この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-08-18 16:08:04

「六本木 桜ヶ丘(懐石料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

四季を盛り込んだ懐石コース どれを頂いても、美味という言葉しか出てこない!美しく、目にも鮮やかな一皿一皿。

お料理とは別に、お酒によく合うからすみもご用意して頂いたし。頂いたお料理。写真は撮れなかったけど、先付けの白子もありかなりボリュームたっぷりでした。

全体的に、量も小ぶりでして、お酒メインの飲み助や、ダイエット中の方には良いですネ♪ 大将のノリもよく、楽しい話につられ、つぃつぃ飲んじゃいました。w 

すっごく少量ずつしか出てこないのですけどとても上品なお味でした。全部食べきると、お腹にたまったなと感じることができるし。

う〜ん ミシュランにのってるお店なんて行ったことないから ちょっぴりドキドキでしたけど美味しくいただいてきました

印象深かったのは、トマトと鮭のスープみたいの (^^)素朴な、なんか懐かしい味で暖かい一品でした☆ あと、やっぱ牛肉とウニって最高合うね♪

八寸盛:マスカットの白和えは夏っぽい。もみじ型の南瓜ムースは絶品!!お造り:フカヒレだったはずが???でも、鱧の湯引きだからヨシ。

その日はカウンターでお食事をいただきました まずは先付け。秋を感じるスタートです 締めは・・・柚子蕎麦

生で蓮芋を頂いたのは 初めてです。女性スタッフの方にも 優しく声をかけてもらったそうで一人 カウンターでの夕食も美味しくいただけたようです (*^。^*)

正当派の日本食を頂くことも出来、時代の流れに合うよう様々な見えない工夫や趣向が凝っていました。安心して和食を頂くことが出来て満足しました。

お店の中も、なんか、コートしまってくれるんだけど、クローゼットの中の上段に物がぐちゃっと詰まってたり〜、なんかふしぶし残念な感じ。うん。残念。

そのほか印象に残ったのは、鰻の茶づけのご飯部分を細かく切った稲庭うどんに変えたもの。かつおの出汁も程よく、ご飯よりも柔らかくつるりとした食感が味わえる。

旬の食材を使った美味しいお料理 季節感を見た目でも味わえる盛り付け 綺麗な器に大満足でした。大将の気さくな雰囲気もいい感じです。

楽しかったしおいしかった おかみさんがとてもきれいで名刺くれました。またメニューが変わったらいきたいな〜

美味しかったなぁ…本当に幸せだなぁ…シャンパンもワインも…美味しく…本当に贅沢です…。本当にどうもありがとうございました!

旬なお刺身もとても美味しく、牡蠣もため息つくほど美味しい…。それから驚きの大トロにぎり…美味しくて美味しくて…(切実

新鮮な旬の素材がふんだんで、また会席料理でありながら、フカヒレのような、和の枠を超えた素材も使われていました。

店員さんは気さくで感じ良いし、お店の雰囲気も素敵。そして美味しい とても楽しく、素敵な時間が過ごせました!

若干、懲りすぎているような気もしたけど、色々楽しめるから良かったわよん ミシュランの外人好みって感じもわかります。

トマトのおでんが大好きで…トマトの豚肉巻きも大好きですが桜ケ丘で食したトマトのクリーム煮にはビックリしました。やっぱり何を食べても美味しかったなぁ…。

美味しすぎてとろけたよ(>_<)大トロも最高でした!料理長の人柄もめちゃめちゃ良い人で、楽しかったです('-^*)

日本料理のぉ店なんですがちらし寿司ゎ味付けがすごくぉ上品でぉ酢もきつくなくて優しぃ感じでまた具がぉぃしぃ!!

鮪、フグ、あかむつ のお造り!めちゃ旨でした☆でこれは 竹の子の牛肉巻き鹿児島産ではもう竹の子が生えてるなんて驚きでした。とっても楽しい食事会でした☆

気がつくと、カウンターの隣にいたおじさま仲間たちも混じり、一つ星のお店とゆーよりも完全に居酒屋になっておりました。。。

ものすご 美味しいです  店主の久保さんのキャラも愛すべきもので、腕良し・味良し・気持ち良しのとってもよいお店です。

いろいろなものが出てきましたがどれひとつとっても絶品で、普通懐石というと「これはいらないなぁ…」と思う品がいくつかあるものですが全て食べつくしました。

うっとりするほど美しい和の饗宴に写真を撮るのも忘れました。こんな和食職人道の「粋」を目の前した、感動連続の夜

夜は一万くらいするっぽいがお昼ランチは千yenジャストリーズナブル安心価格。いるかのおばんざいセット、です!わしのおろしとんかつもたまらんばいよ!

カテゴリ:六本木周辺:和食/日本料理|テーマ:六本木 桜ヶ丘(懐石料理)|更新日時:2017-08-19 01:08:08

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>