この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-04-10 08:04:29

「銀座 久兵衛(寿司)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

銀座を代表するお店のひとつ。初めての客でも丁寧で親切な接客、仲居さんも親切で職人さん達も気さくに話し掛けてきます。

素晴らしいの一言!江戸前ずしにコハダ、小柱…粋やね。関西のすしと違うところはネタを熟成させてうまみをより引き出すところ、関西はとにかく鮮度やね。

味は全体的に上品で優等生のおいしさといったところ。安心なおいしさ。すし飯もガリも酢と塩だけで砂糖を使わないタイプだけどどちらかというと控え目。接客丁寧。

お寿司は非常においしかったのだけど、混んでいるからか非常にばたばたしていて、店員におちつきがなく、食べてるそばから片付けられて、接客態度がイマイチ。。。

もっと堅苦しいカンジかなぁ〜と思って怖々でしたが、活気があって、とっても気さくなカンジ

穴子、海老、真鯛、鮪、鮑、コハダと具沢山でまた違った味で美味しかったです。ちらし寿司も値段が不明ですみません。満席でしたがとてもいい雰囲気で美味しく楽しく頂き…

絶品はこの鮪のカマトロの焙り。口に入れた瞬間にとろけてしまう一貫だ。世の中にはこんな美味いモノがあるのかと感激した。

すべてのクオリティが高く上品な味わいで、食べてるうちについつい頬が緩んでしまいます。板前さんの感じもよく、店も綺麗。ここは最高にお奨めです!!

そう考えると、久兵衛は パフォーマンスや土地柄、ブランドなどなどひっくるめて このお値段って、良心的なように思います。

美味しかったけど、このお店がお寿司で一押しかと言われると評判通り一押しではないという結論に私も達しそうです。

1品1品を供する間合いが評判です^^高級店にありがちな横柄さもなく、気持ちよい対応で「また行きたい!」と素直に思えるお食事会になりました。

これにこの子達を乗せて食べます う〜ん、ウマシ もちろん煮物や汁物も付いてきます

平貝は生とあぶりで楽しめます私は生バージョンがお好みでしたその他いろいろいただきました〜仕上げは大根です がりは砂糖を一切使ってないので 大人ガリです

コースだったようで、料理がもりだくさん!量が多く、最後の最後に出てきたお寿司のときにはまんぷく・・しかし!高いごはん!

どのネタも生臭さがほんっとなくってネタの新鮮さが感じられます。ちゃんとご飯少なめわさび多めのわがままも快く、な板前さんの感じもぐー。

久兵衛のお寿司が他のお店と絶対的に違う点は、シャリだそう。シャリにお砂糖が入ってない。手間のかかった材料に、あざやかで無駄のない仕事。ホントにおいしかったぁ

13貫と巻物1本でお腹もいっぱい。 至福の時が過ぎる。極上のお寿司を楽しくおしゃべりしながら頂く。

どれも文句なしに美味しく、さすがの名店でした さび抜きのお子ちゃまオーダーにも快く対応してくださり、ありがとうございました

銀座 久兵衛の名前を聞いたときに、僕らですら、緊張するのに群馬から上京してきたばかりの両親が大丈夫か???って思ったけど、すごくいい時間を過ごせられた。

にぎりの方は素敵な器(北大路魯山人好み?)に目の前で何人もの職人さんがにぎってくれます。左に見えるのは箸休めでおかわり自由でした。

海老は「生」で食べるときには、甘味と食感を楽しむ。「茹で」て食べるときは、旨味の増した味そのものを楽しむ。という感じ。「久兵衛」の茹で海老は、軽く茹でています。

家族でいつものお鮨dinnerへ行ってきましたっ♪ 今年初の久兵衛sanも期待通りのお味デス*:..。o○

ふわふわの焼き穴子の上にかかっている塩とスダチが穴子の甘さを引き立てて、ほろりと崩れるシャリの加減と絶妙なコラボでした☆

老!大トロ!などなど・・・皆とろんとお口の中でとけていくような新鮮なネタで美味しい!友人いわく今まで私が食べていたお寿司って何だった!?

もう、お料理の全てが、この世のモノと思えない美味しさで、今までの人生の中で、最高峰でした〜

寿司はおまかせで6貫ほどと、お好みで数貫追加していただきました。写真は江戸前のシンボル、こはだ。こはだの味で寿司屋の味がわかるといいますが、まさにそのとおり。

最高に最高に最高に美味しかった。旨いってこういう事だね。車海老やイカや穴子をお塩で頂く・・・・美味しい・・・・いや、旨い。

やっぱり!やっぱりっ!久兵衛のネタはどれも最高♪お塩でいただく(^ε^)♪ふわふわの穴子も鮑もウニも極上のお味でかなり大満足の2人でした。

お寿司の最初は中トロ。なんで中トロ?っと思ったらどうやらシャリの大きさを確認する為らしい。一つ食べ終わった時点でシャリの大きさを決めれる。

お寿司はどれも口に入れると、ふわーってとろけるんだもん。お寿司のシャリとネタが一緒になって溶ける感じ。噛まなくても食べれちゃうもん。本当に。

『備前』というコースと、1ランク上のコース『魯山人』、料理の内容は一緒で値段の違いは器の違い。魯山人コースの場合、魯山人の器でお料理をいただけるんだそうです…。

お寿司うまうま♪日本酒うまうま♪久兵衛来たら絶対これ食べてね 車海老(塩ついてるやつ)と大とろのあぶり追加追加〜★

板前さんは、4人の客を担当します。すしを握る腕だけでなく、客とのコミュニケーションが重要になります。私たちの娘を、男の子?と聞いてきたり、名前を聞いてきたり。

板前さんの接客が素晴らしいんです。常連さんでも始めてのお客様でも、同じように接していらっしゃるし、会話も上手。さすが銀座の名店だなと、関心させられます。

確かに美味でした(^^)ネタの鮮度がすばらしいっ!さすが久兵衛です。ただ、シャリにお砂糖を使わずお酢とお塩のみ。個人的にはちょっと物足りなさを感じました。

私は、蒸しあわびと大トロがすごく気に入りました(織部にぎりコース)個人的には、少し塩が多いのもありましたが、お腹いっぱいになり、大満足しました〜

ほんのり温かで、お米の自然な甘みでネタを味わってもらいたいからとのこと。口の中でほろっと崩れるいい握り具合も絶妙

初めの中トロが、まず口の中でとろけました〜次々に新鮮なネタが登場し、その度に大満足。ネタに合わせて塩やタレを付けていただきます。

待たせ方 案内の仕方 接客 味全てにおいて一流だと思った一見さんだからと妙なあしらいなく苦手なものも対応して頂けるカウンターで心地よくおいしく頂けた\(^0^)/

何を食べてもため息がでるほど美味しいです。中でもウニの軍艦巻きと玉子は、記憶に焼き付くほどの絶品。毎回、独りごとのように「おいしい」とつぶやいてしまいます。

板前さんがみんな愉快でした!楽しいお喋りで、気を張らずに料理を楽しめます。店主さんも気さくで、挨拶に来てくださいましたが、素敵な方でした(^^)

つまみで頂いた「自家製からすみ」やわらかな塩加減でねっちょり粒を感じて〜美味しかったなあ〜立派な蝦蛄に出会えて嬉しかったな。

お寿司は、申し分なくおいしくて、本当においしくて美味しくて毎日でも行きたいっ・・と、余韻に浸りながらホテルに帰っていきました・・・

う、うまいいきなり、負けました新鮮とかそういうレベルではなく、口の中で魚が踊ってます。何種類かきってもらった後ににぎりをもらうと、これまた美味い。

1.イカの塩辛、穴子鮨が絶品だった 2.ネタが素晴らしいのは当然のこととして、鮨飯が絶品 3.専属の仲居さんみたいな人がつくので、接待する側としては何かと楽

八木はあなごがぉぃしーって思いましたっd(´∀`*)あなごは肉厚でふわふわでカナリ甘かったー!しゃりはねっ甘目ーかな?

ホタテの磯辺焼き 巻物の数々 どれを食べてもとっても美味しい!まさに頬っぺたが落ちる美味しさ!

これまた普通に玉子焼きなんですが、食べてビックリ なんなんでしょう、この美味さは 普段から食べ慣れている食材がこんなにもおいしいとビックリです

コース料理でしたが、やはりお寿司が一番ですね〜〜。穴子、中トロ、大トロ、うに。。。。美味しかったぁ〜

どれもおいしかったけど、穴子とイクラが衝撃的なおいしさでした。彼はあわびがおいしかったそうです。

いくらやウニの軍艦巻は、元々こちらの先代の創作だそうですが、シャリと、のりと、いくらのバランスというか関係というかが、よそと違う感じがしました。

平日のランチでしたが、お店は満席で賑わっていました。特に、中トロとさっぱりした味付けのイカと、塩味のあなごが美味しかったなぁ。

特にウニはリピートするほど甘くてまろやかでとろけそうでした バフンウニが今一番美味しい時期だそうです

握りでは、リクエストしたシンコ、うに、いくらは勿論、生の青柳、貝柱、穴子(塩/タレ)もめちゃくちゃ美味しかったなぁ!それから、ネギマ(葱と鮪)の串焼きは新鮮でした

憧れの久兵衛のカウンターやったら 何食べても オイシイって☆彡 しかも 板さんめっちゃ親切 気取らず 優しい〜(*゜▽゜ノノ゛☆

お味は以前のような「感動」は少ないかもしれませんが、サービスや質を考えると納得できるお店です。

食べるもの食べるもの、いちいち美味しかったです。それと、江戸前なので食べさせ方が普段と違って凝ってるので、とても新鮮な感覚でした。

最後にどうしても玉子を握ってもらいたくなった。予想通り、甘くてふわっと暖かいデザートみたいな玉でした。おいしゅうございました。

一品一品、材料にあった主張しすぎないけれどしっかりした味付けが施され、口の中に含んだ瞬間の感じや、歯ざわり、噛み応えなどが計算しつくされた料理だと思いました。

「仕事」をしてあるネタが主張「ふっくらアナゴだよ!塩で食べると美味いでしょ!」みたいな。「利尻のウニです、久兵衛さんで初めて軍艦にしてもらいました」みたいな。

ちなみに3人で行って通されたのが5階のカウンター席で、一番年上の職人の板さんが握ってくれました。ナント言うか無言のプレッシャーというか、まぁ、行けばわかります。

敷居が高いと思っていましたが、入ってみるととても気さくでお店の方も親しみやすい。イクラ、苦手でしたが、ここのは別格

とはいえ、酢飯が温くても生臭みを感じないお鮨というのは、すごいらしいです。ほろりと崩れるご飯の加減が良いそうです。ついに行くことできて大満足!

う〜ん^^うまい!!江戸前寿司、ひとにぎりひとにぎりに(この私には言われたくないだろ〜が)う〜む、いい仕事がしてあった。

もぉこれだけ食べた後でも絶品完食!中落ちも濃厚で甘くて最高!うにもミョウバンで形そろえたやつじゃない、とろとろのむきたて!もぉヤバイ!

新人の龍希に大トロをとられた…龍希『うまいっす!』あっ?あったりめーだろうよ!美味いに決まってんだよ!ほかに気の利いたコメントねぇのか!龍希『ほんとうまいっす』

品のある店内に、品のある寿司は美味で、来て良かった!の一言です。食わず嫌いだったウニも意外に美味しくてビックリ。

何割かは常に常連さんが座っていたりします。お寿司は、一手間かけたと思わせてくれる物を出し食べ終わる頃には十分満足と思える気持ちにさせてくれるお店ですよ。

先付けの白子ポン酢を頂いた後、おまかせでお願い致しました。新鮮なネタはもちろんの事、シャリの大きさまでこちらの好みに合わせてくれる心配りはさすが久兵衛さん。

結論からいうとがっかり なにが銀座久兵衛だ おもてなしの心はゼロでした 従業員の教育もなってなくてなにが銀座久兵衛だ

大胆にして、繊細という言葉が、ぴったり。初めてでも、職人さんとの、やりとりに魅了されます。本当に、お客さんを、大切にするお店ですね。

なんといっても17席しかない1Fカウンター。高級店だというのに堅苦しい雰囲気はなく、活気があり、板前さんは会話も軽快でとってもいい感じ。

ビールで乾杯した後に、日本酒をお願いすると、板前さんがお酒に合うおつまみをタイミング良く出してくれます。

久兵衛の中でもベテランの職人に握っていただきましたが、良いものを出して下さり、本当においしかったです。お寿司は、日本が誇る芸術だなあと思います。

数年前から、私の舌がこえたのか・・・あまり感激を受けなくなりました 今回は最終確認しに行きましたが、自ら行くことはもうなさそうです

おまかせ1万円のコースが8千円になっていたので、迷わずチョイス♪何が出てきても美味しい美味しい(*^^*)ウニは口の中でトロけました☆

小ぶりで、ネタも上品な味で、本当においしく味わえました。ロト、赤見は脂がのっていて、一度しめてあるタイなどもいい歯ごたえ。アワビは、生か蒸しアワビかを選べます。

そして今回の優勝は穴子の塩!穴子はたれと塩を半分ずつで出してくれて、本来 私はたれのほうが好みなのですが、塩のほうが穴子本来のおいしさが感じられました。

握りがスタート、まずは中トロから。柔らかなマグロ、厚めに切られており、甘みが強く、粘りを感じました。それを食べると、シャリのサイズ、山葵の量を確認してくれます。

本気と書いてマジうまいっす ただ高いだけの店も多いですが、やはりちゃんとした所の寿司は格別です。

やはり評判通り、とても美味しかったです。特に、中トロ、こはだ、穴子が絶品でした。店の外のロビーには、30人近く並んでいました。

ハッキリ言います。めっちゃ美味いです。鮨。美味いのは当然だと、行く前から分ってましたが本当に美味いですね。

久兵衛の太巻きは甘さ控えめでご飯少な目。海苔もお米もネタも、すべてがバランスがよく卵もなめらかで完璧な太巻き。干瓢は少なめで穴子は大きめです。

赤身・うに・アナゴ・大トロ・そして巻物だったかな・・・。生きた車エビはプリプリ。煮アワビ美味し。うに、苦手で食べられないのですが、この厚岸のウ二は大丈夫でした。

テーブルだと本来のお寿司の味は分かりかねますが美味でした。 ・先付けの烏賊の塩辛といくらのお醤油漬け。うーん、濃厚、絶品。

しじみのお味噌汁。じゃーん、大トロ登場〜。すっごく霜降りじゃないんだけ銀座久兵衛の大トロからど、甘み、柔らかさ、ちょうどいい感じ。

少ないようですが結構おなかパンパンになりますこの内容とゆっくり流れる時間、空間でくつろげて「また来れるように、しごとがんばろう!」と思わせる久兵衛さんです

トロ、うに、と高級食材をたっぷり食べてきました。あんなにおいしいトロを食べたのは初めてかも。

ランチタイムは夜と同じものが2,000引きでいただけるので、とってもお得♪握りの大きさも丁度良く、仕事も細かくって、さすがだなと思いました!

にぎりは3種類あるんですが、「おまかせ」にしてみました。・・・・・・うわさに違わず、絶品でした。ほっぺが落ちるかと思った〜♪

やはり美味しい〜漁港に近いところで新鮮なものを戴くのも大好きだけど、お魚独自の特徴を生かした食した方をするのも大好きです

いくら・アワビ・うに・ぼら・シャコ・穴子★めっちゃ、おいしゅうございました ごちそうさまでした

あわびの造りから始まり、ウニ、いくら、中トロに焙りに、値段が分からないもんだから、好きなモノを沢山頼んじゃいまして、二人で満足して、さぁ帰ろーと御勘定。。。。

少なくないですか?””生にしますか蒸しにしますか?”とか、お茶も冷める前を見計らっていれなおしていただける。サービスもさりげなく行き届いているって感じでした。

玉子は甘い。ふわふわした食感です。それがシャリに溶け込んでくる感じ。いくらは一つ一つの粒が際立っていて個性を主張している。それでいて、ばらばらになっていない。

中トロから始まり、ヒラメ、シマアジ、クルマエビ、大トロ、ウニなどなど。いつ来ても美味しい おすすめ握りは握り寿司と巻き寿司とお吸い物がついて1万円のお値打ち価格

美味しかったですよ。特にヒラメと大トロ、アナゴが・・・。味もサルことながら驚いたのがその雰囲気。固い空気を想像しつつ、若干緊張してたんですが以外と店内はざわざわ

味は美味しかった。お昼であれだけお金出して、美味しくなければ・・人も寄り付かないとは思うけれど・・それよりも、、名前が一人歩きしている感じは否めませんよね。

思っていた通りに素晴らしく最高のお寿司屋さんでした 何もかもが凄いとしか言えませんでした 味、店づくり、人材育成、教育全てです

カテゴリ:銀座周辺:和食/日本料理|テーマ: 銀座 久兵衛(寿司)|更新日時:2017-04-23 23:04:52

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>