この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-04-19 00:04:17

「レストラン・サンパウ(スペイン料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

肉料理は、サン・パウを代表する一品「イベリコ豚のプルーマ」です。血が滴るくらいにレアな焼き加減が絶妙。

添えてある栗やフラワーオイルなどもいいアクセントになってますが、このお皿は肉の素晴らしさと調理の絶妙さで成り立ちます。

凝っているというかなんというか、一品一品に物凄く心をこめて、考えて作ってあります。この丁寧な作りこみは最初から最後までゆるぎなく続くのです。もう感服しました。

決してお安いお店ではありませんけど、決して肩の凝るようなお店でもありません。物凄く手が込んだ、考え尽くされたお料理を楽しめる素晴らしい空間です。

飲み物は最初が赤葡萄のジュース。ワインのようにすっきりしたのみ口で美味しいもの。

「注射器を使って卵黄にトマトソースを」とか「オリーブオイルを超低温で凍らせてゼリーで固めて」とか通常の調理ではない手法をプラス。

量的にはそんなに食べてないと思うんだけど、ゆっくりお料理を目で楽しみながら、ゆっくり会話を楽しみながらだと、お腹いっぱいになるのかもね。

賛否両論が分かれるお店ですが、私たちはとても楽しくおいしくいただけました(「おいしい」よりも「楽しい」印象のほうが強かったかも。笑)。

アボガドの上に生クリームが添えられていて、このスプーンに盛られた物を一口で食す。

かなり手の懲んだ品の数々が次々と出され、スペイン料理というよりは、むしろフレンチテイストに溢れている。

お味は「変わっている」と感じることはありません。知らないのに、知っている味のような…全体的に、優しい味付けというか、素材のおいしさを楽しむお料理な感じです。

ひとつずつのポーションは小さいのですが、数がたくさんでどれもこれも見事に美しい。ランチでもそれなりのお値段ではありましたが、☆☆に納得のランチでした。

ラビオリみたいな中に、しいたけとスペインのソーセージで作った餡が入っています。かなりブティファラが肉っぽいというかクセがあってちょっとビミョウな味でした。

手が込みすぎているとか値段が高すぎるという批評も見かけますが、ここは内容が徹底していますから、それに見合ったお値段といえると思います。訪日の度に再訪したいです。

驚きのお料理に目も舌も翻弄されっぱなしでしたが、お店への愛情とプライドを持ったスタッフによる最強のホスピタリティーと相まって、特別な時間を過ごす事が出来ました。

お手頃ランチコースでもこの品数はスゴイ!!ただ目に美しいカワイイミクロメニューからメイン〜があまりメリハリがなかったかな?

このミクロメニューは、本店とまったく同じメニューを採用してるとのことなんですが全4品、すべて苺とあわせたもので斬新でした☆

空間がとても贅沢に使われています。バールの先のダイニングは、スペインの現代画家の作品が掲げられ、明るくモダンな空間になっています。

満載の披露宴でした。まずは、2種のミクロメニュー。その名のとおり小さいサイズだが、箇所箇所にオッという驚き。車えびのタルタル 可愛らしく華やかな皿にぐぎづけ。

イベリコ豚の肩の部分のお肉だそうです。白い人参のケーキの上にブルーベリーやラズベリーがのっています。可愛い♪目でも楽しめるのが嬉しいです。

こんな柔らかいイベリコ豚、食べた事ないよーってぐらい、牛肉みたいなやーらかさでした。イベリコ豚の弾力や食感が好きな人には逆に不評だったりね?

メインの印象は…ミクロメニューのインパクトが大きくて、見た目の驚きはあまりなかったけれどそれぞれ丁寧に作られたお料理でした。

ウワサ通りのお味です さすがは 星2つ 来年は3つ星を獲得してください!

こちらのレストランは、比較的年配の方が多い印象でした。またすぐ食べたい!という部類のお料理ではないけれど、軽やかな感じで、全部外れなく、おいしかったです。

チョコレートをサンゴみたいにして、ジャガイモのスーツに立てるとか、素晴らしい発想で、しかも美味しいとくれば、やはり星が付くのもうなづけるというものだ。

スズキに、甘いソースの組み合わせもなかなかです♪塩も適度に効いていて、いいですよ〜。去年の秋うかがって以来(コチラ )でしたが、今回も楽しかった。

いや〜、素晴らしいの一言。料理の質の高さは言わずもがなですが、サービス、店の雰囲気も特筆ものです。

ひとつひとつのおもてなしも琴線に触れます。デザートチーズもこんな感じで・・・

体験したことのない味がデザインされた極小のメニューが三時間に渡って30品目ぐらい登場する。最先端のショーのようでもある。感嘆の連続。

『グランメゾンに来た』感が入り口からたっぷり味わえます 柔らかい光とゆったりと配置されたテーブル、中心に緑を置くインテリアはまさに非日常な気分。

心に響く歴史と伝統が感じられ、ゆったりとした時間を過ごせ、食事の後は優しい気持ちになれるレストランでした。

チーズプレート、デザート2種類、プティフールという構成。ストーリー仕立てになっていて、お皿が登場するたびに新鮮な感動がありました。

ブニョーロとは、スペインの郷土料理らしいです。初めて遭遇する食べ物です。ギョーザの皮に似た食感のものに、細かく刻まれた具が入っていました^^;

イベリコ豚。これは最高に美味しかったです。牛肉のようだけど牛肉よりもずっと美味しい。お肉がとても柔らかくジューシーでした。この日のコースで一番のお料理でした。

新鮮な車海老に、まわりに盛られた岩塩をつけると上品ながら、白ワインにピッタリな味わい。お魚メニュー。「10秒燻製」と銘打たれた、ヒラスズキ。

手間を掛けているのにシンプルで素材の味が活きていました。コテコテしていなくて、た目もかわいくて楽しくて美味しくて体にも良さそうな元気をくれるお料理でした。

お料理は、どれも繊細でひとつひとつがかなり凝っていますメニューはカルメさんが直筆で、イラストを書いたものでそれまたとってもかわいいんです

次に上の写真の「イベリコ豚のブルーマ」でしたが、牛ヒレ?ウーン・・・でもベジョータの香り、まさしくイベリコ豚でした。デセールもすごい!!

5500円のコースを堪能しました 平日限定で、1時間程でお召し上がりいただけるコースです。お店の雰囲気、接客、お料理の味、素晴らしかったです

ピルレタ、冷たくておいしい〜。どれもこれも、食べてしまうのが惜しいくらいのかわいさ・・・ガラスプレートの色が、ソースのようにきれい。

今回とても面白いデザートに出逢いました。。。銅のゼリー?だそうです。チョコレートとオレンジのお皿なのですが、非常に不思議な味と食感がインパクトあります。

とても雰囲気の良いお勧めのお店です コースは22000円のコースをセレクト。まぐろ&いちごのマリアージュには驚きました!!

今日も楽しいお食事でした。ちなみに、今回のデグスタシオンメニューはランチ時間でも食べられます♪サンパウを楽しむには一番のオススメかも。

僕が今まで行ったお店の中ではNo1のお気に入り店です 美味しさ、サービス、雰囲気・・・すべてが僕には素晴らしく感じました

先端的でユニークな料理を提供してくれる興味深いレストランではあることは間違いない.しかし,端々でuncomfortableな部分が出てきている印象を持った.

イベリコ豚だといわれましたが牛のような感じで柔らかくて味もよく、文句なく美味しかったです☆☆☆

打ち上げ会当日も期待通りの味わい、おもてなしをしていただき、講座生一同大満足!東京で味わえる上質のスペインをワインの歳時記でご紹介いたします。

お肉やお魚に季節のフルーツを合わせるお料理が多いそうで、日本ではあまりない組み合わせですが、私は大好きです!

いったいどの辺りがスペインなんだか〜という皿が並ぶ。それでも、口の中に卵みたいなものをいれたら、パチーンとわれてソースがとろっと出てくるなんて、まさにヌエバ…

メインのお肉はイベリコ豚なんですが・・・ 私はお肉が苦手なので魚に代えていただいたら・・・ 鮟鱇(アンコウ)のお料理が出てきました。

2種のミクロメニュー ハモン・イベリコはもちろん、下にあるゼリーがおいしかった!車えびのタルタルと杉の香りのヒラスズキ。

それぞれのポーションも少ないし、、食べた直後から、お腹がグ〜!言いよりました(笑)やっぱり15000円の食えっちゅうことかい?

今回は、一つ一つがあまりにも凝っているので、味覚、嗅覚を全開にして食べてみたい・・・という気持ちに自然にさせてくれました。

ビュッフェと書いてありましたが、お皿を持ってきて下さるスタイルでした。フィンガーフードですね 写真に撮れなかったものも色々…… デザート。

お料理パーフェクトで3☆、サービス2☆くらい素晴しかったです。今まで、食べた事のないお料理や、味付け、そして大胆かつ繊細な盛り付けや、提供の仕方・・・

あまりの美味しさにほっぺたが何度も落っこちちゃいました。お料理は本当に綺麗で芸術的で今まで味わった事のない物ばかりでテンション上がりまくりでした。

でも、上品で美味しい料理だった。サービスもしっかりしてたし、こんどはゆっくりとディナーを楽しんでみたいものだ。

サンパウの特徴はコンフィチュールでなく、ちょっとしたフードがついてくる事。左から2番目のイチゴのオーブン焼きに羊のチーズを合わせたモノはかなり好きなお味です。

最後の最後まで楽しませていただきました!! お料理のビジュアルも演出もとっても素晴らしいスペイン料理のレストランでした

料理は意外とシンプルな感じ。 アミューズはコミカルなメニューもあったけど♪全体的な感想としては、美味しいんだけど正直もっと安くても良いんじゃないかなと思った。

どの料理が一番印象に残ったのか聞かれたので、全てが意外性のある組み合わせで驚きの連続とコメント。素晴らしい夜でした。ここは何度も行きたいと思えるお店でした。

メインの魚料理も冬らしく、アンコウのフリットと肝を合わせたもので、あっさりした白身がとろける肝と風味豊かなソースと絡んで、とっても美味しかったな〜。

スペイン人のシェフが日本をイメージした料理がいくつかあり、アイディア満載だが、この組み合わせどーかな?と思ってしまうことが・・。

特に感銘を受けたのがメイン料理の仔羊で、ビーツを練り込んで焼いたパンで作ったピンク色のパン粉をまとった仔羊は初めて見ました。

視覚的にも楽しい一皿です。それぞれが少量で、かなり皿数が多いタイプの、最近よくある現代的なレストラン。味はそれぞれとても繊細で素材のよさを楽しめました。

カッコイイ容器の岩塩。とても強い風味のオリーブオイルと一緒に、パンに。こんな細かな部分まで、厳選されたものを使っているとハッキリ判るのがすばらしいです。

期待通り、とっても素敵な雰囲気のレストランで、お料理も大満足でした 素敵なお店だったなァ

おぉ〜と納得の品々。意外性に富んでいて、繊細なお料理に大満足。日々の喧騒から逃れて、しばしこころ穏やかな時間を過ごしました。

四季がもたらす自然の恵みに感謝し、その表れとして肉料理にも魚料理にも季節の野菜やフルーツをふんだんに使います。

美味しいのは勿論のこと、楽しいサプライズが沢山あり、本当に幸せな時間を過ごしました。私の大好きなレストランの一つになりました。

どのお料理も繊細なお味で日本人の口にも合います。素材の組み合わせのセンスの良さを感じ、見た目もきれいでした。繊細なお味は女性シェフならではでしょうか?

シェフは「日本」という国に存在する素材に好奇心を持ち楽しくニコニコと遊ぶかのように自由な発想をおもちになるのですね。

というわけで高い食事には理由有り!物件に出物なし、という言葉をこの店は正当にあらわしているなあとしみじみ想いました。

内装、メニュー、そしてお値段・・・ともに高級ですが、そして賛否両論ありのお店ですが、女の子は好きな人多いんじゃないかなぁ。

小さなお皿に並ぶ魔法のような前菜や、サプライズが隠されたメニューに食事をする以上に、五感が刺激されるような充実感で満たされてきます。

伝統的なスパニッシュ料理にコンテンポラリー要素を巧く融合させた最高のお店でした。サービス、内容、全てが完璧。文句の付け所が無いです。

僕って感性がほとんど女性なので(^_^;) デザートだけでも嬉しくなってしまいます ほんと、もうこのデザートだけでも、満足度が高いです

スペイン料理かな?って思われる料理は多々あったけど美味しかったのでOKチーズ好きのEriには最高でちた〜!

「スペインの素材をなんとかむりやりちょっとだけ取り入れた創作フレンチ」。って感じ?雰囲気は悪くはないけど、「コミコミ一人1万円なら行ってもいい」ってカンジかな〜

店内は落ち着いた上品な内装でとっても好みな感じ お皿の上の演出が凝っているお料理がたくさん出てきてさすがといった感じ でも味のほうは・・?

言うまでもなく、おいしかったよ〜 サービスもすごくよかったよ〜 高級なレストランなのだけど、フレンドリー〜 素直にまた来させてください!と思えた。

スペイン料理と言ってもバルセロナなので殆ど南仏料理です。非常に繊細さを感じました。久しぶりに美味しい料理が頂けて、本当にホント〜に幸せです。(^^)v

豚とは思えないようなやわらかさ、イベリコ豚のうまみがタップリで、赤ワイン必須のメイン料理。もう一度食べたい、サンパウのイベリコ豚のプルーマ・・・

楽しみトレイ CAFE, TE : コーヒーか紅茶 夜はデグスタシオンメニューが最高です。お料理一つ一つにストーリーがあって繊細。後味がやさしいレストランです。

結構濃い目の味付けでした・・・途中薄めにとお願いしたのですが濃いままそれを14皿(コースだったので)頂く事にやはりミシュランより自分の舌を信じようと思いました

ミクロメニューにコーラを煮詰めたソース?!が添えられていたり・・・

案外おなかいっぱいにならず適量でした。お店のクオリティはジョエルロブション並にすごかった。広いスペース使い。

食べたら本気で美味しかった。サービスも満点!食事を食べ終わった頃に次の食事がサービスされる。絶妙なタイミング。是非お勧めします。

フルーツをうまく組み合わせ、甘さや酸味と塩味とのコラボレーションが絶妙。

その後で、頂いたのがこちら特有のミクロメニューです。小さいのにとても手が込んでいて、美味しかったですぅ〜。

ひとつひとつの御料理が芸術品のように美しく、味も多様なフレイバーやスパイスで楽しませてくれます。雰囲気はかなりよく、デートには最高だと思います。

アンコウの上に、赤色の薄〜いパイ生地が乗っていて食感も面白くて見た目もすごく綺麗。

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>