この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-11-29 22:11:06

「新北海園(北京料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

トップバッターで出てきたのがエビマヨの極小盆だ。しっかりとコロモに包まれたプリプリの車海老は噛むと弾力があり、マヨネーズも上品な味。

初めての訪問だったが、目当ての餃子も含め、どの品も美味しくてビックリ!値段も手頃だし、お気に入りの1軒になってしまいそう!

担々麺もネットの口コミで評判が良かったので頼んでみたのですが、これがかなりの美味。辛いだけではなく、胡麻の風味が効いたクリーミーなスープで、とても秀逸でした。

ここはポットで出されるお茶を含め、たいてい何を食べても外れが無くて美味しいです

飲茶ランチをいただきましたが、餃子のえびはプリプリ、春巻きはパリパリ、めちゃくちゃ美味しいです

ここらは、定番メニューで。ここのお店のいいところは、(小)サイズがあることです。だいたい、2人であれば(小)で十分。

坦々麺が人気だが、個人的には中華は海鮮ものが好きなので、海鮮そばを食べた。大きな帆立や海老がたくさんはいって、とても美味しい。

今までは夜に行っておりましたが、これからは「昼間オンリー」とさせていただきたいっとにかくお得なんですよ。どの店も大体そうだと思いますが。

初めての訪問だったが、目当ての餃子も含め、どの品も美味しくてビックリ!値段も手頃だし、お気に入りの1軒になってしまいそう!

酸味のある香りがたまらなく食欲増進。モチモチ皮の餃子好きの私にはたまらないモチモチタイプ。熱々の餃子。中にはお肉がたっぷり。しかも、厚い皮の中には肉汁スープが!

ちょいピリ辛スープでした。そしてチャーハン。あんまりあんかけあんかけしてなかったけど、おいしかった!もうちょっとあんかけの量があってもよかったかも。

それほど辛くはないので、痺れる辛さを求めるタイプの担々麺ではありませんが、縮れ麺に甘辛い濃厚胡麻スープが絡んで、絶妙です 私はいつもスープも最後まで飲み干します

1,350円!高い!12?13分で登場。なぜか、スプーンが付いてきました。大きいです。風格があります。1,350円!皮は、手作りで厚くて、もっちり。

私が食べたのは芝海老チャーハン、1050円。スープ、デザート付き。まずはスープ。とろりとしておいしいです。そしてメインのチャーハン。エビが結構大きかった!

今日僕が注文したのはメニューには載っていない担々麺(1050円)。排骨坦々麺(1250円)はメニューにあるのですが、ただの担々麺はなぜか裏メニュー。

麺は縮れ麺のちょうどよい硬さ!でも、ちょっと麺が塊になりすぎてたのが気になりましたが、量もちょうどよく美味しかったです!普通の人にはちょっと少ないかな。。。

私が食べたのは五目醤油チャーハン。1050円。スープ・デザート付き。ここで醤油チャーハン初めて食べたけど、うまい。中国にも醤油ってある??

黄ニラと豚肉のあんかけ焼きそば 実はあんまり美味しくなかった。麺は茹でたまま、ぬめりを落とさずに焼いた感じで、もっさりしているし、あんも旨味がなく油っぽい。

ミニ高級料理じゃなく、こういうものをさらりとランチのメニューに忍び込ませているところ、やはり都心の中華は成熟してます。

このお店、一時期に比べるとお米のグレードが上がったようで、ご飯もまともになった。丼の最後の最後で具の汁がお米にしみてプチ雑炊風になるの食べるのが美味しいです。

しっかりと焼かれた香ばしい水餃子と甘めのタレがなんとも言えない味と食感 他ではなかなか味わえないちょっと変わった鉄板餃子に満足

夜行くとヘタすりゃコストは10倍 ちなみに「新北海園」自慢の担々麺以外も美味いじゃないっスカ!!ああ夢が広がる

濃厚な玉子スープ、柔らか豚肉が簡単に裂けてしまう豚肉の黒酢あんかけ、そして最後に杏仁豆腐のデザートで締めでございます。

排骨坦坦麺は、酸味のある辛さのスープがクセになる旨さ!

大好きなチャイニーズ・レストランで、ここに飲茶にいくと、ちょっと華僑夫人になった気分!自分ひとりの思い込みですが・・・

美味しかった!飲茶はビールと一緒にいただき。特に気に入ったのは「蒸し鶏」。蒸し加減もいいし、なによりも上に乗ってるネギと油が美味しい。

定番が、この鉄板焼き餃子。熱い鉄板の上の揚げた餃子にニンニクの入った醤油タレをかけて、ジューッという音とともに食べる一品。少しヘビーですが。

肉団子の唐揚げ。カリカリで肉の旨味がしっかり利いてる。こんなに美味い肉団子、そうそうお目にかかれませんよ。

しかも、こちらの餃子はアツアツの小龍包のようにスープがたっぷりと入ってるので、とってもジューシィーなんですよねぇ〜!

いいなぁって思ったのは、4つ頼んで、1人1つ、とかじゃなくって、みんなでつついて食べるってのができること♪いろんな種類をみんなで分けて食べられる♪わぁい

お野菜のバランスもよい白身魚とブロッコリーの炒めもの。これは高い方の1200円のランチだけど、他の町だったら間違いなくもっと高いクラスのお料理。

最後がお店お奨めの坦々面。見た感じからうまい。お店のスタッフが取り分けてくれたものを一斉に口に。 からーい!からーい!!うまあーい!!!

〆は担担麺で。焼きソバやチャーハンも選べますが、私は断然これをお薦めします。ゴマ味の濃厚辛めな味が病みつき。旨い、相変わらず。

どうですか、このピンク色・・・・これを作れない中国料理屋が東京の9割以上。最も素材自体が無い事と、作れるコックも居ないという事かも知れません。

ザーサイ美味しかったです。全部食べました。そしてびっくりしたのはスープ。よくある中華スープかと思いましたが、干し海老のだしで美味しい!

この日は芝海老のXO醤炒めということでしたが、胡瓜など野菜が豊富に炒められた芝海老ランチでした。今回は☆☆☆半の評価とさせていただきましょう!

この蒸し鶏が最高に美味しくて、何度か真似して作ってみたけどどうしても一味違うんですよね。その後は食べることに夢中になって、最期の春巻きはお土産となりました。

麺系のメニューでは、この五目焼きそばが一番好きですね。本当に具沢山で、程よい濃さの餡の味付けも最高です その他、韮と豚肉の焼きそばも美味ですね。

ぜひ皆さん、コレ一度食べてみてください。ただし新北海園では、夜のメニューには載ってません。ワガママ言って作ってもらってるんです・・・。(一応、点心なのヨ。

「ごはんがおひつで来ること」ひとり飯のようなお客にも必ずコノ形で出てくる。「漬物」「小皿」「スープ」がついて「主菜の皿」そして「デザート」

最初の蒸し鶏が骨付きで『うぅ。グロい。』と思っちゃったけど、その後は、ず〜っと幸せ。ゴールのマンゴープリンまで、何回「美味しいね。」と言ったことか。

こちらのお店は点心の皮が美味しい。ということもあり、餃子三昧。中華料理屋にいったというよりも、餃子屋に行ったのではないか??と思うようなチョイスです。

蟹は、お姉サンが「流石プロ、お見事!」という手捌きで綺麗に食べやすくしてくれます。雌で、卵たっぷり!タレがまた絶品!皆、無言になりました

・まずは熱いお茶でお出迎え・¥200upの排骨入りは巨大なカツのごたるゴロゴロ感・半ライスは無言のサービス・デザートでしめくくり・お茶も熱いのに置換

これは海老ワンタンメン。1050円。ザーサイ・デザート(今日はゴマだんご!)付き。海老がプリプリしてました。朝から寒くて震えてたんですが、これでふっとびました。

お肉のパイ包みはあつあつなので食べるのに時間がかかりますがすこし甘くておいしいんです そとはサクサク中はジューシーこのお店に行くと必ず注文するメニューです

1個が2個分ありそうなサイズ。そして、皮。厚い!もちもちしてます。最後に、具。肉汁がジュワ〜。いい素材(肉)使ってそう。中身だけでも 十分美味しいです。

「担々麺」は、クリーミーであり、濃厚な胡麻の味を堪能できる。『小花』に似ているが、こちらは辛みがより効いている。挽肉も一手間かけており、美味しく頂けた。

からっと揚がっていておいしかった。結構ボリュームあります。おなかいっぱいになりました。デザートにゴマ団子がついてきました。ゴマ団子が結構うまかったです。

今日はなぜか丼の口だったので天津丼。1250円。久しぶりに食べた。あんとタマゴがうまいね〜。そしてお楽しみのデザート。ゴマ団子。ここのゴマ団子うまい〜。

基本的には味がシンプルながらも微妙なる塩加減等が要求されるような料理ばかりとなってしまったが、味はなかなかよろしい。まさに中華味の良い部分が充分に引き出され…

『新北海園』といえば、鉄板餃子が美味しいと有名なんですが、オススメは「韮入り焼き饅頭」!ニラやプリプリエビがお饅頭の中に入っていて皮がパリパリしてサイコー!!

ランチメニューも種類が多くて、いつも迷ってしまう。3人以上で頼めるランチコースもよい感じ。ちょっとずついろいろ楽しめるのでかなり満足度高いです。

なんでも安定的にうまい。担々麺までも評判いいようだ。 シェフの人柄が感じられる「たべやすい中華」だと思う。4人以上で行くのが、いろいろ食べられていい。

味は濃い目で注文した、やっぱ美味いよ、美味いし痺れるね、痺れる何かが入ってるよ、スープ全部飲んだら上半身が痺れてしょうがなかった、美味しゅうございました。

あっさりスープでいくらでも飲めちゃいます。ただ、麺がやわらかかったかな。わたしは硬めがスキなもので。。風邪気味だったので、からだがぽっかぽかになりました!

前にも書きましたが私はここの水餃子がいちばん好きです!もちろん、他のメニューもとっても美味しいのでおすすめ!

クリーミーで、練りゴマの風味と花椒とラー油がしっかり融和。麺は、細めで卵麺ぽい弾力とちぢれでスープを抱き込みます。

印象に残ったのがひき肉です。この挽き肉、うめぇ〜な〜、と頭の中で連呼してました。肉って感じなんです。挽き肉どーしてんのか、すげー気になりました。

鉄鍋餃子、まじ絶品です。いわゆる棒餃子ではなく水餃子を鉄板で焼いてあるタイプ。噛むと小龍包か?ってくらいの肉汁が飛び出ます。懐かしき北京Lifeを思い出しました♪

あっさりスープに大きめの魚介類がたくさんはいって美味しいです。それにつけものみたいなやつとゴマ団子がついていました。

本格中華料理屋さんのラーメンを楽しむのに非常に恵まれたところかもしれません 夜は値段が跳ね上がるのでランチ限定ではありますが・・・

ここのお店のいいなぁって思ったのは、4つ頼んで、1人1つ、とかじゃなくって、みんなでつついて食べるってのができること♪

こじゃれた繊細な中華ではなく、昔馴染みの懐かしい味、いい意味で田舎風、こってりした肉の味〜とか、しっかり海鮮の味〜とか、力強いジャンルが北京料理な気がします。

さすがの腕前だとか、料理が美味いとか、そういう当たり前の言葉で表現できない。料理が素晴らしいと、会話もはずむ。

焼き餃子とは違うし、水餃子ともまるで違う食べ物。黒酢の味と思うのだがかみ締めた後から甘みが口に広がる。一同“うまーいうまーい”の連発でした。

カード払いだとサービス料かかるよ、と教えてくれたのは良心的なのか、そうでないのか、よくわからないがまあ満足でした。

カテゴリ:六本木周辺:中華/ラーメン|テーマ:新北海園(北京料理)|更新日時:2017-12-15 09:12:12

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>