この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-12-10 02:12:47

「南蛮 銀圓亭(洋食)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

移転してからは、はじめての訪問でしたが、店内は以前より少しカジュアルな雰囲気に。とりわけ、オードブルに楽しみがあるお店。

カキフライがやってきましたっ。繊細な肌合いのフライが寄り添うようにしています。あれ?以前いただいた時は、牡蠣殻に載っていたのに、今日は載っていない。

細かいパン粉の歯触りとともにすっと消えるかのような軽さ!こんなに軽妙な牡蠣フライにはなかなか出会えるものではありましぇん。

老舗ではないのですが老舗のような落ち着きがあります。ぉ値段が日常ランチではないし遠くなってしまったけど、たまには訪れたいお店です。

確かに、値段は安くない。でも、街の喧騒と無縁の空間で食べる味と記憶は、絶対に忘れがたいものとなる。ここぞのお店というのは、こんなお店に違いない。

ベースそのものは甘さ控えめの上品な味。なのに、少しだけザラっとした食感。その正体はお砂糖。フルフルとした食感にメリハリをつけて、しかも甘さを広げる。

デリシャスな自家製タルタルソースとリーペリンソースの小瓶がついてくるんですけれども、レモンをちょろりと垂らすだけで 十分だと思いましたわ!

そしてお料理はすべてくどくなく、いつまでも頂いていたい感じがするお味と口当たりになっています。

うん。確かに美味しいです。でもね、お肉もソースもあっという間に食べ終わっちゃった(^^;;お上品に食べるにはいいですが、量が少ないので物足りなさ感たっぷり。

オーダーしてから包丁で叩きミンチにされた極上肉はお肉の粒々の食感を十二分にかんじることができます。ザ・お肉という感じのハンバーグステーキ。

そのオードブルの中で面白かったのが画像2のエビ。ドライアイスが下に入ってて 煙が〜。中学生の時に食べたパフェを思い出しました。

ナイフを入れるとジュワっと肉汁が…たまらない。一口そしてもう一口…やばい。やはり肉料理が美味しいだけあって、なんてジューシーなんでしょう!!

こちらのハンバーグは注文が入ってから牛を包丁で細かく刻みながら材料にする、らしいのですが、その割には短時間で出て来たように思います。

うちの社長が3才のころから暴れまわった由緒あるお店。ビーフシチュー最高においしかった!自家製ロールケーキも逸品ですよ。

お肉がとーっても柔らかくて、デミグラスソースは絶品。このデミグラスソース、10日かけて作ってるんですって。

蟹と海老を食べ比べてみた!!あすかてきに、蟹がだんとつおいしかったよぉ ちょっとお高い??でもそれぐらいの価値あるって思ったよぉ

お店は、最近新しくされてキレイです。ソースが、文字通り、西洋料理屋さんのソースという感じで、超おいしかったです。

『メンチかつ』が、美味しいらしいと言うとの事で(過去にハンバーグ・ビーフカレー・ビーフシチューを食べました)メンチを食べましたが、メッチャ美味しかったです!

今まで味わったことのない、肉本来のうまみが凝縮されたこれぞ『特製ハンバーグ』が口いっぱいに広がります。本当に美味しいハンバーグに大満足でした。

店内は高級感漂う入りづらい雰囲気ではなくくつろぎながら美味しいお食事をいただく。というような昔ながらのあったかい雰囲気。

おどろきました。こんな美味いビーフシチュー食ったことない。デミグラスソースがマジでどこにも引っ掛からないというか、味の要素が渾然一体な感じ。

カテゴリ:銀座周辺:洋食/欧風料理|テーマ:南蛮 銀圓亭(洋食)|更新日時:2017-12-13 23:12:25

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>