この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-10-12 13:10:21

「中国飯店 富麗華(中国料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

「上海蟹紹興酒漬け」温かな紹興酒を飲みながら頂くと、蟹の香りがさらに広がり本当に美味しい。

どのお料理も上品な味付けで美味しかったのですが、個室でコースを頂くとかなりお値段が張るので、次は気軽に麺や点心を食べに来たいなと思います。

蟹は好きだけれど、蟹の身を外すのが得意ではない私 こんな怠け者にピッタリのこのお店は、調理場で身をほぐしてミソとあえてきてくれます

料理も点心も、間違いなくどれも美味。上海蟹もここなら美味しいですよ。スタッフのサービスも良く、居心地も良いお店。

ランチにしてはチョとお高いですが、上海蟹の紹興酒漬け最高っ!確か、前回訪れたときは「老酒」漬けだったんですが、ドチラも美味しいですネ。

写真は全て一人前の量、サーブしてくれるので、取り分ける手間もなくていいわ中華と行っても大皿料理ではなく、小ぶりの量なので2人とかで行くのがオススメ。

一級料理人とは信じ難い旨味調味料に頼った味付け!!この値段なら『福臨門』がはるかに上。

少しづつ色んなお料理がいただけて、お店の雰囲気もとっても良いし大満足だった富麗華でのランチ。女の子同士で訪れても楽しめそうです♪

何より美味しかったのは、炒め物の「空豆」。しっかりと引き出されたその香りは、とても美味しく感動的。間違いなく、今年一番の空豆でした。

このクラスのお店だと料理に安定感があるので良いですね。オススメは飲茶コース(3300円)!飲茶のレベルは、今まで食べた中では都内でも屈指かな。

驚いたのが仕事の綺麗さで、手袋をして作業するのにも抜群の清潔感がある。絶対の安心、信頼感があるので、私が世界中で上海蟹を食べるのはここだけです。

上海蟹の紹興酒漬け→とろっと味わったことのない味今日一番最高の味でした。ちなみにこっちはメスの蟹※紹興酒漬けはメスのみだそうです

北京ダック 飴色にじっくり焼かれた皮を丁寧にサーブしてくれます。見た目は地味ですが。。。皮がパリッパリで、これはおいしい♪あっという間になくなってしまいました

胡弓の生演奏もあり、薄暗い店内で雰囲気がいい。お店は混んでるけど、料理が出てくるのはスムーズ。全部おいしかったけど、量はちょっと少なめ。

昼からライト落としめのいい感じの雰囲気。こりゃ旨いわ。でもこれまた高いけどね。

◆ 北京ダック 巻いてきてくださるので ビジュアル的にちょっぴり寂しいですが・・・ 皮のパリッとした食感といい、絶品!

精進料理といいながら、かなりリッチで、品数が多いのでボリュームもありました。休日の美味しいブランチで、お腹の底から元気を貰った日曜日でした

上品なお味で美味しかったのですが、ちょっと物足りないかな。Lunch Menuに精進コースがあるので今度はぜひそちらを・・・

新鮮な上海蟹が品切れだったために注文した、上海蟹を紹興酒に漬けたもの カニミソばかりで身はあまり無い... 芝海老をXO醤で炒めて、レタスに包んだもの

一人分だけ頼んだのに、大椀で登場 画的には、どうも鱶鰭の姿煮と同じような写真に見えますが、スープの味は別物です。。こちらの方が、あっさりした味。

これもこれで、味が濃い…雰囲気は良いけど、味は中国飯店の方が美味しいカモ。 

良い雰囲気の中で、上品で洗練された中華を堪能できました

やっぱり久々に食べる「黒酢の酢豚」はおいしい!そして私の好きな「野菜のXO醤炒め」も、濃すぎない味付けでいい味をKEEPしていた。

北京ダック、牛肉の黒コショウ炒め、黒酢酢豚、金華ハムのチャーハン いつ来ても何を食べても満足をさせてくれるお店です お料理の量もちょうど良いボリュームでした

黒酢の酢豚は何とも言えぬ美味しさ。北京ダックは格別。おすすめして頂いた「渡り蟹の紹興酒漬け」に感動。生の蟹、始めて食べました。

中国飯店だけあってどれも美味しかったのですが、特に炒飯が良かったです♪。ボリューム的にはどちらかというとお上品だったので、週末限定の点心も追加。

前菜から始まり、毎回目にも美しく、美味しい料理が並びます。 フカヒレスープや北京ダックはモチロン!黒酢を使った酢豚は子供からも大人気です。

お店からのお薦め、黒酢酢豚。自信持っているだけあって、団子の中身がプルルンとした独特の食感。ちょっと面白くてハマります。

この日、特筆すべきことはやはりフカヒレ。こんなに大きいの!?ってくらいまるまるとフカヒレが。2人でわけても多すぎる?!ってくらい贅沢な量だ。

お仕事中なのにとても解放された気持ちになります とても美味しいランチでした

全体的にバランスは取れている。内装もいいし、琴の生演奏も心地よい。土曜の夜で客は多く賑わっていた。

精進料理って、美味しいんだけど、やっぱりちょっともの足りませんねおいおい。まぁ、健康には腹八分目っていいますからね

相変わらずの“組合せの妙”は「紹興酒」と「ピータン」。ピータンを一口、そして紹興酒をくっと口に含めばピータンの柔らかでまあるいその独特な香りがぶわっと華開く。

蟹Cコース ?26.250 特製前菜の盛り合わせ 上海蟹の紹興酒漬け 今シーズン初の上海蟹 待ってました〜 濃厚な味噌トロっとした身の食感が何とも言えません。

薄味ですがしっかりとした味わいでかなり美味 じゃじゃーん!酔っ払い蟹(上海蟹の紹興酒漬け)もう少し寒くなるとうまみが増すような気もしますが、やっぱりおいしい

デフォルトのジャスミンティー(手前)と、飲茶セットについてくる透明ポットのお茶。私たちは、「菊の花とプーアル茶」を選択。渋いですが、油っぽい食事に良く合います

北京ダックと上海蟹と、それからの松の実入りの中国醤油の炒飯が名物だそう。アラカルトで、点心を5種類ほどと、坦々麺、 松の実入りの中国醤油の炒飯をいただきました。

こちらの北京ダッグはすんごいマイタイプ!大・大・大満足で秋の味覚第1弾をいただきましたあ!

お料理が美味しいのに接客がね・・・と、話しつつお店を後に。。賑やかなお店より、静かなお店が好きなのね〜、と再確認したお食事会でした

個人的にはもっとがっつり食べたいのだけど、この「もう少し食べたい感」がまた来たいという次へつながるんでしょうかね。そうそう、気軽には行けませんけど。

このお店の真髄は、もうちょっと高級なコースで味わうべきかも。けれど、どの一皿も「どうだ!」といわんばかりの“堂々とした”味で、素直に恐れ入ります。

何と言っても北京ダック!!!!パリッパリでカリッカリでお肉の部分はカケラも付いてなくて。こんなに美味しくて贅沢な北京ダックは食べたことがないっ!

チャーハン登場。挽肉、青葱などとともに中国醤油で炒めたご飯がおいしい。松の実がとてもよく合う。

クラッシックがコンセプトなのかなと思わせる雰囲気。食事中には、中国の古典楽器「二胡・琴」がずっと演奏され、その音色を聴きながら食事が楽しめる素敵なお店でした。

春菊と海老の蒸し餃子 こちら、見た目も美しく、春菊の甘さが味わえる一品 春菊の中のプリプリッの海老もおいしい 本日の点心の中では一番かな? 

春巻き。外はパリ、中はトロトロです。野菜。見た目によらずニンニクの風味たっぷり。肉汁たっぷり餃子。気をつけないとビショビショになります。

今回はコースをいただきましたが、もちろん単品メニューもありますので、比較的気軽に1つ星をいただけるお店と思います。

全体的に本当に美味しかったですまた、行きたい。コースは、¥15,750のにしました。追加で、漬物(これがまた美味しい)と飲物でした。

この豚のカリカリ揚げが大好物です♪クラゲもとても美味しい。大正海老のゴマ風味炒め 中華の海老って何でこんなに食感がいいのでしょうね?味付けも独特で楽しいです♪

サービスのジャスミン茶は、渋みがまったくなくて、まろやかな口当たりですごく好みのお茶です。デザートには「濃厚な黒胡麻プリン!」これも相当美味しいです。

それと、このお店では中国楽器(女子十二楽坊的な)の生演奏が行われていて、雰囲気も洒落ていたし、母にも好評でした◎

料理はコースを頂きまして、名物の北京ダックは満足のお味。普段はやや敷居が高いけどたまには行きたい、お店です。

落ち着いた雰囲気のお店。今回注文したコースは、季節のコース(12,000円)。全体的に、高級中華の名に恥じないあっさりとした上品な味付けです。

大人になって、北京ダックの美味しさがわかってきた 今までは、たくさんある中華の中の一品だったけど、今は北京ダックのみでいーって感じ

美味しゅうございました。でも印象に残ったのは、前菜と〆の炒飯♪ワシにはこんな高級店は似合わないのだった・・・。

春に来たときに点心食べたし。今日はランチタイムにも関わらず二胡と箏の生演奏が利けました。すごくムードありますね。

その中でも富麗華オリジナルの炒飯は、お米の色が茶色くてお醤油の香りが香ばしい、今までに食べたことのない味で感激!

前回より、値段が上がってたけど、、、お味は最高。コースの品数も最高。子どもがいるからという特別なサービスはありませんでしたが、笑顔での対応は、大満足でした。

弦楽器の軽やかな音色が心地良い。メニューはかなりの品数がある。どれも繊細な味付けだったけど、あともう一歩だったかな…?(笑)

今回の富麗華、全てのお料理に大満足でした 年齢層が高く、そして男子率が高くて静かなのが良いお店です

料理全体の印象は、供された料理はどれも現代人の嗜好に合わせた、上品でさっぱりとした味わいのもので、私の口には大変合うものであった。

いやあ、やられました。美味しいんです。頼んだのは精進料理コースでしたが、2品目ぐらいで、みんなまた来たいと言い出したのです。

いやはや、全て美味しかったです。ごちそうさまでした★おなかイッパイなのに、美味しいからぺろりんこでしたよ〜

照明はしぼり気味で、落ち着いた印象。ドキドキ。店の広さに対して、テーブルの数は多めな気がした。

このお店は夜はとっても高いんだけど、平日のランチはお得に食べれます。坦々麺も上品な辛さで麺がこれまたもちもちしてておいしかったです。

海老とニラ。皮が若いムスメさんのようにムチムチでたまりません。そしてちいさなパイ生地の中にチャーシューが入ったものも

点心の餃子が、「これはショウロウンポウかい!?」っていうほど肉汁が多くて美味しかったです!!

夫も私も初めて食す上海蟹の紹興酒漬け 通称「酔っ払い蟹」とも言われているように、生きたままの蟹を紹興酒に1週間以上漬けてある珍味☆

味噌が濃厚で口の中が開かなくなるくらい、まったり〜〜〜〜♪ 富麗華の上海蟹用黒酢ソースがぴったり!おいしーーーー!!

どれもこれもおいしいですが、なんといっても上海蟹と北京ダックが絶品すぎて、詳しく覚えてない ごちそぉさまでした、幸せな一夜でした

いやはや、全て美味しかったです。ごちそうさまでした★おなかイッパイなのに、美味しいからぺろりんこでしたよ〜

すべてを食べ終えてみて、どの料理も飛びぬけて旨いってわけじゃないけど、これで税込み、サービス料なしの2500円ポッキリなんて、なかなかいいんじゃありませんか。

相変らず前菜もスープも海鮮も点心も北京ダックもお野菜もデザートもみーんな美味しかった☆フロアスタッフの人数も多いので、サービスもばっちり。

どれもおいしかったです。人気と実力を兼ね備えたお店なのに日々努力してるその姿勢がすばらしい!

ミシュランガイドにのるお店にはは行かれませんがやっぱり手間をかけたもの心のこもったサービスは、至福の時間を提供してくれるものなのだと強く思う機会になりました。

海老入り餃子に関しては、ヘイフンテラス、富麗華は横一線で並んでいます。しかし春巻きは普通のお味でした。

二胡と箏の生演奏もあり、かなり高級なお店。食事もとても美味しかった。

Bランチは軽めのコース料理。しかし、ここの中華はまじに美味い。半端でない、手抜きなし。先日、原宿の南国酒家でコース食べたけど、レベルが違うかも。

あとは、別でショウロンポーも必ずオーダー。毎回、舌を火傷してしまうぐらい熱いんだけど、とにかく美味しいの〜スープはたまに替わるので、これも楽しみのひとつ。

麻布十番富麗華にて上海蟹を堪能。まったりしたミソとオスの身は最高でした!四千年の歴史を持つ国はやはり偉大です。

個室で利用させてただいたので、周りを気にせず楽しめました。お料理は、大好きな北京ダックもフカヒレも満足のお味でした。

花巻も前のものの方が美味しかったし、今年もそれほど上海蟹熱は高まらないかも・・・と、何となく寂しい気持ちになりました。

予約も取りにくいようだし、しょっちゅう行かれるお店ではないが、肩肘張らず、飽きない味なんですよね。

お店はとっても賑わっていたけど、胡弓の音がリラックスさせてくれて、ゆったりとお食事を楽しむことができました。

そんなアナタに騙されたと思って一度は行ってみてほしい、そして一度は食ってみてほしい、いや、僕が行きたい。できれば毎日食いたい、富麗華の中国醤油の炒飯、でした。

ここは一つ一つの量が(一部を除いて)少なめで、色々な種類を食べれるのがいいですね(^o^) フカヒレの量は多くて満足です(*^_^*)

口コミサイトなどでも評価が高い富麗華さん とてもサービスもよく、美味しかったですよヾ(@°▽°@)ノ

チャーハンは究極の中華料理とも言われる。単純なようでいて、奥が深い。きょうの「黒チャーハン」にしても、「たまり醤油」を使っていると言うが、決して濃い味ではなく…

味はおいしいし、店員の接客もいいし、店の雰囲気もいいんやけど、もう一度来たいか?と言われると、・・・

お店の中はすごい落ち着いているけれど、豪華で、生演奏もあり、食べる前からうっとりでした ぜーんぶおいしかったです

品良く小さめポーションで、品数が多く、味が優しいので、店内は女性ばかり!!美味しいものに詳しい彼女も、「この内容で、この金額はすごい」と大絶賛。

ほんとに、一つ一つがオイシィ。そして品数多いけど、ちょっとずつなので、食べられちゃう♪

店内に入ると、中国古典楽器 『胡弓』 の音色が、聞こえてくるではありませんか〜。なんと、二人の女性が生演奏。その響きは、何か懐かしい感じです。

お食事の写真は割愛させていただきますが、個人的には前菜の焼豚、そしてフカヒレスープと点心に大満足でした

北京ダックは最高にカリカリと香ばしくて感動だったし、そのほかのお料理も、とにかくとてもとても美味しかった。食器、ナフキン、ひとつひとつのもの全てがFUREIKA仕様。

肝心のお料理は。というとさすがにおいしかったです。特に北京ダックは 今まで数少ない北京ダックの食歴ですが、一番おいしかったですよ。

長島監督が「世界一美味しい中華」って言い切っちゃいましたからね。世界一ですよ〜、是非おためしあれ。

丁寧。そして二胡と箏の生演奏。なんとも高級感あふれております。私が食べたのは上海風焼きそば。1450円。さすがに若干割高。上品な味。とてもおいしかった!

足りないように思っていたんですが最後のチャーハンまで、もぅお腹いっぱいでした。お店の方も感じよく素敵な雰囲気の中華料理屋さんでした。

もろ、上海蟹づくし!でも、全然飽きずに美味しく頂きました。

お次が大正海老のマヨネーズソース!(海老マヨですね)これが物凄くアツアツで、プリップリで!ミルクを高温で揚げたとかいうのが添えてあってそれもすごい!

くらげは歯ごたえがあり、チャーシューは品がいい。豚は揚げているのだろうか、皮がパリパリしている。流石に名店の誉れ高いだけあって外れはない。

上海蟹のサンラータン。北京ダック。上海蟹。オスとメスを1杯ずつお願いしました。こっちがオス。味噌を楽しみます。ネットリ濃厚なお味。

店内はお客さんでいっぱいで前に来たより活気がある感じがしました 前に行った時はもっと感動した記憶があったのですが、今回はそこまで感動はありませんでした

カテゴリ:六本木周辺:中華/ラーメン|テーマ:中国飯店 富麗華(中国料理)|更新日時:2017-10-20 16:10:34

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>