この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-03-16 16:03:46

「てんぷら みかわ(天ぷら)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ちょっと印象が変わったけど…久々のみかわ、天ぷらの味は変わっていませんでした。私は断然、天丼が好きだったのです。この甘いたれが一層食欲をそそる…。

地味な「椎茸」も、一旦口に含めばそのジューシーさに感動。三度目の「てんぷら みかわ」も満足のうちに終了。

白子、何をしても美味しい素材ですよね〜 てんぷらにしてもみずみずしく、でもちょっと凝縮した熱々の揚げ上がり〜 とろりととろけるような、甘みがありました

こちらは少し甘めのタレにからませた天丼。かき揚げは貝柱のかき揚げ。職人技で揚げたかき揚げはたまりません。

●活車海老 こちらの海老は、大好きです 素材も良い上、揚げ加減、甘みの残し方が好みです〜 1人2尾ずついただきます。

すでにおなかはいっぱいでしたが、衣が軽いのでなんとかいただけます。茄子も椎茸も甘くておいしい。

あっというまに天ぷらアワーは終了。次のお客さんにせかされるように、店を出たのでした。。。本当に、夢のようなひと時でした。素敵な瞬間に、乾杯〜〜♪

名だたる老舗を押しのけて、no1の呼び声が高い名店です。平日昼はこの名店の天ぷらが¥1200で食べられるというので、行ってみました。

さっくさくのふわふわぁぁ、お野菜達。。〆は天茶か天丼。前回が天茶にしたので、今回は丼で赤出汁もいいね、お漬物も感じ良し。

●雲丹(うに) 2枚の大葉でサンドして、軽やかに衣をまとっています。雲丹にはほんのり火が入っている程度でやはり中はしっとり。器が本当に素敵だと思いました

今回は天ぷらのクオリティが全体的に低め。もちろん美味しい天ぷらではあるのだけれど、いつもより海老に火を入れ過ぎていたし、穴子も同様。

幻の魚「ぎんぽう」 5月の下旬頃からわずか2週間しか旬のない、 極めて限られた時期だけしか食せない、まさに幻の魚です。

久しぶりの天ぷらを満喫できました。ほんとうに幸せ 楽しくておいしい、贅沢な午後の時間を過ごさせていただきました

今回も美味しかったですね。私は稚あゆと穴子がよかったなー。夏の天ぷらもいいですね〜。

中はカウンター8席に座敷が3卓。有名なわりに意外とこじんまりとしています。みかわはランチもやっていて、お弟子さんが揚げるんだとか。

おなかいーっぱいだけどさらさらと入る天茶です。江戸っ子のようにいいリズムで揚がる天ぷらをさくさくと食べる。ああ楽しかった。また食べたいです。器も素敵で堪能…

てんぷら定食。エビにイカ・・・その後もアナゴやキス、茄子など・・・衣はサクッ。中は旨味が凝縮された天ぷら。揚げたてが即食べられるのもまたいい。

ピーマンなんかはちょっと揚げ過ぎなような。。。絶品と感激するほどでもないが でも総じて美味しかった

芳ばしく個性的で力強い天麩羅は変わらず、他に海老しんじょうの吸い物もありましたが、支払いが、以前より少し高くなった気がした。

数秒単位で加熱加減を見極められた天ぷらは、本当に素晴らしく、美味しいですー 海老や烏賊といった、火の通りの良い素材も中はちゃんとレアですし〜

江戸っ子のようにいいリズムで揚がる天ぷらを、さくさくと食べる。また食べたいです。器も素敵で堪能しました。ごちそうさまでした

いついっても高水準で安定した味を提供してくれます。ランチは早乙女氏が揚げないので、やはりディナーでなければ「 みかわ 」とは言えないかな。

車えび→車えび頭→墨いか→きす→松茸→白子→めごち→穴子→アスパラ→天丼↓絶品の松茸松茸一本を縦半分にし大胆な天ぷらジューシーでまるで貝柱のよう

いやー美味しかったです〜 満席でちょうど2回転させているようです。 持ち時間が1時間半では飲まれる方には少し忙しないですよね

それにしても、此処のかき揚げの旨いのなんの。小柱ってこんなに美味しかったのか、と思わせてくれたのが「みかわ」だったナ。

最初に出てきた海老で、完全にノックアウト。何この揚がり具合。中はレア、まわりの衣はサックサク、絶妙。

陶器も手がけているらしく、店内にはたくさんの焼き物が並んでいました。エビはふんわり、アナゴはさくさく、包丁を入れるだけで身が縮む新鮮なイカ。

一口食べ、まず、衣の軽さに感動。大根おろしにかける天つゆも上品な味わいで素材の味を活かしている。なので、海老は人差し指ほどの小ぶりながらも甘みを十分感じる。

まぁ、有名店の天ぷらをリーズナブルな値段で楽しめるといった店では、話のネタ的にもいいと思うがいかがだろうか?

使われている食器も、素敵でした。お漬物の器は。金繕いしていました。大変美味しゅう御座いました(^-^ ) ニコッ

食事しながら順次一品ずつ揚げたてをカウンターごしに提供する方式。近隣にはよく知られて愛されている、上質な天ぷら屋さんです。

てんぷらの味はやっぱりエビでしょって食べたらう〜ん 美味い でも何だか六本木店とは全然揚げ具合も違えば、味も違うね・・・・

ご主人の早乙女さんが揚げた天麩羅が最高に美味しく、是非食べてみて下さい。古びた店の雰囲気、隣近所の下町情緒。名手の揚げた天麩羅を是非ぃ〜

松茸→めごち→穴子→アスパラ→サツマイモ→シイタケ→お新香→赤だし→天茶or天丼。サクサクでどれも旨いし器も素敵でした。とても気にいったのでまた行きたいな。

まず、エビが来ました。2匹です。揚げたてを若大将が、スッと目の前に運んでくれます。この動きだけでも、なんか、背筋が伸びてしまいます。

ランチはお弟子さんが揚げてるそうです。一番おいしいのは、いつ来てもやぱりアナゴですね。絶品す!

天麩羅ランチは穴子てんぷらご飯をレタスで包んで食べ、その後、天茶か天丼と変わっている

お弟子さんのサービスも素晴らしく。酒器の収集家とも伺ってましたが冷酒〜熱燗まで、器も美しく楽しめました。皆さん黙々と食べてらっしゃいましたが納得。

揚げたてをいただけるんですが、これが正に絶妙な温度なんです。素材にあった揚げ具合と温度の見極め、おいしく揚げようとする気持ち。

1発目の海老から、『うまっ!』、最後の点茶を頂く頃には、天国にいた気分でした。今まで食べてた天ぷらはなんだったのか。

今日は小上がりだったので、お皿に盛られて出てきました。でも、揚げたてアツアツで、ほっこほこ。やっぱりおいしいなぁ。

感想は…とにかく素材がうまい!とにかく、素材の旨味を薄いカリカリの衣で優しく、包み込んでいる感じです。

生臭さ、雑味がすべて抜けて、旨味だけが素材に残るのです。これは死ぬほど美味しいですね。

お好みに合わせて食う。大根おろしたっぷり入れたつゆはそのまま大根おろしを食うても美味い。粗塩はちょっと塩辛すぎるんで、もう少しマイルドな方がいいと思う。

茅場町にあるてんぷらのお店「てんぷら みかわ」へ なかなか予約がとれないと有名 白子のてんぷら 美味しかった…

その他白身魚やあなご、イカなど盛りだくさん。締めはお野菜、ししとう・お茄子・シイタケ。このシイタケ、juicyでうまーい。

ここの穴子を食べたら、対外の穴子は臭く感じるはず、それほど旨いなぁ!ここの天ぷらはとにかく旨い

天ぷらって食べに行くことはあまり無いんだけど行くなら絶対にここ!近藤も楽亭もいいけどCP考えたらみかわが一番!

好きなお酒もほとんど進まず、後半はただひたすら天ぷらが揚がるのを待って、黙々と消化するという感じで、最後の天茶を食べ終わると、すぐに席を立って帰りました。

衣はものすごく薄く、カラッと揚がっています。。。まさにこれぞ職人芸といった感じです。「天つゆ」やしじみの「みそ汁」はかなりあっさりとして上品な薄味です。

やっぱり神様の揚げる天ぷらはすごい。衣はうすく、揚げる素材に合わせて揚げ時間も変えているようです。とっても有名な方なのに、想像以上に気さくな人でした。

本当に上品なお味ですよ〜 ミシュラン、あまり信用していない私ですが、みかわが出ているのは納得です 美味しかったです

感動です。うまかったのはいうまでもありません。プライスレス。そこまでいかなくとも、まあ、3倍の3500円の価値はあったでしょう。

「みかわ」で、私が一番好きなのは、やっぱり「あなご!」です。皮が香ばしくって、目の前でジュっと箸で切ってくれるのは、ホントしあわせ〜って思っちゃいます。

旨さからして、コストパフォーマンスはかなり高いと思います!僕は大好きな天ぷら屋さんです。美味しくてお得なランチだったから、近くに寄ったときは是非いってみて

700円の天ぷら屋があります。コストパフォーマンス的には充分旨いしいつも込んでいます。みかわの天ぷらとは段違い平行棒です。冷凍物と生ではくらべようがありません。

正直な感想をいうと、普通のてんぷら屋でした、目の前で揚げたてのてんぷらを食べたのにしてはイマイチでした。

最近食べた美味いモノ。てんぷらの名店「みかわ」でランチのてんぷら定食を食べました。いやぁ、これで1200円はオトク。

お茶に油が浮いてしつこいのかなぁ、などと思いまいしたがとんでもない!おそらく天丼よりもサッパリでサラサラ食べられたと思います。

写真は〆の天茶です!一品ずつ出てくるので最後にはお腹いっぱいです!かなり満足

評判どおりに魚ネタは上手いなと思いました。ビールのつまみとかに延々と食べてたいな〜ってつい思っちゃいました。

私は、かつて海鮮系アレルギー持ちで、今でも得意なほうではないんですが、ここの海老とかイカはとっても美味しく感じます。たまんないです。

キスの身はふっくら。ほろり。脂が少なくさっぱりとしたスリムなアナゴ。ナスは身がむっちりしていてとろけるようでした。

ランチはお弟子さんが揚げているのだけど、それでも十分おいしかった!目の前で揚げたばっかりのをホクホク食べるのって至福☆

私が、日本のすべての飲食店で、紛れもなく1位の一つと大絶賛するお店の一つです。世の中でこんなにおいしいものがあるんだろうか?というくらいの毎回の感動です。

撮影する雰囲気ではなかったので、写真もなし。美味しかったです。でも、自分のお金では無理です。

料理はもちろんですが落ち着いた接客、細やかな心くばりが心地いいお店。老舗らしさがいい意味で随所にでてる感じです。

車えびから始まり、あなごや白魚が次々と目の前お懐紙を乗せたお皿に乗せられて来るのを、わくわくと頂くの。幸せ〜♪

才巻の頭は、他にはなかなか見ることのない"味噌つき”で香ばしい。アスパラは水分が抜けるほどに揚げ、その香りをぎゅっと濃縮させたもの。

ここのランチには、「掻き揚げ」追加がオススメ。これで1,200円だから、夜の値段から推するに相当安いのだが、700円追加してでも「掻き揚げ」を。

店構えがものすごく質素。てんぷらは都度職人さんが目の前で揚げてくれタイミングを見てか出してくれる形式。今度は天丼にトライしたい。

定番のエビから始まって、魚、野菜、ご飯モノと流れていきます。どれも素晴らしい。コストパフォーマンスも、このクラスのてんぷらとしては申し分ないと思います。

茅場町店でランチしました。天ぷら定食¥1.200?を頼みました。海老/きす/烏賊/あなご/ピーマン/ご飯とみそ汁 などが出ましたが、特に海老が絶品でした。

すごく緊張して座ったけれどご主人は思っていたより柔和な印象のかたです。お店の方はきびきびとしかも丁寧でとっても気持ちよく応対していただけました。

「キス」これが一番美味しかった。身が厚くてフカフカほろほろでした。

エビ二本、そのエビの頭をあげたもの。きす、イカ、穴子。野菜はしいたけ、ししとう、ナス。からりとあがっていて、全て塩でさっぱりいただく。

カウンターで1種類づつ具を揚げてくれるので、それぞれ揚げたてを食べれて\1200はリーズナブルだと思います。 味はもちろん最高です。

めちゃくちゃ美味しい!し、値段も良心的b(・∇・●)今日も最後に芋の天ぷらをお願いしちゃいました(笑

カテゴリ:日本橋周辺:和食/日本料理|テーマ:てんぷら みかわ(天ぷら)|更新日時:2017-03-15 06:03:10

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>