この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-10-12 05:10:12

「田町 桃の木(中華料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

アヒルの舌の山椒、唐辛子、香草炒め 初めてのアヒルの舌は、香辛料たっぷりの味付けで美味 

文句なしに馬かった!どことなく一碗水と似たニュアンスがあって、レベルが高い。大阪に有ったら一碗水と双璧となるお店ですね。

シンプルで相当ウマい中華料理達とワインを合わせて飲むスタイルのお店。土鍋煮込み麺や、角切り肉の麻婆豆腐、スペアリブなど、名物といえる料理もいっぱい。

どのお料理も香辛料がきいていたせいか、中華なのに胃にもたれることもなく。量もかなりありましたが、ぺろりといただいてしまいました♪

出てきた料理もいずれも、素材、調理法、味付けといいかなり凝ったもので、一般の中国料理店とはひと味もふた味も異なる内容です。

こちらは、ボクが中華に求める太い軸がしっかりあって、その芯をブラさずに、モダンなエッセンスを取り入れてる感じがタイプ。

メインから替えてもらった"麻婆豆腐"。豆板醤やトーチーを使用していない珍しい麻婆豆腐で、味付けは湖南省の唐辛子のみ。

お店もカジュアルで肩肘張らない感じも良く、お気に入りのお店。でも予約でアラカルトが食べれるようになるともっといいなぁ。

白いご飯に合わせると何とも言えない食欲の盛り上がりを感じます。四川風牛丼と言っちゃうとダメですか??とにかく、いつ来ても美味い!

これだけ頂いたのに、胃がもたれず、すっきり。女性向きかと思ったら、男性陣も大満足。今回は8500円のコースを頂きましたが、量も内容もそれ以上でした

上海蟹 / メス一匹(大) 6,000円 自分で剥いて食べるのが 少し面倒かも ・定番/上海蟹と大根餅の甘辛煮 9,850円 全体的に少し大味で、大根餅も大味

生 さくら海老と新レンコン、お餅の炒め物(8月に来店しています) これは、やや高価ですが塩味、食感、味のバランスがとても美味しかった。

とってもユニークな中華 中華というよりは、スパイス料理が食べたい時にお勧めです

ゴロッと入ったお肉の濃厚な味わいが感じられるオリジナルの麻婆豆腐でした。

ここの料理は中華料理特有の脂っこさが無く、素材の良さを活かした絶妙な味付けなので、飽きる事無くいくらでも食べられるような気がしますv(^_^)v 

コース料理もいいけれど、アラカルトメニューがとってもとっても魅力的でした。

ピータン まったく臭みがありませんッ 砂肝のあえ物 ビールが飲みたくなる味です 続いて点心は定番の… ショウロンポー 文句ナシのおいしさっ

前菜1・鶏の砂肝と葱と生姜の和え物 少々ピリ辛のタレで和えてあります。下拵えがしっかりとしてあり、癖になる味です。

ピータンも揚げてあると受け入れやすい(驚) よっぱらい鶏??いやいやよだれ鶏でした。。春巻きの概念が覆る「海老春巻き」♪ この軽やかなパリパリ感はすごい!!

かぼちゃの前菜。美しい和食器の器に美しく盛られています。ちょっと中華らしさがないところがよいのでしょうか。カボチャ、やさしいお味でおいしかったです。

桃の木風マッシュポテト トロリまろやかなそぼろあんの下に隠れているのは・・・どこまでもきめ細やかなマッシュポテト。おイモ好きにはたまりません。

こちらのお店は器にも凝っていらっしゃって、有田焼に盛られて出てきます。また足を運びたいと思わせてくれるお店でした。皆様も是非♪

「素材の味をシンプルに味わって」のメッセージが伝わる内容。コースの流れとしては、個性的で独特な気がします。シェフの意思が感じられる、桃の木のお料理でした。

アヒルの舌なんて、初めて!ぷりっとしています。このお料理はかなりスパイシー!山椒や白粒胡椒、ローリエ、クミン、フェンネル、八角などが入っていてパンチが…

いいお店にある独特の雰囲気があって、個人的には厨房ウォッチングはひじょうに興味深かったです!

ここの中華は上品な味です。辛いものが苦手な方も大丈夫。優しい味です。青菜の炒めは中華というよりは和っぽい味付け。なかなか楽しめます。

まさに「酢」「豚」。お野菜なし!(ほんとはソースに溶けているのかもしれませんね。)これがほんとおいしいっ!!!お肉は柔らかくてジューシー。黒酢も甘くて〜♪

料理のベースは台湾料理だと思うが、上海料理など名料理をかなり一生懸命に学んでいる。しかし、どこか家庭料理の風情を残した料理癖の様なものは・・・・台湾だ。

メニューには、まだまだ、未知の味が、ぎっしり!!端から頼んでみたいけど、当分は、角煮ごはん、はずせないな〜。。。

ただし、乞食鶏は ハスの葉と鶏の間にパラフィンがかませてあり鶏にハスの葉の香りが移っていません。小林シェフらしい、「不確実を排した計算された緻密な料理」でした。

パラパラの仕上のチャーハンは、ごはんを使った野菜炒めかと錯覚するような感じがする。多めに入っているレタスがそのように感じさせるのだろうか。

マンゴくり抜いて、鶏肉豚肉の入ったスープ。甘いマンゴの果肉をこそげ落としながら食べると何とも言えない味わい。

思っていた以上に見た目も味も優しさを韓感じるお料理でした。1品ずつ丁寧に作ってくださるので温かいうちに頂けるところがうれしいです。

老酒のアイスクリームはしっかりと老酒の味わい。これは、また食べたいーーーー!!春から行きたかった桃の木に素敵な皆様と行けてとっても楽しかった。

店内は、明るく清潔で、ジャズが流れる感じのいいお店でした 中華っぽくないですね^^ どれも味は抜群で、特にパパイヤの蒸しスープは最高でした

着席して最初に出された松の実。甘い味付けでおやつみたい。

まずは揚げたピータン。上にかかったソースがなんともたまらない味!アナゴのテリーヌ。砂肝の山椒葱和え。砂肝が苦手な私だったけどこの味はO.Kだった。

田町にある中華料理、ミシュラン1ツ星の「桃の木」(^_^)v夜20時までに予約した場合はコースのみということだったので、事前に¥10,500-のコースを・・・

2人で3,800円安いよ、ホントに。この味とこのサービスでこの値段は。また行くでしょうね。

お店は、お金持ちそうな人がいっぱい居てコース料理を食べていましたが、一見客でしかも単品料理を食べる私にも、非常に丁寧な接客をしていただきよかったです。

創作的なことはあえてせず、メニューはどれも中華の基本をおさえてシンプルに仕上げられている。だからこそ、素材の味がしっかりと生きてくるのだろう。

ご飯は見た目以上にパラパラとしており、香ばしいしょう油がこげた味がとても美味しかったですね。1,450円という値段相応の満足感が得られました。

良くも悪くも威圧感のない、小さなお店です。いただいたのは6,500円のコース。コースって、普段自分が注文しないようなものが食べられるので、結構好きです。

片栗粉は一切無し。中は、こんな感じ。外が カリッと香ばしく、肉質はしっかりめ。そして、甘め!です。黒酢やお酒をこっくりと煮込んでいくのだそう。

蓮根と生桜海老の塩炒め シャキシャキの蓮根に香ばしい桜海老、そして丸いお餅のモチモチっとした食感があいまった楽しいコンビネーションを満喫

青菜の唐辛子とガーリックの炒め物は、万願寺唐辛子程の大きな赤唐辛子が入っていて、こちらも見た目にビックリ。でも、それほど辛くなく、美味しかったです。

黒酢の酢豚は人気料理だけあって、大変まいうーな逸品でした(*^_^*)白いご飯が欲しくなりました(^^;)全体的に満足な中華でした(^o^)

一気にこの辺で畳み掛けていきます。ゴツンと存在感を放つ黒酢 酢豚。ナイフとフォークが無いと食べられないボリューム感。酢豚好きにはたまらない至宝の一皿です。

四川坦坦麺〔1300円〕 スープ、具、麺が非常にバランス良い美味しさでした。量も十分なので、お腹いっぱいになりました。

烏賊と玉葱のフライ、フェンネル付き。まあ、言わば四川風カラマリフリットですわ。私はこれが一番好きだったかも。

8500円のコースを注文。品数がすごかった。結果、別にアラカルトではなくてもいろいろ食べました。お料理は、中華のわりに脂っこいものが少なかった気がします。

今回はランチだったので軽めでしたけど一度夜に伺ってたっぷり楽しんで見たいお店です。普段はどんな感じなのかな〜?

店内は高級感は無いものの、落ち着いている。香辛料を多用したお料理が続いたので、最後は冷たくさっぱりと。しっかり老酒風味です。

ワインリストも充実し、お値段もリーズナブルで、かつお店の方も感じがいいです。それぞれのお料理はどれも美味しく満足度も高いです。

外から中は見えないしパッと見食べ物やさんかどうかさえわからないような佇まいでかなり入りづらいのですが、お店の中は中華やさんとは思えないおしゃれな感じ。

写真1枚め、黒酢の酢豚、ミント風味。美味いんですよ、これ。写真2枚めは、はたの一種の煮付け。美味い! が、デカ過ぎて半分おみや。

素材の香りを重視した結果、旨味のない料理に中国料理初心者向けの連日「満席」の人気店

ひとつの品が出てくるのにかかって10分です。その時間もこれだけ美味しいものを味わえるのですから料理のうちとアラジンは考えます。素晴らしい店です。

ドアを開けると、お寿司やさんばりの元気のいいご挨拶にビックリ。上品ながらも気取ってなく、とても落ち着く店内。長居してしまいそうな感じ。

一番良かったのは姫帆立貝の老酒漬け 口の中に広がる磯の香りとお酒の世界は他には無い味わいだった。

デザートに桂花ジャム入りの白玉おしるこという構成。どれも相変わらず美味しかったが、ねっとりした黒酢の酢豚にピノノワールが予想外に合ったのが驚き。

いままで食べてきた「マーボ」「酢豚」とは全く別もので、独創性を感じました。味はもちろん◎。時間があるときに ゆっくりきたかった〜。いつかまた来たいな〜。

久しぶりに全品、心に残る味。美味かった〜!「台湾A菜」「マーボー」「かしわ、九条葱の煮込み麺」など毎日食べたいくらい・・必ず近いうちにおじゃまします!

チャーハンどれもとてもおいしいです!でも、なぜかインパクトが足りないんですよね。なんでだろ? ワインを飲み過ぎたからかな?今度は違うメニューも挑戦してみよっ!

そして写真3枚め、いろいろ載っていて本体一切見えませんが(笑)、羊。美味い〜。美味過ぎる。最後は勿論麻辣麺。これ、やめられません。

好き嫌いはもちろん、食事時間の長さなど、最初にきめ細かく聞いていただけます。こじんまりとしたお店だからこそ出来ることでしょう。

病みつき(笑)。左のお皿は何だったか忘れましたが、右は枝豆とコーンにくわい。 あっさり味でビールに合います。

多分ここの麻婆豆腐はおそらく東京で一番美味い!ここ以上に美味い店には未だに会ったことないです。

このお店ならではの新感覚の中華を楽しむことができました。誠実なお人柄がお店の雰囲気や店員の方の応対にも反映している気持のよいお店です。

さらに中国醤油の揚州風チャーハンに四川坦々麺を追加してやっとお腹がいっぱいに…デザートまでは辿り着けませんでしたが、わざわざ三田まで行った甲斐がありました

料理が出されるまで、飴掛けの松の実、きゅうりの即席ピリ辛漬け(花椒で味付け)などが出されました。こういったちょっとした先付けがうれしいですね。

さて坦々麺。個人的にはもっと辛めが好きだけど、味はとても美味しかった。これはほかのものもきっと美味しいに違いありません。今度はゆっくり食事したいと思いました。

この時点で携帯のバッテリーが切れましたが、牛肉と身の赤い大根をパンと一緒に食べるヤツが出てきて、最後はマー辣麺で〆。今日も美味かった。

どのお料理も、油っこくなくて、上品な味付け。どれも、とっても美味しくて、幸せ〜 でも、今日は食べ過ぎてしまったかも・・

一つ一つの量はわずかで「おひとりさま」にはぴったり。それと出てくるのが早くて嬉しい。それぞれの料理はどれもうまい。満足度も高い。

見た目にも舌にも胃にも優しい、とても美味しいものばかりで大満足。

気付いたら、あっちゅー間に完食。いろいろとまだまだ食べたいメニューが目白押しだったので、何度も通うと決心するのでありました。

全体的な感想として、基本はフレンチというニュアンスを感じました。パンチのある食事というよりかは均整のとれた一皿でした。

食べた中で印象的だったのはやはり、老四水煮牛肉と湖南唐辛子のマーラー麺だった。これは・・・お上品な味でした。しつこく最後までさらえて食べました。

店内はこじんまりとしていながらも清潔感があり、席からは厨房の様子がよく見えます。厨房も清潔・機能的にまとまっており、店全体が若い活気に満ちています。

コレとコレが食べたい、と伝えるとそれをコースに組み込んでバランスをとってくれる。始まったコースは、バラエティに富みつつバランスを考えられてあって楽しかった。

目的は「担々麺」だったんだけど、結果的には他の料理が美味しいお店でした。写真の「砂肝」「よだれ鶏」なんかも美味しかったー!!!

うん!美味しいっ!小さいお皿でちまちま出てくるさまざまの前菜、スペアリブと最後の煮込み麺が美味しかったです。

小さな外観、メニューも見た目は普通、でも、口にして驚きの美味しさ!ミシュランの星は、やはり違いますね。

カテゴリ:品川周辺:洋食/欧風料理|テーマ:田町 桃の木(中華料理)|更新日時:2017-10-20 11:10:37

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>