この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-04-20 17:04:52

「ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

アヴォガドのフォンダンは口当たりがなめらかで何だか形容しがたい味。手前左がりんごのピューレで甘め、右の赤いのが大根のマリネで、蟹の身が大根の間に挟んでた。

パンは冷めてるし、出てくるのも時間かかかるし。。。ちょっと失敗した・・・。たぶん本場のフレンチなのでしょう。庶民の私の口には合いませんでした。

ジュワーと和牛の脂が広がり、それを力強いワインで頂く。おなかも膨れてきた頃だったので、脂が強い気はしたけど。2切れでも十分存在感あり。

黒い正方形のトレイに白い陶器のカップでフォアグラのフランが。ピンクの花が一輪、それに水滴まで計算されて飾りになっているところが驚き。

ほんと、全部が調和しててとっても美味しかったぁっ!とにかく美味しくて、店員さんの感じも良くて幸せな時間でしたぁ。

ぷひー満腹!!!全部おいしかったけれども、、、フォアグラ最強です!フワッと口の中でとろける感触…うまー。

お魚(ほうぼう)・ホタテ・お肉1つ1つが素晴らしいおいしさで幸せ気分になりました。下のリゾットも刻んだチョリソがアクセントになっていておいしかったです。

パンがものすごく美味しい!!ここはかなり気に入りました。ここだったら一人ランチも外ならできそう。

確かにお値段も超一流ですが・・・・それなりに満足のいく素敵な時間を過ごせますよ こちらはリーズナブルにロブションを味わえるありがた〜いレストランです

コース全体を通して、どれもおいしくて、お料理はかなり好印象なんだけど・・・残念なことに、サービスがかなりイケてない

こういうところの料理はお皿やコース自体が芸術品で、丁寧な作り手の心が感じられて好きです とってもおいしかったですありがとうございました

さすが、ミシュランガイド三ツ星 贅沢な空間で贅沢なお料理と共に贅沢な時間を過ごさせていただきました

スタッフの方も、年齢は若そうですが、爽やかフレンドリーで居心地がいいですし割とカジュアルな装いの方や若いお客さんも多かったです。

さあ、世界のロブションの全料理がこれだ!液体窒素を使った一品。一口で撃破!さわやかなグレープフルーツの風味がシャンパンを水にしやがるぜ!

お料理は、本格的なのですが、接客が、かなりカジュアルな こちらのお店。何か特別な記念日にというよりは、お友達どうしのお食事会に向いてるかもしれません。

フォアグラもご用意できますと・・・(うん?)。良質な脂があふれるフォアグラで甘いソースもよく凝縮していて美味しい。定番メニューですがなかなかの味わい▲。

フォアグラのソテー♪セップダケ添え(珍しいキノコですが、最近よくレストランで使われているみたいですね)肉厚ですがさっぱり味がパルミジャーノの濃厚さと合います

美味しくて楽しかった〜なんつってもミシュランで星獲得してるし、店員とかもお高くとまってるのかと思ったけど、全然気さくで緊張しないで過ごせたので良かった

店内装飾は大好きな紫色 文句なしに美味 ポテトがすっごいクリーミィでヤバかった

もうホントに美味しくて、美しくて、言うことナシです!!(それじゃあ記事にならないですよね ちょっとしたソースのアイデアや、盛り付けも、とっても勉強になりますね。

お料理は期待しすぎたのか、ランチだからか、前菜は悪くないかなといった印象 メインのお肉は最高でした

お昼のメニューはとてもお手ごろな値段。でもさすがロビュション、お昼のメニューでも一切手抜きはなくかなり感激しました。

渡邊シェフの料理は〜どれも優しい☆その美味しさを〜シンプルに語りかけてきます☆今回も大満足☆とっても素敵な時間が過ごせました〜

全粒粉のハードタイプと、ふんわりやわらかいタイプのパン。バター、オリーブオイルにバルサミコをたらしたものをつけていただきます。

写真が混ざってる・・・ お誕生日だからね お誕生日プレートかいてもらった 店内どこもかしこもお誕生日だらけ やっぱり記念日に使うお店なんだろうなって思ったぁ

もっと正解なのはお友。このウズラにフォアグラを詰め、半端なく オッパピー( ̄▽ ̄)=3 うみゃーーーーーーー。久々にグルメなお友が絶賛してましたわん。

メインの料理は シャラン鴨のロティ 季節の野菜と ジャガイモのクリスティアンを添えて 鴨のサイズが結構大きくてオドロキ、喜び の両方でした

夜に行くと、落ち着いた年齢層の夫婦が多く、ゆっくり過ごすことが出来ます。こちらのロブションはアラカルトでも注文できるので、助かります。

特に美味しかったのは、ホタテのポアレ季節の茸と栗を添えて、カプチーノ仕立てソースがおいしかったぁ!あとパンも、、帰りに買って帰りました。

今までlunchしか行った事がなかったので、dinnerは初 フレンチは見た目も綺麗なので、目でも楽しめますよね 楽しみにしていたフォアグラも出てきて大満足

アントレは栗のスープに浮かべたフォアグラのソテー。カプチーノ仕立てになっている栗のスープは濃厚でとっても美味しい。

一番のお気に入りはメインでもデザートでもなく…「BREAD」パンですっ!!!手のひらサイズの小さなバゲットは、味わいも深く、香ばしさ・食感ともに最高!!

にキャビア、その上に甲殻類のジュレ、その上にカリフラワーのスープで、緑の淵飾りは一点一点ソースで飾り付けられています。真ん中には香草の小さな葉っぱ。

今回はカジュアルなロブションでの7〜80名の立食パーティでした。こちらは、ガストロノミーとは違うシェフのお料理だそうです。

品数がないと満足できない方には、合わないかもしれませんが、2900円のコースで、こんなにいい素材で、素晴らしい料理を出してくれるお店って、あまりないと思います。

お料理自体は良心的なお値段で美味しい ィータイムの利用も出来るし 涼しくなったらどんどん出掛けてほしい

ロブション同様、ポーションが女性向けで料理法もヘルシーなのでフランス料理といっても、重たく感じる事なく、食後も体が軽いのです。

インテリアからテーブルセッティングまで私の好きなパープル系 テーブルの一輪も、美味しいお食事に華を添えてくれます

お料理は想像以上に食べやすく、ポーションもいい感じ。なによりデザートが期待通りの美味しさ♪ウマウマっなんといってもスタッフの対応の良さが大きいかな。

行ってみると、ステキな雰囲気ながら、2Fと違って、すごく気張っている感じではなかったので一安心〜。

店内はパープルを基調としたインテリアで、クラシックとモダンが融合した大人の空間。どの品も完成度が高く、しかも美味しくて、ほんとにパーフェクトなランチでした。

★ハーブ豚のロース肉のロティ なめらかなポテトピューレを添えて 豚肉は大変柔らかく、なんといってもポテトピューレが抜群に美味しかったです。

サラダ菜のスープ カプチーノ仕立て ほぐしたずわい蟹と一緒に 泡泡のカプチーノ仕立てのスープと、その下に隠れたずわい蟹のお味が絶妙

美味いのは当然ながらそれだけでなく、ダイレクトに感じる美味さと、食べていく内に感じられる奥深い美味さとのバランスが見事。

カレーソースのお魚って実は抵抗があるんですけど これは 抵抗無く むしろ比べてごめんなさいと表面カリっと 白身はふわっと お魚好きにはたまりませんよ〜

お料理もさることながら、外観、内装、雰囲気だけでもとても楽しめて、お値段以上の満足が得られます すごく良かったです

サービス悪いよあんたたち。外国人が来た時だけサービス良くしたに決まっている。ミシュランがくる事だってうすうす知ってたな!と思うほど、サービス悪いよ。

カジュアルフレンチを気取らずにいただけて、お店の方々はすっごく気さくで、素敵なレストランですよ おいしすぎで食べすぎたぁ

私が一番美味しいなって思ったのは前菜ででてきた帆立・・ほっぺが落ちそうなくらいぷりぷりして美味!そしてスウィーツ・・やっぱり最高の味がしました・・

ランチコースは2900円から。前菜とメインが選べ、パンと食後の飲み物が付く。結構リーズナブル。丁寧に対応しようとしているのが感じられる。

いろいろ「ちょうどいい感じ」なんです。味は濃いめだけど、量が少なめだから、くどくない。値段と内容がつりあってるから、ぼったくり感もなし。

新鮮なホタテを使ってあって美味♪お料理の名前忘れちゃいましたが、ポークでした。幸せな時間〜

正直なところ,料理の完成度やサービスの洗練度に関していえば,LA TABLE de Joel RobuchonよりもJoel Robuchon Restaurantの方が遙かに上である.

フォアグラのポワレ 茸のブレゼと甘酸っぱい新玉葱のソテーと共に フォアグラはけっこうレア もうちょっと焼いたほうが好きだけど 美味しかったです

黄桃のクラフティ 上にあるのはバニラアイス 中にイチジクのジャムが入っていてとても美味しかったです 見た目以上にボリュームがあって大満足でした

待たされるのが嫌いな私がイライラしてきたところでサプライズ イライラのピークになってた私だけど感動のあまり一瞬にしてニッコリ

体的にシンプルだけど、しっかりした味だからワインが進んじゃう お料理の見た目も美しく満足度高かった

料理はおいしいけれど、感動する一皿には出会えず。記念日だったら「ガストロノミー ジョエル・ロブション」が良いし、あまり気取ってないのがいいなら他のお店もあるし。

いつものメンバーとお食事会。今夜のお店はジョエル・ロブション。in 恵比寿です。ミシュラン3つ星に選ばれたお店でもあります。

カネロニで包んだ鴨のコンフィは美味しかったです。でも、同じぐらいの金額であれば、『ビクターズ 』の方が口に合います(^^;)

どれも飾りつけがすごくキレイだし、食べたことないようなものばかりですごく楽しかったです!サービスもとても良かったし・・・

全体に量は少なめ?男性には足りない感じだけど、リッチで洗練された雰囲気を味わえただけで、私は大満足。

上の写真とは、グラスの形が違っていたのですが、海老のコンソメのジュレの中に生ウニが、たっぷり入っている前菜で、ここの看板料理です。

『栗のカプチーノ仕立て フォワグラのソテーとベーコンの香り』です。フォアグラが栗の香りと相まって臭みが全くなく、ものすごく美味しい!

食事も当然美味しかったし雰囲気ももちろんよかったです 最後のデザートがまた美味しい

なんといっても、1階ラ・ターブルの良いところはコストパフォーマンス。ランチョンマットだし、椅子も普通な気がするけど、値段を考えればこんなもんかもしれません。

ステキな盛り付け。そしてそして、涙が出るくらい美味しいワイン 当日は朝からウキウキでした 予約もかなり厳しい状況だそうです。

アラカルトの中には、少量のポーションで供される皿もあるので、コースに追加して自分の好みに合わせたメニューを組み立てるのも楽しい。

正直昼なのにお値段高いです。でもさすが☆☆。どの料理も忘れられません。値段以上に美味しかったです。内装は紫で洒落ていました。

メインが若干、生姜の風味効き過ぎなのがワタシ的にはちょっとマイナスポイント でも全体的なバランスはいいしロブションのパンは美味しかった♪

同じく焼き立てだったベーコンエピもバリッとザクッとなパンの中に美味しいベーコンとマスタードが入っていてワイン飲めないのにワインが飲みたくなるようないい味でした。

お料理は当然美味しく、意外にフレンドリーな接客、フレンチといってもかしこまる雰囲気ではないのも、わんこ連れには嬉しい贅沢な時間を過ごす事が出来ました

私が選んだのはパエリアのア・ラ・モード(↓左)。バターが効いたこってりパエリアで、ホタテ、海老、マダイもしっかり味がついており、さらにおなかいっぱい。

アラカルトで注文したのですが、栗のカプチーノ、フォアグラのテリーヌ、写真の的鯛。どれも美味しかったです

印象に残ったのは、メバルのプランシャ焼きとじゃが芋のルィユ風味ブイヤベース仕立てです。ブイヤベースは甘しょっぱい絶妙な味で、出汁のきいた美味でした。

前菜・スープ・メイン・デザート・パンとどれも美味しかった♪素材の味を生かし野菜たっぷりでヘルシー♪でも、味はしっかりしています。

第二の皿。。 豚さんはシラーと 火加減絶妙でソースもとても美味しい! が、全体的にかなりポーション少なめ…。

ついてくるパンはすべて地下のブティックで買えるのが嬉しい。「美味しくないわけがない」という感覚で食べている自分がいる。ある種ブランドですな。

肉のメインはラムチョップ上品な味 お料理は一つ一つ、説明してくれます パンは4種類、なくなるとすぐおかわりを持ってきてくれます

店内はカウンターのみ。 目の前のシェフと、「今日のおすすめは?」 「じゃあ、それに合う白ワインをグラスで2つ。」 などと話しながら食事できるのが楽しい。

アペリティフはシャンパンで、メインは赤ワイン、そしてデザート前にワインとチーズてな感じがいいのでしょうねぇ・・

コースとアラカルトでカジュアルに…” 提供してくれるお店って触れ込みだったはずなのに どっと疲れが。。。 でも、サービスは抜群によかったです

際立って新しい料理との出会いはなかったけれど、ひとつひとつのお皿が充実していて完成されている。フォアグラの香り高さと甘さといったら!

お味はさすが、ジョエル・ロブション。まさに美味特にrouget(お魚。ほうぼうの一種)は絶品。彼なんて、「この調理の仕方はまさに職人技だ。

いつもお腹いっぱいになりすぎるので、今回は品数の少ない方を頼みました。それでもやっぱり満腹!メインも良かったけど、テリーヌが美味しかったなぁ。

車エビの、シャンパンソース。超!!!美味。他にも、出て来たもの全部美味しかった。トリュフがいっぱい出て来たなー。贅沢。ご馳走さまでした☆

この値段でこれ?という不満足なことは一切なく、しっかり満足できるものをいただけました。

誕生日ケーキも歌を歌ってくれたりと、高級店でここまでしてくれるところはそうはないのではないでしょうか。誕生日や記念日のディナーにはうってつけの店だと思います。

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>