この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-08-15 07:08:10

「ランベリー(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

盛り付けはどれも繊細で他には見れない独創的な盛り付け方だと感じました。味も繊細な感じで美味しかった。

2皿目のイタリア産仔ウサギ肩肉のトマトファルシーココット焼きあ、これはウサギ肉でもクセが無くて美味しい。トマトとソテーしたきのこがドッサリです。

表参道の駅から大分はずれた赤坂通り沿いの住宅街の地下に”佇む”お店。個室の方ならば、子連れもOKなので、次回は子連れで食べに来てみよう。

皮目パリッ、身はふっくらのお魚大好きです。ソースも美味しい。トマトに続き、ペコロスもめちゃめちゃ甘くて感動!

全体の印象は、新鮮な素材を使い、野菜の甘みも大事にした最後までさっぱりと頂ける、上品なお味のお料理です。

気がついたら入店してから4時間が経過していましたが、ゆっくりと静かで落ち着いた素敵な雰囲気の中で美味しいお食事を 楽しめました 女性ウケ間違いナシのお店です

コンソメスープも美味しいし、ラヴィオリの下にあるフォアグラもこんなにサッパリした食べ方初めて!な美味しさよ。もちろんオマール海老も甘くプリプリ〜

この日一番美味しかったのがこの一皿。じっくり煮込みゼラチン質も極上な口当たりの豚足の骨を抜き、その部分にオマール海老を詰め込みソテーしてあるものがメイン。

ランチの「シェフのおまかせコース」6,825円にプラス1,000円すれば前菜にしてくれた。名付けて「わがままランチ」。オススメ!

プリプリ海老とカリカリじゃがいものコンビネーション。やっぱりこれ好き〜!

こちらはお土産にいただいたフィナンシェ。お土産までいただけちゃって女性の心をぎゅっとつかむそんなお店でした。

ワイン大好き仲間の集いで、ランベリーに行ってまいりました。お料理もワインも大満足!

トマトよりもっとトマトな美味しさ。冷たいスープの中にはメロンやモッツァレラチーズが入っていて、最初からカツンとやられました。

一皿一皿が手の込んだ、色鮮やかな仕上がりで、毎回新たな発見をしながら食すことができます。思ったより気をはらずにお食事できました。

その後、焼き菓子紅芋のお酢も出して頂き、大満足。やはりランチは満席だったけど、人気なのが分かります。

最初に、外はカリッ中はふんわりした美味しいパンとブルターニュの岩塩入りのバターと無塩の2種類のバターが出されます。パンもバターも美味しいです!

ホタテ、赤貝、かに、牡蠣、甘エビをそれぞれ違った料理法で どれもすごく美味しくて感動〜 選んで正解 ホタテにかかっているトマトのソースがとても気に入りました

前菜 カリカリのじゃがいもで包んだ赤座海老 フヌイユのブレゼとサラダ オレンジの香り これもスペシャリテなのかな?ポテトのサクサク感と海老の食感が面白い一皿

ブランマンジェ 名物デザートだそう。濃厚で美味しい。最初、ゴマでも入っているのかと思うくらい、独特の香ばしさを感じました。

料理は手がこんでいてシッカリしていたが、夏にこれだけコテコテ料理を出すのはナンセンス。メインは豚だか牛だか分らないくらいまっ黒くてクドかった。

最初から過度の期待を抱いていったわけではないのですが、残念ながら期待値以下でした。料理はさすがと思えるモノばかりだったのですが、一皿一皿が軽すぎるのです。

精算をお願いすると、最後に一口サイズのビネガードリンクが運ばれて来たけれどこれは、むしろ無くても良い様な。。。お口をすっきりさせたい人には、イイのかな

昨年のミシュラン東京では一つ星だったようだが、全体の満足度や特別感では明らかに頭一つ抜けている感じだ。

どのお料理も、以前より一段とお味が増したように思えました。帰りにシェフがエレベーターまでご挨拶にお見えになり、こんなオシャレなクッキーを下さいました。

お皿にあるエスカルゴの殻にはエスカルゴではなく香りづけのためにローズマリーが入れられています。それだけで、お皿全体にローズマリーの風味がたっぷり。

特にメロンの冷製スープは、濃厚なのにさっぱりで衝撃でした メインってどこも似たり寄ったりって感じがするから、 前菜でそのお店のアレンジが印象的だと記憶にも残る!

この時、本調子じゃなかった為(今は治ってます)か お料理は印象に残らず。残念・・・ 最後のパッションフルーツのブリュレがとっても美味しかった記憶。

とっても美味しかったし、行ってみたかったレストランにも行けて、私も大満足した旦那様Birthday Lunchでした!

2人のカリスマが「厳選レストラン」としてあげているだけあって、お料理良し、サービス良しの、素敵なレストランでした。

いや〜、このところヒットのランチに当たってなかったので今日のランベリーはいい出会いでした。ビール、グラスワイン、おまかせコースで約1諭吉くん、って勘定でした。

パンは、毎日フランス人が持ってくるデュラムセモリナ粉で作られているとか。私は左のミネラルたっぷり濃い塩味のバターがめずらしくて好きでした

美味しくて美しくて素晴らしくって、一流。ガラス細工でできたみたいな透明感のある舞台。贅沢に、“H”ommage のコースをいただきました。本当に、幸せ。。。。

隠れ家風のレストランで雰囲気も落ちついていました。今回は前菜2種類、メイン、デザートのコースです。どれもとっても美味しかった〜♪

前回も感じたのだけれど、癖が有る食材でも、あまり癖がなくなるように食べやすく工夫して調理するのが、岸本シェフの得意のようだ。良く言えば、とても女性向き。

この仔羊にも感動!羊は、臭いがあったり、硬かったりすることが多く、苦手意識が強いのですが、こちらは臭いがないのはもちろん、めちゃめちゃやわらかくておいし〜い!

柔らかい肉はナイフがいらない。口に入れるとほろっと崩れる。柔らかお肉の料理は途中で飽きてしまうことが多いのだけれど、これは最後までするっと。

平たく言えば、一度に17種類のおかずを戴く“野菜セレブパーティ”。個々の野菜が美味しいのは勿論ですが、これを一品として食べてこそ味わえる魅力があります。

どのお皿も繊細であっさりとして美味しかったです。ただ、ポーションが少なめ。足りないかも、と思った位です。

前菜はお野菜とフォアグラの2皿。お野菜美味しかった〜☆ケーキのようなフォアグラも3層とも違う調理法でした〜。また、来たいかも。。。

鴨のロースト(鴨が柔らかく、とうもろこしをカダイフという糸状のパスタで包んだつけ合わせも初めてのお味でした)少しいただいてから、撮影いたしました。

お寿司屋さんで出てきそうな、鮮度の高さに大カンドウ。カレイも歯ごたえがあって美味でしたが、特にアオヤギが新鮮で旨かった〜。

とても満足度の高いランチでした。青山の青空(ブルーW)の下をゆっくり歩いて青山に住んでいたらいつでも来られるのねと思う二人なのでした。

確かに今っぽいフレンチです。スパイスの使い方とか独創性とか、新しさは感じます。ただ、「すぅーんげぇ〜 ムマァァアアイ!」というインパクトにあたることは無かった…

肉料理は」シャモのローストモモ肉のローストの真ん中には、胸肉をパテ状にしたものがあったりと、いろんなお味が楽しめる料理。ソースも軽やかで私好み (^^)

ほんの少しの力を加えただけで崩れてしまう繊細なテリーヌ、どうやってスライスするのかと思うほど芸術的です。ああ、満足!この時点でもう幸せいっぱい♪

インテリアもクラシックではないけれど、洗練されていて素敵 素材そのものを生かしたお料理でこの美味しさは病み付きになりそう。。

ココのお店、料理もとても素晴らしいのだが、ワインがおいしい。料理も一品一品が丁寧で、気持ちを感じます。接客もスマートで心地よい。

新鮮な海の幸が、それぞれ別のドレッシングで味つけされ、最後に同じ一つの皿で出会う。泡っぽいのは、柑橘系の風味。一緒に食べると爽やかでエレガントに。

料理の完成度は、流石の一言。新しい料理にチャレンジする岸本シェフの才能は、いつも期待を裏切りません。

美しい空間&しっかりしたお食事&心地よいサービスすべてを体感できる、バランスのとれたレストラン。非常に心地よいひと時でした

野菜も沢山種類を使って調理法も面白く目でも楽しめ、体の中からもキレイになれそうなフレンチは女性にオススメです

じゅんさいと蟹の組み合わせがまるで和食のよう。そういえば、なんとなくそれまでのお料理も和をイメージさせるような・・・・。セルフィーユの香りが高いですね。

たまらない美味しさ。ポワレ・フラン・コンフィの3種のフォアグラでグラグラになる美味しさ (ぐるしいダジャレ) もう一皿おかわりーっ って言いたくなった。

一番楽しみにしていたのは、それはそれは美しい農園野菜のテリーヌ。食べるのがもったいないほどキレイです。お野菜のうまみがギュッと詰まっていてすごく上品なお味。

特に、かぼちゃのニョッキとパンナコッタ。かぼちゃのニョッキはとても甘く、ある意味デザートみたい。しっかり焼き目もつけて、同色ながら見た目も鮮やか。

私がいただいたカボチャのニョッキ。↑ニョッキを少し焼いたようです。すごいおいしい!最後にはイベリコ豚。トロトロでございました。

前菜は、フォアグラ。フォアグラが大好きな私たち夫婦。レストランにフォアグラがあるならば、他には目もくれずフォアグラ一筋。そんな私たちも大満足のフォアグラだった。

ワインのチョイスのすばらしさ、ホスピタリティー、そして岸本シェフのお料理の美味しさ、お皿の美しさなどなどのお陰で、みんなで楽しく良い時間が過ごせました。

全体的に美味しかった。コストパフォーマンスよいな。帰りにシェフがお土産のクッキーくれた。サービスも適度にフランクでよかったかなと。

何度行っても満足のサービスとテイスト絶対にお勧めNo.3に入るの美味しさ 目でも楽しめるフレンチ

お料理は軽やかで女性好みとはいえ、しっかり作りこまれたもの。どのお皿もとても完成度が高かったです。また次回伺うのが楽しみ!

美しい空間&しっかりしたお食事&心地よいサービスすべてを体感できる、バランスのとれたレストラン。

きれいで美味しいお料理をいただきながら、夫婦の時間を満喫してきました お店のお心遣いがとっても嬉しかったです〜

お店の雰囲気もお料理も良いし、スタッフの皆さんの接客もスマートで、距離感もつかず離れずな感じが良かったです。また訪問する時は違うコースメニューをいただきたいな〜

お野菜の美味しいフレンチと聞いて行ったのですが うん、確かに美味しかったです

いつも刺激をいただいてきます。レストランの仕事を見せつけられます。ダブルパンチでノックアウト寸前でやっと立っている感じですが

お料理は全体に優しいアレンジだが、お肉は結構しっかりしており、満足感がある。量は少ないので、男性には向かないかもしれない。サービスはとても行き届いており…

ランベリーって、美しくなる元気になるっていう意味なんですって。野菜の量をきにしくてくださっていたり、林檎酢をだして、まさしく、その心遣いが感じるお店でした。

表参道の交差点から坂を少し下り、根津美術館を曲がってさらに歩いたあたり・・・

農園野菜のテリーヌ(これが食べたかったからこのコースにしてしまった様なもの)優しい味。写真は光が足りなくて暗いけど、美しくてとても美味しかったです。

ランチが4410円。意外とお安い印象。正直、おいしかったので同じ品数でもう少しお高めのコースがあってもいいのでは、と思ってしまいました。

ガラス越しに見える厨房は活気があり、スタッフの方々の動きはきびきびしていて無駄がなく、サービスは一流☆とても優雅で幸せな時間を過ごしました

他のお料理も見た目は美しく、味はインパクトがありながらも食べて軽やかなフレンチで新感覚でした。どのお皿も完成度、満足度が本当に高い。

ここは頼めばお野菜を多くして下さるし・・お味もgood!なにより・・の〜んびり出来るのが嬉しい〜。

想像していたとおり、期待していたとおりのステキなお店、おいしいお料理に大満足のひとときでした。

ほんとにここは絶対また来ようと思えるお店でした。私にしては珍しいことですけど。すごい気に入ったよ。お料理もサービスも雰囲気も

子羊(アニョー)実は 大のアニョー好き!クラシックな フレンチテイストで味がしっかり、はっきりしていてとっても美味しかったです。

料理3皿とデザート、食後の飲み物、プティフールがついてこのお値段はお得。繊細で華やかなお料理が多かったように思います。

’星猝邵擇離謄蝓璽漫覆泙気吠石箱のような色とりどりの野菜達。一つ一つにちゃんと野菜のお味がして・・満足)

まとめてみると、かなりよかったです。いや、かなりどころではないか。正直、ここまで美味しいフレンチは初めて食べました。

感動的なお料理に、すばらしいサービス。心地よい時間はあっという間に過ぎて、気がついたら5時間が経過していました。

コラーゲンたっぷりの豚足に、マスタードのきいたおソースをつけていただきます。豚のローストも甘みがあってとっても美味しかったです。

キラキラと綺麗に盛り付けられており見ているだけで心に春がくるよう・繊細な味は、薄味でもバランスよくしっかり味わえて、それもとても好きでした

フランス産ブルターニュの岩塩が入ったバターと無塩バダーがパンと一緒に出てきました。二種類のバターを出すなんて、こだわりをもってますよね〜。

こんなにおいしい白菜は初めて、甘い白菜が同じ大地の恵みトリッフとすばらしい相性をみせる。秋のフレンチを十分堪能した夜でした。

岸本シェフの料理は、オストラル時代にも食べているのだけど、その頃とはずいぶんと印象が違いました。今は全体を軽く仕上げて、「東京フレンチの最先端」といった感じ。

味は前菜からデザートまですべて洗練されていて、サービスも素晴らしかった〜。スタッフの方々の知識と会話力&お料理のお味&ワインセレクションの良さで、すっかり満足…

肉料理も調理方法を変えた物を1品で味わうことができ、とても食を楽しめる演出になっています。最後のデザートまでとても大満足。

ランベリー、御馳走様でした!美味しく頂きました☆岸本シェフのお料理ならパリにお店を出しても評価を得られると思います。

ここまで、どれもとっても美味しかったけれど、1番今回美味しいと感動したのがデザート イチジクのコンポートとフロマージュブランのアイスクリーム

さすがにお料理はすばらしかったです。美しい。野菜がひとつひとつおいしい。デザートのブラマンジェもシンプルで美しくて感動。お皿も素敵。

最近和食が多かったせいか、フレンチのおいしさ、醍醐味を再確認。岸本シェフ、いつもおいしい料理をありがとうございます。

一皿目も、二皿目も、メインも大満足。とっても美味しくいただきました。見た目も味もよし!デーザートもよし!サービスもよし!トイレも広くよし!

お値段、ランチはかなりリーズナブル内装も素敵だし、スタッフぅ〜のサービスもいい。今度はぜーったい夜行きたい!って思わせるお店でした

ヤギって初めて食べました。すごく香ばしくそれでいてやわらかくスゴイネ!!と相方と拍手しながら頂きました

ランチコースをお腹いっぱい頂いてきました 帰り際にシェフ自らがお見送りをしながら、こんなにステキなお土産までついてきます

帰りに岸本シェフがエレベーターの所までお見送りして頂きお土産を頂きました。パッケージがバーキンに似ていて素敵でした♪とっても大満足なお料理でした。

体調万全だと おそらくもっと愉しめた気もするけれど 美味しく 幸せなひと時。

お料理の量的には、男性は物足りないかもしれないけど 女性にはちょうどいい感じだと思います。 (それでもおなかはいっぱいですが)

お肉にソースがかかりすぎでは?と。でもこのソース、赤ワインベースだと思うんですけど、見た目ほど重たくなくて、さらっとしていました。

入り口からしてすっきりと清潔感ある感じが漂う。スタッフも洗練されてますな。飾り皿が外され、シルバーのセット。さて、どんなお料理が拝めますやら。

盛りだくさんに楽しいお店。欲ばりに楽しめるお店です〜。メニューのあのお料理も食べてみたかったなぁ…、

蝦夷鹿のステーキ(だったかしら?) (これもおいしかったです。わたしはあまり普段食べないので 今までいただいたのは数回ですが、その中では一番でした♪)

海の恵み こだわりの一皿少量ずつ色々な種類を頂けるのはとても楽しくて嬉しいですね? どれも素材の新鮮さを活かした調理&調味で美味しかったです

サービスも程よく心地いい感じで、帰りにシェフがわざわざ出てきて、お土産の小さなお菓子をくれました。これが☆のお店、幸せの時間を過ごすことができました。

ランベリーさん、メニューの説明とか、もう少し、「絵」がうかぶような言い回ししてくれたら 助かる。他の高級フレンチ・イタリアンだいたいそうなんだけど、さ。

メインは鹿児島黒豚に、桃を半分キャラメルで味付けしたものが添えてありました。お肉とフルーツ?、しかも甘い桃?という感じですが、これが意外とマッチしていました。

自宅では作れないような素材の組み合わせの出逢いが楽しく、洗練されたお料理が食べられるお店と久々に出会った感じ♪ 何よりも「コストパフォーマンスの高さ」に感動

ランベリーは世界でもフレンチのまぎれもなくトップクラスの料理を提供してくれる味もサービスも、特に日本人向けといえるね

かなり私の中では好感触!!おいしかったし、雰囲気良かった!また12月ごろ行きたいな、と思っております。

海の恵み 魚介や野菜達がいっぱい 新鮮で口の中がさっぱり カキ とろーりチーズ&カキって初めてでしたが、相性ぴったり しゃも ボリューム◎ くせがなく上品なお味

お料理はどれも目にも美しく、一口運ぶ度にサプライズ的な要素もある楽しさもあり!中でも秋サバの炭火焼とトマトのタルティーヌは絶品☆

白を基調とした、居心地のいい空間が広がっています コースは選べる4410円のものを 前菜からメイン、デザートまでボリューム◎ 繊細なお料理が楽しめます

まずは地鶏の焼き具合の絶妙さ。しっとりとした肉汁が残ってる。鶏の火加減としては、ここしばらく食べた中で一、二を争う。

カテゴリ:青山周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ランベリー(フレンチ)|更新日時:2017-08-19 02:08:42

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>