この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-12-18 04:12:36

「赤寶亭(割烹/ふぐ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

旬の食材を上品に味付け。彩りも素晴らしく、フォトジェニック。どのお皿も本当に感動の美味しさ。たいへん美味しゅうございました。ご馳走様でした♪

どれもこれもとっても美味しく、母は大層気に入っておりました。今まで色々な割烹屋さんに連れて行ったのですけど、ダントツだとか。

まさに季節のものが涼しげな器に盛られてくる。最後は新ショウガの炊き込みご飯と赤だし。これが絶品。出汁の加減がすばらしく、熱々で出てきた。

はもはとろりと柔らかくって、あつあつでおだしの風味がおいひい・・・ 焼きなすも風味が香ばしくって、おだしをほっこり含んでおいしかった!

いやあ、日本料理って季節感があってやっぱりイイですね〜味の濃いものもなく、量も多すぎず、身体にもやさしく、美味しく、大満足でございます

どれもこれもとっても美味しく、母は大層気に入っておりました。今まで色々な割烹屋さんに連れて行ったのですけど、ダントツだとか。確かに、また来たいな、って思う味。

丁寧なお料理に、今回も大満足でお店を後にしました。また近々伺いたいです。ありがとうございました。

今日も美味しく、大満足でした。特に印象に残ったのは、松葉蟹の真丈椀。身体に染み入る美味しさに、顔が緩む緩む。

印象深かったメニュー、まずはほたて新蒸。「招福楼」自体が椀物に定評のあるお店らしいだけあって、ここのほたて新蒸も身体全体に染み渡るような美味しさ。

あまりにもおいしかったのでデカイ画像にさせていただこう。あぶらこ(アイナメ)と厚揚げのお椀だ。この出汁のみごとさに感服しました。和食屋さんはこうでなくては!

どのお皿も本当に感動の美味しさ。椀物はとにかくお出汁が効いていて、のど越しがいい。サービスも満点です。

「赤寶亭」は、いつ、どんなシチュエーションで行っても、本当にいつでも美味しくて、素晴らしいお店。

住宅街にあるこじんまりとした一軒家風のお店です。静かにゆっくりと、美味しいお食事を楽しむにはとても良いお店でした。

食材の大切さ自分の味覚を探りながらいただける品々ばかりでした いつもだしの素などで簡単に調理してしまうためこのような味の奥深さはなかなか感じることができません

その艶やかでフレッシュに香る出汁の美味しさにはいつものようにほっと心が和んだものの、それ以外の料理に関してはそれほど感銘を受けられなかった。少し足が遠のきそう。

小さいながらも、完成度の高いお料理に始めっから幸せです。(^^)v 次になすと鱧のお椀が出されます。薄味ですが、とても良いおだしのお味がします。

どのお料理も、ダシがしっかり利いた、優しい味のお料理ばかりです。素直に美味しかったと思います。食べててもどんどんリラックスしていくような、癒しなお料理でした。

料理は女性的で若干男性には物足りなさそうでしたが、私は大満足!値段の割りに高級感は感じられませんでしたが、おもてなしが最高。

お食事は舞茸ご飯です。これに赤出汁と、お漬物とさんまの山椒炊。舞茸ご飯がお釜で持ってこられて、蓋を外したときに一気に部屋に充満したあの芳香、そしてさんま…。

ランチは5000円のコースだけのようですが、お願いするといろいろと相談にはのっていただけそうです。。別オーダーで和菓子とお抹茶がいただけます。800円。

ちょっぴり上から目線で申し訳ないのですが(笑)約半年ぶりに訪れてこのような感動をいただき、大変嬉しい今日この頃。文句無しに良いお店です。

お造りは、かつお、ひらめ、ホタテ かつおの皮が焼かれた物が添えられていて美味 どれもしっかりした味でいて、素材の味を殺さず、和食の素晴らしさを堪能できた

このお味・ボリューム・空間・サービスで、お昼のランチコース¥5,000は、満足満足 また、行きたいな♪ミシュラン☆なんだって ナットク!

特に印象に残った料理は熱々をはふはふと頬張った河豚の唐揚げと、自家製の栗きんとん。やっぱり河豚の唐揚げは美味しい。追加して良かった。

薄味ですが、しっかりとした出汁の味が全体に漂う上品なお料理でした。特に、前菜の中の1品『白子豆腐』は逸品でした、、、どうやって作るんだろう。。。

メインはさっと蒸した兵庫でとれた松葉蟹。松葉蟹は越前蟹とも言います。水揚げするところによって呼び名が少々違うようです。

「赤寶亭(せきほうてい)」は雰囲気も料理もよかったよ〜 普段は、ベジタリアンなのだけど、この日は、フィッシュベジタリアンにはやがわり〜

お料理はどれも季節を感じるものばかりで、涼やかなコース料理でした。本当の意味のご馳走を味わえるお店です。お料理・雰囲気に大満足です。

京風の上品な味のお食事も最高だったのですが、デザートで登場する、年に一度この季節のみにしかいただけない絶品スイーツ「桜アイス」は、もう舌がとろけそうなほど美味

料理の味もさることながら、一流店といわれるところは一流のおもてなしの心も持っているということなのでしょうね。

本当においしくて、量より素材に対するこだわりなどが感じられる、ホント久しぶりにすばらしい料理屋さんでした。

全て手の込んだお料理ばかりで、この価格では可也お得感があり大満足の内容ですね。接客も素晴らしいです。評判のお椀も勿論、入れられています。

ホタテと蓮根、大葉の組み合わせが、新鮮だった。デザートは少しつまらなかったが、炊き込みご飯も美味しかったし、これで税・サ込で約6千円なら、文句は言わない。

一部のお料理に<力み>というか、、、、枯れていないというか・・・スっと腑に落ちないものが残りましたけど。。。口の中でちぐはぐした感じが残った料理が数品、、、、

心温まる、素晴らしいサービス、そして素晴らしいお料理。季節ごとの食材に、大変な手間と技術を駆使し彩られる食膳。

多すぎず適度な量、予約も取りやすく、お皿の出るペースも良いのでお気に入りの1軒になりそうです。

ランチは一種類のみで、一品食べるごとに店舗よく次の料理が提供される どれもこれも美しく、旬の食材に上品な出汁の味がいい感じに利いていてさっぱりと飽きない

もちろんお料理も「一切の妥協がない」と思わせるもので、感服させられることが多いけれど、この時期の一番のお楽しみは「桜の葉のアイスクリーム」。絶品である。

量は少なめかと思ったのですが、すべてのメニューが出され終わるころにはおなかいっぱいで、少し苦しいほど。お味も大満足でした。

「あ〜。日本人でよかった。」と思わずつぶやいてしまいます。四季の美しさを料理にも生かす感性は、本当に素晴らしいです。

余計な味付けはなく、それでいて必ず添えられている素材がいい感じで自己主張していてこれまで食べた会席料理の中ではダントツ美味しかった!

料理全体の印象は、コース値段に見合った材料が惜しみなく提供され、品数もボリュームも十分満足できるものに思えた。

もちろん、お出汁のレベルは非常に高く、味わい的には大好きな店であることに変わりはないのだが、食べ終わった後のCP感は、以前より低くなったように感じた。

あぶらぼうずの椀物をはじめとして、料理はどれも美味しい。若竹煮の若布も筍も旨いこと。八寸は、全て丁寧で美しく、美味しい。

ズラッと並んだご馳走は新春に因んだおめでたいもの。色鮮やかに香り豊かに贅沢な時間です。

まずは、先付け ウニとホタテ、わさび菜のくずあんかけ わさび菜の辛さが効いていて、器との色合いも美しく美味でした

ここはもう…ただただおいしいとしかいいようがない素晴らしいお店でした。現時点で、tabelogで4点を超えているのですが、その数字が示すとおりです。

一品一品があっさりとした中にも豊かな風味で、場所、雰囲気、料理接客と全てがパーフェクトなお店に、またもや出会えました。

しかし・・・辛口のようだけど、このレベルの和食店ならミシュラン星なしでも東京にまだたくさんあるのに??

久しぶりに利用した赤寶亭は、やはり塩梅が程よくて好みだと実感した。こちらで食べる茄子は何でこんなに美味しいのだろうと茄子を食べる度に思う。

カテゴリ:青山周辺:和食/日本料理|テーマ:赤寶亭(割烹/ふぐ)|更新日時:2017-12-17 22:12:15

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>