この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-08-20 08:08:12

「けやき坂(鉄板焼き)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

“スタイル=演出”のある革新的な鉄板焼。鉄板焼きは素材の良さで勝負するお店が多い中、ここはアレンジのある「料理」が出てくるので良いです☆

広々としたオープンキッチンです。この日初めて三重の伊賀牛をいただきました。びっくりするほど柔らかいです

またボリュームもあり大変満足であった。ディナーは値段が跳ね上がってしまうけど、ランチだとやはりお得。リピートしたくなる店。

おっしょさんのガーリックライスの半分こです。ガーリックライスは牛肉入り 両方とも美味しかったです

オープンキッチン内装もシンプル・モダンです。他のテーブルもスカンピや カプレーゼ風にトマトを焼いたもの、アレンジされたお料理も豊富でした。

何故いままでブログに載せなかったかっていうと、特筆すべきほどでもなかったからです。一度行って気が済んじゃいました〜。

料理は前菜〜どれも◎でハズレなし、従業員の対応&サービスもマニュアル通りではなくフレキシブルに対応していただけます \(^o^)/

万願寺唐辛子、赤かぼちゃ、丸ズッキーニなど旬のもので、ちょっと変わったものをチョイス☆鉄板焼きって、素材そのものを生かすお料理だからすごくヘルシーよね♪

シェアに関してもシェフの方から聞いてくださるのでいろんなお料理を食べたい人にはおススメです。もっともアラカルトをオーダーするのもありですが。

比較的若いスタッフが焼きものの担当でしたが、とにかく料理のサーブが速い。料理を食べ終えてないうちに、次の料理を出してくるのです。おいおい。

ホテルらしい、広々とした空間 ミシュランで2009年でも1つ星になったレストランらしい、落ち着いた大人の雰囲気のお店でした

こちらお料理の一部です目の前の鉄板でシェフの方が作ってくれます。このフォアグラのステーキが一番の目当て♪やっぱりおいすぃぃ〜

総評は接客も良いし、雰囲気も良いし、お料理も美味しいしで☆三つ!でございます。また是非行きたいお店です。

鉄板焼きのお肉はそれほど大差がないと感じました。焼肉でいろいろな部位を食べるのが当たり前になるとちょっと物足りない気も…。このお店自体は悪くないですが。

レモングラスの香りがいい感じのチキンです(*^^*)テレビで紹介されたお料理だそうです。また行きたい!お味もスタッフも Very Good!でした(*^^*)

普通の鉄板焼きとは違うように感じましたし、ミシュランの星が有る無いにかかわらず素晴らしいお店であり、スタッフでした。

こんなに美味しいイカを食べたのは初めて! というくらい美味かったです・・・。

野菜がきれいに並べてあって、かわいらしく見えました。ランチ7,880円。海老をベーコンで包んだもので、とても美味しかった。焼いたスイカも◎

これがう、うますぎるーーーーーーっこれは、ダンナさんと私の人生で、史上最高に美味しいフォアグラでした。いちじくとの組み合わせがこんなに合うとは!

3,990円のランチメニューを頂いたけどボリューム十分だった トマトとバジル 松の実がアクセントになっていてビネガーが利いていてすごいおいしい

パサパサで旨味のない肉を濃いタレでごまかすCP最悪店。素人の調理に1つ星とは唖然!

お肉がやわらかいぃ。野菜もタップリなので、重く感じません。けっこうボリュームがありましたが、しっかり完食いたしました。おいしかった☆

鉄板焼の概念を見事にぶちこわしてくれたお店でした。目の前のステージで、鮮やかな一篇のショーを観ているような楽しさとおいしさでした。

「視覚的にも楽しめるレストラン」これなら「どんな食材が使われているのか」が一目瞭然で安心感もありますね。

けやき坂は、目の前の鉄板の上で素材を焼きつつソースの調理もしてくれて、フレンチっぽい料理を仕上げてくれます。素材も大事だけれど、こういうスタイルも好きです。

目の前で焼いてくれます。サラダのフルーツトマトの鉄板で焼いたものが、とっても美味しかったです♪鶏はジンジャーの風味がして、スイートチリソースで頂きます。

桜海老の炒飯。ふたのようにかぶせてあるのは玉子です。薄味で桜海老の味いっぱい楽しめます。目の前で焼いていただく鉄板焼はやはり良いものです。

こっちはメインの牛フィレステーキ。ソースは胡麻だれとトマト。胡麻は濃厚、トマトはフレッシュです。お肉はうっとりするくらい柔らかくて、ぺろっと食べちゃいました。

お料理はもちろん、お店の雰囲気やサービスもとてもよくて何度もリピートしたくなるレストランです。ちょっとした記念日などにもおすすめです☆

前菜もアラカルトのメニューもフレンチっぽい味付けなので、鉄板焼きを食べに行くというより、また違うものとして食べに行きたいです

接客態度がよく、アラカルトにしたんですが、素材がいいのでどれもこれも美味しかったです。またぜひ行きたい店のひとつになりました。

ついてくれたスタッフは1年目の女性と仕事の出来そうな男性だったのですが、素晴らしい笑顔と対応でした。

目の前で肉をフランベするのは豪快でした。オーストラリア産テンダーロインのペッパーステーキ〜美味しかった

最初から最後までのプロセスを楽しむことができ、さらにそのお料理を口に運んだ瞬間幸福感に包まれるほどの美味しさ。

ミシュランで星を獲得した鉄板焼のお店です。うほうほヽ(´ー´〃)/ ゆっくりと時間が流れ、 開放感のある店内で、美味しいお料理をいただくことが出来ました。

目の前の鉄板で調理をして下さるのですが、肌理細かい作業がとても印象的!!ほどよい酸味と辛味がシーフードとマッチしていて、体が芯から温まる感じがしました。

“ハタのベーコン巻き 菜の花のスープ仕立て”。お魚のハタが分厚いベーコンでまかれ、ジュージューと鉄板で焼かれて、菜の花の香るスープ仕立てで供されます。

直線のカウンターとフラットなダクトでとってもシンプルで明るく、旬のお野菜がディスプレーしてあって、ヌーボーな感じ。メニューやワインのセレクトも良かったですよ

目の前で繰り広げられる、シェフの鮮やかな手さばきに感動している様子。前菜のシーザーサラダのクルトンもが、鉄板で焼かれていることに驚いていた。

最後に怖い会計。思ったより安い。立地、味、サービス、雰囲気を考えたら安いと思うよ。 だけど、確かに美味しかった。

目の前の鉄板で焼きたての野菜やお肉やお魚を頂きました♪どれも美味しく ボリュームもあり 全部を食べ終わる頃には満腹〜!(〃´o`)=3 フッ

豚肉は、丸いカバーをかぶせられ、じっくりと焼く。もやしと玉ねぎをあわせて炒めたもののうえにカットした豚肉がのせられて、つけ合せの野菜と一緒に出てきた。

ソースにフレンチの要素を取り入れられていたり、うまく工夫されているので、飽きずにいろんな味を楽しめます。鉄板焼のイメージが変わりますね。素材も良質です。

コースを食べましたが、前菜からデザートまですべて鉄板を使って目の前でデモンストレーションしてくれます。コースメニューをいただきました。

今回は岩手産のテンダーロイン サーロイン 塩LOVEのひとやすみは、ソースそっちのけでお塩掛けてた 素材の良さを一番引き立たせるのはお塩だって信じてるんだもん

ガッツリ系鉄板焼きとは違ってフレンチやイタリアンの要素も取り入れた、女性にも人気のお店です。珍しいお野菜も充実しているので毎回、じっくり眺めてしまいます。

舌平目 チコリのサラダのせ(?) 特選和牛のテンダーロインとサーロインです★こちらのお肉は絶品でした♪

目の前で調理してくれるパフォーマンス性の高い鉄板焼きはとても楽しいですが、けやき坂は今日の食材がお客から見える位置に並べられていてさらに楽しめます。

どれもこれも、本当に美味しかったですよ。タルタルはやや甘めだけど、パリッとしたパンと合うこと。伊勢海老も奥で半分にしたものなので、新鮮。

確かに美味しくて、雰囲気もかなりいいけど、味のインパクトがかなり高い値段の割りに低すぎる。連れて行ってもらうのはいいけど、自分の金では食べないね。

全てカウンター席です 全体的にしっかりした味付けなので、とっても食べた感がありました。。

ラム、鶏、牛が盛り込まれたお肉の皿には、胡麻ダレとトマト・ソースが添えられていましたが、シンプルに塩で食べた方がワインに合いやすい感じ。

お料理が目の前で作りはじめたら料理好きの二人なのでじーっと見入っちゃいました。ハンバーグはとってもとってもやわらかくて、とってもとってもおいしかったです。

ランチでも4000円からなんですが、相当満足度の高いお料理でした。普段は理研そば90円とかでしのいでいるので、たまには良いかな。

鉄板焼きは、シェフとお話できるのも、調理を見て味わう楽しさもあって。話題に事欠かないのも魅力

まぐろのタルタルをパンに乗せて食べたり、おいしかったです。デザートもおいしかったです。お店の雰囲気も落ち着いた感じで良かったです。

ご飯と赤出汁のお味噌汁、そしてお漬物が一緒にサービスされますが、長いものお漬物がメチャクチャ美味しくて感動しました

メインは地鶏(ドコのだっけ?)にマスカットソース。ママ友のは 豚に細ギリのポテトがパリパリくっついてどちらも大変 美味しゅうございました〜

カテゴリ:六本木周辺:洋食/欧風料理|テーマ:けやき坂(鉄板焼き)|更新日時:2017-08-21 02:08:33

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>