この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-03-22 10:03:15

「ドン・ナチュール(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

肉を塊でガンっと焼いて、ドっと皿に盛って、自分で切ってニクを食う!コレです。コレでなくては、肉の旨味はわからんでしょう。

サーロインです。付け合せも、お任せで、バター苦手なので、特別に違う調理方法です。画像を見てもらうと、ブロッコリーが見えるのですが、これカリフラワーなんですよ。

・まずはお肉を選びます(2人で400g〜) 本日は一番手前、鹿児島産サーロイン ・前菜に蟹のテリーヌとズワイガニかまぼこのような前菜はちょっと微妙かも

サーロインは赤みに脂身が散在する良いもの。脂の美味さがまた良いのですが、柔らかくジューシーで表面のカリッとさとの好対照が好印象。

もはや焼肉や鉄板焼きとは次元の違う完成度。素材も調理方法も完璧なので味付けは塩・胡椒のみ。生きていてよかった

今回「ドンナチュール」は4人とも、初めての訪問でした 食べることが好きな者同士の食事会は食べ物の話だけでも 大いに盛り上がって独特の楽しさがあります

店内はとても落ち着いた雰囲気。お店の雰囲気は最高、料理やワインも最高です。つかず離れずの心地よい接客ですが、とてもフレンドリーなんですよ。

今回は壱岐のサーロインと福島のヒレだったかな?焼き方はあら皮と同じく炉窯の中に入れて紀州備長炭で直火焼きにします

ミシュランの星付きであるものの高級店にありがちなお高くとまった対応ではなく、寧ろいやみを感じさせないfriendlyさに満ち溢れていた点が特筆すべきでありました。

炉窯で焼かれているため、食後感にしつこさが全く無いですね。付け合せの野菜も抜かりの無い仕上がりで楽しめました。満足度の高い一皿でしたね。

ステーキがお目当だったけれど、前菜、お魚、スープとどれも美味しい。見た目も綺麗でかわいいの←ステーキの付け合せ。芸が細かい。

まず3種の前菜。鱒の燻製、才巻き海老、蟹のテリーヌ。やはり特徴的なのは鱒の燻製でしょうか。温菜。こちらもスープ上のソースをかけながら、、、 おいしかったです。

お肉の前にシーフードを贅沢に使ったサラダをお口直しに。そしてメインのお肉サーロイン。炭火で焼くので外は焦げ目がついていますが中はミディアムレアです。

200グラムぐらいあったのではというボリュームで、わたしはあっという間にたいらげちゃいました。苦しくてお腹がパンパンになりましたが、ほんとーにおいしかった〜〜☆

お肉がすごい! 4皿+メインのお肉+デザート 大満足です シェフも気さくな方で 最後は送りにきて下さいました 来年また絶対行きます!

紀州備長炭でしかも炉窯で焼くお肉は、 外はカリッと香ばしく、中はミディアムレアで柔らかく、 たまりません。

とくにここのフィレはありえないくらいにおいしいんですけど、今回はサーロインもすごくよかった!脂のおいしさ以上に赤身のおいしさが感じられて最高でした(●^o^●)

わたしの体には合わなかったようですが、自分へのご褒美というときにおススメの店です。とにかくお肉に感動しますよ。

高いですが、その価値はあります。大事な人のハレの日にいけば絶対です!(ワインとかまで入れるとかなり行っちゃうはずですが、それでもです)

こんな美味しいお肉はなかなか食べられない。本当に美味しいです。本当にお肉おいしくてオススメです。

処女牛の炭火焼ステーキ(写真)。まわりカリカリ、なかはレアレアに仕上がっている点も、塩コショウのシンプルな味つけも『麤皮』スタイルを踏襲している。

素材も焼き加減も大満足。値段は同じ1つ☆「あら皮」の半額、美味しい肉を食べたければこの店!

とりあえず、肉の質はとてもよいです。さしがしっかり入っていますので、とても甘いです。実際 値段は安くないので、なかなかいけません^^;

ステーキという「必殺技」を中核に据えながら、そこにいたるまでに供される魚料理等のレベルの確かさだ。オーソドックスなフレンチテイストがコース全体に品を与えている。

それぞれの肉がどのような出自で、牛のどの部分の肉で、どういう特徴を持っており、どの程度焼くとおいしいかということなどを事細かに説明してくれる。

アミューズ?はサイマキエビマリネと厚切りスモークサーモン。前菜?は肉厚のホタテとカキとタイにブイヤベース風ソースがかかっていた。なかなかおいしい。

やはりいい肉はステーキの周りのウェルダンの部分のクリスピーさと、焦げた脂身の部分、そして赤身のジューシーな部分のコントラストが堪らない。

カテゴリ:銀座周辺:洋食/欧風料理|テーマ:ドン・ナチュール(フレンチ)|更新日時:2017-03-19 12:03:33

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>