜の中に、うずらのグリルの冷製とフォワグラ、そしてうずらの出汁でつくったジュレが、これまたたっぷり隠れている。

どれも“THE骨太イタリアン”。ワイン飲んで、楽しく酔って、いっぱい食えよ!みたいなシェフのイメージがビシビシ伝わってくる、ポーション。

前菜 新鮮なお刺身をたっぷり使ったタルタルサラダ。お野菜もふんだんに盛られてボリューム満点です。ソースの酸味が爽やかで、ペロリといただけます。

軽くスモークされたタコなど風味が変化に富んでおり、それらがアンチョビソースでまとまってます。かなり量はあるのに、飽きないどころか、もっと食べたいほど。

お肉が塩味が強いけれど、白インゲン豆で程よく中和されるので交互に食べてちょうどいい。ワインやパンがすすむ味付けでお酒飲みにちょうどいいいいかも。

お料理はどれも美味しくボリュームたっぷりで、見た目でも楽しめます 特にスープは今までにない味で、とっても美味しかったです☆

ギャルソンの方が外までご挨拶してくれて、厨房の窓からシェフがひょっこり顔を出してご挨拶してくださいました。今日も昨日同様大満足なお食事を堪能できました

落ち着いていて静かな大人の店という感じでありながら、緊張せず料理を楽しめる寛いだ雰囲気。見た目、味ともに文句なしに美味しかったです。

お店自体が小さいので、予約を取るのが大変だけど足を運ぶ価値があると思いました。ワインもお手ごろで美味しいものが用意されていたのも良かったです。

とっても素敵だったランチ。こちらのお店は、リピート決定 最後は、シェフのあいさつしてくださってお店の方も感じがよく、お気に入りのお店になりそう。

前菜からボリュームたっぷりで、前菜だけで既にお腹いっぱいになる始末。。。と言いつつデザートまで完食でしたが^^;

アンチョビとバジルのソースがとっても合います 中はこんな感じ↓↓↓タコ、イカ、白身魚、アボガド、トマトをマリネしたもの けっこうなボリュームです

中でもタコがぷりっぷりでとっても美味。アンチョビの塩気とバジルソースの香りが爽やかで、次来てもきっとこれを頼んでしまいそうな、お気に入りの一皿。

とにかくおなかいっぱい満足になったディナーでした リーズナブル感といい、人気なのが分かるお店です。

どれも美味しかったです〜。友達の評判も上々でした。今度は夜来たいな〜と言ってました。大大大満足のランチでした。

ポーションが多いのでこれだけでお腹いっぱい。前菜もお肉も野菜たっぷりで、全体的に薄味で好みの味付け。

お野菜たっぷり食べれて ボリュームがあるのでCPは良いかと思います。サービスもつかずはなれずで悪くはないです。

フランス国旗に2つの赤いドアが可愛い外観(ちなみに入り口は向かって左のドア)。ここのお料理はお野菜たっぷり。そして野菜そのものが美味しい。

私が今まで見てきたブイヤベースとは違う盛り付けにちょっとビックリ!お味は適度に主張するイカの味わいと、酸味の効いたソースとの味わいがたまらない一。

前菜は魚介とアンチョビのタルタル。何がびっくりって、このボリュームです。魚介の一口の大きさもゴロゴロ。野菜もこんもり。けちってません。魚も新鮮でした。

『ラ・マティエール』 気取らずに、身構えずにフレンチを頂けるお店。でも、料理とサービスはこんな言葉でしか表せませんが、かなり凄いです!!大満足!!

まぁ私の味覚としましては・・・福岡でお仕事していたときに連れて行って貰ったラジオでシェフの福山さんにもあったことのあるフレンチ「Gho」 の方が好きでした・・・

主菜のメニューは値段アップもないのにこのヴォリュームにはびっくり。神楽坂のフレンチはレベル高いなーと思います。

入り口は狭いけど、席は広く座りやすい。明るい店内。フレンチだけど魚料理のメニューが多くてうれしい。スタッフも明るくて居心地いいし、また行きたいな。

「この料理のココを味わってほしい!」という、シェフのメッセージがストレートに伝わってくる、そこのところに僕は惹かれ、月イチで通っているというわけです。

アンディーブのサラダ仕立てこれも食べても食べても、中から鯵が出てくる!という一品。前菜を完食した段階で、「ふぅ〜!これからメインか!!(^_^;)」となる。

メインが1品のコースでは物足りないような気がして、ひとつはお肉とお魚の付くものにして、お魚を分け合うことに。外がカリっと、中がふんわり美味。

とにかく、ボリューム満点。店内は女子ばかりだったけど、男子もしっかり食べられて満足するんじゃないかな。

しっかりとボリュームがあります。次回はコース,砲靴泙后1品づつで十分と思います。お店の方の感じもとてもよかったです〜。

女の子なら"A"の前菜、メイン、デザート&コーヒーで充分!!ってか、かなりのボリュームで食べきれないほどです。

お店の人も感じがよいし、帰りはシェフまで挨拶をしてくれて、、とっても良かったです♪又行きたいなーと思えたお店です。

今回はどれを食べても感動しっぱなし。予約は大変だけど、また再訪しようとタルタルを食べた瞬間に思ったのでした・・。

ホタテ好きのお友達は、ホタテ&ナスのピューレ添え お野菜が美味しいのです!しかもたっぷり♪

ふんだんにお野菜が添えられていてボリューム満点!お友達が頼んだものも味見させてもらいましたが、どれもおいしかったです。

ばら肉だけど、焼く段階で脂分が落ちて、いい感じに。かなり飲みたくなるお料理でしたわん。最後は手でつかんで、骨の横までじっくりと頂きます。

ボリュームのある一品です。マグロも大きなものが5〜6切れあったでしょうか。バジル風味のドレッシング、大好きなクレソンもたくさんのっていて満足です。

こんもりと山高な盛り付けもすごいわ〜♪それにしても、このしめさばが美味しいの。素材の良さを堪能できました。下部は、巨峰+野菜&ポテトでボリュームアップ。

ランチであれば、充分な量。しかも、いっーぱいお野菜ものってて、おなかいっぱい!!前菜おいしかったなぁ〜

本当にコチラはいつ伺っても大満足できるお味とサービスです予約が取れないのが難点ですが、それもまた伺った時に味わう感動を、倍にしてくれるのね・・・と、思います。

細い路地を入った左手に見えてくるフランス国旗と赤い扉が目印のアットホームなお店です。とおっても美味しかった&楽しいひとときでした。また来るよっ、マティエール☆

ちょうどいい居心地の良さのフレンチレストラン。どれも非常に美味しくいただきました。また行きたいお気に入りレストランとして覚えておこう。

バニラアイスクリーム添え』 お友達のスープは『カリフラワーのポタージュ』でした。すごいボリュームで大満足。ワインもいただいて、ゆっくりとランチを楽しめました。

初めて生のミンチ状の肉を食べましたが何とも言えない風味と食感が美味しかったです。同じ生でも、ユッケとはまるで違う味。

実際いってみたら、評判通り料理はもちろん、ワインもおいしかったし、店員さんもいいかんぢでした♪♪♪人気があるのもわかる!!

初夏の太陽のようにダイナミックで大胆!なのに苺摘み娘の口ずさむ歌のように繊細!攻略し甲斐のある面白いお店でしてよ!

雰囲気もいいし、店員さんもいい人ばっかりだし、料理もワインもすごくおいしかったー♪このお店を選んでホント良かったです★

前にアキちゃんが教えてくれて1度行ったことがあったけど、前菜からデザートまでやっぱり美味しかった!お肉やお魚に添えてある野菜も、本当にうまいのだ〜♪

かなりのコストパフォーマンスと味でお気に入りレストランに仲間入りです 予約がなかなかとれないので次回の予約を早くいれなくちゃ

お魚が中心のメニューでしたが、スズキのポワレが印象的でした。サービスの方が面白く(悪い意味でなく)、一皿ごとに感動の言葉とともにサーブをしてくださいます。

ここはおなかいっぱいになるお店ですね。量は多いのですがお味は繊細で満足できますよ。

ボリュームにびっくり!メインはお魚にしたんだけど、お野菜たっぷりでこれもすごいボリューム。

野菜たっぷりやからさらっと食べられる。デザートもしっかりついて、この内容でこのお値段!すごいねぇ。頭上がります。

↓Sちゃんがオーダーしたのは本日のお勧め、マスのオードブル。レアっぽいのにまったく臭みもなくゴマの風味も良く、非常に美味しかったそうです。

こちらのお料理は全体的にお野菜がたっぷりあるので嬉しいです。素材の味を生かしていますが、味付けは濃い目です。

頬肉は我が家の頬肉専門家にはいまいちだったようである。確かに肉質がいまいちなのとソースにはもう少しこくが欲しい様な気がする。

前菜でセレクトした牡蠣は一口目から、かなり好みの味わいで◎でした。最近お気に入りのクスクスもまた新たな味わいに出会えて、とっても気に入った一皿でした〜

白子はこれでもかというほどのてんこ盛り状態にびっくり。焦がしバターがかかった濃厚な白子にケイパーの酸味が相成り、もう最高。 これホントおすすめ。

このお肉にたどり着くまでに、前菜、お魚がかなりのボリュームなので、既にお腹は限界に近づいていましたが美味しくて完食してしまいました。

メニューを読んだだけではまったく想像がつかなかったのでイカのブイヤベース風テリーヌという前菜を頼んだのですが、これが大ヒット!!!

カテゴリ:四ツ谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ラ マティエール(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:33

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「リストランテ ラストリカート:LASTRICATO(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

値段と味と量のすごさを考えたら、すごいCPよくてパスタとデザートがとても美味しいお店でした!!

素材を生かしたお料理なので、お店の良さをお伝えきれないかもしれないけれど、少しでも香りや素材の味を感じて欲しい。

野菜にこだわった料理で和やかに食事が楽しめる食処がRistorante LASTRIATO(リストランテ ラストリカート)。ゆっくり食事が楽めます。

感動したのがコレ!!2009年から「お子様と一緒の日」には、なんとおむつ替えスペースが用意されています。

ソテーのソースはトマト&ケッパー。とても美味しかった!お肉の下にもジャガイモ、タマネギ、ナスなど素揚げした野菜がたっぷり。どれも素材の良さが生きていて美味しく…

海老は期待を裏切らない!!海老の旨味といい香草の香りといいパン粉の食感といい、も〜最高♪有機野菜、産地直送の素材を生かした料理の数々は、とても美味しくて…

有機無農薬野菜をはじめ、こだわりの食材と旬の味をTanto食べ尽くした、イタリアンな夕べであった☆

お肉の下に隠れて見えませんが、リゾットが焼かれていてカリッとクリスピー!香ばしさが野菜とお肉を引き立てています。

選んだお料理はどれもおいしかったデス。パスタは、本日の海老のとお野菜をあえたトロフィエオイルベースです。このパスタは、今日の一番でした絶対また食べたいー!!!

どれも美味しかったですが、鴨ロースが特に気に入りました。この店はグラスワインを頼むとソムリエの方が何本か持ってきて説明してくれます。

とにかくボリューム満点。それなのに、料理の一品一品のお味は繊細で、パスタのソースは絶品でした。

どの料理も食材にこだわりがあり、なおかつ新鮮な野菜を使用していて、味はどれも格別でした!ネットでの評判はかなりよかったのですが、確かに期待を裏切らない内容です。

噂通り、添え付けの野菜にしても1つ1つの野菜にあった調理がほどこされていてスバラシイッ。

三重県尾鷲産殻付き紫ウニとお野菜のカッペリーニ透明なトマトのジュレをのせて これ、絶品でした どのお料理も丁寧に作られていてハズレなく美味しかったです

どれも絶品!!最初からとっても期待ができるかんじ?特にみんなが気に入ったのがコーンスープ♡素材がいいんだろうなぁ。

スモークサーモンとパルマの生ハム。美味しかった〜。さつまいものスープ。くせがなくて、じゃがいものポタージュ、と言われても納得してしまいそう。

ウニのパスタは料理名を忘れちゃったけど、これは絶品でした!!絶対お勧め!

水菜の下からお野菜がゴロゴロ。こういうお料理大好き〜〜〜っ!どの野菜も濃い味で美味いちゃん。

結局、総支払い額は7700円だったのですが、品数も多いしお味も抜群だしサービスもばっちりだったので良いのではないでしょうか。

前菜の望来豚(北海道)フォアグラ入りテリーヌの周りはトマトエキスのぜりーがためでこれも好き。写真はNGなのでぜひ行ってみてください。

無農薬無肥料の自然栽培野菜をたっぷり使ったお店です。野菜以外にも、オリーブオイルやバルサミコ、小麦粉、塩、ワインなどもこだわりの厳選素材を使っています。

大人向けのメニューにも野菜や魚介が多く、どれも本当にちょうどよい具合、「美味しいね、美味しいね」と何度言ったことかわかりません。

スペシャリテは「うにとトマトイカ墨を練り込んだタリオリーニ」です♪静岡県産の野菜を中心に、美味しいメニューが並ぶ小さなレストラン、オススメです♪

プリモに選んだのが季節物、イタリア産ポルチーニを詰めたパッツァロア、まろやかな噛み味の後に出てくる秋の香は絶品!

お子様連れか妊婦さんしか予約ができないようになっていて、そういうのってすごくいいなぁと思います。気兼ねなく食べられるっていいですよね。

駅からちょっと離れているけど、どれも素材が良くて美味しかったし、お店の方の対応も親切で是非、また行きたいと思いました。

年を取ったせいか、食べる量も細くなったんですが、凄く美味くて一品一品手がこんでいて、ついつい完食してしまいました。

空間がいつ来ても心地良く、幸せを感じさせてくれるのは、美味しい料理は言うまでもなく、働いている方達が持つ温かい人間性がつくっているのだと思います。

ここは野菜を引き出した料理が本当に心に響くお店 そして、サービスは非の打ちどころがない

店内はほぼ満席。厨房から度々「バンッ!バンッ!」と麺をうつような音がし、かなりうるさかったのが残念でした…

調理の腕も、イタリア仕込みの実力派。こじんまりした居心地の良いお店ながらスタッフの数も多く、ソムリエさんやカメリエーレさんのサービスも素晴らしかったです。

ザートまで手を抜かない完璧な料理に友人もすっごく喜んでくれて良かったラストリカートは本能が向くお店。“おもてなし”って言葉がぴったり合うお店。

アミューズ,スープ,カルパッチョ,カニ料理,パスタ2品,肉料理,デザートプレート,コーヒーor紅茶と豪華版で,味・ボリュームとも楽しめました.

有機野菜や産地直送など素材にもこだわりがあって、新鮮で全て美味しいかったです(^ε^)私が今まで食べたイタリアンの中でも指折りです。

料理も美味しく、もちろん日本人風にしてあると思うけど、今まで食べたことのない料理だった。

何より、一つ一つのお皿がしっかり作られていて、作り手の気持ちが食べ手に伝わります。美味しい有機のお野菜が沢山いただけるのも良い。

決して安いとは思わないけど、サービスや雰囲気も含め、内容を考えると、なかなか立派なのではないでしょうか。ちょっとしたお祝いや記念日などには重宝しそう。

ゆっくり時間をかけて美味しい食事をする。素敵なサービスがさらに良い気分にさせてくれました。本当に大好きなお店です。

そ、この店の野菜は特別においしいサラダは絶対食べたほうがいいし、前菜の中に入ってる野菜も多めに入れてもらったほうがいいかも

頼んだ料理を載せようかと思ったんですが、撮影禁止みたいで載せられないの;だからお店の外観だけww野菜が美味しいイタリアンのお店です(●´∀`●)♪

前菜の盛り合わせ。ミネストローネやライスコロッケもあり、なかなかボリューミー。わたしが選んだパスタ。子羊と野菜のトマトソース。トマトソースが美味しかった〜♪

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「「ルグドゥノム プション リヨネ Lugdunum Bouchon Lyonnais(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

遊び上手な成熟した大人の男女が楽しめるビストロと言った雰囲気。アラカルトでいただくとコストパフォーマンスが悪い気がします。

伝統メニューが並ぶが、味も盛り付けも繊細で、とても伝統の母の味ではなく、練り上げられた現代料理の先端的なもの。日本のフレンチの世界はまたひとつぶ厚くなった。

リヨン料理って、素材を生かしたあっさり系の繊細な料理が多く、どの料理もモダンで美味しかったです (^^) 

濃厚な、味付けです。ワイン無しではもったいない。これからの季節、べたですが、ボージョレーと楽しむのが王道でしょうか。 

店内は二階建ての一軒家で、とっても可愛らしい作りでしたよ。続きましてメインの登場。味はとーっても濃厚で、かかっているソースがクリーミーで美味しい♪

メニューがユニークで、前菜、スープ、魚、肉のメイン料理から好きなものを選び自分でコースを構成します 前菜、メインの2皿とワインだけでもOK、軽く食べたい時もお薦め

今日は天気がよかったので、オープンテラスになっていて、フレンチですがカジュアルな雰囲気です。お料理はボリュームもあってお腹いっぱい。

お料理はどれも素朴ながらもちゃんと手がかかっていて美味しくやや濃いめの味付けで”本場”っぽい感じでしたね〜 特にエスカルゴの器の中の熱々のソースは美味しかったナ

メインは本日の肉料理(豚肉)デザートにラム酒味のババを頂きました。どれもとても美味しくて満足です。

フランス人が絶賛するフレンチだと言う事で連れて行って頂きましたが、本当に美味しかった 感激したのはトイレもフランスしてました。

このお店の定番、レンズ豆のサラダは、あいかわらずめちゃ旨です。これだけで食べても美味しいし、グリーンサラダに混ぜても美味しいし、パンに乗せても美味しい。

Lugdunumの料理の中に夏を感じていただきたいという、新メニュー。うんうん、夏を感じましたよぉ♪

フランスの「美食の町」として有名なリヨンの地方料理が食べれるお店。内装も本場フランス風。

コースには、紅茶・コーヒーの他にグラスワインもあるのぉ♪夜はアラカルトのみみたいだけど、ランチはこの値段でこんだけの料理でて、大満足 ☆ でしたわよぉ。

デザートがtre tre bie〜n!!もうひとつ前菜+メイン+デザートのコースもあったけど、あえてこっちのボリュミーなコースにしたのはデザートが断然おいしそうだったから。

おしゃれなビストロ風ですが、お料理は本格フレンチ。一皿一皿丁寧に作られてる感じが大変好感が持てましたし、勿論お味も申し分ありませんでした。

サーモンが余り好きでない私のために、メニューを変えて、ホタテと共に出して頂けました。これが、また美味で、旦那様に片方、丸々持っていかれてしまいました!

窓ガラスを通して薄日が差し込む。道路脇にはテーブル席が3,4組、店の奥と2階にはもっと席がある様子。ビストロらしい雰囲気の店内。

これだけ出て3850円(税サービス込み) 非常にコストパフォーマンスも優れた店でした。次に行くときは、お店の定番料理(リヨン風サラダと クネル)を食べてみます。

不思議な落ち着き感があります。気軽にワイワイ&ガブガブ飲んで楽しく過ごすことが出来るビストロとはまさにこのこと。

今回のリヨン料理、とても、ソーセージを使った料理が多いのが特徴だし、豚や牛の内臓物を使う料理が特色があります。どれもこれも料理が凝っていると感じます。

『ウサギのコンフィ じゃがいものピュレー』ウサギさんを食べちゃいます。ウサギさんを食べるのは久々かも。

カフェのように気軽に入れるが食事もしっかり出来るところをさしたようです。Bouchonは元々ワインのコルクの意です。だから勿論ワインもしっかりサーヴィスされます。

食材がなかなか手に入りにくく、めったに仕込まないというソーセージ。好き嫌いない私ですが、内臓系はちょっと苦手・・・・が、とても食べやすく美味しかったです。

レグリース風味のマカロン コーヒーのアイスクリーム こちらもめっちゃおいしかった〜〜〜 特にこのマカロン 今まで食べたマカロンで1番おいしいかも・・・

味のある布袋に入ったパンと、レンズマメの何か、それにサラダがまず出されますパンを少し控えればもっとこの濃厚さを堪能できたのに、と少し後悔

ウ・フ・アラネージュは、メレンゲをボイルしたお菓子です。さっぱりしているので、コースで食事した後にもさらっと入ってしまいます。

新鮮なお野菜をたくさんいただける感じで、美味しかったわ。パンも味わい深く、レンズ豆と一緒に食べるとgood!

タルタルソースのようなソースが添えられていました。 ぜんぜん癖がなく、食感が面白くて美味しいのですが、、 あの、もう少し大きいとうれしいかも(笑

テリーヌです。鹿肉とフォアグラ、これはうまい。付け合せは多分大根を甘く煮たものだったような気がします。自家製ソーセージとパイ包み。ソーセージが香ばしい。

それでも何度も行くというのは、やはり魅力があるからです。カジュアルだけどおしゃれな雰囲気としっかりとおいしいお料理が楽しめる、まつこのお気に入りの一軒です。

リーズナブルとは言えない金額設定ですが、お料理も美味しいし、雰囲気も楽しめました もっと色々な料理を楽しみたいので数人で行くほうが良いかな

メイン(スズキのグリルをチョイス)柔らかく魚のみを丁寧にグリルしていて食感よくとてもおいしかった。油が優しくて嬉しかったな。

とにかく、料理のボリュームがかなりあるので、よく考えてから&スタッフに相談しながらオーダーを決めるのがオススメです。

メインは、スープがよい。ただし、魚(金目鯛と鱈)が、味が淡白。スープと一緒に食べても、淡白すぎる。ほたてや海老はおいしかった。

タイル張り、らせん階段や飾られている絵も、まさにフランスのビストロ雰囲気たっぷりです!エスプレッソを頂き、大満足で終了しました。ご馳走さまでした!

リヨン風のお料理が味わえるとのことです。こちらではランチタイムにもワインがいただけます。ソムリエさんもいらっしゃるお店です。

本日の肉料理はほろほろ鳥。。これがまたソースが美味しい。。麻袋に入った素朴なバゲット(彼はパンも美味しい!)で、ソースもきれ〜いにいただきました。

セットのドリンクはグラス赤をチョイスパンは何度でもおかわりできて   1850円!!ボリューム満点なのに、お得ですよー

デザートも独創的で、カノビアーノなんか足元にも及ばないかも(*゜▽゜ノノ゛☆肉まんで有名な中華『五十番』のすぐそば。ランチ1900円〜です('-^*)/

ワインと共に好きなものだけちょっと頂いていくという感じでも立ち寄れそうだ。牛フィレについていた、ガーリック風味のポテトグラタンはなかなか美味でした。

新しいお店の様で1階&2階もありますが、とても賑わっていました。ただ、テーブルとテーブルの間隔がとても狭く・・・少しざわざわとした感じです。

美味しいし、とーても得した気分になりますね。いつ来ても満足できるお店でした。。リヨンの料理に惹かれての圧倒的支持を得たようです!

そんなブションで、カジュアルでオシャレなリヨン料理を頂きました☆これが、本当においしかった!!しかも、とってもリーズナブル。

1番小さなランチのコース お料理はもちろんだけどバケットがおいしかった。斜め切りのパンは麻袋に入ってテーブルへ。皮は硬くて、中はモッチリとした食感。

ポロねぎのフランとサーモン。サーモンと一緒にフランを口に含むと口の中でとろける美味さ。見た目は地味ながら一皿目から今日もご機嫌♪

初めて食べるリヨンの伝統料理は・・ちょっと個性的な食材が多数腸詰めなどの内臓系料理などもありましたが、臭みもなく、食感もよく、美味しくいただけました

がっつり系かと思っていたら、想像していたより上品な感じでした。ワインもグラスやカラフェ、ボトルなど、好みに合わせて楽しめます。

コストパフォーマンスはちょっと悪いかなという印象。写真は、マシュマロのようなもののデザート。見た目はかわいいが、私のクチには全然合わず。特に感動もなく。

パンがサーブされる時もバスケットやお皿ではなくて、ざっくりとしたリネンの袋で。こういうところも、リヨン風なのかな。 いい感じでした

食巧者が集う濃い雰囲気が漂っている。ふつうのビストロ料理は食べ飽きた、そんなグルマンにぜひ訪れてもらいたい一軒です。

フランに第二の都市リヨンのビストロです。ここ神楽坂の雰囲気にピッタリです!!また行きたいですねぇ〜。

大充実の神楽坂ビストロを、思わぬ縁で見つけられて本当に嬉しいーー 香りや食感、味の繊細さが とてもバランスよくて 気に入ってしまいました!

リヨン料理は内臓を扱った料理が多いので好きな人には絶対オススメ!ワインがかなり進みます。雰囲気にも食べ物にもすっかり居心地よくすごせたお店でした。

パンは麻っぽい袋に入ってきます。モチモチで素朴なパン、おいち〜美味しかった〜ごちそうさまでした

別添えになっているレンズ豆の煮たものがいかにもヨーロッパ風というか、家庭風というか。これ、美味しいのだよな。

2250円くらいのランチでしたが、オードブルとメインとデザートをチョイスできます。今日も美味しかった〜 優しい味なのですよね。くどくない。家庭料理風。

リヨンのブションみたいな雰囲気のお店で、リヨン名物の料理や、ボジョレ、マコン、ローヌといったリヨン周辺の産地のワインがオンリストされてます。

店内を見回すと、どのテーブルもおしゃべりに花が咲いていて賑やかで、もちろん料理もワインも美味しくて、緩くて心地良い週末の時間が流れていました。

デザートが500円程度。ハムやテリーヌの盛り合わせとサラダ、メインは自家製ソーセージにジャガイモたっぷり。ひと皿ずつが食べ応えがあるが、しつこくない。

ブータン・ノワールは豚の血のソーセージ。マッシュポテトとりんごと一緒にいただきました。濃厚な味が、マッシュポテト、りんごに合うのですね!不思議に美味しい!

デザート付きとデザート無しのコースがあるんだけど、コースに設定されている料理以外のものにも自由に差し替えられるという。おもしろい、というか嬉しいね。

ハチノスを煮込んで薄くしてカツレツのように揚げたもの(受け売り)も少しつまませてもらったが、どれも旨かった。特にサラダとクネル。ワインが進む。

日曜日だというのにとても混んでいて、予約なしで入れた最後のお客だったみたい。しかも、男性同士のお客さんが多いのです。フランスを感じたい方は、ぜひ〜♪♪

オーソドックスだけど、それぞれとても素材の味が効いていて美味しいリヨンフレンチでした。明日も来たい!

ワインが美味しかった、一番はチーズ!カマンベールより柔らかくてすくって食べるチーズ、ブルーチーズのような匂いもあり白ワインにピッタリ。

ガラス張りの開放的な雰囲気。螺旋階段のあるステキな内装。フランスに来てしまったかのような錯覚に。。。

う〜ん、大満足 前菜からレベルが高い。ブションじゃなくて普通のフレンチレストランとしてのクオリティ セルビスの対応も非常によく、心地よく対応してくれた。

この日、感動したのは生ハム。ちょうど「今日は生ハムが入荷したてでおすすめですよ!」って言われて、目の前のカウンター上には巨大な生ハムの塊。これは頼むしかない。

デザートのキャラメルマカロンがあまりに大きくて驚いたので記念にパシャリ ソルベとの相性も良く・・ きれいに完食いたしました 大変 美味しゅうございました

料理は夜の方がヴォリューム感もありますが、ランチはランチで軽い食べ応えで、これはこれでよかったと思います。

リヨン料理は素朴で、でもちょっとすました感じの郷土料理でした。馴染みのないメニュー名がたくさんありましたがきちんと分かりやすく説明していただけました。

サービスもいい感じだし、ご近所の人が買い物帰りにさくっと寄ってる。ネックはやっぱりワインの値段かな。

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「石心亭(鉄板焼き)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

オマール海老と野菜のタルタル 桜の花びら仕立て女性が喜ぶ華やかな前菜です やはり鉄板焼は肉が一番おいしい!ちなみに野菜は千葉県柏市産のターサイです

新緑に囲まれながら、コックさんが自分達だけのためにお料理を作ってくれる…すごく贅沢なひと時な気がします。

レディースセットにしたよ。お肉までにこちらの3皿が出てきました。幸せでございます。こちらのシフォンがレディースセットのデザートです。

こちらではA4ランクのお肉をいただけるのだ。A5だと脂っぽいのだそう。。。こちらができあがりーーー4種類のソースでいただきます!

メインの牛肉です。奥が「サーロイン」、手前が「ヒレ」ステーキです。妻とシェアしました。「サーロイン」はランチョンミートの缶詰くらい分厚い肉です。

窓をあけたら、外の爽やかな空気もデザート♪こんな優雅なランチなんて、そうそう出来ないと思います。貴重な1日でしたぁ♪

ミニッツステーキと焼き野菜 つけダレは、お塩とポン酢を用意していただきましたが、このヒマラヤの塩は大変美味しく、こちら中心にいただきました。

全てを目の前の鉄板で焼いてくれるので見ていてワクワクです うーん。本当に贅沢なヒトトキでした。

これ、絶品 粗引き道明寺を蒸した若草饅頭と焼甘鯛に、西京味噌と枝豆のあんをかけたもの。どんぶりで食べたかったなあ〜

四季にあわせたメニュー構成で、目にもおなかにも大満足。お庭のお散歩とセットで、とてもよいひとときを送ることが出来たのでした。

ニューオータニの庭園は、本当に広くて立派。都心の真ん中とは思えないほど。 贅沢な場所で、おなか一杯、ステーキなどを御馳走になりました。

こんな良いお店が近所にあったなんて〜!もっと早く気付けば良かったな。「石心亭」おススメですよ〜♪

ステーキの脂身をカリカリに焼くことにより余分な脂が抜け、コクと香ばしさだけが残ります。この脂身を、食欲をそそるガーリックライスに投入!

カウンター席のみで、そのお客専属のシェフが目の前の鉄板で調理してくれます。すごくおいしくて楽しかったです。

あまりに感動して写真撮るのも忘れる始末。もっちろん美味でした…活けということで歯ごたえもあり、甘みが素晴らしかった。

はじめに赤ナスを焼いた。皮は硬いけれど実が柔らかく、今が旬との説明、ミニッツステーキのお肉、とろけるような柔らかさ!

お肉はフィレとサーロインの二種。とってもジューシーでペロリと食べちゃいました 旬の焼き野菜は紫色のアスパラガス。火を入れると緑になる不思議なお野菜です。

き穴子と米茄子の鳥そぼろ煮 まずは大きな米茄子を丁寧に素焼きにしたものに、鳥そぼろと穴子を加えて、出汁がまた効いていて、鉄板焼きというか懐石な一品。

本日のお魚は、桜鯛 お肉は、青森産のA4ランクの黒毛和牛のサーロイン 鉄板焼きには、A5ランクよりもむしろA4ランクが適しているらしい〜

お料理はもちろん美味しいし、食後に庭園を散歩ってのも優雅。たまにはこんなランチもいいもんです。

桜はほとんど散ってましたが、目の前の鉄板を見ながら自然に囲まれ最高の気分でした。もちろん味も!

色が綺麗〜 大きいアサリがたっぷり入ってるクラムチャウダーとお魚料理、ホタテ貝の焼き物色とりどりの野菜ソースです。黄色い色はサフランのお味でした。

庭の高台にポツーンと丸い建物があるというオモロさ満点のお店です。オモロ空間でウマウマシット満喫!できました!

「香り高い茸のスープ」。茸がたっぷり入っていました。「緋扇貝のソテー 秋の恵ソース」 カラフルな貝を海草とマッシュルームのクリーミーなソースでいただきます。

どれもこれもとても美味しかったですが、特に美味しかったのはフィレ肉でした。この店では鉄板を使う料理はすべて、目の前の鉄板でコックが焼いてくれます。

こんなに素敵な場所!!歩いていてワクワクしちゃいました〜メインです〜ヒレ肉でやわらかくおいしかったですデザートは隣の建物へ移動。

アタクシこれ以上頂けませんわっっていうくらい満腹に。・・・・・食事は腹八分目にって言うでしょ?そうしたいのはヤマヤマなれど、残せないでょ? 美味しいんだもん。

手際よく焼かれていくウマウマシング達…。もう食べたり見たりに夢中で、画像がほとんど無いんですが、最初の方で出てきたフォアグラは、僕のフォアグラ感を改めさせる…

見た目にもきれいなこちらの前菜は キャロットムース+トマトムース+お野菜 混ぜていただくとまた美味しくて 甘酸っぱさがグラスいっぱいに広がりました。

シェフが一人ついてくれ、目の前で色々焼いてくれます。気付いたら、結構たくさん食べていました…。綺麗に盛り付けてくれるところは、さすがニューオータニ。

鉄板焼のお店ではなかなか見る事が出来ない色とりどりのお料理です。レディースランチというコースで、女性を中心とした料理内容になってます。

まずカルパッチョから美味しい♪キャビアの塩味が良い感じです。次の車海老も甘くてgood手前のタルタルのようなソースがまた美味しくって。

9.お肉もいいですがこのご飯セットもいいですね 10.可愛らしい色合いですね〜♪ 11.建物も素敵です 雰囲気見てるだけで落ち着きますね〜

シェフが目の前で丁寧に食材を調理してくれます。私は海鮮のコースにしたので↑こちらは伊勢えびです。お皿にのせると↓このようになります。

「彩り野菜のカクテル」 キャロットムースやトマトのムースと野菜 食べたことのない珍しい野菜も。 美しいうえに感動の美味しさ。もう一度食べたい。

残念ながら桜は散ってしまったのですが、季節ごとに庭園の景色が変わりそうで、季節ごとにきてもまた情緒がありそうです

ヒレとサーロインをシェアしました。当たり前に柔らかく、肉汁がたまらない...鉄板焼ってシンプルなんだけどタレによって全然味わいがかわって楽しい^o^

石心亭の鉄板の厚さは19mmです。板の上下を削り、心棒部分だけにした特注のものです。気温や湿度の変化で微妙に伸縮することがなく、素材が安定して焼き上がるそうです。

私と妹はおいしくて前菜はあっという間に間食(笑)メインのお肉の前に伊勢海老と鯛もいただき満足・満足!!とっても素敵なディナーでした★

レディースランチをオーダーしていたので、割と繊細なフレンチといった様相もあって、品数もあり、ボリュームもあって、よかった。

カルパッチョは綺麗でチーズと牛が絶品。チヂミは高級感いっぱいで、ゼリーも涼し気でした。お肉もおいしかったし、日本庭園の離れで、3900円はお得だと思います。

料理は目の前でシェフが調理してくれます。最後は鮭茶漬けだったのですが、ほぐしていれてくれます。 これも目の前で調理してくれます。 なんとも贅沢なお茶漬けです。

料理はもちろんとっても美味しいヽ(=´▽`=)ノ私的にはフォアグラとステーキが特に美味しかったわ♪♪

食べてみると、今まで食べてきたキャベツの中で一番美味しい!!シャキシャキした食感とみずみずしさがたまんねっす。

季節の野菜や旬のお魚を使ったコースは大満足でした お料理もすごくおいしかったのですが、雰囲気もとっても良いんです

本当においしいし、自分なんかはもう食べきれないとギブアップ寸前の量でした。デザートはわざわざ別の建物に移っていただけるんです。

江戸菜のオリジナルソースサラダ、メインのステーキをヒマラヤ岩塩でいただき、あぶり海鮮丼でお食事終了。桜をテーマにした女性好みの華麗なコースだった。

細かいお仕事には拍手です。食事の事を一番に考え、でしゃばったサービスはしないけれども、食べるペースを見ながら合わせて調理してくれる。

担当してくれたシェフは、子供であっても一人のお客として対応してくれたのが印象的で、これこそ真に「一流」と呼ぶにふさわしいサービスだと感じた。

カテゴリ:四ツ谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:石心亭(鉄板焼き)|更新日時:2007-12-04 11:12:33

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「ラリアンス(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

鯛のポワレにレッドビーツのソース 綺麗ですね お肉がとても柔らかい ソースもしつこくなく食べやすく、かりかりレンコンとの相性がよい

どれもすべて美味しく、大満足 母達はこの優雅なひと時を堪能することによって、これから訪れる長ーい夏休みを乗り切れるのです

料理は美味しい、とても丁寧で品の良いサービス、内装も素敵、客層も良識ある方ばかり。もうもう大満足極まりないひと時を過ごさせていただいちゃいました。

ラリアンス、ミシュラン★☆☆でもあるし、味もサービスもなかなかですね。なかなか至福のひとときでした。

■旬の牡蠣ガーリック風・・・殻が入ってたけど、にんにくバンザイ!→ ■すごーく大きなお皿のくぼみに小さなミネストローネ・・・おしゃれです♪→

ラリアンスのデザートは私の大好きなワゴンサービスなんです!コースについているデザートだと1品しか選べないんですが?550を追加すれば、選び放題。

お料理はどれも美味しかった。強いて言うなら,前菜のほたてのカルパッチョ,あと蕪のポタージュも美味しかったなぁ

お料理も美味しいCPもいい←ワイン2杯だもん。って結局そこですか(笑)とにかくホスピタリティーが良いお店でした。

BIOワイン2杯付いて・・・・・なんと3900円の「貴婦人たちの午餐会コース」飲む方にはお得なコース 残念ながら、平日のみでございますが・・・・お奨めです

栃木産 フレッシュ苺 5種の味わいをパティシエからプレゼント 真ん中の丸いボールは飴デス 飴の中に苺 見てるだけで楽しくなっちゃぅなぁ

少しずつサーブされるので油断していたらデザートの頃にはお腹一杯!目にも美しいデザートの数々・・シャーベットもケーキもとても美味しゅうございました♪

さわらに ナスと煮込んだ大根がはさんであり ぶり大根みたいなお味。ソースを泡立てるのがこの店の持ち味だそう。

お店の雰囲気もゴージャス、お店の人も感じがよくて、大満足!!さすがミシュラン☆のレストランでした♪

またまたNちゃんが”おなかいっぱいにならない”、といっていました。量は女性用なのかしら?ゆっくりお料理を出していただいたので私は満足感があったのだけれど・・・。

お魚料理 カジキの香ばしいグリル焼きに瑞々しい冬瓜のラグー 酸味を利かせたアンチョビソースにハーブサラダのコラボレーション

お魚料理は「3種魚介のリッチなソテーに柚子胡椒の香りを利かせたルイユを添えて ブイヤベースソースで」魚介のソテーが全部おいしかったです!

お料理は画像の通りなのですが、以前いただいた時よりボリュームも味もグレードアップしていた。もちろん前回も良かったのですが、さらに磨きがかかったという感じ。

インカムをつけたスタッフによる接客も実にきびきびよいし、料理も驚くほどではないにしても普通に美味しい。なにしろ、箱が良い。

日本酒とよく合った!と振り返って思うお魚料理のお皿。合った!と思ったのはリゾット。同じ米だからですね。

ラリアンス風 コックオーヴァン(鶏の赤ワイン煮込み)ブルゴーニュの代表料理ですが ラリアンス風にモダンな仕上がりです。

日本人パティシエの作る繊細なデザートにはいつも感動しています。フランスの普通のレストランでは食べられない繊細さがありますね!

一緒にサービス頂いた パンが最高においしかったのでお土産に。行かれる方は買ってみてくださいね。2種類あります。特に 黒いパンがもっちりして 美味しいです。

オーストラリア産 仔羊のローストに茄子 ズッキーニを巻き付けてカラフルに見立てて風味と酸味を加えたマスタードソースで これ、最高においしかったんです

こんな繊細な味の料理は久し振り〜 ドリンク2杯付きで「白ワイン」と「ウーロン茶」にしました やっぱりフレンチはビールじゃないのね

お味はフレンチなのに、すごく薄味。旬のお野菜もたっぷりで、素材の味を大切にしていて、おいしくて優しい味です。

まぁ〜他の人の食べログの感想なんか読むと接客がファミレスっぽくマニュアル化されてるだの書いてあるけど個人的にはお気に入りのお店なんです。

どれもとっても美味しくしかも色々なサプライズをしてくれ感動と笑いの演出をしてくれるので、ここで結婚披露宴するのいいと思いました♪

ディナーコースは、どのお皿も感動がありました 落ち着いた空間、お料理の味

神楽坂のフレンチレストランで有名なラリアンス。こちらの3階のバーラウンジはとても素敵なフロアーです。ピアノ演奏もあり、かなり雰囲気が良いです。

私達は「貴婦人たちの午餐会コース」(3900円)を頂きましたが、飲物も2杯(白・赤ワイン等)サービスされ、かなり良心的と思いました。どれも美味しかったです。

ウッドを多く使ったリゾートホテルのダイニングがコンセプト。色彩サラダに鴨肉のコンフィーを添えて バルサミコソースで

ランチコースは前菜+魚料理+肉料理+デザート、ドリンクのコースで飲物が、グラスワインやノンアルコールドリンクから2杯飲めるお得設定です。

2皿目の魚料理はお気に入り、ホタテのポワレとポテトのマッシュが微妙で◎デザートは私はモンブランを彼女はチョコ こちらの方が美味しかった。

こちらの魚料理は結構美味しいと思います。この日はサーモンでしたが、白身の魚など日によって違いますから毎回魚料理でも楽しめます。

ラリアンスのお食事は本当にボリュームいっぱいで大変おいしくて、いつも大満足させてくれるレストランです。

椅子の感じとかが普通のフレンチとはちょっと違っていて広いのにとってもアットホームな感じがして、スタッフの方たちの感じもよくてまた是非着たいと思わせるお店でした

いやーー、しかし出てくる料理どれも全部おいしーーーっっ(・∀・)3時間くらいかけてゆっくり出て来るんだけどその品数半端じゃない。

グランシェフのクロード・セガール氏がそのキャリアにおいて考案してきた30年前のスペシャリテの数々を再現するというコース(1人15,000円也)を注文しました。

メイン:オーストラリア産 牛フィレ肉ソテーとまろやかな南瓜のピューレを加えて 赤ワインソースで オシャレなガラス器に胡椒と岩塩 牛フィレに胡椒がベストマッチ

開放感に満ち溢れた心安らぐリゾート空間で、和のテイストとフレンチの幸福なマリアージュ「フランコジャポネ」を心ゆくまでお愉しみください。

子羊はノワゼット(鞍下肉)をズッキーニ、ナスで巻いてローストして、なかなか手が込んでるな 焼き加減はgood ソースもマスタードがいい感じたな

数年前までは「パラパラの聖地」と呼ばれた、ディスコ『ツインスター』のビルを利用したレストラン。

美味しいお料理に、最高のサービス、大切な皆様とご一緒した 楽しいひととき。なんて幸せな一日なのでしょう・・・

とても人気のあるお店なので、1ヶ月以上前から予約が必要でも、お料理はどれもみな美味しくって、大満足!!!お店の雰囲気も、凄くいいしね♪

贅沢な気分を手軽に味わえるフレンチです。ワインが付いて(二杯)貴婦人たちの午餐会コースは3900円です。スイーッはワゴン全部でも+550円 フレンチではお値打ち価格です

ふぁ〜〜満足、満足 もちろんおいしかったし、お腹もいっぱいだし、サービスも細やかだし・・・1つ星に酔いしれるのでした

〜帆立貝とラングスティーヌのサラダ仕立て2種のティスト〜バルサミコとオマール海老の2種のソースがマッチしてました

前菜はフォアグラのムースにしました。濃厚です。旨い!魚料理は鮪をチョイス、ソースがおいしかった!

なんと軽い口当たり。そのままで、一粒頂いてみると、甘味?が感じられるほどのまろやかな風味で、ガリッではないカリカリ(シャリシャリ?)。初めての歯応え。

とっても雰囲気がよくあまり堅苦しくなくカジュアルな感じでゆったり料理を楽しめるお店でした そして何より料理が美味しかった!!!

とてもとても素敵なレストランでした お部屋も個室をとってくれ、こんな感じ なんとおみやげのケーキまでいただき、嬉しい限り

コースの途中には、こんな風にシェフが目の前でプレゼンしてくれるゲリドンサービスもあります。これは、新鮮な金目鯛を使ったブイヤベースを作ってくれている最中です。

メインのお肉までしっかり食べた後にガラガラ〜とワゴンデザートが。どれも美味しそうで、選べないっ!ってことで全種を一口サイズにしてもらいました。

これはサンタさんとプレゼントの袋 前菜盛り合わせ これは、魚料理 鯛 メインは牛フィレと小鹿のお肉かな? コース、全8品くらいあって大満足でした

初めてお伺いしたのですが、さすが3年連続ミシュランに輝いているお店 サービス・雰囲気・お料理ともに、とても満足できました

最初、お店に入るのにエスカレーターがありびっくりしました。元ディスコの面影が。。といった感じです。しかしお味は正統派。

ひとつひとつのお料理が全てとても凝っていて見た目も綺麗で本当に美味 サービスも行き届いていて、気分良くお料理いただけました。

税サ込みで\3,900(税サまでチェック。これ大事)ワイン2杯ついて肉と魚のメインがあってこのお値段はとってもお得です。

肉料理:『神戸産の霜降り牛肉“くり”のソテー フォアグラバターと共にボルドー赤ワインソースを注いだ一皿』 柔らかく、かつ味のある美味しいお肉でした♪

素材の味が良くなかったら、この出し方出来ませんものね。コンセプトに「日本風フレンチ」みたいな事が書いてあったかな。だから、懐石風フレンチですねきっと。

まだディナーには行ってませんが、なかなかいいレストランです。あえて言うならパティシエが弱いかな。

前菜もメインのお魚もお肉も、いくつかの中からチョイスできるタイプ。お食事中の飲み物(ワインでもOK)も含まれています。

良かった。今度は、ぜひプライベートで使用したいとおもったほど。特に、フォアグラのテリーヌが美味しかったと思う。またデザートのモンブランも濃厚で美味しかったな。

お値段は意外にリーゾナブル♪でも味、サービス、ともにGOOD!今回は個室じゃなかった(4人だし)のですが、今度は個室もいいかもね

隣席との間隔もあり、とても落ち着いて食事と会話ができる。その日に使われる魚をプレートに並べて、料理の内容を説明してくれるとなおさら迷う

早速内容ですがアミューズ→前菜→スープとポーション小さすぎます…。あっという間に食べ終わるのでパンが進みます。パン美味しかったです。いっぱい食べました。

とにかくランチは超お得。なんといっても3900円のコースがすごい。税込み・サービス料なし。ドリンクが2杯つく(食後のお茶以外に2杯。もちろんワインOK)。

カテゴリ:四ツ谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ラリアンス(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:33

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「ラ・トゥーエル(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

手前のブリオッシュトーストと共に、蜂蜜を加えたフォグラのムース(左奥)、いちじくと青トマトのコンポート(右奥)などを頂きます。

ズワイ蟹、サーモンとコンソメジュレ添え。上にウニが乗っかってます。ウニは臭みが無くて適度に甘く、カニとサーモンもなかなかボリュームあってしっかり味わえました。

毛蟹と茄子がぎっしりつまったブレッセが美味しい。あっさりとした味が濃厚なビスクソースととてもよく合います。

一皿も外すことなく、安心して美味しいものが頂けるフレンチです!! 私の好みの味です。満足度高し!

近いうちにまた行きたいと思います。シェフの料理をもっと発見したいのです La Tourelleの雰囲気もとてもいいので、楽しく食事ができますよ〜。

最後に珈琲と小菓子を頂き、久しぶりのフルコースでした。とっても1品1品が丁寧で優しいお味で、全体のコースのバランスが素晴らしく、本当に美味しかったです

このボリュームで3800円は安いかも! 最近シェフさんが変わったようで ちょっと空いてたのでしょうかねぇ。 でも私は満足でした♪

このうにジュレ?ふるふるで夏にピッタリ!ブログのあちこちで見かける銀座のサカキのも気になります。

もう見た目から美味しさが伝わります。ウニ好きには見た目から嬉しくなるような一品です。

ほろりと崩れるやわらかな肉。ボリュームがある大きさですが、ソースは重たくないです。ゆりねのピュレもソースをからめて食べると更においしい。

オードブルはコンソメジュレ。ウニとキャビアとオマール海老がたっぷり添えられてます。鼻血が出そうなくらいおいしいです。

スペイン産フレッシュイベリコ豚の2種類の調理法(肩ロースの網焼き、ホホ肉とタンのテリーヌ)お野菜もたっぷり。意外性のあるメインディッシュ。

銀座でないからか割高な印象も受けました。全体に無難な内容であったが、通いつめるほどのもの店ではないと思います。

神楽坂の住宅街にあって、花壇のお花が可愛らしい、ステキなお店です。お席は窓のそばのとてもすがすがしいお席でした。

非常に魅力的なメニューでめっさ悩みました。お昼はサービス料が無いとのこと お得感がありますね〜気づいたら満席です (o^-')bナットク

ペロリといただきました。印象に残ったお料理としては、お魚料理。ブイヤベース風のソースに海苔が入っているのが印象的で、白身魚にも合っていました。

仕事中なのについワインも2杯(汗)。ワインなしでは我慢できないほど・・・濃厚だけどくどくない、王道フレンチ。今おもいだしても、ウットリしてしまいます。

ミシュランで紹介されるようなフランス料理の店は心地よい緊張感がある。メニューを見て、どんな料理が運ばれてくるのかがとても楽しみだ。

Premier cru (ハーフコース)をオーダー アミューズ アサリのフラン 名前の割に雲丹の香りしかしませんでしたが・・・ 雲丹すごくオイチかった

ミシュランで星を獲得したお店っていうと、ちょっと構えがちになるけど、店内は、20席ぐらいで、カジュアル・フレンチって感じで楽しめる雰囲気。

今回お料理を作られたシェフが独立されて、12月初めに"ラトラス"というお店をオープンするのですが、そちらのお店にも訪問したいなーっと思っています。

器はオールドノリタケ中心で料理が盛り付けられてくる。昼のランチでこの食材でボリューム。コストパフォーマンスはよい店だと思った。

女性が好むような盛り付けとお皿選び、○○産にこだわった素材でボリュームもあり、お味はあっさり日本人向けのフレンチでおいしかったです。

これは自分で選ぶことができます。私はフォアグラのムースのようなものにしました。それにチョコソースがかかってました。

牛ほほ肉の6時間煮込みとフォアグラソテー。お肉をフォークで触っただけで・・・「柔らか〜〜い!」と感激してしまいました。

殆ど同じコースをお願いしたにもかかわらず、全く違ったお味に仕上げてあり、大変感激いたしました。

「赤座海老のグリエ サラダ仕立て」でした(^ ^;。美味しい!海老ですが、まるで蟹を食べているような甘み!トリュフも乗って、かなり贅沢な味でした。

さすが一つ星のフレンチ料理の美味しさは本当に格別なものがありました。これが3,800円というのはとってもリーズナブルなのではないでしょうか。

・『シカ肉のパイ包み』 こちらはアミューズ ででてきたシカ肉で、クセがなくとっても美味しかったです♪ こんなに美味しいシカ肉には主人も私も大感激でした。

一口野鴨もいただいたが、これは確かにうまい。やわらかすぎる。そして自分のほうの鴨は、全く違う味付けにされているが、フォアグラを使ったソース?これはうまい。

新鮮な素材が惜しみなく使用され、CPの高さを痛感しました サービスも着かず離れず心地良く、ステキな時間を過ごさせて頂きました。

こちらのスペシャリテです さっぱりした中に雲丹の甘味が広がりとっても美味しい一品です

全般を通し、とってもおいしくいただけた。まさに、日本的オーソドックスなフレンチかな。これが、ラトゥーエルやラトゥールの味。

大人数だったのに、奇跡的に取れました。 今回はシェフのスペシャルでお願いしました。トリュフとフォアグラをふんだんに使ったお料理でした。

デザートが2種出てきたところも本場フランスっぽい。『ミシュランガイド東京2008』で1ツ星獲得したというのも納得の味でした。

お料理は見た目も麗しく、ぜーんぶ美味しかったです。魚料理のサフランソースが香ばしくて、パンにつけて食べるとこれが美味で♪

黒むつの皮をパリっと中をしっとりと焼き上げたものに、クリーム系のソース。チーズがとってもアクセントになっていて美味しい

アボカドとアンディーブのサラダ)新しいシェフも美味しいお料理を出してくれました。この値段でこんなに美味しいなんて、いいお店だわ〜。

メインのお肉は仔羊のパイ包み焼き!結構なボリュームでした。冬っぽいですね。最近、行ったレストランの中ではサービスがゆっくりめな感じがしました。

器の中に紅葉があしらってあるのが季節感があって嬉しくなります。これで2,800円です。大満足!

フレンチはソースが命!なのだと思いますが、オードブルからしてとても濃厚なソースを味わいました。

料理は、トータルにみるとさすが(とくに海老ちゃんですが)という味。お魚料理はさほどちびちえ的にはいけてませんでしたが・・・。ほかは、本当においしかったです。

さすが★のお店!でもちょっと残念なのは、グラスの中にワインがなくなっても気づいて注いでくれなかったことです。

どの料理も美味しいし、サービスも文句なし。お店は高級というよりはアットホームな感じ。やっぱりここ、好きです

楽しい時間でした。ただ・・・以前マダム達とお食事に来たときとお料理の感じがちょっと違っていたような。。。シェフが変わったのかしら???

食材が好みだったのもあるんだろうけど、お料理も満足 ランチは、サービス料・税込みのお値段なのでかなりお得かもしれませんわ。

お会計を見るとサービス料なし?ワイン2杯、ジュース1杯2名分で10800円でした。安い!

住宅街にある隠れ家的フレンチ。こじんまりとしていて可愛らしい店内。温かいホスピタリティでまるで友人宅におよばれしたような居心地よいお店。

キメ細やかなパン 美味しかった オマール海老、根室産ウニ、オシェトラ キャヴィア入り カリフラワーのブルーテとオマール海老のコンソメジュレ

一口大の伊勢エビとコンソメゼリーがカリフラワーのスープに入っていて、上にはうにとキャビアが乗ってましたo(^▽^)oウマすぎでした(*u_u)

お店全体が淡いイエローで統一されゆったりとした家庭的隠れ家のようなお店でした 本当に本当に美味しくて食べる事の喜びを心から楽しみました

「ラ・トゥーエル」は、さすがにおいしかったです ♪フランス料理だけどけっこう日本人好みの感じの味つけで、わかりやすいおいしさという印象を受けました。

この価格で、フルコースといえる内容なので、お得感が物凄くあります。接客も素晴らしいですが、サービス過剰でもなく、配膳のタイミング等、どれをとっても文句なし。

神楽坂ラ・トゥーエルはこじんまりしたフレンチレストランで、味はとてもよかったです。いちおうコースを頼みましたので、満腹感も強烈でした。また行ってみたいお店です。

私は「仔牛舌の赤ワイン煮込み」をチョイス。コースのお値段は、¥3800という事で平日ランチにしては値が張りますが、今日は元上司のご馳走になってしまいました。。

どれもしっかりとソースを添えた、正統派フレンチという感じでしたが、昔ながらのフレンチような重さはなく久々優雅なランチでした

美味しかったのは和牛ロース、フォワグラ、黒トリュフ、キノコのソース(詳細忘れました)です。牛肉に脂がのっていて日本人好みでとてもおいしかった。

食材、味も他のプリフィックスのお店とは一線を画しています。オーナーの清水忠明氏は、パリのミシュラン二つ星レストラン…で副料理長まで務めた実力派ということです。

オードブル・メインはアラカルトから選ぶ形になるのでアラカルトを頼むよりお得といった感じ。オードブルは一品でもかなりの満足感が得られる。

前菜 → オマール貝の・・・・? (生牡蛎みたいナ!岩塩も舐めて見た)前菜 → 4種類のフリュイドメールのマリアージュ (海胆・鮑・海老・キャビア)

コーヒー味のスープってちょっと想像出来ないかも知れませんが、始めて頂いた時はその美味しさにビックリしました

エスカベッシュとしては酸味は控えめで、鯨の肉の味がわかりやすい。せっかくの鯨なのでもうちょっと食べたいなー、という程度のポーションもスターターとしては適当です。

ワインを愛するオーナーが柔らかく心地よいサービスをし、品質の高いワインをきちんとした審美眼で選んだものを適正価格、いや、かなり安く提供してくれる。

どの一皿も最高においしく、フランス料理の醍醐味味わえます。個人的には鴨料理がおすすめで、フォアグラのロワイヤルトゥーエル風は是非1度お試しあれですな。

久々にオーソドックスなフランス料理をいただいた感じです。一つ一つのお皿の量も多く。おなか一杯で満足です。お店の方たちの目も行き届いています。

エビとかお肉とかとにかく大爆笑なくらいおいしく、そして上品なお料理が次々と あまりにおいしくてやや挙動不審になりました

美味しかった。どれも一工夫加えた料理で、素材+αの楽しさがあったかな。値段は、それ相応の店なので、かなりはずんだけど、これぞ記念日って感じの料理でした。

カテゴリ:四ツ谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ラ・トゥーエル(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:33

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「ル・マンジュ・トゥー(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

アクセスが不便でありながら満席の店内は、谷シェフのお料理に魅了されるお客様が多いのでしょうね。気さくにおしゃべりをして下さるシェフ、料理修業させて欲しいです。

イベリコ豚のサラミ、サラダ仕立てに次いでフォアグラのテリーヌ。フォアグラが苦手の私でもこのテリーヌなら問題無くいただける。

お料理のスタイルは軽めではありません。創意工夫がされ、オリジナリティーも高いし、なんと言っても美味。好みが分かれるお店だとも聞きます。

鶉のコンソメ・ジェルとクリームに生ハム添え。めっちゃ旨味の凝縮したコンソメです。これがジビエの滋味ってものなんですねぇ。

料理だけでは、ホントに美味しい!と思えるものはなかった・・・。おまかせで12000円しかないんだけど、この値段で?って気持ちも強いけど。

店内はシックにまとめられている。店員の方の対応も丁寧で好印象。席数は14席ほどの小さなお店で、満席でした。

こちらのお料理は一皿一皿、食べ応え十分。お腹を空かせて行くことをお薦めします^^帰りもスタッフ全員で見送っていただき、余韻も含め楽しめました。

私が美味しい!と思ったのはぁ、野生のいのししのベーコン!メロンと一緒に食べて下さい。とのことで一緒に食べると、すごーーーく合っていて驚きでしたっ。

全体を閉めるのは上のトリュフ。肉、ワイン、シュークルート全てをこの小さな黒いダイヤがまとめあげています。トリュフの実力をとことん思い知らされた一品。

最初から最後までお店の方々の接客もとても親切で、ワインのよくわからない私たちのつたない説明をよく理解してくれて、料理にぴったりなワインを飲めたのも大満足です。

シェフの笑顔のように強い輝き自信に満ちたお料理達。この奥深い輝きに満ちたオーラをお裾分けをしていただきたいと深く思う魅力的なレストランでした。

それぞれの素材の味が生かされていて、でもソース自体もインパクトがあってこれぞフレンチ!!というお料理ばかりでした。

サービスの行き届いた14席という小さな空間で、今の季節、今日一番美味しいものしか食べさせてもらえないなんて、なんて贅沢なお話・・・

お待ちかねの白子でした!外はカリット中からトロ〜リとろける熱々の白子に個性の強いロックフォールが絶妙!ここで命が途切れても私の生涯は幸せでございましたっと…

スパイシーなムースにグレープフルーツ、エスカルゴの串揚げ玉ねぎのソース、ほたてのムースにリゾット少々、蝦夷鹿のコンソメスープ!にトリュフオイル数滴。

冬の時期には「ジビエコース」も登場。この季節しか味わえない野趣あふれる味わいは「一度口にしたら忘れられない」と、多くのゲストを虜にしている。

フォアグラのミルフィーユ。これはもう見た目最高。バルサミコソースがチョコレートに見えて、前菜と言われなかったら、デザートに見えてしまうほど、完成度が高い。

この一品を食べて、白子そのもののおいしさはもちろんのこと、ソースの見事さ、フランス料理におけるソースの重要性を改めて思い知らされた感じ。

シェフお任せコースしかないのだけど今の時期は大好きなジビエづくし!!な上にきのこもた〜くさん使われていて絶品でした!!

温製うさぎのテリーヌ、セルバチコのサラダ ん〜〜〜濃厚 うさぎに淡白で軽やかな食感のポルチーニを合わせることで、ジビエの力強さが更に引き出されます

蝦夷鹿のソテー。なんでも、蝦夷鹿を1頭買いされたようで。ハツのソテーも添えられてます。なんのクセも臭いも無く美味しく頂きました。

お魚料理はスズキのポワレ。皮はカリカリですが、身は生に近い状態で限界まで火入れをしてあります。とても瑞々しく弾力のある歯ごたえで美味しゅうございました

気さくなシェフの人柄と、おいしい料理に満足な気持ちで家路に向かいました。今度は、ジビエの時期に戻ってきたいです。

基本的にメニューおまかせとなっています そして、料理、ワインやサービスの感想はというと、大満足の三つ星でした!

ホタテもハタも表面はカリッと中はレア。今が旬というムール貝は、小粒やけどプリップリ!

一皿の量は少ないが、正統派フレンチなのでかなり重く、デザートは残念ながら完食できず。サービスも残念ながらいまいちだったなぁ。

今日の料理の時不知のサーモンの調理方法なども教えていただき、ブータンノワールも。聞けば聞くほど、手がこんでる〜〜〜

洗練された雰囲気でありつつ、フレンドリー。居心地がいいです。ちょくちょく行くことはなかなか難しい・・・。飲む人だと1人2万円超えでしょうか。内容的には、大満足。

特別な日のお食事には是非!(なかなか予約は取れないそうですが)ただ、量はかなり多いので少食の方には向かないかも。。だけど美味しいので食べられると思います。

コストパフォーマンスはいいし、ワインをたっぷりいただきながらゆっくり食事をすれば満足できるのかも。ただ、ワイン三杯程度ではこってりした料理はきつい。

このレストランはシェフのお任せコースのみ。もう、申し分なし!10000万円のシェフのコースを焼く3時間かけてゆっくり堪能した。

感覚がある建物の造り。そういうのは別に構わないが、出てきた料理が全てすごくおいしい!と感じない。この程度の味なら2000円くらいのコースでどこでも食べられそう。

アミューズ・グールは定番らしいエスカルゴの串挙げ。タマネギの甘みあるソースが「タレ」って感じデス。ヴィネガーの酸味も程良く、美味しい。

いやー、それぞれの料理との変化が楽しめてよかったです。私、マダムの笑顔とサービスの加減もとても好きなんです。

食事はおまかせコース。前菜からデザートまでボリュームがあって、1品、1品、とても手が込んでいます。

勝手なコメントですが、イクラが塩っからくて ゴクゴクワインを飲んでしまいました。メリハリのあるコースでした。鹿のグリルが、と〜っても柔らかく美味しかった。

こちらは、モンブラン イタリアンメレンゲのマカロン 中には、ビターな生キャラメルが隠し味的な存在で、カシスの寒天ジュレが見え隠れするんですよ〜〜

絶品。小さな麦藁帽子を逆さまにしたような白いお皿にヒヨコ豆のようなお肉と枝豆の緑色。それにソース・リヨネーズ*の茶色が鮮やか!絵画のような1皿に出会った夜

料理はどれもこれも美味しかったです。ハマグリのブルギニオンも、フォアグラのテリーヌも、オーナーがトルコで仕入れたスパイスを使ったエビのお料理もはなまる。

それにしても、味の加減が、やっぱり、すごくちょうどいいんです。濃すぎないのに、軽いわけじゃなくって。

下にはガトーショコラそして苺のクリーム そして、濃厚なソフトクリームを剣に見立てて。濃厚だからかなかなか溶けないのが不思議。

お食事は美味しかったですけれど、ちょっと頑張りすぎているかな、という感じですがフレンチ特有の重すぎる感をうまく排除していてそれは良かったかと思います。

スタッフが男性2名とマダムが一名、忙しく対応しています。 でもとても感じが良かったです。噂どうりのとてもいいお店で、大満足です。

今回は、申し分なく好みな、いかにもフレンチで すっごく、美味しかった!!ああまた季節を変えて行きたい。

コースの内容はシェフの気分によってだいたい一ヶ月で変わるそう。 前回とは全く違う内容で、出てくる料理のたびに楽しませていただきました。

谷シェフはテリーヌがお得意と聞いています。前回のウナギのテリーヌも絶品でしたが、私達の大好きなフォアグラのテリーヌと聞いて期待が高まります。

客の年齢や好み、雰囲気によってメニューが変わる店で、客に一番合ったものを提供したいというシェフの思いやりとおもてなしの精神が見てとれる。

味濃くメリハリのない調理が続く少量多皿コース。重めの調理と言っても「シェ イノ」の本格的なクラシック料理とは次元が違いました。

夜のみの営業でコースはお任せコース。ぜひ一度行ってみてほしいお店です。アットホームな雰囲気のレストランで、とても落ち着きます。

久しぶりに牛込神楽坂のル・マンジュ・トゥさんへお食事へ行きました♪写真は、アントレです。ホタテのムースに、ラングスティーヌのソースです。美味です( ^^)

ただ、ムッシュのコンセプトのお料理に耐えるには相当お腹を減らして行かないと最後までたどり着けません・・・

久々にフレンチのフルコース食べたけどあ、ここのは絶品ですわ 個人的にウサギのテリーヌが好きでした

カテゴリ:四ツ谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ル・マンジュ・トゥー(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:33

この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2007-12-04 11:12:33

「エメ・ヴィベール(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お料理の美味しさは言うまでもありませんが、心地よいサービスの素晴らしいレストランですね〜〜さすが2ツ星です

とても充実した時間を過ごせて満足ですぅ(≧∇≦)bここに来れば、フランスの花嫁気分にもお姫様気分にも貴婦人気分にもなれちゃぃますぅ♪

庭のある洋館でウェディングやパーティーなどにも利用できるそうです。一度は入ってみたかったお店です。大勢でパーティーなどいいかもしれません。

数ヶ月前、友人が近所に素敵な薔薇の館があるというので訪問してみたのが こちらのレストランとの出会い。とても美味しいお料理で、それ以来お邪魔するようになりました。

温製グリーンアスパラガスをタラバ蟹とトマトの入ったソースで。 とってもキレイ! 食べるのがもったいないくらいです〜桜を眺めながら楽しいランチタイムでした。

香草をまぶして ローストされた、ソフトな金目鯛。繊細で複雑でありながら 単純明快なファンタジー!まるで個人宅に招かれたような スペシャリティな気分。

メインは鹿肉をいただきましたが ボリュームがありますし、フレンチのソースは しかっりとした良いお味で、シェフの技量が素晴らしいことを 物語ってます。

位置皿の柄もちょっとずつみんな違うのね♪パンも美味しい(*^_^*) 目でも楽しい料理って素敵 美味しかったね〜♪

正統派フレンチのお料理はどのお皿も美味しく、サービスも無駄がなくて、安心して食事を楽しむことができました

冷製セロリラーブのスープと甲殻類のジュレ・・・これは、かなりの絶品でしたっ!!テラスに移動して・・・最後に小菓子とコーヒー・・・

どのお料理もソツなく無難にまとまりすぎてて、印象に残らない感じ。お料理全体に、もっとガツンとした主張があるともっと良いんだけどなぁ。と個人的には感じました。

冷製グリーンピースのスープ。白カブのソースと2層になっていて、上にはカレー風味のオリーブオイルが。水玉模様でカワイイ。お料理もサービスも○、良いお店でした。

コンポートプラムのジュレ ミントソース 桃のデセールに弱いんです(*^_^*) 紅茶でまったり。 エメ・ヴィベールが満開でした♪ 美味しかった(*^_^*)

むぅ〜 全く持って再訪する気は起きないお店かな?お料理はベタなソースばかりでイマイチ印象に残らないし、サービスもな…あ、パンは美味しかったですょ。w

メインは、久しぶりにお魚をチョイス。天然真鯛のグリエ オレンジ風味のアンディーブとトマトの入ったソース。季節を感じられます。

ホロホロとフォアグラの組み合わせ、大好きです。芝生がハートの形になっているのだそうです

ピューレ、下には甲殻類のジュレが隠れていて美味。リコッタチーズとピスタチオのオリーブオイルがかかっています。 オマール海老のサラダ仕立てとお野菜いろいろ。

メインは、ホロホロ鶏のロースト、シンプルなジュ。お肉はとっても柔らかくて、上質の脂とあいまって激ウマです。赤ワインも進みます!

今回紹介のランチは、5,250円なんですよ〜〜お料理は美味しく雰囲気良く、庭園散策付き・・・ お得だと思いました

三元豚のブレゼ、ロティと各種野菜トリフ風味のソース リンゴのキャラメリゼ シナモン風味のサブレとメイプルシュガーを使ったアイスクリーム 美味しかった♪

これがまた可愛いレストランでね♪店名の「エメ・ヴィベール」これは、バラの名前なの。ここね、バラの季節になるとお庭でバラも楽しめるの。

ポーションも申し分無く、そして甘鯛もオマール海老もゴロっと入ってるテリーヌ。このソースがたまらん。。。。。フワっとしているの。

フランス ブレス産パンタード(ほろほろ鳥)とランド産フォワグラです。それがアツアツのパイ包みが(*^_^*)美味しいに決まっていますね。

お魚料理。見た目より濃厚ではなく、おいしかったなぁという記憶… お口直し。お肉もおいしかったですー!

ああ 美味しかった(*^_^*) ミシェランの☆☆を取ってから、一段と素敵になったような。。

テーブルは、距離を十分にとったレイアウト。食後には、素敵なお庭を案内していただきました。お料理も雰囲気もすばらしく、夢のようなひとときでした。

メインのキュイス・パンタード(ほろほろ鳥の股肉)のローストとフォワグラ シンプルなジュがとても美味しかった

メニューに「アミュズ、一口のお愉しみ」とあるグリンピースのムース。なんとも上品なコク。お皿の底にほんのちょっと盛られているだけだが、実に旨い!

お腹一杯! 美味しかった〜♪ 誰かのおうちでゆっくりしているような。。 とってもくつろげるレストランです(*^.^*)

東京のど真ん中にこんなところがあるなんて・・・エメ・ヴィベールのインテリアも素晴らしいけど、庭も・・・やっぱりすごい

キャベツに包まれたオマール海老のジヴェ オマール海老だけど、このソースには赤ワインだな。と思っていたらソムリエさんが赤ワインを持ってきてくれました。

値段はちょっと高めだけれど、内容を考えるとお得に感じます。広くてゆったりとしていて、お祝いのときは奮発したいお店です。薔薇の咲いた庭も見てみたいです。

素晴らしい調度品。これらの調度品、一見の価値ありです。食事もフランス料理ですが、それほど重くなく、アツアツ焼きたてのパンも美味しかったです。

庭にはあふれるほどにバラが満開でした♪美味しいお料理。そしてシャンパン♪めったにこんな贅沢は出来ません。ちょっとプチセレブーになった気分だわ♪

披露宴は、東京ミシュラン2つ星です。お料理のはじめにシェフからメニューの紹介です。お味は、超満足でした^^

マリアージュといえば、ソーテルヌかポルト。それを2ついっぺんに楽しもうとジュレにして1枚ずつフォアグラの上にのせてあるんです。欲張りな考えを実現した1品。

本日はお魚&お肉の8,400円のコース。ワインは最初から最後までシャンパーニュで通しました。「BERNARD TORUNAY'90」はとてもおいしかったです。

こちらのお店のお料理の美味しさは、もちろん感動でしたが、それ以上にお店の皆様のホスピタリティ溢れる笑顔のサービスにも感激でいっぱいでした

写真を撮り忘れた春野菜のスープがとっても美味しかった。デザートが終わった後にお庭で桜を見ながらまたお茶。パンも美味しかった!

若月稔章シェフによる本格的なフランス料理は、美味しかったですし、ソムリエさんのサービスも◎、話もはずみ、楽しい時間が過ごせました。

お料理も美味しかったですが、何と言っても印象的だったのは、土日などはウェディングセレモニーに使っている素敵なお庭でのティータイム。雅な時を過ごさせて頂けました。

クリームとクレソン。ジュレの上にはカレー粉が。一口で頂く。美味! ■ サーモンのマリネ なすのコンフィ 最近、身近な素材をどれだけ美味しくするか、がテーマです。

皆が美味しいと言っていたこちらのお料理。メニューを見ただけでも外しはないでしょ〜。たっぷりのオマールとカレー風味のちょっとオリエンタルなお味。

エビを楽しみたい方はこちらがおすすめです。との事で、オマール海老のサラダ仕立て。プリプリのエビさんに濃厚なソース。エビそのものを楽しむ事ができました

料理は、食べる前からワクワク。フォアグラを久しぶりに食べて、お?い?し???ってしみじみ(笑)お食事をした室内から、お庭が見えて景色も良く、会話も弾みました!

ワインも種類がありとにかく心地良〜い雰囲気 でも本当は・・一番好きなのがフランスから発酵途中で空輸しこちらで仕上げているパン

もちろんすごく美味しかったです。デートやお祝いにぴったりなので、機会があれば、行ってみてくださいね。ちょっと贅沢だけど、気分転換に最適ですよ〜

すてきな洋館。メインは今回は、全く迷う事なくオーダーしたこの一皿。フランス産うずらの一羽ココット焼き シンプルなジュ いつも楽しく美味しい時間です。

すべておいしかったので、詳細にお伝えしたいとこですが、私が一番感動したのがデザート いや〜、もう、フレンチって奥が深いんですね

いつもお庭側のテーブルを用意して下さるのですが、お庭のグリーンと優しい明るいお日様の。小鳥の歌声や風の音まで聞こえてくるような。。。。。

お店の方の気配りや料理の説明、ちょっとした会話など全てがいたりつくせりで感動しました。お料理も本当においしかった。

ジビエが食べれるのも久々で至福でしたが、それと一緒に頂くワインの美味しさにも惚れ惚れしちゃいました。

とにかくお料理の流れがとっても良かったです。アミューズに始まり、前菜、スープ、メイン、メインの後のちょっとした一口デザート、それに合わせて選んで頂いたワインも

お料理はどれも期待していた以上の美味しさでした。ソムリエの方がお料理ごとにワインを選んでくださって、それもどれもピッタリ。お食事はかなりボリュームがありました

料理は、とっても美味しくて、スタッフもとってもイイ感じです。まぁ微妙な味わからないのでみんな美味しいと感じちゃうんですけど。オススメでございます。

お料理はフレンチのプリフィクスメニューで、メインとデザートをチョイス。こっくりと濃厚な味付けのものが多く、なかなか食べ応えがありましたよ!

毎回綺麗だなぁって思う。お皿の上で、どんなふうになってくるんだろう?って。ビーツのスープ。こんなに鮮やかな色。

庭には、「ロココ」という名の薔薇が美しく咲いていました・・・お席も薔薇が見える奥の窓側でした!!お味は、どれもしっかりとしたお味です

かるーくポッシュした牡蛎とそのジュレとクレソン ジュレジュレが美味しくて幸せ〜♪

素敵なレストランでした。門の前までお出迎えしてもらい、ドキドキ。“エメ・ヴィベール”というのは、薔薇の名前だそうで。ぽかぽか天気もよくて、幸せだにゃ〜。

お料理の美味しさはもちろんのことスタッフの心配りが素晴らしいのワインのメニューも豊富なので、ワイン好きな人には楽しめるお店だと思います。

ポロ葱を揚げた物とのことです。味付けはやや濃いめでした。濃いめの味付けは苦手な方もいるかも知れませんが、お料理は基本的にどのお皿も丁寧な調理で満足できました。

どれも、おいしーい。前菜に、メインに、デザート。見た目にも美しくて・・・美味しさをどう表現してよいかわかりません!

お料理はもちろん、美味しいです! しかし何よりこちらのお店のすごいのは、ギャルソンたちのチームワークと親しみやすさとなごみの雰囲気。

久しぶりに食べたフレンチは本当に美味しくて出産前の最後の美味しい食事かな。。。といった感じ。写真は残念ながら撮れる雰囲気じゃなく、一枚もなし。

瀟洒な一軒家で雰囲気は抜群だが、とにかくすべての料理がダメ!宴会屋が副業でやっているレストラン。

ワタクシの感想としては とても好き な感じでした ま、お庭の芝生はハート型じゃなくてもヨイかとは思いましたが

どれも美しくて、とっても美味しかったですが、ホワイトアスパラの前菜が絶品でした。お口の中でとろけるよう♪

茴香の風味を生かしながら、濃厚な蜂蜜のお酒のソースをからめたフォアグラは秀逸。ライトアップされた庭を眺めながら、心地よく食事することができました。

感動したのは前菜の次に来た冷製コンソメ。コンソメスープもおいしかったけど、コンソメの下の層にあったセロリのクリームスープ?がおいしかった。

瀟洒な洋館で、お庭が広く、とても居心地の良いレストランでした〜 2階では、アロマを焚いていて、癒される空間になっていたよ。

かなりボリュームがあるので、女性はフルではなくハーフのコースが良いかと思います。庭園の緑が綺麗なので、ランチの時間がお勧めです。

料理が出るたびに焼きたての美味しいパンが出てくるので、ついついパンを完食してしまい、メイン料理が来た時には、お腹いっぱいになってしまい。。(涙)

パイがパサパサで、フォワグラも焼いたからパサパサで、ちょっと食べにくかったかも。おいしいはおいしいんだけど、メインディッシュの満足感は肉料理の方があるかな。

カテゴリ:四ツ谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:エメ・ヴィベール(フレンチ)|更新日時:2007-12-04 11:12:33

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>