この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-03-28 11:03:00

「ル・プティ・ブドン:Le Petit Bedon(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

パトリック氏はハーフのせいか、とても親しみやすい人。日本人の私でも郷愁を覚えるほど、古典的なしっかりとした味。うるさい友人も黙々と食べてた。

お料理はレベルが高くて十分な内容でしたが、この値段なら、感激するぐらいのものがもっとほしいところ。

しっとりしたやわらかい鴨肉と甘めのソースがこれまた絶品 このあたりでおなかは限界でしたが、しっかりいただきました。

エスカルゴもだけれど茸も美味しくて。エスカルゴ自体の味はあっさりしているので、クリームソースをまとわせて食べる感じ。このクリームソースがまた、、、絶品。

お料理自体に奇をてらった感はそれほど感じられないんだけど前菜は冷製も温製も魅力的なメニューが多くて迷うし、実際どっちの前菜も美味しかったです。

アンドレ・パッションの子孫であるパトリック・パッションのサービスそしてシェフ ベルナール・アンクティルの素晴らしいお料理を堪能できます。。。。.

お料理も美味しかったけど、このケーキは特に美味しかった。二次会もこういった美味しいレストランだとホント嬉しいな。

仔羊苦手なんだけど始めて仔羊が美味しい!と思った。で何が美味しいってこの中に詰めている野菜と絡めると美味しさが倍増する。ちょっとびっくりした一品。

盛り付けもすごくお洒落♪文字や写真だけでは伝えることが出来ないくらい、何を食べても本当に美味しかったです。。

ただ、とっても感動的ってこともなく、つくづくビストロレベルが私には合ってる〜と再認識してしまう一皿一皿でした。でもサービスもしっかりで満足です。

私の1つ目の前菜は、真鯛のスフレ 海老のソース。見た目もすっごくキレイ!この真鯛のスフレ、超〜〜〜美味しい!!!

開放感のある店内は お客様で賑わっていました(^^) ロゼで乾杯☆ Menu gourmand のコースにしました☆☆☆ ア・ラ・カルトより お好みで選べます◎

わさびのアイスクリ−ム登場!ひんやりピリッとした味がとても新鮮。大好きなオマ−ル海老の濃厚なス−プボリュ-ムあります☆帆立の中にフォアグラが!口の中でとろけます

何はともあれ、サービスも含めて本格派のフランス料理を十二分にここ「ル・プティ・ブドン」が提供してくれることは確かである。

それにつけても、すっごいボリューム!!もももももー、ほんとにおなかいっぱい〜!確かにこの内容なら、すっごくお買い得な価格設定かも〜。

↓アンティパストはカルパッチョ↓ ↓メインは大好きなラムを選びました★↓ そしてデザートはとっても素敵な・・・!

身がしまっていて真鯛に近いです 強すぎない柚子のソースが、金時鯛とうまく絡まり、好きな味。付け合せの、リゾットの上に乗った栗のペーストがいいコラボでした

一品一品、誰かに食べてもらいたくて作る料理ってやっぱり温かくて美味しくて、繊細で美しくて、なんとも幸せな気持ちになりますよね

コースをいただきました。まずは冷たい前菜。蟹とアボガドとハイビスカス風味のトマトのジュレ続いて温かい前菜。これは海老のすり身っぽいものがフライになっている一品。

サーモンと真鯛のカルパッチョ。 ズッキーニとトマトとあわせるととてもさわやかでした。 量もたくさん。 そして、エビとアスパラの揚げ物のような・・。

いやぁ〜 お値段もかなり「グーぅ」ですが・・・雰囲気も、味も、店員さんの応対も満点!

地下でありながら、ご覧のように日が差し込む店内なので、昼に行くとたいへん気分がいい。味は、私の知るフレンチの店では最高クラス。

舌にのせるとフンワリと溶ける計算された生地。プロの力をしっかりと感じちゃいました。素人には絶対に出せないお味ですぅ。

いつもスタッフは感じいいし、大満足。ご馳走さまでした。なお、ここはワンコもOKらしいです。でも我々のワンコにはまだ無理ですね。かなり上級者向き。

ワインも充実、料理はコース・メニューでも前菜からすべてア・ラ・カルトで選べます。チーズのお皿があるのも嬉しいところ。味はもちろんどのお皿も本格的…

日本人向けでなく、フランス人のためのたっぷりとした料理。スマートなサービス、カジュアルな雰囲気。都会には凄いお店があるんですねえ。

ランチはもっとお得にこの味が楽しめるらしいので、ぜひ行きたいのだけど、平日限定だったりするので行けず。残念。ほんと美味しいの、特別な日のディナーにはもってこい。

クラシックなフレンチを、しっかりした味付けで食べさせてくれるお店です。シェフは数年前に交代したそうですが、変わらぬ雰囲気と味でした。

次に行くなら、メインはお魚を食べたいなぁ。かなりこってりなお味なので、お漬け物が食べたくなりました(笑)

シェフのスペシャリテ、牛ほほ肉のワイン煮込み。フレンチといえば外せない鴨肉のポワレ。デザートにフォンダンショコラ。絶品。

お店の雰囲気も良くて、洗練されたサービスを受けつつも形式ばった感じがなく、とても心地よい時間を過ごせました

シェーブルのバランセ これが一番デリシャスでございましたわ!お取り寄せしちゃおうか・し・ら♪

奥に見える黒いものは、クミンの香りをかすかに感じさせるダット(デイツ)のピュレ。皿の周りにはカルダモンの粉を散らしてありました。

デザートはワゴンの中から3種類も選べちゃいます!♪ ワインもおいしいし、今回は食べられなかったけれど、チーズも種類が豊富な上、すごく美味しいです♪

このお店は、雰囲気はカジュアルですが、味は本格的ワインの種類も多いので、フレンチ・ワイン好きにはオススメです。

繊細な日本人の作るものよりより現地に近い、大味です。とってもボリューム満点。デザートはお決まりのワゴンでドーン!とやってきます。正当なフランス料理が味わえる。

私たちは、4800円のコース(追加料金メニューあり)をオーダー。とってもおいしく、さらにボーイさんのサービスがとても気が利いていて、リピートしたいお店です。

「しっかり美味しい本当のフレンチ、気取らずに召し上がれ。」超洗練とか奇抜な食材選びとか無駄な小細工はせず、かといって古典的な飽きのくるメニューでもない。満足…

ご存知、こちらのお店は外国人に方も多いのでメニューや素材の美味しさはもちろん、ポーションも多くて、お気に入りのお店。

わんこと一緒に店内に入れるレストランです。オーソドックスなシャブリ(8,000円)にしてしまいましたが、お料理となかなか合っておいしかったです。

プティ・ブドンは、これぞフレンチ!と言えるレストラン。ここはフランスか?!と、何度も錯覚をおこしてしまいました。

フランス人のスタッフの方達 とても感じがよくて。素晴らしい時間をありがとうございました♪♪♪

この日は前菜、魚、お肉、デザートというコースを用意してくれていて、メニューの中から好きなお料理を選択。

繊細さには欠けますが、塩、酸、甘味がハッキリとしてて、料理の方向性としては好みです。けど、人によっては濃くて塩の強いものがたっぷりなのがツラいという人も…

スタッフの方の感じがとてもいいですし、内装も圧倒されるほどの重厚感ではないものの、逆にそれが程よく、雰囲気を十分に楽しめるお店だと思います。

結論から言うと、ビストロのように寛げて、とてもリラックスできました。また行ってみたいです。内装も以前と比べるとワイン蔵みたいでカジュアルになっています。

食事はアミューズ・ブッシュからチーズ、デザートまで、フルコース。量、味つけとも繊細すぎず濃すぎず、とてもいい感じでした。

オマール海老・牛フィレ肉がメインの王道コース。一皿一皿のクオリティは高い。特にオマール海老は、プリプリだったりポワポワだったりと食感に表情があって美味。

またグラスで遊びました〜。今回はスリムになったティファニーです! 鼻ペチャ〜!そしてメインディッシュ!そしてデザートは、またもや、パリブレストを頼みました!

"ル・プティ・ブドン" でディナー このあとも延々とお料理が続き・・・デザート プレートがとってもかわいかったの?^_^ワインも美味しく、ステキなディナーでした

お気に入りは「手長海老とトマトピューレのガレット、ビストゥ風味」!バジルのソース海老ミソのソース、それぞれのバランスが絶妙。

カテゴリ:渋谷周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ル・プティ・ブドン(フレンチ)|更新日時:2017-03-30 05:03:35

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>