この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-06-21 19:06:43

「リストランテ ステファノ:STEFANO(イタリアン)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

最近では「ステファノがあれば、もうイタリアには行かなくてもいいかもね」ということでも意見が一致しているのでありました、極端だけど。

しっかりとしたお料理をいただいた後に食べるドルチェ。食べている者のことをきちんと考えている、そんなことを感じさせてくれるドルチェだった。

パンやソーセージ、スモーク類、パスタやドライトマトなどほとんどがこのお店での手作りです。

至福の時!!これやってもらいたかったのよぉ〜。目の前で「白トリュフ」をサッサッとスライス!ガツンと直球勝負な美味しいベネト州本場の味を堪能できますよ!

本当に居心地がよく、お料理が出て来る前に、すでに幸せな気持ちになれるところ。そんななか、舌をうならすお料理がでてくるわけで・・・。たまりませんね。

左のものは、ズッキーニの花の中にチーズをいれてフリットにしたもの。フレッシュな花のほろにがさがいきいきと感じられて美味しい〜!

最後にエスプレッソをいただいてごちそうさま。やっぱりステファノはいつ来ても美味しいです。

年末ということで、オススメをオーダーしました。手打ちのイカスミパスタは、風味よく食感もgood。様々な食材を上手に調理。バルサコのソースが甘酸っぱく美味しい。

平たいタリオリーニですが、かなりの細麺です。やっぱり冷製パスタには細い麺が似合いますよね。でも、細くてもちゃんとアルデンテ。弾力のある歯ごたえが楽しめます。

全体的に塩とバターが濃いと思いきや、これでも手加減されてるとは同行者の談。中間管理職(味の素)的な味の濃さではなく、調味料が効いてる感。

絶妙な火加減でジューシーかつ香ばしく焼かれた豚肉に、バーニャカウダのようなニンニク風味の強いアンチョビソースが振りかけられてます。これ、肉自体がめっちゃ旨いな。

調理自体にはあまり手をかけず、素材の美味しさを楽しむタイプやね。イタリアらしい。締めはいつものとおりエスプレッソ。ごちそうさま。

こじんまりとしたお店のため、席の間隔が近くで横がうるさい人だったらツライなあと思うけど、幸いそんなこともなく美味しく頂きました

まずはステファノ風シーザーサラダ。上に添えられたプロシュートの香りと塩味がアクセントになり美味かったです。充実しすぎのランチでした。

“夏野菜のコンキリエ”かなり熱々で火傷しました…味は美味しいんです!これは、私も味を盗んで再現したい一品!

昼は普通だが、夜にはかなりディープなベネト料理が楽しめる。多めの人数で来て、アラカルトで色々取り分けると、さらに楽しい店なのだ。

「本日のおすすめ」に関してはカメリエーレ氏が口頭で料理の内容を説明してくれます。

サーモンのソテー レモン風味 優しくソテーされたサーモンと、きりりとしたレモンソースが良く合います。豆や野菜などとのバランスも嬉しい。

料理名などは残念ながらすでに忘れてしまっているけれど、香ばしくて美味しかったことはもちろんしっかり記憶。

いつも新しいメニューのバリエーションが広がっていて、選ぶのも楽しいステファノさん再訪。どれもまろやかで優しいながらも芯のあるお味。おいしく頂きました!

セコンドを食べた時点ですっかりお腹がいっぱいになってしまうので、ドルチェはキャンセルして、代わりに食後酒を少しいただいてます。

エキゾチックなハーブの風味と肉の旨みのハーモニー。旨いよ、旨いよ。ほんと旨いよ。

お店の雰囲気も気に入った。席数22とこじんまりしていて、大人の常連客が多い印象。お店の空気が心地いいのは、客層の幅広さも一因かも。

メインで選んだのは、豚フィレ肉のソテー。もうかなり満腹指令が頭を巡っていたけれどいただき!すごいボリューム感なのです。

心よく迎えてくれて楽しい食事ができました。お店自体は小さいけれど、スタッフがアットホームだし、お皿の1つ1つが目が楽しめるような工夫が施されていて目と舌で味わえ…

お店の方が気さくに声をかけてくださるのが、ここ『ステファノ』の素敵なところ さりげないお茶目さにほのぼのします。

ステファノ今週のランチメニューです。最後にいつもどおりエスプレッソを飲んで、ごちそうさま。美味しかったー。

メインは「刻みキャベツ」と「生ハム/ベーコン」のリゾットでした。チーズのコクと何とも言えない深い味で、リゾットはこんなに美味かったんだと改めて感心しました。

皮はかりっと、身はふっくら。ソースはプロセッコの甘みと酸味がしっかり。プロセッコのリゾットもそうだけど、このお店はプロセッコの味をしっかり残すよね。それが素敵。

このメニューにあと、パンがついていたのですが、分量的には女性向けだと思います。男性にはものたりなさそうな。

↑女友達とふたりのランチだったのですが、お店の方が「いつもありがとうございます」と、最後にこんな可愛らしいプチプレゼントをテーブルに飾って下さいました。

今回も美味しかったよ。とくにサバがすごく美味しかったよ。白ワイン、頼むんだった(まだいってる)。

スープというよりは、トマト風味のジュレ。そこに角切りのスイカを添えて。酸味と甘みがマッチした、夏を感じる一品。

北イタリア料理を中心としたイタリアンレストランで、特にルッコラのニョッキが美味しかったです!アットホームな店の雰囲気もとても気に入りました

お肉はボリューム満点 そして、スイーツ♪ ハートのカプチーノでシアワセ気分♪ コースとしては普通だけど、それぞれがボリュームがあり、かなりお腹一杯になりました。

「・・・・・魚肉のハンバーグみてぇ・・・・」と旦那。硬い・・・。あちきは、なんか給食のハンバーグを連想・・・。メインは、今一つ・・・・。

「豚肉のバジルとズッキーニとモッツァレラチーズのグラタン仕立て」。これもボリュームたっぷり。ちょっとだけ分けてもらいましたが、付け合せのポレンタが美味しかった!

スパゲッティorリゾット タラとトマトとオリーブのリゾット スパゲッティが評判のお店なのですが、おいしそうな素材の羅列についリゾットをオーダー。これが正解!

上に乗ってる葉っぱはバジルかなと思ったら、ミントでした。いきなり口の中がすっごくさわやかになり、ちょっとびっくり。

パスタそのものにイカスミの甘い磯風味がきちんと感じられます。エビとアサリとパプリカもたっぷり入ってますが、ソースというよりは、一緒に和えましたという感じ。

料理は有名店にひけを取らない味で美味しくて満足したのですが、女性客の話し声が騒がしく、リストランテというよりはオステリアという感じがして残念でし〜た。

どのお皿も、とっても美味しかったです。食後のカプチーノは泡にハートが描かれていました。味も雰囲気も二重丸で、お気に入りのお店がまた1軒、増えました。

カメリエーレの星野さんがすすめてくれたフリウリ・ヴェネツィア・ジゥリア産のケルネルでつくった白ワインとも非常にいい相性でした。

デザートはステファノさんのコースでお見かけする、かわいい各種盛り合わせでした。素敵な時間をありがとうございました!

お味はしっかりしていて満足♪デザートも盛り合わせになっているので、女性には絶対です!!

隠れ家っぽい感じ。ヴェネツィアのお料理ってことですが・・・。わけもわからずフルコース頼んでしまいましたが。とにかく皿の数が多かった! 5皿+デザート・・・。

味が優しくて、大事におもてなしを受けている印象を受けました。お陰でいっぺんに虜になってしまいました。

イワシのマリネなどの盛り合わせ。プリモには、ラグーソースのパスタと、レモン風味のリゾット。そしてセコンドは、仔牛レバーと玉葱のソテーです。どれも絶品でした。

メインは勧めてもらったウサギ肉。火加減、ソースの味ともに不満はゼロ。相変わらずスパークリング攻撃は続く。結構酔う。

お任せ前菜の盛り合わせが来ました。どれも実に美味しいです。ワインが飲みたくなりましたがじっと我慢です。続いてパスタがキャベツとアンチョビのキターラです。

リゾットにオレは“ぞっこん”でした。そう“ぞっこん”て言葉が相応しいナ。優雅で繊細なタッチっていうんじゃなく、なんつーか、ホッとする味なんですよ。

満足満足☆超〜〜〜〜お腹いっぱいになりましたぁ。これで2100円!!安ぃゾヨ((((((ノ゚゚)ノ

エスプレッソは、非常に美味しかったです。なかなか良いレストランでした。今回はイタリアレストランの中で、やっと、まともでした。

スーシェフのTさんがちゃんと美味しい料理をつくってくれます。あいからわず今週も美味しかったよ、ごちそうさま。

馬肉グリルのタリアータ グリル野菜添え。こちらは、見た目によらずかなりあっさり!塩味が効いてておいしかったです。うう〜ん♪ 

ここなら本格北イタリア料理を味わえます。ちなみにお値段は、お味にしてはかなり良心的だと思います。

お昼に頼むとアラカルトメニューは10%引きになるので、お得です。今回もたいへん美味しゅうございました。ごちそうさまー。

割とオーソドックスなイタリアン。席間がかなり狭く、サービスっぷりからもリストランテというよりはトラットリアといった方がしっくりきます。

エビ。絵画的な赤がまぶしい。トマトにエビの濃厚な味が絡んでおいしい。タイ。味付けもあっさりだけど、なんだか春風を感じるような。そんな味付けでした。

ゴルゴンゾーラの甘くも癖のある風味がたまりません。旨い旨い旨い。魚料理の「メカジキのホワイトソースとトマトグラタン」も美味しそうだったなぁ。

それほど大きくなく、暖かな感じのお店。イタリア産のフレッシュポルチーニを使ったパスタが実においしい。

神楽坂通りにありながら 静かで趣のあるお店。 少し奥まった入口だからかな?しっかり 地域に根付いた ファンが通うお店という印象でした。

何故、味が全部普通と感じたのか?店のインテリア、食器がセンス無い。お料理も悪くないのだけれど演出が、古い!サービスが「店本位」。

ウサギって、ラグーとかの煮込み料理はなんども食べたことがあるけれど、ソテーってあんまり食べたことがない気がします。煮込むよりも焼いたほうが個性が感じられますね。

思ったよりもお店の中はこじんまりしています。味は全体的にやさしい雰囲気で、家庭的な雰囲気もあるのですが完成度が高いって感じでしょうか。

寒い冬に温めた部屋の中で食べる熱々の家庭料理のイメージですね。美味しいです。

いやー、お料理もお酒もとっても美味しかったですよ!!特に印象的だったのが、ホタテのすり身をサーモンで巻いたお料理。

量も丁度良く女性向きのランチでした。お隣の席ではメインの出るコースを頼んだらしく、出てくるお料理が素敵に盛り付けてあり、とっても気になりました。

うーん、ひとつひとつのお味は悪くないけど、とにかくヘビー。いい店だけれど、ここは豊富なアラカルトから吟味して選んだほうがわたし向きだと思った。

北イタリア料理らしく、なんとなくフランス料理な感じです こちらは。アラカルトが充実してるので、また。今度は夜にお伺いしたいと思います

肝心のお店は、すっごく家庭的な温かみのある雰囲気と、イタリア人の本場の味がすぐに香ってて、もう最高!

スズキの蒸し焼き。淡白な味わいだけど、ふっくらと焼かれていて、ほんのりした旨みが感じられます。

前菜のイイダコの煮込みで、トマトとオリーブの味を一口食べた瞬間、「イタリアの味だぁ〜」とつぶやいてしまいました。野菜ソースのコンキリエは優しい味。

昨日の昼から食べすぎ&手造りパンもおいしくて食べちゃったせいか、かなりお腹いっぱい。この値段でこのお味なら、これからも使いたいと思うお店です♪

ホワイトアスパラガスのグラタン風。ふにゃふにゃしていて白いので(?)、ホワイトアスパラは嫌いです。でもこうなるとアスパラとは分からず、たいらげてしまいました!

最低料金のランチメニューで 2100円。でもけっこうヘビーでした。こくがあって とても美味しかったです。量的にも これくらいでOK。

こじんまりとしたレストランだが、知る人ぞ知るといった感じで、美味しい!特に、オードブルの一皿は、たくさんの種類と分量で、オードブル好きな私は大満足。

本格的に美味しくて、だけど、ランチの値段設定はお手頃です。久しぶりに美味しいイタリア料理を食べることができました。

料理の前に、前菜として2皿出てくる。パンとお茶もついているし、お腹一杯になったので量もOK!美味しかった♪

神楽坂にある北イタリア料理が美味しいお店。お料理のオススメは、クリームっぽいコクのあるもの(特にパスタ)と、鴨スモークを使ったお料理。

高級感を主張しすぎない家庭的な内装が好感度大で、お料理は素材の味が活かされてフレッシュ感満点だったヨ。久しぶりに本物のイタリアンを食べてる!って思わずには…

お肉、パスタ等のお薦めを説明して下さいました。妻は魚のお薦め「タラ」、私は肉のお薦め「ラムチョップ」を食べましたが、美味しく頂きましたよ。(*゜▽゜ノノ゛☆

ここのランチプレートは野菜中心で数種類のお料理を食べられるから大好き!ちょっと高めだけど、いつも大満足です。シェフのステファノさんもとってもステキです!

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>